その他・ツール ガジェットレビュー

『CHUWI Hi10 Go』レビュー | Win10搭載・タブレットPCとしても使用できる汎用性の高いモデル

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

  • リモートワークやオンライン授業用にタブレットを用意したい!
  • 外出先でもOfficeソフトなどを用いた軽作業が出来る端末が欲しい!

上記のような考えで、モバイルデバイスを探している方も多いのではないだろうか。

新型コロナウイルスの影響により、最近では働き方や学び方のスタイルが変化しつつある。

それに伴い、タブレット端末などモバイルデバイスの需要が高まりつつある。

しかし普段からタブレット端末に馴染みのなかった方々は、どのモデル(機種)を選べば良いのか分からない or 迷っている方も多いのではないだろうか。

そこで今回は、外出先へも簡単に持ち運べる、Win10搭載の10.1インチタブレットCHUWI Hi10 Goについて紹介する。

リーズナブルな価格に対して実用性の高い性能を誇るWinタブ

今回紹介する『CHUWI Hi10 Go』は、リーズナブルな価格に対して実用性の高い性能を誇る、人気の高いWinタブだ。

▼Windows10 Home搭載

ブランド CHUWI
モデル名 Hi10 Go
OS Windows 10 Home
CPU Intel Celeron N4500
RAM 6GB
ストレージ 128GB
ディスプレイサイズ 10.1インチ
解像度 1920×1200
通信規格 Wi-Fi, Bluetooth対応(SIM非対応)
カメラ 5.0MPリアカメラ, 2.0MPフロントカメラ

