その他・ツール ガジェットレビュー ゲーム関連

『CHUWI LarkBox』レビュー!手のひらサイズのデスクトップPC

最近では小型化技術の進歩により、手のひらサイズで従来のデスクトップPC並みの性能を実現した "ミニPC" が多く出回るようになってきた。

中でも『CHUWI LarkBox』は、世界最小クラスのコンパクトさ を誇る人気のミニデスクトップPCである。

ブランド CHUWI
CPU Celeron
RAM 6 GB LPDDR4
ストレージ eMMC 128GB
OS Windows 10 64bit
グラフィックス Intel UHD Graphics 600
通信規格 Wi-Fi, Bluetooth 5.1
ポート&スロット ・USB-A 3.0 ×2
・HDMI A Type ×1
・3.5mmイヤホンジャック ×1
・USB type-C ×1
・Micro SDカードスロット ×1

『CHUWI LarkBox』は わずか6センチ×6センチ×4センチ、127グラムという非常にコンパクトなサイズを実現した、ミニデスクトップPCだ。

▼ポケットにも簡単に入る小ささ。

筐体の小ささに対してCeleron CPU、6GBのメモリ(RAM)および128GBのストレージを搭載しており、通常のデスクトップPCと同様に扱うことが可能となっている。

本体にはUSB3.0のほかHDMI、3.5mmオーディオジャックといったポートが搭載。Micro SDカードスロットも用意されているため、本体ストレージに不足を感じた場合にも簡単に増量することが出来る。

そしてWi-FiおよびBluetooth5.0等の通信規格に対応することにより、ワイヤレス通信で場所を選ばずに使用することが可能だ。

さらにグラフィックに関しては最高で 4K(3840×2160)画質 に対応しており、美麗な映像を楽しむことが可能だ。

このように、ミニPCと言えども通常サイズのデスクトップPCに負けず劣らずの構成となっている。128GBのストレージを搭載しているため、持ち運び可能な外部ストレージとしての使い道も挙げられるだろう。

今回はこの『CHUWI LarkBox』について、実際に使用した感想を元にレビューしていく。

製品本体および付属品について

▼本体外箱。

▼フタを開けると本体がすっぽり収まっている。

▼内容物をすべて取り出した様子。

内容物一覧

  • ミニPC本体
  • 充電器(コンセント - USB Type-C)
  • 取付用架台

説明書等は入っていないが、使い方が簡単なため問題ではないだろう。

同梱されている架台を使用することで、モニター裏などに本体を取り付けることが可能だ。

本体外観

『CHUWI LarkBox』本体を実際に手に持ってみると、あまりのコンパクトさ&軽量さに驚かされる

▼指でつまむことが出来るサイズ。

▼手のひらにスッポリと収まってしまうコンパクトさ。

▼マウスより小さいとは驚きだ。

ノートPCよりもはるかに小さいため、持ち運びの際にも全く支障にならないだろう

▼本体前面には電源スイッチが搭載。上部には内部の熱を逃がす排熱口が開いている。

▼右毒面にはSDカードスロットおよび3.5mmイヤホンジャックが搭載。

▼そして背面にはUSB-TypeC(給電用)、HDMI、USB3.0×2といった主要端子が集まっている。

USB端子の数が心もとない気もするが、本体サイズを考えればこれが限界だと言えるだろう。

▼本体裏面の四隅は滑り止め用にゴム製となっている。また上下の中央部には架台取付用のビス穴が開いている。

このように、小さな筐体に必要なポート&スロットがすべて揃えられた、洗練されたデザインとなっている。

実際に使用した感想

それでは、本機を実際に使用した感想について紹介していく。

本体の接続

まずは本体をモニターおよび外部入出力機器に接続した様子を紹介する。

HDMIケーブル(映像・音声)、USB-Type Cケーブル(給電)、マウス&キーボードをすべて有線でつなぐと以下のようになる。

これだけでUSB端子が占領されてしまうため、やはりもう1つくらいの予備端子は欲しかったところだ

もしもUSB端子を開けておきたい場合は、Bluetooth対応のキーボードおよびマウスの使用をオススメする。

▼電源ボタンを押すと、青ランプが点灯して本体が起動する。

『CHUWI LarkBox』のOSはWindows10(Home)が搭載されており、起動すると通常のPCと同じくセットアップ画面から開始される。

▼本体のシステム構成表示。

『CHUWI LarkBox』はWi-FIおよびBluetooth接続用のアダプタを搭載しており、最初から外部デバイスとワイヤレス接続が可能な点は嬉しい。

初回起動時にキーボードの設定を見直すべし

製品購入時点では、キーボードの設定が海外仕様のものとなっており、日本語キーボードの『半角/全角』キーを押しても言語を かな⇔英字 の切り替えを行うことが出来ない。

