ゲーム関連 ニュース

『AYA NEO』Ryzen 5搭載の高性能携帯型ゲーム機が登場!クラウドファンディング予告ページが出現

海外(中華)メーカーが、最新の高性能携帯型ゲーム機『AYA NEO』について、クラウドファンディングの開始を予告しています。

『AYA NEO』とは、Ryzen CPUおよび16GBのメモリ(RAM)を搭載しており、携帯ゲーム機とは思えないほどの高パフォーマンス を発揮するゲーミングデバイスとして、以前から国内外で大きな注目を集めていました。

▼見た目はニンテンドースイッチに近い。

価格は、クラウドファンディング開始時点の数量限定『Super Early Bird』プランが 699ドル(約70,000円)を予定されています。

なお中国ではすでに先行販売が開始され、初期ロット数千台がわずか数時間で売り切れたとのこと。

以下では、詳しいスペックなどについて紹介していきます。

『AYA NEO』の詳細スペック

『AYA NEO』について、明らかになっているスペック構成は、以下の通りです。

CPU AMD Ryzen 5 4500U
GPU AMD VEGA6
OS Windows 10
RAM 16GB LPDDR4(4266MHz)
ストレージ 500GB/1TB M.2 2280 SSD
ディスプレイ 7インチ(1280×800)IPS(5点マルチタッチ)
バッテリー容量 4,100mAh x3
通信規格 Wi-Fi6, Bluetooth 5.0
本体サイズ 255 x 106 x 20mm, 650g

上表から分かる通り、ニンテンドースイッチほどのサイズの中に、Ryzen 5 CPU、16GB RAM、および500GB ~ 1TB のSSDが詰め込まれたモンスターマシンとなっています。

OSにWindows10を搭載しているため、超ポータブルなWindows PCであるとも言えます。

AAA級のゲームタイトルでもプレイ可能

本機は世界で初めて7nm AMD Ryzen APUを搭載した携帯ゲーム機です。

グラフィック用に『AMD Radeon VEGA6』を積んでいるため、AAA級のPCゲームでも十分プレイ可能なスペックとなっています。

▼予告サイトでは、超激重ゲームの代表格『サイバーパンク2077』ですら、30FPS以上を安定して出力できるとのこと。

大容量バッテリーと急速充電

ハイパワー出力を保つために、本機には大容量バッテリーが積まれており、短時間の急速充電にも対応しています。

これにより、バッテリー切れのストレスを可能な限り減らすことに成功しているとのこと。

Wi-Fi, Bluetoothの最新通信規格に対応

また、Wi-Fi6とBluetooth 5.0の2つの最新通信規格に対応しています。

そのため、ワイヤレスでのオンライン通信や、外部デバイスとの接続に対応でき、携帯性とユーザビリティに優れた構成となっています。

最新情報を受け取るにはサインアップを!

携帯ゲーム機としては最高クラスの性能を誇る製品であり、今後の情報が非常に待ち望まれます。

もしも本機に関心のある場合は、Indiegogoの予告ページにサインアップ(アドレス登録)することで、最新の情報を受け取ることが出来ます。

クラウドファンディングに関する情報を逃さないようにしましょう!

▼こちらの記事もオススメ

AI搭載ウェブカメラ『AI Webcam Jupiter』2021年2月に新発売

続きを見る

AnTuTu20万超えの高コスパタブレット『Teclast M40』レビュー

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-ゲーム関連, ニュース

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5