『CHUWI Hi10 Go』は、Windows 10 Homeを搭載したタブレットだ。

見た目は一般的なタブレットと同様であり、本体重量も約600グラムと非常に軽く、持ち運びに適している。

CPUには『Intel Celeron N4500』を、RAMには6GBを搭載しており、実用的なスペック構成となっている。

ディスプレイサイズは10.1インチ、解像度は フルHD(1920×1200)に対応しており、美しい映像を楽しむことが可能だ。

▼本体の前後には2メガピクセル・5メガピクセルのカメラをそれぞれ内蔵しており、リモートワークやウェブ会議、オンライン授業といった用途にも活用できる。

そして何より、本製品専用の『キーボード付きケース』を購入することで、ノートPCのような感覚で作業を行うことが可能となる。

▼見た目は完全にノートPC。

このように、充実したスペック構成を擁した、2-in-1(ノートPC・タブレット)利用も可能なWinタブとなっている。

外出先でちょっとした仕事や作業を行いたい場合にもオススメだ。

製品本体および付属品

▼製品外箱

▼いくつかの小箱に分かれて付属品が梱包されている。

▼内容物をすべて取り出した様子。

本製品の内容物一覧は、以下の通り。

【内容物一覧】

  • タブレット本体
  • 説明書一式
  • 保証カード
  • 充電アダプタ

▼説明書や仕様書は日本語にも対応している。

タブレット本体

▼タブレット本体。サイズは141.6mm × 227.41mm × 8.5mm(長さ×幅×厚さmm)。

▼本体裏面。手触りはサラサラしており、若干の高級感がある。

▼本体重量は約600グラムであり、片手でも持ち続けられる軽さ。

▼厚みは約8.5ミリほど。カバンに入れて持ち運んでも支障にならない薄さ。

▼本体上部には2機のスピーカー(デュアルスピーカー)が搭載。

▼本体右側面には Type-Cポート×2、Micro HDMIポート、カードスロットが用意されている。

『Micro HDMIポート』を利用することで、外部ディスプレイへ映像を出力することも可能だ。

また、カードスロットにマイクロSDカードを挿入することで、最大128GBまでストレージを増量できるようになっている。

▼同じく右側面の下部には、3.5mmオーディオポートが用意されている。

▼本体左側面。音量調節ボタン、電源ボタンが用意。

▼本体下部。専用のキーボード付きケースに接続するための端子が用意されている。

▼本体前面中央には、2メガピクセルのカメラが内蔵。

▼本体背面中央には、5メガピクセルのカメラが内蔵。

このように、インターフェース自体は一般的なタブレットと同様の構成だ。

ただ『Micro HDMIポート』が備わっているおかげで、映像の外部出力が可能である点は嬉しい。

専用のキーボード付きケース

今回、専用のキーボード付きケースも一緒に提供していただいた。

▼専用のキーボード付きケース

▼キーボードの上部端子をタブレットと接続することで、2-in-1利用が可能となる。

▼実際に装着した様子。

▼キーボードは日本語配列ではない点がやや残念。

▼タッチパッドも用意されており、ノートPCとほぼ同様の利用方法が可能。

▼ケース背面はスタンドとしても機能するようになっている。

▼ケースを装着した様子。全体的な重量は300グラムほど増した程度であり、感覚的にはそこまで差はない。

▼厚みは2.5倍ほどになるが、持ち運びには支障にならないレベルだ。

専用キーボードがあると『CHUWI Hi10 Go』の活用の幅がかなり広がるため、個人的にはキーボード付きケースを一緒に購入することを推奨したい。

実用的なパフォーマンス

実際に『CHUWI Hi10 Go』を利用して、様々な作業におけるパフォーマンスを確認した。

▼初起動時は、通常のWindows10と同様のセットアップ画面が表示される。

▼デバイスの仕様表。

▼ストレージは初期状態で約90GB分が利用可能であった。

▼もちろんタッチのみでの操作も可能。

まずウェブサイトを表示してみたが、いたって快適に閲覧することが可能であった。

▼画像多めのサイトでもスムーズに表示される。

▼ページスクロール時にカクつきなども見られない。

▼発色がやや薄目ではあるが、フルHD解像度対応のディスプレイは十分にキレイ。

細かな文字までが鮮明に表示されるため、快適なウェブブラウジングを実現できていた。

続いて、YouTubeなどの動画サイトで動画を再生してみた。

この場合も、問題なく快適に動画を再生・視聴することが出来た。

途中で再生が止まったり、処理落ちなどの問題も見られない。

▼高画質映像を滑らかに視聴することが可能。

以上のように、ウェブサイト閲覧や動画視聴に関しては、いたって快適に楽しむことが可能であった。

プライベート利用目的でタブレットを購入した場合でも、満足できるパフォーマンスであると言える。

▼ちなみに、エクセルやワードといったOfficeソフトを使用してみたが、こちらも快適に動作していた。

スピーカー音質は良好

上述した通り、本製品は上部に2機のスピーカー(デュアルスピーカー)を内蔵している。

実際に音楽を再生してみたが、音質自体は良好であった。

確かに低音は弱く、音の立体感も感じられない。

しかし中~高音域に関しては実にクリアなサウンドを楽しむことができ、残響など音の響き具合も良い。

この価格帯のタブレットとしては、実に優れたサウンド品質であると感じた。

慣れが必要なキーボードタイピング

専用キーボードのキーはタイピングしやすいが、扱いには多少の慣れが必要だ。

配列が日本語キーボードとは異なるため、この配列に慣れていないとミスタッチが頻発する。

また、上部の数字キーが他のキーよりも小さいため、若干の押しづらさを感じた。

普段から使い慣れたキーボードと同じ速度でタイピングを行うためには、ある程度の慣れが必要だろう。

▼あと、キーボードとタブレット本体が外れやすい点が気になった。ディスプレイ(タブレット本体)を少し持ち上げるだけで外れてしまうため、もう少し連結強度を強くしても良かったのではないだろうか。

