その他・ツール ガジェットレビュー

災害時・アウトドアの必需品!『Anypro ポータブル電源』片手で持てる大容量バッテリー

最近は新型コロナウイルスの影響によって、屋内の密なスペースで遊ぶより、屋外の広大な土地で密を避けてキャンプなどを楽しむ動きが広まりつつある。

キャンプに必要な器具と言えば "テント" や "コンロ" などが思い浮かぶだろう。

しかし、モバイル端末の普及した昨今では、"スマートフォン" や "タブレット" を持っていく方も多いだろう。

そうなってくると、それらの機器に電気を充電するためのバッテリーも用意しておきたいところだ。

しかし、一般的な小型のモバイルバッテリーだけでは容量的に心もとなく、数回充電するだけでバッテリー切れとなってしまうだろう。

持ち運びやすくて・大容量で・様々な端末に対応したバッテリーが欲しい

そう思う方も多いのではないだろうか。

そこで今回は、これらの点をすべて満たした『Anypro ポータブル電源』について紹介していこうと思う。

コンパクトな蓄電池『Anypro ポータブル電源』

『Anypro ポータブル電源』とは、どこにでも持ち運べるコンパクトさ・軽さに加えて、モバイル端末を数十回分も充電できるだけの大容量バッテリーを搭載したポータブル電源である。価格は45,000円ほど。

Amazonで見る

ブランド Anypro
本体サイズ 29×12×20cm
本体重量 4.5kg
電池容量 120000mAh/444Wh(リチウムイオン)
安全認証 FCC、ROHS、PSE、UN38.3 等
対応出力 AC出力(100V-110V 50Hz/60Hz)
DC出力(12V/8A MAX)
USB出力(5V/3.1A)
TypeC出力(45W 5V/3A 9V/3A 12V/2.5A 15V/2A 20V/2.25A)
シガーソケット出力(12V/24V)

本製品は120000mAh/444Whの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載している。これは同価格帯のポータブル電源の中ではかなり容量の大きい部類に入る。

PSEを含む各安全認証を取得しているため、安心して使用することが出来る。

公式のスペックシートでは、スマホであれば約40回の満充電、小型冷蔵庫であれば約7時間ほどの稼働が可能であり、アウトドア用電源としては十分な充電量であると言える。

筐体自体のサイズは最も大きな部分で約30センチとコンパクトであり、重さは4.5キログラムほど。上部には持ち運び用のハンドルが付いているため、女性や子供でも問題なく持ち運び可能だ。

▼車の荷台に積み込んでも邪魔にはならないサイズ。

出力方法には『Type-C』『USB』『DC(直流)』『AC(交流)』『シガーソケット』の5種類に対応しており、大半の電化製品を充電することができるだろう。

直流・交流のいずれにも対応しており、純正弦波の出力が可能。

▼ただし、定格500Wを超える機器への使用は推奨されていないので注意。

 

そして入力(充電)方法には『ACコンセント』『ジェネレーター』『シガーソケット』『ソーラーパネル』の4種類に対応しているため、場面に応じて柔軟に充電を行うことが出来る。

特にソーラーパネルに対応している点は、災害用電源としては実に嬉しい点だ

▼被災時に電力の復旧を待っている間でも、電気を使うことが出来る。

ただし、ソーラーパネル(太陽光)充電を行うためには、別途ソーラーパネルの購入が必要となる。

以上のように、機能性・利便性に優れたポータブル電源となっている。

価格的にもリーズナブルな設定となっているため、ポータブル電源の購入を検討している方にとっては選択肢の1つに入るだろう。

製品本体および付属品について

それでは、製品本体および付属品について紹介していく。

▼製品外箱の様子。

 

▼内容物を取り出した様子。

本製品の内容物一覧は以下のとおりである。

内容物一覧

  • ポータブル電源本体
  • ACアダプター充電器
  • 車載用充電シガーソケット
  • 自動車用シガーソケット
  • 付属品バッグ
  • 取扱説明書

▼コード類一式。シガーソケット用コードも付属しているため、自動車からの充電も可能だ。

ポータブル電源本体

ポータブル電源の正面には、各ポート(DC出力×4、USBポート×3、Type-C出力)およびAC/DC出力切替ボタンが搭載されている。

上部には持ち運び用の取っ手が付いている。

▼片手でもラクラク持つことが出来る重さだ。

▼裏面には定格が記載されている。

▼側面にはAC電源(コンセント)および、非常時用のライトが2機搭載。

▼反対側の側面には排熱口、アンダーソン充電端子およびAC電源ポートが用意。コンセントから充電する際はこちらを利用する。

停電時・非常時に役立つライト

本体側面に用意されているライトは、取っ手部分のボタンを押すことで点灯する。

そして、ボタンを押すごとに 強点灯 ⇒ 弱点灯 ⇒ 点滅(SOS)⇒ 点滅 の順で点灯パターンが変化する

▼実際に点灯させた様子(クリックして再生)

