ニュース

AI搭載ウェブカメラ『AI Webcam Jupiter』2021年2月に新発売

中国の大手家電メーカー eMeet社は、2021年2月に同社のウェブカメラ最新モデルである『AI Webcam Jupiter』を発売予定だ。

販売価格は 229USD(約23,000円)。同社の販売するウェブカメラの中ではスペック・価格のいずれにおいても最上位機種となる。

『AI Webcam Jupiter』はUSBでPCに接続して使用するプラグアンドプレイタイプのカメラであり、主に多人数参加型のWEB会議向けに開発された製品だ。

カメラ・マイク・スピーカーの機能を備えたうえでAIによる自動認識にも対応しており、より高品質な遠隔会議を実現するのに役立つ。

本記事では、同製品の特長について簡単に紹介していく。

『AI Webcam Jupiter』スペックシート

『AI Webcam Jupiter』について、現在判明しているスペックは以下の通りである。

販売価格 229 USD
映像解像度 16 : 9, 1080p(フルHD), 30fps
視野角 96度
フォーカスタイプ AI Focus
搭載マイク数 4基
搭載スピーカー数 1基
付属品 ・本体
・画面保護カバー
・USB Type-Cケーブル
・取り扱い説明書&安全証&保証カード
対応OS Windows XP,Vista和7/8 /10,Mac 10.4.3 等
互換性ソフト(一例) Facetime, Zoom, Skype, Skype for business, Microsoft Lync, Google Hangout, Goto meeting, Bluejeans, webex, braodsoft, lifesize, Line,Slack

製品の特長

  • 同類他社製品よりもリーズナブルな価格
  • AIによる自動認識機能を搭載
  • カメラ・マイク・スピーカー機能を搭載
  • 専用ソフトで細かな調節が可能
  • 主要OS・ソフトウェアとの互換性あり

1080p(フルHD)画質に対応しており、96度にもわたる広範な視野で会議の様子を詳細に映し出すことが出来る。

そして4基のマイクと1基のスピーカーを備えることで、本機一台だけでWEB会議の準備を整えることが可能だ。

スタイリッシュな筐体デザイン

『AI Webcam Jupiter』はスタイリッシュで洗練されたデザインとなっており、硬派なビジネスの場で使用しても違和感が無い。

【本体正面】

  1. 本体
  2. レンズ部
  3. マウント部
  4. マイク
  5. 可動部
  6. ロゴ
  7. 取付用架台

【本体背面】

  1. 本体詳細記載
  2. Type-C USBポート
  3. ツメ(架台)
  4. スタンド取付用ネジ穴

基本的にはモニター上部に設置(引っ掛け)して使用するのが一般的だが、底部の取付穴に別売りのスタンドを装着して、好きな場所に立てかけて使用することも可能だ。

なお、USB Type-Cケーブル一本で映像&音声伝送および電源供給が可能であり、ACアダプターが不要な点は嬉しい。

AIによる自動認識機能

そして本製品の一番の目玉機能が、AIによる自動認識である。

カメラに搭載されたAIが会議参加者の動き(ジェスチャー)を認識し、話者全員がカメラに映るように、自動でフォーカス&ズームインアウトを行うようになっている

これにより、会議参加者がいちいちカメラの範囲内へ移動する手間を省くことが可能だ。

▼人物の顔を認識して、自動でズームする。

また、光量を自動で調節するなど、快適なWEB会議を実現するための機能がすべて揃っている。

専用ソフトウェアで簡単調節

eMeet社は、自社製品向けのフリーソフトウェアである『eMeetLink』を提供している。

本ソフトウェアを使用することで、『AI Webcam Jupiter』の視野角や映像効果など、各種パラメータを簡単に調節することができる。

▼初心者でも簡単に扱えるインターフェース

ファームウェアのアップデートなども可能であり、本製品を購入した際は是非ともインストールしておきたい。

社用PCでも安心!プラグアンドプレイに対応

本製品は、PCにUSBで接続するだけで使用を開始できる『プラグアンドプレイ』に対応している。

使用開始のためにドライバなどをインストールする必要が無いため、外部データのインストールを許可されていない社用PCなどでも問題なく使用することが可能だ。

仕事目的で購入する場合には嬉しい仕様となっている。

最新機種『AI Webcam Jupiter』は2021年2月に発売予定!

