その他・ツール ガジェットレビュー

耳を塞がない骨伝導イヤホン『AfterShokz Aeropex』レビュー

最近では新型コロナウイルスの影響により、ジムなどの密な場所よりも、屋外でランニング等を行う人々が増えている。

運動する際、ほとんどの方はイヤホンで音楽を聴きながら動き回るのではないだろうか?

しかし運動中のイヤホンに関して、以下のような悩みを持つ方も多いと思う。

  • 耳穴を塞いでしまうと周囲の音が聞こえない
  • イヤホンのスピーカー部に汗が入り込んで音声が劣化する
  • イヤホンと耳のあいだに汗が溜まってストレスになる

通常のイヤホンであればどうしても耳の穴を塞いでしまうため、このような問題が発生してしまうだろう。

そこで今回オススメするのが、耳を塞ぐことなく音楽を聴ける

骨伝導式ワイヤレスイヤホン『AfterShokz Aeropex』だ。

今回は本製品について、実際に使用した感想を紹介していこうと思う。

骨伝導式ワイヤレスイヤホン『AfterShokz Aeropex』

『AfterShokz Aeropex』は、骨伝導によって音を伝える次世代型のイヤホンだ。Bluetoothによるワイヤレス接続に対応しており、防水仕様。まさに運動用としてはうってつけの製品であると言える。

Amazonで見る

ブランド Aftershokz
型式 耳掛け型オープンイヤー
音声感度 105 dB
連続使用可能時間 8時間
防水性 Waterproof IP67
メーカー SHENZHEN VOXTECH CO.,LTD
素材 オールチタンフレーム
本体サイズ 13.5 x 9.36 x 16.9 cm
本体重量 26 g

本製品はメガネを逆向きに装着したような形状であり、以下の写真を見ても分かる通り、耳の穴を塞がない。

▼耳前部の骨を振動させることで、音を伝えることが出来る。

本体重量はたったの26グラムであり、オールチタンフレームの素材は頭の形状に完全にフィットする。激しい運動でもズレ落ちない、人間工学に基づいた設計となっている。

▼チタン製のフレームは柔軟でしなやか。

IP67等級の防水仕様で設計されており、汗はもちろん、激しい雨に打たれても故障の心配はない。

汗でスピーカーが壊れる、耳の穴が塞がって周囲の音が聞こえないといった、従来型イヤホンの欠点をカバーすることのできる次世代イヤホンとなっている。

ちなみにスピーカー以外に、マイクとしての機能も備わっている。

リモートワークでのウェブ会議用のマイクとしても使うことが出来るだろう。

製品本体および付属品について

製品本体および付属品について紹介していく。

▼外箱の様子。

 