これにより、停電時の非常用ライトとしてだけでなく、遭難した際にSOSを求めるサインとしても利用可能だ

充電方法

本製品を使って充電する方法は、いたって簡単だ。

まずポータブル電源にコンセント、もしくはUSBケーブルで電子機器を接続する。

続いて製品の入力方式に合わせて、AC/DC切替ボタンを押す。

▼コンセント充電の場合は、AC(交流)を選択する。

すると、機器への充電が開始される。

ポータブル電源自体の充電残量は、正面モニターに表示される。

USB充電の場合も、同様にケーブルで機器と電源を接続 ⇒ DC出力ボタンを押すだけで給電が開始される。

電気に関する知識が全くない人でも、問題なく使用することが可能だ。

パススルー(同時充放電)使用も可能

また本製品は、電源自体を充電しながら、他危機への出力も仕様上可能となっている。

充放電を同時に行うパススルー使用

ただし、この使用方法はポータブル電源に内蔵されているリチウムイオンバッテリーの寿命を縮める恐れがある。

そのため、パススルー使用は可能な限り最小限にとどめることをオススメする

使用中の作動音・熱の問題はナシ

本製品を数時間連続で使用してみたところ、本体が熱をもつことはほとんどなかった。かなり高度な排熱機構を擁していると考えられる。

また、作動音などは一切せず、非常に静音の状態で使用することが出来た。

夜間や集合避難所など、騒音に気を付けなければならない場所で使用する際にも安心だ

とにかく軽くて持ち運びやすい

そして長時間持ち運んだ結果だが、とにかく軽くてコンパクトな点がGOOD

付属ケーブルなどをすべて含めても6kgを超えないため、移動の支障にはならなかった。

そして別売りの専用収納バッグを購入することで、持ち運びの利便性が向上する。

Amazonで見る

持ち運びを前提に購入を検討している方には、是非バッグの購入もオススメしたい。

Anypro ポータブル電源についてのまとめ

今回紹介した『Anypro ポータブル電源』についてまとめると、以下のとおりである。

製品の特長まとめ

  • コンパクトで持ち運びに長けたデザイン
  • 大容量バッテリー
  • 多種多様な入出力方式に対応
  • 非常時に役立つ多機能ライトを搭載
  • パススルー(同時充放電)使用に対応
  • リーズナブルな価格

以上のように、アウトドア・非常時などあらゆる場面に対応したポータブル電源となっている。

バッテリー容量に対する価格もリーズナブルなものになっており、初めてポータブル電源の購入を検討している方にも手が出やすい、エントリーモデル的な存在と言えるだろう。

持ち運びやすくて・大容量で・様々な端末に対応したバッテリー を求めている方は、是非購入を検討してみてはいかがだろうか。

Amazonで見る

▼こちらのサイトでも分かりやすく紹介されています。

スマホ充電40回分の大容量!Anypro ポータブル電源レビュー | 片手で持ち運び可能な蓄電池

▼こちらの記事もオススメ

2021年にオススメの『モバイルモニター』10選について価格順に紹介!

