ウェブカメラ ガジェットレビュー

最安価クラス『BUFFALO マイク内蔵120万画素ウェブカメラ』レビュー

『BUFFALO マイク内蔵120万画素ウェブカメラ』レビューです。

新型コロナにより必需品となったウェブカメラですが、今回は入手できる最安価級と思われる『BUFFALO マイク内蔵120万画素ウェブカメラ』(品番:BSWHD06M)についてのレビューです。

ビデオ会議などで日常的に利用できる画質・性能なのか?気になる方も多いのではないかと思います。早速チェックしてみましょう。

BUFFALO ウェブカメラについて

BUFFALOウェブカメラ 『BSWHD06MBK』ですが、価格は2,660円以下で購入できるとにかく安価な製品です、amazonで販売価格を確認すると驚きの1,300円(2020年11月現在)でした。

BSWHD06MBK

BSWHD06MWH

本体のカラーは『ブラック』『グレー』『ホワイト』の3色展開となっており、ウェブカメラを試してみようと考える方の入門機といった位置づけでカジュアルに利用できる商品となっています。

特長

メーカーのホームページから確認できる主な特徴は以下の通りです。

複数人でのチャットに便利 マイク内蔵タイプ

カメラ本体の内蔵マイクで、音を広く拾うので、複数人のチャットやライブ動画撮影に適しています。
また、ヘッドセット不要なのでケーブルを気にせず楽な姿勢でビデオチャットを楽しめます

好みのピント調節が可能 マニュアルフォーカス

マニュアルフォーカスだから、レンズ部のリングで簡単にお好みの位置にピントを固定できます。

USBコネクターをパソコンにつなぐだけ!『瞬間接続』WEBカメラ

ご利用のパソコンにビデオチャットソフトがすでにインストールされていれば、パソコンにUSBコネクターを接続するだけで、ドライバーが自動インストール(UVC対応)されます。

手間のかかるインストール作業が必要ないため、購入してすぐに使えます。

カメラの設置が自由自在!3Wayスタンド

3wayスタンドだからノートパソコン・液晶ディスプレイ・机の平面など様々な設置方法が可能です。

BUFFALOのホームページなどでこのウェブカメラについて調査したところ、この商品の発売年は2013年でかなり長く以前から売られていた商品である事がわかりました。

ウェブカメラに必須なカメラとマイクはもちろん内蔵はされていますが、さすがに7年以上も前に開発された製品なので過度な期待は持たない方が良さそうです。

基本仕様

動作環境
温度5℃~40℃、湿度20%~80%(結露なきこと)
ケーブル長
1.5m
映像素子
CMOSセンサー
有効画素数
120万画素
最大解像度
1280×960ピクセル
最大フレームレート
MAX30fps
フォーカス
マニュアル
焦点距離
20cm~∞
外形寸法(幅×高さ×奥行)
60×24×19mm(スタンド部除く)
質量
約50g
保証期間
6か月間
製品構成
本体(ケーブル長1.5m)、取扱説明書、多言語(簡易)取扱説明書

基本仕様の通りで、解像度は1280×960とQVGAクラス、フレームレートも30fpsという事から、やはり一世代前の製品といえる性能です。なぜか保証期間も6ヶ月のみというところが気になる点です。

パッケージ内容

外箱は写真の通り、本体が見える吊るしが可能なパッケージになっていて、裏面にスペックや特徴などが記載されています。

内容物はウェブカメラ本体にユーザーマニュアルが2種で、マニュアルは小さいサイズが日本語版で詳細な説明が記載されていて、大きいタイプは多国語で簡易な使用方法が記載されていました。

 

カメラ本体の細部を確認

今回入手したウェブカメラ(BSWHD06M)は本体カラーは黒、質感はおおよそ想定はしていたが・・・ かなりチープだ。本体の材質は樹脂製で手に持つととにかく軽く、本当にカメラなの?って不安になる。笑 例えるならプラスチック製のクリップのような感じだろうか。