▼フタを開けるとイヤホンがスッポリ収まっている。

▼箱バイブには専用ポーチと説明書一式が入っています。

▼付属品一式。外の騒音をシャットダウンしたい場合の耳栓や充電用コードがスペアも含めて2本付属している。

▼マグネット吸着式のUSB充電ケーブル。

付属品一式

  • イヤホン本体
  • 充電ケーブル × 2本
  • 耳栓(両耳用)
  • 専用ポーチ
  • 説明書一式

非常にコンパクトでシンプルな本体

上述した通り本体重量はたったの26グラムであるため、手に持ってみるとほとんど重さを感じない。

▼チタン製のフレームを防水性のゴムで覆っているため、手触りはしなやかだ。

▼通常のイヤホンとは異なり、耳に当てる部分にスピーカー穴は開いていない。右耳の外側に、小さな集音用のマイク穴が開いているのみだ。

左側面にはメーカーロゴが入っている。

そして右側には 音量調整/電源 の両機能をもったボタン、および 充電用のポート が搭載されている。

Type-C端子などとは異なり、充電部に水気が入り込んでも壊れにくい設計となっている。

このように必要最低限のインターフェースのみを備えた非常にシンプルな設計となっており、誰でも簡単に扱うことが出来ます。

デバイスへの接続(ペアリング)方法

本機をデバイスへ接続する方法はいたって簡単。

右耳側の電源ボタンを5秒以上長押しすると、ランプが赤・青に点滅する。

この状態でペアリングスタンバイとなっており、デバイス側に『Aeropex by AfterShokz』の名前で表示される。

あとはデバイス側で選択するだけで、接続は完了だ。

耳への抜群のフィット感

『AfterShokz Aeropex』を実際にランニングなどの際に使用してみた。

装着してみると、想像以上のフィット感に驚かされた。

26グラムの軽さは、まるで装着していないかのような感覚になる。後頭部の形状に合わせてフレームが柔軟に変化するため、激しく動き回ってもズレ落ちることは無かった。

ランニングを含め、激しい動きを伴う運動に関してはうってつけのイヤホンであると言える。

汗をかいたときの不快感がない

私はランニングの際によく耳汗をかく。

その汗が耳穴とイヤホンのスピーカー部との間に入り込み、音が聞こえづらくなるという不快な経験をよくした。

しかし『AfterShokz Aeropex』の場合は、そもそも耳の穴を塞がずに音楽を聴くことができるため、汗に関わるストレスはほぼゼロになった。

耳穴が解放されているのに音楽を楽しめるという感覚は、一度体験すると病みつきになること間違いなした。

音質は良好、通常のイヤホンと変わらない体験が可能

本製品を使用して様々な音楽を聴いてみたが、音質は良好、通常の1万円クラスのイヤホンと変わらないサウンド体験が可能であった。

骨伝導方式における音質を疑問視する声もあるだろうが、さすがは値段相応というべきか、音質に関してはほとんど不満を感じない。

ただし、低音に関しては、あまりにボリュームを上げ過ぎるとかなりの振動が響くため、気になる人にとってはストレスに感じるだろう。

音漏れはする

骨伝導 = 音漏れをしない と考えがちだが、実際は通常のイヤホンよりも音漏れが生じる。

小さなボリュームで楽しむ分には問題ないが、中程度までボリュームを上げると、近づかなくても聞こえるほどの音漏れが発生する。

運動しているときや、自宅で使用する分には問題ない

ただし、電車内など、不特定多数が居る環境での使用には注意した方が良いだろう。

『AfterShokz Aeropex』のまとめ

今回紹介した『AfterShokz Aeropex』について、特長をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • 軽くてシンプルなデザイン
  • 後頭部にフィットするチタンフレーム
  • 耳が塞がる違和感が無い
  • 高度な防水仕様
  • 汗による不快感を感じない
  • 良好な音質

