ニュース

アップル『AirPods Max』日本での予約受付が開始!長期的な争奪戦の予感

アップル(Apple)社は2020年12月8日、オーバーイヤー型の新作ワイヤレスヘッドホン『AirPods Max』を発表し、2020年12月15日より全世界で発売することを明らかにした。

▼最新ヘッドフォン『AirPods Max』。旧世代機である『AirPods Pro』と同様にアクティブノイズキャンセリングや外部音取り込みモード、空間オーディオなどの機能を搭載している。

また、発売当日(8日)より予約も開始されており、ほとんどのネットショップにおいて売り切れが続出する事態となっている。

『AirPods Max』の仕様

『AirPods Max』の仕様は以下の通り。

発売日 日本時間:2020年12月15日(火)
価格 61,800円+税
カラーバリエーション シルバー, スペースグレイ, スカイブルー, ピンク, グリーン
オーディオテクノロジー ・Appleが設計したダイナミックドライバ
・アクティブノイズキャンセリング
・外部音取り込みモード
・アダプティブイコライゼーション
・ダイナミックヘッドトラッキングを持った空間オーディオ
センサー ・光学センサー(各イヤーカップ)
・ポジションセンサー(各イヤーカップ)
・ケース検知センサー(各イヤーカップ)
・加速度センサー(各イヤーカップ)
・ジャイロスコープ(左イヤーカップ)
マイク ・アクティブノイズキャンセリングのための8つのマイク
・音声を拾う3つのマイク(2つがアクティブノイズキャンセリングと共用、1つが追加マイク)
チップ ・Apple H1ヘッドフォンチップ(各イヤーカップ)
コントロール 【Digital Crown】

・回して音量を調節
・1回押して再生、一時停止、電話に応答
・2回押して次の曲にスキップ
・3回押して前の曲にスキップ
・長押しでSiriを起動

【ノイズコントロールボタン】

・押してアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え

サイズ(奥行×横×高さ) 83.4 × 168.6 × 187.3 mm
重量 384,8 g
接続方式 Bluetooth
同梱物 ・AirPods Max
・Smart Case
・Lightning - USB-Cケーブル
・マニュアル
互換性 iPhone SE(第一世代以降), iPhone 6s 以降, Apple Watch 1 以降, Apple TV, iPad, Mac PC

▼公式の紹介映像

左右のイヤーカップにはApple H1チップが内蔵されており、従来機よりも高品質なサウンドを実現する。

低音域と中音域をリアルタイムで調節する『アダプティブイコライゼーション』や、イヤーカップ内蔵のマイクを使ってノイズ低減を行なう『アクティブノイズキャンセリング』など、ユーザーに心地よい音を届けるための機能が豊富に搭載されているハイエンドヘッドホンとなっている。

そして専用の40mm口径ダイナミックドライバが広い周波数レンジを生み出し、あらゆるサウンドを細部まで忠実に引き出す。

接続方式はBluetooth5.0を採用しており、ワイヤレス使用対応。バッテリーを内蔵しており、満充電で連続20時間の使用が可能だ。

イヤークッションは音響と着け心地を考慮して開発された形状記憶フォーム製となっており、耳に完全にフィットさせることで長時間装着しても痛みを感じない仕組みだ。

付属品として充電用のUSB Type-Cケーブルのほかに、収納用のスマートケースが同梱する。

ちなみにApple公式ストアより注文する際には、ヘッドホン本体に無料で刻印を追加することのできるサービスが用意されている。

▼好みの文字列やアイコンなどを刻印できる。所有感を増すためにも嬉しいオプションだ。

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるGregJoswiak氏は、本製品について以下のように述べている。

AirPods Maxを使用することで、その魔法のAirPods体験をハイファイオーディオを備えた見事なオーバーイヤーデザインにもたらします

カタログスペックだけ見るとハイエンドヘッドホンにふさわしい内容となっているが、価格も相応のものになっており、本格的な音響を求めるユーザー向けのデバイスであると言える。