カメラ部はおおよそ上下に約90°程度可動可能で、スタンド部も180°超の調整幅がありで一般的なモニターであれば設置は問題なさそうではある。残念ながらカメラ部は左右の首振りはできない構造だ。

気になったのは本体重量が軽すぎるのでケーブルに触れるだけで設置したカメラがずれたりする、持ち歩くには良いが据え置き設置にはあまり向かないと感じた。

カメラ部はフォーカスを調整するためにレンズが指で回転できるようになっている、実際に指で回してみてもクリック感を感じないので気持ち良い感じはしない・・・ とにかく、本体の質感を評価するとすれば値段相応といった感じだが、本体の軽さはメリットでもあり、スタンドやカメラの可動域は実用上は問題ないレベルではある。

実際に使用してみた

PCとの接続

Windows10・Mac、どちらも接続すればすぐに認識してくれるので利用が可能になった。ドライバーのインストールなど面倒な作業が不要なのは良い点で、箱から出してUSBを接続すればすぐに利用開始できる。

MacBookに設置してみたが、カメラ部はモニターから10mm程度飛び出してマウントされるのだが、これはなんとも不格好で、背面側も結構な出っ張りになってしまう。。。

ノートPCの場合は液晶部が薄いのでこのような設置スタイルになるが、そもそもノートPCには通常カメラが内蔵されているので関係ないかもしれない。

映像・マイクのクオリティ

映像は昔のガラケーに内蔵されていたカメラのような映像になる(苦笑) それとマニュアルフォーカスなので撮影対象の距離決めたらレンズをくりくり回してフォーカス調整が必要だ。

動画撮影時はモヤモヤとノイズが入り、色合いもなんとも言えないノイジーな感じ、全体的に暗いし、画角はかなり狭い、とにかく映像品質を真面目に評価してもあまり意味がないだろう。とはいえ、2,000円程度のおもちゃと考えれば悲観するほど悪くはない。

マイク性能

eMeet C980 Proは本体に4個のマイクが内蔵されていて、 「エコーキャンセルリング」「 雑音制御」などもおこなうとの事で、実際にテストで通話をおこないましたが、確かに通話相手にはクリアーな音声が届いているようでした。小声や距離を取るなどいろいろと試しましたが自宅利用時の性能としては申し分ない性能です。
製品名の通りプロ仕様との事ですから、ビジネス利用に耐える性能と言えます。

スピーカー性能

本体カメラ部の右側にスピーカーを内蔵している、もちろんモノラルマイクだ。実際に映像撮影をして確認したが、それほど性能は悪くなく収音はしっかりできている。ビデオ通話などで会話レベルであれば問題なく利用できる性能だろう。

総合評価

『BUFFALO マイク内蔵120万画素ウェブカメラ』BSWHD06M に関する総合評だが、家族とのビデオ通話レベルで、画質や音質をそれほど気にしないのであれば過不足なく利用できる製品だろう。ビジネスなどでビデオ会議となると、さすがに使用するのは躊躇するレベルだ。

良い点は、とにかく安価で本体が軽く、ビデオ通話などは最低限の品質で利用が可能という事。できるだけ安価に入手したくて、ビデオの映りを気にしないという事であれば、購入しても良いのではないかと思う。

とはいえ、予算を数千円アップすれば高品質な製品がたくさんある、できればワンランクアップをお勧めしたい。

▼こちらの記事もオススメ!

eMeet Nova Portable Webcam with Microphone
Skypeやzoom会議におすすめ!eMeet NOVA WEBカメラレビュー