そのため、初回起動時にはまず、設定よりキーボードレイアウトを『日本語キーボード(106/109)キー』に変更することをオススメする。

設定後、再起動することで普段通りのキーボード使いが可能になる。

4K対応の美麗な画質

『CHUWI LarkBox』は最高で 3840×2160(4K)解像度まで対応している。

実際に4K解像度でパフォーマンスを試してみたところ、YouTubeなどの動画サイトやNetflixなどのビデオオンデマンドサービスにて、非常に美しい映像を楽しむことが出来た。

▼4K設定で動画を楽しむことが可能。

▼ブラウジングの際も、細かい字まで明瞭に見分けることが出来た。

ただし、4K設定時はページ更新時等に若干のカクつきやラグが見られた。YouTube動画の読み込みが途中で止まることもしばしばあった。

4K画質時は綺麗な映像を楽しめる一方で、パフォーマンスが安定しなかった。そのため、常時スムーズな動作でブラウジング等を楽しみたいのであれば、1920×1080(フルHD)画質設定にすることを推奨する。

重いソフトウェアでもスムーズ動作

作業用としてのパフォーマンスを確認するため、エクセルやパワーポイントといったOfficeソフトウェアをいくつか試してみた。

結果的には、重いデータを扱った場合でも スムーズで快適な処理が可能であった

Celeron CPUおよび6GBのメモリを搭載しているため、複数ソフトウェアの同時起動にも対応することが出来ていた。

軽めの編集ツールを使用したクリエイティブ用途にも十分に耐えることが可能だろう。

ゲーム性能について確認

続いて、ゲーミング性能についても確認してみた。

今回のテストではPC版(Java版)の『マインクラフト』を使用。バージョンは1.16.4だ。

また、軽量化MODである『Optifine』を事前に導入してある。

▼設定は処理優先、描画距離は6チャンクほどに抑えてある。

結果的に『Optifine』を導入してある状態では、快適に遊ぶことが出来た

ジャングルや海洋など重めのバイオームを読み込む際などには若干のカクつきを感じることもあったが、ゲームプレイには支障にならないレベルだった。

▼FPSは最高で70~90fpsほど、最も重い場所でも20fpsほどは出力できていた。

このことから、軽めのPCゲームであればある程度快適に遊べることが分かった

作業のちょっとした息抜きにゲームをプレイする程度であれば問題ないだろう。

発熱は許容範囲内

本製品は上部・左右側面の計3か所に吸気口が用意されており、前部の排熱口より熱を逃がす仕組みとなっている。

本製品を5時間ほど連続使用してみたが、本体自体はあまり熱を持たない。

排熱口に手をかざすと流石に熱を感じるが、あくまで許容範囲内と言えるくらいの温度であった。

排熱音(ファンの回転音)は高負荷時でも比較的静かであり、気になるレベルではなかった。

『CHUWI LarkBox』のまとめ

今回紹介した『CHUWI LarkBox』について、特長をまとめると以下の通りである。

良かった点

  • 非常にコンパクトかつ軽量な本体
  • 一般的なデスクトップPCと同等のスペック
  • SDカードスロットでストレージの増強が可能
  • 4K解像度の出力対応
  • 重めのソフトウェアでも快適動作
  • 排熱音(ファンの音)が静か