今回紹介した『AI Webcam Jupiter』は2021年2月中の発売を予定されている。

AI搭載ウェブカメラは一般的に5~10万円の価格帯で販売されている。

一方で約23,000円という非常にリーズナブル価格でリリースされる本製品は、ハイエンド機種のウェブカメラを求める人々にとっては間違いなく選択肢に入ってくるだろう。

当サイトでは本製品について、リリース時にレビュー記事を執筆する予定だ。

本製品の隠された魅力について、今後も検証を行っていきたい。

▼こちらのサイトでも分かりやすく紹介されています

eMeet社 2021年2月にヒト自動認識AI搭載ウェブカメラを発売『AI Webcam Jupiter』

▼こちらの記事もオススメ

ビジネスユースに最適なスピーカーフォン『eMeet OfficeCore M2』レビュー

コロナ禍により人と合わずにオンラインで会議をする機会が増えているが、オフィスで複数人会議の場合にパソコンのスピーカーとマイクを利用するとハウリングしたり、声が聞きづらかったりしないだろうか? 今回ご紹介する「eMeet OfficeCore M2」は、オフィスで開催されるオンライン会議の際に円滑なコミュニケーションを可能にする高機能なスピーカーフォンで、サイズが小型なため自宅利用にも適している製品、実際に使用してチェックしたのでレビューをおこないます。 目次1 eMeet社について2 スピーカーフォンについて3 OfficeCore M2 特徴4 基本仕様5 パッケージ内容6 OfficeCore M2本体7 使用感8 デバイスと接続9 操作性10 マイク感度11 スピーカーの音質12 総合評価(まとめ) eMeet社について eMeetはスマホメーカーのHUAWEI、スピーカーのHarman、中国電気機器メーカーのTCL、音楽関連企業のKugou等のIT業界出身の人たちによって組織された企業で、高品質な音で自由にコミュニケーション出来る様になることを目指し、人工知能技術を使ったスピーカーフォンやWEBカメラなどを開発・販売している中国のメーカーです。 eMeet製品は日本でも、amazonや楽天などのネットショップ、大手量販店でも数多くの製品が販売されております。 スピーカーフォンについて 本体にスピーカーと集音マイクが内蔵されており、複数人で受話器などを持たずにクリアーな通話をおこなうために特化した製品です。 一般的なマイクと異なり、本体内には複数のマイクが搭載されており、人の話し声や方向を捉えてノイズや環境音などのノイズキャンセリング機能や、エコーキャンセリング機能により、円滑なコミュニケーションができます。 PCやタブレット・スマホなどに接続して利用しますが、接続方法はBluetoothによる「ワイヤレス接続」USBケーブルによる「有線接続」の2種類が一般的な方法です。 会議室などに常設するのであれば有線接続がより音質や音の遅延もないのでがおすすめですが、Bluetooth接続方法の場合は、接続するデバイスを場所により変更したい場合などシンプルで容易に設定変更が可能になるメリットがあります。 OfficeCore M2 特徴 「eMeet OfficeCore M2」は、eMeet社のスピーカーフォンの中ではハイエンドに位置しており、ビジネスユースを意識した製品、多様な接続方法と性能が高いのはもちろん外観が美しいモデルです。 360°全方向集音・明瞭度の高い双方向会話 4つの高性能マイクを本体に内蔵しており、最大8人まで対応、360°全方向からの収音が可能です。eMeet独自の音声信号処理技術VoiceIAによりクリアーな音声を通話相手に届けられます。もちろんエコーキャンセリング・ノイズキャンセリングを搭載しているので、音切れのない双方向通話が可能です。 位置検出機能&LED指示 話している人の方向を自動的に検知して集音力を個別に高めクリアに集音してくれる「位置検出機能」を搭載、本体のLEDが光って検知している方向は一目でわかります。また「オートゲインコントロール」機能により発言者の距離を自動的に検知、一定音量に増幅するので音声がクリアーになります。 充電式バッテリー・専用ポーチ 本体には2600mAhのバッテリーを内蔵しており、バッテリー駆動で最大12時間の連続通話が可能です。小型で重量は290gとスマホ1台ほどなので鞄に入れて持ち運びが可能です。在宅勤務やサテライトオフィス勤務、移動中の空き時間での利用や出張時の宿泊先など場所を選ばず利用できます。持ち歩きに便利な専用ポーチ付きです。 フレキシブルな接続性・USB/Bluetooth/AUX対応 PCはUSB接続、スマートフォンはBluetooth、ビデオ会議システムとはオーディオ入出力端子など、3つのインターフェースを搭載しているので、デバイスや会議システムの種類を問わずフレキシブルに対応、また「USB+Bluetooth+Audio IN/OUT」の同時使用も可能です。 様々な通話アプリに対応 Skype、Google Hangout、Microsoft Lync、Cisco、Avaya、FaceTime、LINE、Goto meeting、Zoom、Bluejeans、webex、braodsoft、lifesize、Vidyoなど、多様なオンライン音声通話サービスに対応しているので安心して利用できます。 基本仕様 eMeet OfficeCore M2の基本仕様は以下のとおりです。 項目 数値 スピーカー出力 3W RMS 周波数応答 20Hz~20kHz(±1db) 信号対雑音比 >80db マイク感度 26db マイク周波数応答 100Hz~8kHz マイク指向性 360°全指向性 Bluetooth Ver4.2 伝送距離約20m マイクの指向性 360°全指向性 バッテリー 3.63V/2600mAh(12時間通話・20時間音楽再生可能) 充電仕様 5V/1A (充電時間3~4時間) サイズ 125mm x 125mm x 35mm 本体重量 300 g パッケージ内容 青と白を基調にしたパッケージに OfficeCore M2 のイラストが描かれたパッケージ 箱を開けるとユーザーマニュアル、マニュアルを取り除くと収納ポーチに入った OfficeCore M2 がでてくる。ケーブル類は左側のスペース下部に収納されています。 OfficeCore M2本体 収納ケースから OfficeCore M2 を取り出してまずは質感のチェックをおこなった。 ボディーは金属製で適度な重量感があり質感が非常に高い、タッチパネル式の操作ボタンが上面中央に並び、外周はスピーカーグリルになっていて外側から内側に向けてグリル穴が大きくなっておりデザイナーのこだわりが感じられる。 ...