悪かった点

  • 音漏れは発生する
  • 低音を響かせると振動が気になる

私は初めて骨伝導イヤホンを使用したが、あまりの便利さに驚かされた。

この便利さと快適さは、一度体験すると手放せなくなるだろう。

特に耳汗に悩まされなくなった点は、ランニングを日課としている私のような人間には非常に助かるだろう。

音質自体も良好、満足度の高いサウンド体験が可能となっている。

運動用のイヤホンを探している方には、是非オススメしたいイヤホンだ。

Amazonで見る

▼こちらの記事もオススメ

ノイズキャンセリングイヤホンの決定版!『Bose QuietComfort Earbuds』レビュー

強力なノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンが欲しい! なおかつ完全ワイヤレスで高音質なものが良い! 最近では、コード類が一切なく、耳にヘッドセットを装着するだけで音楽を聴くことのできる『完全ワイヤレスイヤホン』が主流になりつつある。 ▼デバイスとのBluetooth接続により、完全ワイヤレスで音楽を楽しむことのできるイヤホン。 完全ワイヤレスイヤホンには非常に多くの種類が存在しているが、その中でも特に人気が高いのが『ノイズキャンセリング機能』を搭載した機種だ。 ノイズキャンセリングとは? ノイズキャンセリング機能とは、その名の通り外部から聞こえてくる騒音(ノイズ)を遮断し、音楽に集中することのできる機能のこと。 外部から入り込んでくる音波と逆移送の音波を出力することにより、合成波により音波を打ち消し合わせて騒音をカットするというもの。 革新的な機能であり、最近のイヤホンのハイエンドモデルには同機能が搭載されているものが多い。 今回は、この『ノイズキャンセリング機能』を搭載し、なおかつ 高音質・高利便性 も実現したオススメの完全ワイヤレスイヤホン『Bose QuietComfort Earbuds』について、実際に使用した感想をもとにレビューしていく。 目次1 ノイズキャンセリング機能搭載のハイエンドイヤホン『Bose QuietComfort Earbuds』2 パッケージと同梱物3 持ち運びに適したコンパクトさ4 洗練されたデザインのイヤホン5 使用開始前に専用アプリをインストール6 イヤホンの機能7 実際に使用した感想8 快適な装着感9 驚異的なノイズキャンセリング10 音楽視聴だけでなく高性能耳栓としての利用も可能11 低音の響く高品質サウンド12 ワイヤレス充電対応のケースが非常に便利13 ランニングなどの激しいスポーツには向かない14 『Bose QuietComfort Earbuds』の評価まとめ ノイズキャンセリング機能搭載のハイエンドイヤホン『Bose QuietComfort Earbuds』 『Bose QuietComfort Earbuds』は、世界的なオーディオメーカーであるBose(ボーズ)が2020年10月に発売した、現時点(記事執筆時点)では最新機種にあたる完全ワイヤレスイヤホンだ。 メーカー Bose 型名 QC Earbuds メーカー希望価格 33,000円 接続方式 無線 ヘッドホン型式 インイヤー 製品サイズ 5.05 x 8.7 x 3.4 cm; 380 g 素材 プラスチック カラー 黒・白 公式サイトはこちら メーカー説明: 優れたサウンドは、優れた静寂から始まります。この洗練された新しいワイヤレスイヤホンは、画期的な音響イノベーションと、業界最高クラスのノイズキャンセリングを搭載しています。 この2つを組み合わせることで、静寂の中で、シャープでクリアなサウンドと豊かで深みのある低音を楽しめます。言葉の間のシンガーの息遣いや、オーディエンスの中から聞こえる指のスナップなど、これまでは聞こえていなかった、あらゆる細部の音までが聞こえるようになります。 音楽やポッドキャスト、ビデオ、通話など、用途にかかわらずこれほど魅力的なリスニング体験を楽しめるワイヤレスイヤホンは他にはないでしょう。 収納ケースで充電ができ、バッテリーで駆動する典型的なワイヤレスイヤホンとなっている。 カラーバリエーションには黒色・白色の2種類が存在。 非常に強力なノイズキャンセリング機能を搭載しており、強度は11段階で調整可能。外からのノイズを完全シャットアウトして、音楽や会話を楽しむことができる。 Boseならではの深みのある低音も実現しており、オーケストラなどの繊細な音から、EDMなどのズンズンと響く激しい音まで、あらゆる音楽の臨場感を増して使用者に届ける。 IPX4等級の防滴仕様に対応しており、雨や汗などの水滴が付着しても問題なく使用可能。 本体側面をタッチすることでハンズフリーでの操作にも対応している。 ▼筐体自体は非常にコンパクトな大きさ。装着感が気にならない重量。 接続方式としてBluetooth 5.1を搭載しており、デバイスから半径9メートル以内の範囲で使用可能。イヤホンに内蔵されているマイクシステム自体もノイズをシャットアウトするため、スマートフォン接続時の会話もスムーズに行うことができる。 ▼使用した後は付属のケースに収納して充電を行う。ケース自体にもバッテリーが内蔵されており、2回のフル充電、最大12時間の連続再生が可能となっている。 このように、高性能・高音質・コンパクトさ のいずれの点も併せ持つ、ハイエンドなワイヤレスイヤホンとなっている。 パッケージと同梱物 以下がパッケージと同梱物の紹介である。 ▼箱の外観。Boseらしいシンプルなデザイン。 ▼箱を開けるとケースがすっぽりとおさまっている。ちなみに私は白色を購入した。 ▼中身をすべて取り出した様子。イヤーチップは交換用も含めて3種類(大・中・小)が付属しており、購入時には "中" のイヤーチップがイヤホンに取り付けられている。 ▼ケースは充電器としての機能も兼ね備えている。 本製品の同梱物は以下の通り。 同梱物一覧 専用ケース Bose QuietComfort Earbuds本体(左右) 交換用イヤーチップ(大・中・小) USB Type-C ケーブル 説明書一式 持ち運びに適したコンパクトさ ...