悪かった点

  • 4K出力時はパフォーマンスが不安定になる
  • USBポートが少ない

このように、世界最小クラスのコンパクトさながら、一般的なデスクトップPCなみのパフォーマンスを実現したミニPC となっている。

ブラウジングや動画視聴時、ソフトウェアを同時に複数起動した場合においてもスムーズで快適な動作が可能であった。

また、軽めのPCゲームであれば遊ぶことが出来るだろう。

安価で置き場所に困らないデスクトップPCを探している方には、是非オススメしたいミニPCだ。

▼こちらの記事もオススメ

『MINISFORUM X35G』レビュー!手のひらサイズの小型デスクトップPC

最近では、手のひらサイズの超小型デスクトップPCが数多く出回っています。 しかし多くの超小型PCは、サイズの軽量化を図るあまり、スペックを犠牲にしている製品が多いことも事実です。 そこで今回は、ミニデスクトップPCの中でも、サイズとスペック(性能)のバランスが非常に優れているモデルの1つである、 『MINISFORUM X35G』について紹介したいと思います。 ⇒ Amazonで見る ブランド MINISFORUM モデル名 X35G OS Windows 10 Pro CPU Intel Core i3-1005G1 GPU インテルUHDグラフィックス(300MHz- 900MHz) メモリ 16GB DDR SDRAM ストレージ 256GB / 512GB HDD 通信規格 WiFi 6(802.11ax)、Bluetooth 5.1、2×2 MIMO(MU -MIMO)、RJ45*2 ビデオ出力 HDMI (4K/60Hz)Display Port(5K/60Hz) USB-C(Thunderbolt 3 5K / 60Hz) 音声出力 HDMI 2.0 , DisplayPort , 3.5mm Audio Jack 本体サイズ 13.6 x 12.1 x 3.9 cm 本体重量 50 g 『MINISFORUM X35G』は、Indiegogoにおけるクラウドファンディングによって開発が開始されたミニデスクトップPCです。 わずか約13cm角・50グラム という圧倒的なコンパクトさに対して、4K映像出力にも対応したパフォーマンスを発揮します。 ▼デスクトップPCとは思えないほどのサイズ。 通信規格に関しては WiFi 6(802.11ax)、Bluetooth 5.1に対応。各機器へのワイヤレス接続が可能です。 CPUにはIntel Core i3-1005G1を搭載。グラフィックこそオンボードであるものの、16GBの十分なRAMを積んでいるため、ブラウジングはもちろんのこと、軽めのPCゲームであれば十分にプレイすることができます。 ▼通常のデスクトップPCに負けず劣らずのパフォーマンスを発揮する、強力なCPUを搭載。 また Thunderbolt 3、HDMI、USB 3.0、DisplayPort , オーディオジャック といった入出力ポートが用意されており、多種多様なデバイスとの接続が可能です。 ただしスピーカー自体は内蔵されていないので、サウンドを楽しむためにはイヤホンや、外付けのステレオ機器が必要です。 ▼Thunderbolt 3ポートが用意されているミニデスクトップPCは珍しい。 本体ストレージは256GB / 512GBから選ぶことが可能。もしもストレージが足りなくなった場合は、側面のTFカードスロットにマイクロSDカードを挿し込むことで増量可能です。 数あるミニデスクトップPCの中でも、実用性の面で非常に優れた製品となっています。 今回はこの『MINISFORUM X35G』について、実際に使用した感想を元にレビューしていきます。 目次1 コンパクトかつシンプルな外観2 4K出力でも安定したパフォーマンスを実現3 ゲーミング性能について確認4 テスト①:FF14 ベンチマークテストの結果5 ...