予約開始も... 長期的な争奪戦の予感

本製品が発表された当日より、公式Appleストアを含む多くのネットショップにおいて予約(プリオーダー)が開始された。

しかし、Appleストアの在庫は真っ先に売り切れとなり、本記事執筆時点では出荷日が『12~14週間(3か月程度)』となっていた。

Amazonや楽天においても一瞬のうちに在庫が消滅し、現在は各カラーバリエーションともに予約不能の状態となっている。

2020年内の入手は困難か

おそらく現時点で購入を検討しても、2020年内に入手するのは困難であると思われる。

ただし、Amazonなどのネットショップでは定期的に在庫が復活する可能性がある。

どうしても入手したい場合は、定期的に各ネットショップの商品ページをチェックすると良いだろう。

▼こちらの記事もオススメ

ノイズキャンセリングイヤホンの決定版!『Bose QuietComfort Earbuds』レビュー

強力なノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンが欲しい! なおかつ完全ワイヤレスで高音質なものが良い! 最近では、コード類が一切なく、耳にヘッドセットを装着するだけで音楽を聴くことのできる『完全ワイヤレスイヤホン』が主流になりつつある。 ▼デバイスとのBluetooth接続により、完全ワイヤレスで音楽を楽しむことのできるイヤホン。 完全ワイヤレスイヤホンには非常に多くの種類が存在しているが、その中でも特に人気が高いのが『ノイズキャンセリング機能』を搭載した機種だ。 ノイズキャンセリングとは? ノイズキャンセリング機能とは、その名の通り外部から聞こえてくる騒音(ノイズ)を遮断し、音楽に集中することのできる機能のこと。 外部から入り込んでくる音波と逆移送の音波を出力することにより、合成波により音波を打ち消し合わせて騒音をカットするというもの。 革新的な機能であり、最近のイヤホンのハイエンドモデルには同機能が搭載されているものが多い。 今回は、この『ノイズキャンセリング機能』を搭載し、なおかつ 高音質・高利便性 も実現したオススメの完全ワイヤレスイヤホン『Bose QuietComfort Earbuds』について、実際に使用した感想をもとにレビューしていく。 目次1 ノイズキャンセリング機能搭載のハイエンドイヤホン『Bose QuietComfort Earbuds』2 パッケージと同梱物3 持ち運びに適したコンパクトさ4 洗練されたデザインのイヤホン5 使用開始前に専用アプリをインストール6 イヤホンの機能7 実際に使用した感想8 快適な装着感9 驚異的なノイズキャンセリング10 音楽視聴だけでなく高性能耳栓としての利用も可能11 低音の響く高品質サウンド12 ワイヤレス充電対応のケースが非常に便利13 ランニングなどの激しいスポーツには向かない14 『Bose QuietComfort Earbuds』の評価まとめ ノイズキャンセリング機能搭載のハイエンドイヤホン『Bose QuietComfort Earbuds』 『Bose QuietComfort Earbuds』は、世界的なオーディオメーカーであるBose(ボーズ)が2020年10月に発売した、現時点(記事執筆時点)では最新機種にあたる完全ワイヤレスイヤホンだ。 メーカー Bose 型名 QC Earbuds メーカー希望価格 33,000円 接続方式 無線 ヘッドホン型式 インイヤー 製品サイズ 5.05 x 8.7 x 3.4 cm; 380 g 素材 プラスチック カラー 黒・白 公式サイトはこちら メーカー説明: 優れたサウンドは、優れた静寂から始まります。この洗練された新しいワイヤレスイヤホンは、画期的な音響イノベーションと、業界最高クラスのノイズキャンセリングを搭載しています。 この2つを組み合わせることで、静寂の中で、シャープでクリアなサウンドと豊かで深みのある低音を楽しめます。言葉の間のシンガーの息遣いや、オーディエンスの中から聞こえる指のスナップなど、これまでは聞こえていなかった、あらゆる細部の音までが聞こえるようになります。 音楽やポッドキャスト、ビデオ、通話など、用途にかかわらずこれほど魅力的なリスニング体験を楽しめるワイヤレスイヤホンは他にはないでしょう。 収納ケースで充電ができ、バッテリーで駆動する典型的なワイヤレスイヤホンとなっている。 カラーバリエーションには黒色・白色の2種類が存在。 非常に強力なノイズキャンセリング機能を搭載しており、強度は11段階で調整可能。外からのノイズを完全シャットアウトして、音楽や会話を楽しむことができる。 Boseならではの深みのある低音も実現しており、オーケストラなどの繊細な音から、EDMなどのズンズンと響く激しい音まで、あらゆる音楽の臨場感を増して使用者に届ける。 IPX4等級の防滴仕様に対応しており、雨や汗などの水滴が付着しても問題なく使用可能。 本体側面をタッチすることでハンズフリーでの操作にも対応している。 ▼筐体自体は非常にコンパクトな大きさ。装着感が気にならない重量。 接続方式としてBluetooth 5.1を搭載しており、デバイスから半径9メートル以内の範囲で使用可能。イヤホンに内蔵されているマイクシステム自体もノイズをシャットアウトするため、スマートフォン接続時の会話もスムーズに行うことができる。 ▼使用した後は付属のケースに収納して充電を行う。ケース自体にもバッテリーが内蔵されており、2回のフル充電、最大12時間の連続再生が可能となっている。 このように、高性能・高音質・コンパクトさ のいずれの点も併せ持つ、ハイエンドなワイヤレスイヤホンとなっている。 パッケージと同梱物 以下がパッケージと同梱物の紹介である。 ▼箱の外観。Boseらしいシンプルなデザイン。 ▼箱を開けるとケースがすっぽりとおさまっている。ちなみに私は白色を購入した。 ▼中身をすべて取り出した様子。イヤーチップは交換用も含めて3種類(大・中・小)が付属しており、購入時には "中" のイヤーチップがイヤホンに取り付けられている。 ▼ケースは充電器としての機能も兼ね備えている。 本製品の同梱物は以下の通り。 同梱物一覧 専用ケース Bose QuietComfort Earbuds本体(左右) 交換用イヤーチップ(大・中・小) USB Type-C ケーブル 説明書一式 持ち運びに適したコンパクトさ ...