続きを見る

『eMeet C980pro』音声によるコミュニケーションを円滑にするこだわりのウェブカメラ・レビュー

多様なスピーカーフォン・ウェブカメラなど、音と映像にフォーカスしたガジェットメーカーeMeetの商品から、今回はプロ仕様とされるウェブカメラ「eMeet C980pro」のレビューをおこないます。 新型コロナによりウェブカメラがより一般家庭にも浸透したと言える2020年ですが、実際にテストをおこないプロスペックの実力・性能をチェックしたいと思います。 目次1 eMeet社について2 C980pro プロ仕様の理由・特徴3 基本仕様4 パッケージ内容5 eMeet C980pro6 マニュアル類7 使用感8 PCの接続9 総合評価(まとめ) eMeet社について eMeet社は、スマホメーカーのHUAWEI、スピーカーのHarman、中国電気機器メーカーのTCL、音楽関連企業のKugou等のIT業界出身の人たちによって組織された企業、高品質な音で自由にコミュニケーションが出来る様になることを目指し、人工知能技術を使ったスピーカーフォンやWEBカメラなどを開発・販売している中国のメーカーです。 C980pro プロ仕様の理由・特徴 ウェブカメラはカメラとマイクが内蔵されていて、PCやMACなどにUSBで接続する事で利用をおこなうコミュニケーション機器ですが、今回ご紹介するC980proは、カメラとマイクはもちろん、本体にスピーカーも内蔵された3イン1ガジェットとなっています。 Skypeやzoomなどを利用したビデオ通話で、C980proに接続するPCがあれば全ての準備が完了するシンプルさと、マイクやカメラなどがプロスペック性能である事が特徴です。 eMeet C980pro 特徴を4つ挙げると・・・ 超広角・高画質・固定フォーカスレンズ eMeet C980proは、視野角90°の超広角により広く対象物の撮影が可能。また画素数は200万画素、解像度は1920p×1080p の固定フォーカス・4層光学レンズにより室内などの暗所でもくっきり明るく撮影が可能です。 4つの無指向性マイクを搭載 本体内部にはVoiceIA「エコーキャンセルリング技術」「雑音制御」機能を搭載した 360°集音が可能なマイクを4つ搭載しており、360°どこからでもクリアな音声を集音します。 ステレオスピーカーを搭載 本体左右に高性能ステレオスピーカーを搭載しており、聞き取りやすい音声の再生も可能です。 各種OSと豊富なビデオ通話アプリに対応 Windows、Mac OS、Android、Chrome OS、など一般的に利用されているデバイスとプラグアンドプレイが可能。Skype、Googleハングアウト、Amazon Chime、Face Time for Macなど、多彩なビデオ通話アプリケーションに対応しています。 基本仕様 項 目 数 値 最大解像度 1080p/30fp CMOS 有効画素数 200万画素 内蔵マイク 360°無指向性マイクを4つ内蔵 ステレオ VoiceIA「エコーキャンセルリング」「 雑音制御」など 内蔵スピーカー ステレオスピーカーを搭載 三脚対応 ノートパソコン、LCD/モニター、三脚取り付けが可能 カメラ画角 90° レンズ 4層高性能光学 USB接続 プラグアンドプレイ対応 本体サイズ 幅157mm×高さ650mm×奥行き660mm ケーブル長 1.83m パッケージ内容 eMeet C980proは白と青のパッケージ、上部にイラスト、背面に英語でスペックなどが記載、シンプルですが色合いが美しいパッケージです。 パッケージ内C980Pro以外に収納ポーチ・マニュアル類が入っているシンプルな構成です。 