外出先でも大きな画面でメディアを楽しみたい スマホの画面を大きなディスプレイに出力したい PC用の安価なサブモニターが欲しい このような要望に応える製品として、『モバイルモニター(モバイルディスプレイ)』というガジェットが存在しています。スマートフォンやタブレットなど対応デバイスと接続することで、映像・音声を大きなディスプレイ上に出力できるという優れもの。 また多くの機種はHDMI端子に対応しているため、手軽なPC用のサブモニターとして連結することも可能です。 最近非常に人気の高まってきたガジェットですが、市場には非常に多岐に渡る種類のモバイルモニターが出回っており、どの製品を選べばよいのか迷ってしまう方も多いと思います。 そこで今回は、2021年時点における最新の『おすすめモバイルモニター10選』について、価格の安い順に、各製品の特長も交えて紹介していきます。 モニター選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。 目次1 ①:EleDuino M108B2 ②:AtoLas ATM1083 ③:AUZAI ME164 ④:NORSMIC NORS-Z1-35 ⑤:Lepow Z16 ⑥:ALLDOCUBE Expand X7 ⑦:MISEDI MDS-173F018 ⑧:UQ-PM15FHDNT9 ⑨:EVICIV EVC-150410 ⑩:cocopar YC-156-4KR11 自身の用途に合ったモバイルモニターを選びましょう! ①:EleDuino M108B 『EleDuino M108B』は、1366x768解像度対応の、超軽量モバイルモニターです。 サイズ・重量ともに業界最軽量クラスとなっており、最も持ち運びに適したモニターの1つであると言えるでしょう。 参考価格は 税込¥12,980 です。 (参考元:Amazon) 項 目 数 値 サイズ 10.8インチ(16:9) パネルタイプ  IPS 解像度  1366x768 周波数(H/V)  60HZ 映像入力端子 mini HDMIx1、USB Type-Cx2 音声出力端子  3.5mm オーディオ端子 内蔵スピーカー  ステレオ(1w×2) 寸法  263.7×164.7×14mm 重量 400g 【付属品一覧】 1.5m HDMIケーブル(HDMI認証) 5V 3A電源 電源ケーブル(1m、PSE認証) 1m USB C-USB Cフル機能ケーブル(EMI認証) 日本語取扱説明書 mini HDMI、USB Type-Cの2種類のポートを搭載しており、対応デバイスと接続することで、給電・映像&音声出力をケーブル一本で賄うことが可能です。 ▼スマホ・PC・ゲーム機など幅広いデバイスとの接続に対応。 解像度自体はフルHD未満であるものの、ゲームや映像メディアの視聴には十分に耐えうるクオリティとなっています。 価格も約1万円と非常にリーズナブルなものになっており、出来だけ安価なモバイルモニターを求めている方にとっては非常にオススメ度の高い製品です。 特にオススメな点 特にオススメな点としては、やはり圧倒的な手軽さが挙げられると思います。 重さは約400グラムと、下手な本よりも軽いものになっており、サイズ自体もカバンに入れておいても全く支障になりません。 上述した通り価格も約1万円と非常に安価なため、とにかく安くモニターを手に入れたいというユーザーのニーズには最も適した製品であると言えます。 残念だった点 一方で、画面を保護するための本体カバーが付属しない点は残念に思います。 画面自体は保護フィルムでキレイに保つことはできますが、やはりカバン等に入れて持ち運ぶことを考えると、デフォルトで専用カバーが付属してほしかったところです。 もし本製品を購入する際は、別途収納用のケース(カバー)を一緒に購入することをオススメします。 ②:AtoLas ATM108 『AtoLas ATM108』は、1366x768解像度対応の、10.8インチ超小型モバイルモニターです。 ①で紹介した『EleDuino M108B』に並び、業界最軽量クラスの製品となっています。 参考価格は 税込¥13,960 です。 (参考元:Amazon) 項 目 数 値 サイズ ...

続きを見る

AnTuTu20万超えの高コスパタブレット『Teclast M40』レビュー

2020年10月8月に、大手電子機器メーカーの "Teclast"(中国)が、同社のタブレット機種最新モデルとなる『Teclast M40』を発売した。 タブレット本体の性能を表すベンチマーク『AnTuTu』のスコアで約210,000超えを記録したにもかかわらず、価格がわずか2万円前後という、非常にコストパフォーマンスに優れた機種であるとして話題になったタブレットだ。 ⇒ 楽天で製品を見る(割引クーポンあり) ▼スペック表 公式製品サイト https://teclast.info/m40.html 製品名称 Teclast M40 発売時期 2020年8月 メーカー希望価格 179.99 USD(約19,000円) メーカー Teclast 画面サイズ 10.1 インチ OS Android 10.0 パネル IPS 解像度 1920 × 1200 CPU UNISOC Tiger T618 GPU Mali-G52 メモリ 6 GB ストレージ 128 GB(Micro SDカードスロット搭載) サイズ(高さ×横幅×厚さ) 243 × 163 × 9.3 mm 本体重量 約531 g 本体カラー ブラック カメラ 前面カメラ&背面カメラ(8MP) 防水・防塵 非対応 イヤホンジャック あり バッテリー容量 6000 mAh・10 W(ワイヤレス充電非対応) ポート USB Type-C Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac Bluetooth 5.0 本機はCPUに『UNISOC Tiger T618』、メモリ(RAM)に6GBを搭載したことにより、ベンチマークスコアで20万点オーバーという、この価格帯のミドルスペック機としてはかなり高い性能を実現している。 iPadのような価格の高いタブレットには手が届かない... それでも多少はスペックの高い機種が欲しい 上記のような要望をもつユーザーにとっては、まさにうってつけのタブレットであると言える。 今回はこの『Teclast M40』について、実機を使用した感想を元にレビューしていこうと思う。 目次1 価格以上の機能性を実現した "お買い得" タブレット2 本体外観および付属品について3 ソフト面での使用感・レビュー4 抵抗感なく使用できるAndroidインターフェース5 細かな文字でもクッキリと読むことが出来る高解像度6 滑らかな映像(ただし彩度は薄め)7 重いゲームアプリでも快適動作8 カメラ性能に関してはそこそこ9 現時点で最もオススメできるミドルスペックタブレット『Teclast M40』 価格以上の機能性を実現した "お買い得" タブレット 上記で紹介したスペック表を見る限り、本機は2万円の価格に対して非常に優れたスペックを擁しており、現時点(記事執筆時点)において最もオススメ度の高いミドルスペックタブレットであると言える。 ミドルハイスペック機に負けず劣らずのベンチマークスコアを誇っており、ストレージも128GBと比較的大容量。もしも空き容量が不足した場合は別途マイクロSDカードを挿入するためのスロットも用意されている。 ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-その他・ツール, ガジェットレビュー

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5