続きを見る

PlayStation 5(PS5)実際に使用した感想 - 外観からゲームプレイまでレビュー

2020年11月12日(木)、遂に次世代ゲーム機の1つである『プレイステーション5』(PS5)が発売されました。 ▼ディスクエディション(左)と デジタルエディション(右) PlayStation 5 | 公式サイト 旧世代機(PS4・Xbox One)から更に向上したゲーム体験が可能になるゲーム機として、予約開始時点から激しい争奪戦となり、発売から数週間が経過した現時点(記事執筆時点)においても入手が困難な状況となっています。 筆者は運良くAmazonで予約できたため、発売日にデジタルエディション版のPS5を入手することができました。 ▼ダウンロード版のタイトルのみをプレイできるDigital Edition(定価:3万9,980円+税) 付属品一覧 PS5本体 × 1 デュアルセンスコントローラ × 1 HDMIケーブル × 1 電源コード × 1 説明書 × 1 待ちに待った次世代機ということもあり、実際にPS5タイトルをいくつか購入し、数週間のあいだ夢中になってプレイしました。 そこで今回は、現在絶賛話題になっているPS5について、実際に使用してみた感想を、様々な観点から紹介(レビュー)していきたいと思います。 目次1 PS5の本体スペック・外観2 本体スペック詳細3 大型ながらスタイリッシュで美しいフォルムデザイン4 デュアルセンスコントローラ外観5 無駄を省いて洗練されたインターフェース6 ホーム画面7 システム画面8 PS5によるゲーム体験 - 高速ローディングと光源処理の素晴らしさ9 現実と見まがうほどリアルな光源処理10 ほぼゼロに近いロード時間11 高FPSを取るか、高グラフィックを取るか12 ゲーム内の衝撃をリアルに伝える『ハプティックフィードバック』機能13 引き金の重さを感じ取れる『アダプティブトリガー』14 進化したパーティー機能15 PS5を2週間実際に使用した感想まとめ PS5の本体スペック・外観 本体スペック詳細 PS5の本体スペック・データは以下の通りです。 ディスクエディション デジタルエディション 外形寸法(高さ×幅×奥行) 約390mm×104mm×260mm 約390mm×92mm×260mm 質量 約4.5kg 約3.9kg 最大消費電力 350W 340W 入出力 ・USB Type-A 端子(Hi-Speed USB) ・USB Type-A 端子(Super-Speed USB 10Gbps) x2 ・USB Type-C 端子(Super-Speed USB 10Gbps) 通信規格 ・Ethernet(10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T) ・IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax ・Bluetooth 5.1 映像出力 ・HDMI OUT端子 ・4K 120Hz TV、8K TV、VRR 対応(HDMI2.1規格による) オーディオ “Tempest” 3Dオーディオ技術 SSD 825GB ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-ニュース

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5