続きを見る

『MINISFORUM X35G』レビュー!手のひらサイズの小型デスクトップPC

最近では、手のひらサイズの超小型デスクトップPCが数多く出回っています。 しかし多くの超小型PCは、サイズの軽量化を図るあまり、スペックを犠牲にしている製品が多いことも事実です。 そこで今回は、ミニデスクトップPCの中でも、サイズとスペック(性能)のバランスが非常に優れているモデルの1つである、 『MINISFORUM X35G』について紹介したいと思います。 ⇒ Amazonで見る ブランド MINISFORUM モデル名 X35G OS Windows 10 Pro CPU Intel Core i3-1005G1 GPU インテルUHDグラフィックス(300MHz- 900MHz) メモリ 16GB DDR SDRAM ストレージ 256GB / 512GB HDD 通信規格 WiFi 6(802.11ax)、Bluetooth 5.1、2×2 MIMO(MU -MIMO)、RJ45*2 ビデオ出力 HDMI (4K/60Hz)Display Port(5K/60Hz) USB-C(Thunderbolt 3 5K / 60Hz) 音声出力 HDMI 2.0 , DisplayPort , 3.5mm Audio Jack 本体サイズ 13.6 x 12.1 x 3.9 cm 本体重量 50 g 『MINISFORUM X35G』は、Indiegogoにおけるクラウドファンディングによって開発が開始されたミニデスクトップPCです。 わずか約13cm角・50グラム という圧倒的なコンパクトさに対して、4K映像出力にも対応したパフォーマンスを発揮します。 ▼デスクトップPCとは思えないほどのサイズ。 通信規格に関しては WiFi 6(802.11ax)、Bluetooth 5.1に対応。各機器へのワイヤレス接続が可能です。 CPUにはIntel Core i3-1005G1を搭載。グラフィックこそオンボードであるものの、16GBの十分なRAMを積んでいるため、ブラウジングはもちろんのこと、軽めのPCゲームであれば十分にプレイすることができます。 ▼通常のデスクトップPCに負けず劣らずのパフォーマンスを発揮する、強力なCPUを搭載。 また Thunderbolt 3、HDMI、USB 3.0、DisplayPort , オーディオジャック といった入出力ポートが用意されており、多種多様なデバイスとの接続が可能です。 ただしスピーカー自体は内蔵されていないので、サウンドを楽しむためにはイヤホンや、外付けのステレオ機器が必要です。 ▼Thunderbolt 3ポートが用意されているミニデスクトップPCは珍しい。 本体ストレージは256GB / 512GBから選ぶことが可能。もしもストレージが足りなくなった場合は、側面のTFカードスロットにマイクロSDカードを挿し込むことで増量可能です。 数あるミニデスクトップPCの中でも、実用性の面で非常に優れた製品となっています。 今回はこの『MINISFORUM X35G』について、実際に使用した感想を元にレビューしていきます。 目次1 コンパクトかつシンプルな外観2 4K出力でも安定したパフォーマンスを実現3 ゲーミング性能について確認4 テスト①:FF14 ベンチマークテストの結果5 ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-その他・ツール, ガジェットレビュー

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5