テレワークを導入する企業が増えていますが、自宅にしっかりとしたリモートワーク用のWEBカメラが必要ですね。Skypeやzoom会議に対応して、安価に入手が可能でおすすめの『eMeet NOVA WEBカメラ』をレビューします。 目次1 eMeet社について2 eMeet NOVA 特徴3 基本仕様4 パッケージ内容5 eMeet NOVA 本体6 マニュアル類7 使用感8 PCの接続9 カメラ固定10 映像品質11 音質12 総合評価(まとめ) eMeet社について eMeet社とは聞き慣れ倍メーカかもしれませんので、まずはeMeet NOVAのメーカについてご紹介します。 eMeet社は、スマホメーカーのHUAWEI、スピーカーのHarman、中国電気機器メーカーのTCL、音楽関連企業のKugou等のIT業界出身の人たちによって組織された企業で、高品質な音で自由にコミュニケーション出来る様になることを目指し、人工知能技術を使ったスピーカーフォンやWEBカメラなどを開発・販売している中国のメーカーです。 eMeetの製品は日本でも、amazonや楽天などのネットショップ、大手量販店でも数多くの製品が販売されております。 eMeet NOVA 特徴 eMeet NOVAは、PCやMACなどにUSBで接続するだけで利用できるWEBカメラで、Skypeやzoomなど、コロナ禍によるオンライン会議や通話にとても便利なおすすめの商品です。 特徴を4つ挙げると・・ 高画質映像 eMeet NOVA WEBカメラは4層光学レンズ搭載で室内などの暗所に強く、画素数は200万画素、解像度は1920p×1080p CMOSセンサーを搭載で、広角は驚きの78°、クリアで滑らか、広い視野角の撮影が可能です。 ステレオマイク内蔵 本体正面左右にVoiceIATM「エコーキャンセルリング技術」を搭載!2つの無指向性マイクを内蔵しており、クリアな音声を集音する事が可能です。 各種OSに対応し簡単接続 Windows、macOS、Chrome OS、Linux、Androidに対応し、接続はUSBのプラグアンドプレイ!同時にかめらは給電されるのでシンプルに利用できます。 ビデオ通話アプリケーション Skype、Googleハングアウト、Amazon Chime、Face Time for Macなどのビデオ通話をサポート。 基本仕様 項 目 数 値 最大解像度 1080p/30fp 有効画素数 200万画素 内蔵マイク ステレオ VoiceIATM「エコキャンセルリング技術」搭載 三脚対応ユニバーサルクリップ ノートパソコン、LCD/モニター用、三脚にも取り付け可 カメラ画角 75° レンズ 4層高性能光学 USB接続 プラグアンドプレイによる簡単接続。 本体サイズ 98mm × 65mm × 48mm ケーブル長 1.5m 最低システム要件 CPU:1.5GHz以上のプロセッサ、メモリ(RAM):512MB以上、USB1.1以上、解像度640×480または800×600以上をサポート、ビデオサウンドカードは16bit以上をサポートしたデバイスが必要となります。 パッケージ内容 eMeet NOVAは、USBで接続するだけのWEBカメラです、パッケージはカメラ本体とマニュアル類だけが入っているシンプルな構成です。 eMeet NOVA 本体 eMeet NOVA本体は樹脂製で、全面のカメラ部はアクリルで覆われています。カメラ部は360°、スタンドは180°可動して適切な撮影ポジションの設置が可能です。 マニュアル類 付属のマニュアルは・取扱説明書・安全の手引き・延長保証カードの3種類で、ユーザー登録をおこなえば保証が1年延長(合計2年)になります。また取扱説明書は7カ国語版となっていて、日本語の記載もあるので安心です。 使用感 PCの接続 Windows10にeMeet NOVAを接続しましたが、ドライバーのインストールなどしなくても自動的に認識して利用開始できるようになりました。接続後にSkypeや標準のカメラアプリを起動してカメラやマイクのソースを選択すれば、映像やマイクのテストができます。 とにかく難しい事はなく、接続するだけで簡単に利用開始ができます。 カメラ固定 ユニバーサルクリップは180°可動するのでどんなモニターでも基本的には設置時に好きな撮影ポジションが得られと思いますが、モニター上に置くだけなので触れるとズレたりする事もあります。 しっかり固定したいならば三脚使うほうが良いと思いますし、これは地味に便利ですね。 映像品質 標準状態の映像の色合いは若干白っぽい印象を受けましたが、室内利用のカメラなのでこのぐらいの方が良いかもしれません。気になる場合は利用するアプリケーション側でコントラストや明るさの設定が可能なので問題はありません。 オートフォーカスは20cm〜5mとの事で、ピントの合うスピードが早く、安価ですがなかなか性能が良いなと感じました。また、200万画素&30fpsなので動きもかなり滑らかで、オンライン会議などの利用であれば十分すぎるほどの性能です。 78°の広角という事で、かなり広い範囲を映像で捉えますので部屋を片付けないと余計な物まで映り込まないか心配ですが、ダイナミックな映像表現です。 音質 eMeet NOVAのカメラ部左右にマイクが2個設置されていて、ステレオで相手に音声が届きます。 「エコーキャンセルリング技術」搭載でハウリングなども自動的に適正化するとの事で、たしかにビデオ通話時の会話はスムーズにおこなえました。 小さい声で発生しても相手に伝わっていたので、性能は結構良いと思います。 総合評価(まとめ) ...