eMeet C980pro 材質は樹脂製、デザインも良いですし、概ね質感は良いと感じました。 カメラ部は上下90°、スタンドは180°の調整幅があります、残念ながらカメラ部は左右に可動しません。eMeet C980proはウェブカメラとしてはかなり大きく張り出した左右のスピーカー、プライバシー用のレンズ蓋などが特徴的なデザインです。 マニュアル類 付属マニュアルは・ユーザーズマニュアル・安全の手引き・延長保証カードの3種類で、ユーザー登録により保証期間は1年間延長されるとの事、これは嬉しいですね。 取扱説明書は7カ国語版で日本語の記載もありますが、プラグアンドプレイで簡単に使えますからあまり読む必要はないかもしれません。 使用感 PCの接続 Windows10に接続するとすぐにC980proを認識して利用が可能になりました、ドライバーのインストールなど面倒な作業が不要で使いやすいです。利用する通話アプリケーションによっては設定メニューからマイクやスピーカーをC980Proに設定する作業が必要な場合がありますが、通常は自動的に選択されます。 カメラの設置 C980Pro本体のユニバーサルクリップを調整してモニター上部に設置が一般的と思いますが、このカメラはかなり大型なので、27インチ以下の小型モニターだとカメラが大きく目立ってしまうかもしれません。 モニター上部よりも机の上などにC080Proを直に机の上などに置く方が、自由に画角調整が可能になるのでお薦めです、映像は広角なので下側からのアングルの方がダイナミックな印象になる効果もあります。 また、本体下部には三脚穴がありますので、小型の三脚をお持ちならば三脚設置する方が見た目も良くなりますね 映像 C980proは固定フォーカスカメラを採用、画角は90°もあるのでダイナミックな映像撮影が可能です。 焦点距離は8cm~5mとの事ですが、画像の通り文字などは近いとボケる感じがしますが、ビデオ通話用と割り切れば気にするほどでもないと思います。それよりも広角90°で狭い部屋も広く取れるレンズという事が特徴的です。 画質は、どちらかと言うとコントラストが強く陰影がハッキリする設定のようで、良く言えば立体感のある映像表現ですが、顔のシワなどが目立って老けて見えちゃうかも? できれば日差しの入る部屋や、夜であればしっかりと照明を使うほうが綺麗に撮影ができると思います。 マイク性能 eMeet C980 Proは本体に4個のマイクが内蔵されていて、 「エコーキャンセルリング」「 雑音制御」などもおこなうとの事で、実際にテストで通話をおこないましたが、確かに通話相手にはクリアーな音声が届いているようでした。小声や距離を取るなどいろいろと試しましたが自宅利用時の性能としては申し分ない性能です。 製品名の通りプロ仕様との事ですから、ビジネス利用に耐える性能と言えます。 スピーカー性能 本体にスピーカーを内蔵しているので、通話相手の声もC980 Proから聞く事ができました。音楽用のリッチなスピーカーではないと思いますが、音量も十分な大きさが出ますし、音声であれば明瞭に聞き取る事が可能です。一般的なノートPCの内蔵スピーカーを使うよりも音質が良いと思いますので、ノートPCなどで利用する際には便利だと思います。 デスクトップPCで音質の良いスピーカーを使っている場合、C980 Proの内蔵スピーカーは低音の再生が弱いので、あえて利用する必要はないと思います。無いよりは合ったほうが良いという感じでしょうか。 ...

続きを見る

-ニュース

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5