続きを見る

4K・タッチ対応!約3万円のモバイルモニター『GMK KD1』レビュー

最近では、外出先でも大型のモニターで映像メディア・ゲームなどを楽しめるデバイスとして、モバイルモニター(モバイルディスプレイ)の需要が高まりつつある。 中でも、4K画質に対応したハイエンドモデルが特に人気である。 しかしフルHDモデルに比べて4K対応型は価格が高くなりがちであり、製品によっては下手な据え置き型の4Kモニターより高価なものすらある。 そこで今回は、4K画質(HDR対応)およびタッチ操作に対応しており、なおかつ価格を約3万円にまで抑えたモバイルモニター『GMK KD1』についてオススメしたいと思う。 目次1 4K/タッチ操作対応モバイルモニター『GMK KD1』2 本体外観3 実際の使用感4 非常に美しい4K・HDR対応グラフィック5 立体感のあるサウンド6 タッチパネルで直感的な操作が可能7 画面への映り込みが激しい8 持ち運びの際は専用ケースの購入を推奨9 モバイルモニター『GMK KD1』のまとめ 4K/タッチ操作対応モバイルモニター『GMK KD1』 『GMK KD1』は、4K画質・10点タッチ操作に対応しつつ、非常にリーズナブルな価格を実現したハイエンドモバイルモニターである。 手持ちカバンにラクラク入れることが出来るほどコンパクトで軽いため、持ち運びにはうってつけのモニターとなっている。 Amazonで見る メーカー GMK 価格 32,999円 画面サイズ 14インチ 解像度 4K UHD 2160p(3840×2160) ディスプレイ 液晶 入力インターフェース 3.5mmヘッドフォンジャック 出力インターフェース Type-C×2, HDMI×1, マイクロUSB ×1 スピーカー あり(2W一体型) 本体重量 780g 上表の通り、本モニターは様々な出入力インターフェースを搭載しているため、ゲーム機からPC、モバイル端末に至るまで幅広い機器の映像を映し出すことが出来る。 また対応デバイスの場合、Type-Cケーブル一本で映像伝送と給電を行うことが出来る。 ▼外箱の様子。 製品には各種ケーブルがすべて付属するため、自身で別途購入する必要は無い。 付属品一覧 ポータブルモニター本体 USB A - マイクロUSBケーブル USB A - Type-cケーブル ミニHDMI - HDMIケーブル Type-cケーブル ACアダプタ(コンセント) ユーザーマニュアル 本体外観 本体の重量はたったの780グラムしかないため、片手で簡単に摘まむことが出来る。 カバンに入れて持ち運んでも、まったく支障にならないだろう。 ディスプレイ部は1センチにも満たない薄さ。 ▼10円玉を3枚重ねた厚みとほぼ同じ。 ▼本体右側面。電源ボタンはメニュー呼び出し機能も併用している。 ▼本体左側面。Mini HDMIに加え、映像伝送・給電が可能なType-Cポートが2つ用意されている。 ▼本体底部。サウンド出力用のスピーカー穴が4つ用意されている。 また、ゴム製の滑り止めが施されているため、傾いた場所に設置しても滑り落ちることは無いだろう。 そして背面のスタンドを開くことで、モニターを立ち上がらせることが出来る。 ▼スタンドの稼働角度は90度。 外観は非常にシンプルでスッキリとした印象だ。 タッチ操作に対応している分、ケーブル接続ポート以外には、電源ボタンが1つ備え付けられているのみとなっている。 初めてモバイルモニターを購入した方でも、迷わず簡単に扱うことが出来るだろう。 実際の使用感 それでは、実際に使用してみた感想について紹介していく。 なお、今回は最新ゲーム機である『プレイステーション5(PS5)』の映像を映してみた。 ▼PS5についてのレビュー記事はコチラ 付属のケーブルを用いて機器と接続するだけなので、非常に簡単だ。 側面の電源ボタンを長押しするとランプが点灯し、電源が入る。 ▼ゲーム機の上に乗せて使用することも出来る。スペースが無い場合には便利な、モバイルモニターならではの使用方法だ。 非常に美しい4K・HDR対応グラフィック モニターに映像を映してまず最初に感じることが、映像の美しさだ。 これほどの筐体のコンパクトさにもかかわらず、十数万円クラスのディスプレイに映した時と大差ないクオリティの映像を楽しむことが出来る。 HDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応しているため、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる。 ▼PS5のような次世代ゲーム機の映像を存分に堪能できる。 ▼実際に本モニター上で撮影したスクリーンショット。 ▼PS5につないだ際の映像出力情報。 なお、激しく(ゲーム内)カメラを動かした際も、遅延などを感じることは無かった。 持ち運び可能なモバイルモニターが欲しい人だけでなく、純粋に4Kモニターの購入を検討している方にとっても、本モニターは選択肢の1つ入れて良いかもしれない。 立体感のあるサウンド 上述した通り、本製品の底部にはスピーカーが内蔵されているため、スタンドアローンで映像+サウンドを楽しむことが出来る。 音質について確認してみたが、モバイルモニターとしては十分なクオリティであると言える。 ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-その他・ツール, ガジェットレビュー, ゲーム関連

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5