続きを見る

eMeet M0 Conference Speaker
リモートワークの必需品!eMeet OfficeCore M0 マイクスピーカー紹介

2020年はコロナ禍によりテレワークを導入する企業が増え、急速にWeb会議や在宅ワークが浸透、スピーカーフォンやウェブカメラなどの機器が整っていないという人も多いのではないでしょうか? 自宅や出張先などのWEB会議や連絡手段で必需品となりつつあるガジェットの「スピーカーフォン」ですが、実際に使ってみたらとても便利ですよ。 目次1 eMeet社について2 スピーカーフォンについて3 抑えておきたい機能4 接続タイプは2種類5 eMeet OfficeCore M0 特徴6 基本仕様7 パッケージ8 使用感9 操作関連10 マイク感度11 音質12 総合評価(まとめ) eMeet社について 本記事ではeMeet社のスピーカーフォン「eMeet OfficeCore M0」をご紹介します、聞き慣れないメーカーかもしれませんので少しeMeet社についてご紹介します。 eMeetは、スマホメーカーのHUAWEI、スピーカーのHarman、中国電気機器メーカーのTCL、音楽関連企業のKugou等のIT業界出身の人たちによって組織された企業で、高品質な音で自由にコミュニケーション出来る様になることを目指し、人工知能技術を使ったスピーカーフォンやWEBカメラなどを開発・販売している中国のメーカーです。 eMeetの製品は日本でも、amazonや楽天などのネットショップ、大手量販店でも数多くの製品が販売されております。 スピーカーフォンについて そもそもスピーカーフォンは何かというと・・・本体にスピーカーと集音マイクを内蔵しており、複数人で受話器などは持たずに通話ができる製品の事です。 作業をしながら通話したり、複数人が参加する会議・授業など、今年はコロナによるWeb会議や在宅ワークのニーズから企業や学校はもちろん、自宅にも必需品になりつつあるガジェットです。 抑えておきたい機能 スピーカーフォンを選ぶ際には、スピーカーの音をマイクが拾わないように防いでくれるエコーキャンセリング機能と、雑音を除去するノイズキャンセリング機能はマストと思います。なぜならば、複数人が参加するWeb会議などで利用する場合には、音声がハウリングしたり、発言が聞き取れないなどの問題が圧倒的に低減できます。 また、囲んだ参加者の声がしっかりと拾える、360°の全方位型の指向性に対応した製品がおすすめです。 接続タイプは2種類 スピーカーフォンの種類は大きく分けると「ワイヤレス接続」と「有線接続」の2種類があります。 ワイヤレス接続タイプは、パソコンやスマートフォンなどのデバイスにBluetoothで接続して利用ができるので、外出先での利用はワイヤレスタイプがおすすめです、バッテリーが内蔵されているので場所を選ばずにどこでも使うことができます。 逆に自宅や会議室に常設するのであればUSB接続する有線タイプがおすすめです、デバイスのUSBから給電されるので配線がシンプルですし充電の煩わしさもありません、また接続が途切れにく通話も快適です。 有線タイプは価格が少し抑えめになりますので、持ち歩かないのであればコストパフォマンスも高くおすすめです。 eMeet OfficeCore M0 特徴 「eMeet OfficeCore M0」は、上述したスピーカーフォンが抑えておきたい機能をしっかり搭載し、有線接続によるシンプルさと安定性、ポケットサイズでありながら高い性能と低価格を実現したモデルです。 4つの全指向性マイク 高性能マイクを本体に4つ内蔵してしており360度どこからでも収音が可能です。また話し手の方向を自動的に検知する「位置検出機能」があり、検知している方向のLEDが光って知らせます。 