実用的なカメラ性能

また、本体に内蔵されているカメラの性能についても確認した。

▼フロントカメラの映像。輪郭はキレイに映っており、色温度も肉眼で見た場合に近い。

動いた際に気になる残像なども発生しなかった。ウェブ会議やオンライン授業にも十分活躍できる品質だ。

▼リア(背面)カメラで撮影した画像。

上画像のように、遠景・近景のいずれにおいても、自然な発色でキレイな写真を撮影することが出来た。

風景撮影から記録映像の撮影まで、幅広い用途に活用できるだろう。

ゲームプレイ時のパフォーマンスについて

最後に、PCゲームをプレイした際のパフォーマンスについても確認してみた。

今回は試しに『マインクラフト』(Java版)をプレイ。

結果的に、PCゲームプレイには向かないことが分かった。

マインクラフトプレイ時には、画質設定を最低まで下げたにもかかわらず、平均10fpsほどのパフォーマンスであった。

マイクラでこのレベルであれば、残念ながらPCゲームを遊ぶ用途には適していないだろう。

『CHUWI Hi10 Go』のまとめ

今回紹介した『CHUWI Hi10 Go』について、特長をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • リーズナブルな価格
  • 実用的なスペック構成
  • コンパクトかつ軽量なデザイン
  • ウェブブラウジングや動画視聴、各種ソフトの利用など快適に行える
  • 品質の良いスピーカー
  • 幅広い用途に活用できるカメラ性能

悪かった点

  • ゲームプレイには向かない
  • キーボード付きケースの連結強度が弱い(すぐ外れる)

Amazonで詳細を見る

上記の通り、リーズナブルな価格に対して実用性の高い性能を誇る、オススメのWinタブとなっている。

確かにゲームプレイには向かないが、ウェブサイト閲覧や動画視聴、そしてOfficeソフトなどの利用に関しては、問題のないパフォーマンスを発揮する

他タブレットと比較しても品質の良いスピーカーを内蔵しており、カメラ性能も実用的だ。

そして何より、専用のキーボード付きケースを装着することで、タブレットPCとしての2-in-1利用が可能である点は嬉しい。

外出先のちょっとした空き時間に作業したい方には、是非オススメしたい一品だ。

▼こちらの記事もオススメ

『VASTKING KingPad K10』レビュー | 1万円台で驚異のコスパを誇る10インチタブレット

続きを見る

1万円台の格安タブレット『Teclast P20HD』レビュー!リモートワークから自宅学習まで対応

続きを見る

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • リモートワーク関連機器
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. タブレット
  3. タブレット
  4. タブレット
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. 知育・学習玩具
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. ウェブカメラ
  2. ウェブカメラ
  3. PC用ヘッドセット
  4. コンデンサ
  5. ウェブカメラ
  6. ウェブカメラ
  7. ウェブカメラ
  8. コンデンサ
  9. PC用ヘッドセット
  10. ウェブカメラ
  11. ゲーミングヘッドセット
  12. コンデンサ
  13. PC用ヘッドセット
  14. PC用マイク
  15. ゲーミングヘッドセット
  16. PC用マイク
  17. ウェブカメラ
  18. PC用マイク
  19. ウェブカメラ
  20. PC用マイク
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. タワー
  3. デスクトップ
    発売日 : 2020年11月17日
    価格 : ¥79,800
    新品最安値 :
    ¥79,800
  4. タワー
  5. タワー
  6. ミニ
  7. ミニ
  8. タワー
  9. 一体型
  10. 一体型
  11. タワー
  12. ミニ
  13. 一体型
  14. ミニ
  15. ミニ
  16. タワー
  17. 一体型
  18. タワー
  19. タワー
  20. 一体型
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. ノートパソコン
  6. ノートパソコン
  7. ノートパソコン
  8. ノートパソコン
  9. ノートパソコン
  10. ノートパソコン
  11. ノートパソコン
  12. ノートパソコン
  13. ノートパソコン
  14. ノートパソコン
  15. ノートパソコン
  16. ノートパソコン
  17. ノートパソコン
  18. ノートパソコン
  19. ノートパソコン
  20. ノートパソコン
ガジェットレビュー 一覧
  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-その他・ツール, ガジェットレビュー
-, , , , , , , ,