驚きの高音質 特許取得済みのVoiceIA技術を強化、奥深く豊かな音声の再生を実現、エコーキャンセリング機能とノイズキャンセリング機能を当然搭載しているので、快適な双方向の同時会話が可能です。 プラグアンドプレイ PCやMACに接続するだけですぐに利用可能、瞬時に遠隔会議がセットアップできます。USB接続なので充電の手間も要らず、ドライバのインストールも不要、接続すればすぐに使用できます。 様々な通話アプリに対応 Skype、Google Hangout、Microsoft Lync、Cisco、Avaya、FaceTime、LINE、Goto meeting、Zoom、Bluejeans、webex、braodsoft、lifesize、Vidyoなど、多様なオンライン音声通話サービスに対応しています。 シンプルなボタンとLEDインジケータ 本体には「マイクミュート」「スピーカーミュート」「音量調整ボタン」「電話接続/切断ボタン」のみ、LEDインジケータにより視覚的・直感的に利用可能です。 基本仕様 eMeetが公開している基本仕様は以下のとおりです。 項目 数値 出力 3W RMS マイク周波数応答 20Hz~200Hz SN比 ≧80dB マイク感度 -26dBFS マイクの数 4個 マイクの指向性 360°全指向性 サイズ 7.8cm×7.8cm×4cm 本体重量 215.2mm パッケージ OfficeCore M0 本体はマットなプラスチック製で少し高さのあるボテッとした印象ですが、7.8cm×7.8cm×4cmと手のひらに乗る大きさ、背面は四角いゴム足が貼り付けられていて中央にはeMeetのブランドロゴが印刷されいます、机の上などに設置した際の滑り止めと共振を防ぐ効果があります。 付属ケーブル USB-Cケーブル 3.5mmオーディオケーブル どちらのケーブルも長さは60cmほどです、据え置き設置する際に長さが足りないようであれば購入が必要です。 マニュアル類 ユーザーマニュアル クイックスタートガイド 安全の手引き 延長保証カード 本体を操作すればだいたい理解はできますが、マニュアルにはしっかり日本語の説明も記載されています。またユーザー登録をおこなう事で保証が1年延長(合計2年)されます。 使用感 Office Core M0はPCやMACだけでなくスマートフォン/タブレットにも接続が可能、USBで接続すればドライバーなどをインストールしなくてもすぐに利用が可能です。 操作関連 PCにUSB接続するだけですぐに認識します、本体上部にある操作ボタンはアイコンにより認識できるのでマニュアルを見なくても大丈夫。音量調整・マイク・スピーカーのオン・オフ、発信・切断、ボタンを押せばLEDが反応するので分かりやすくシンプルで使いやすいです。 マイク感度 マイク感度はとても良いです、AIと4つのマイクで人間の声や位置を判断しているとの事、360度どこから音声をキャッチしているのかはLEDの点灯で確認できます。小声で発話してもLEDが光って声を拾っていましたし、通話テストで相手も聞き取れていました。 音質 小型なので低域の再現性は弱いですが、そもそも音楽を聴くためのスピーカーではありませんので十分な性能と音質ではないかと思います。小型の割に音量も大きいですし通話や会議であればまったく問題ありません。 ...

続きを見る

購入可能ショップ

本製品はAmazonの公式ショップ等で購入が可能です。

Amazon

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-ウェブカメラ, ガジェットレビュー

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5