ウェブカメラ ガジェットレビュー

『EMEET Meeting Capsule』レビュー | 1人から多人数会議にまで対応可能な多機能ウェブカメラ

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

2022年5月、ウェブカメラやマイクスピーカーなど人気リモートワーク関連製品を数多く手掛けるeMeet社は、最新のウェブカメラである『EMEET Meeting Capsule』の販売を開始した。

360度全方位撮影可能なカメラに加え、計8基のマイク、スピーカーを内蔵した高性能会議用Webカメラであり、発言者を認識してフォーカスするAI自動フォーカス技術や、強力なノイズリダクション/エコーキャンセルなどを実現するVoiceIA 4.0などを搭載している。

今回、提携先より本製品を提供していただいたので、実際に使用した感想を基にレビューしていきたいと思う。

1人から多人数会議にまで対応可能な多機能ウェブカメラ

今回紹介する『EMEET Meeting Capsule』は、高性能カメラに加え、計8基のマイクおよびスピーカーを内蔵した、オールインワンタイプの高性能ウェブカメラだ。

ブランド eMeet
モデル名 EMEET Meeting Capsule
ビデオキャプチャ解像度 1080P/ 30 fps
画質出力 1080P/720P/640P/480P/360P(受信設備により制限あり)
レンズ構成 ‎広角
搭載マイク数 8基(全指向性プロ用マイク)
スピーカー 10W Hifi 高品質スピーカー
視角調整 スポットライトモード:60°~ 90°
クラシックモード:180/120/60°
対応OS Windows、macOS、iOS、Android
筐体サイズ 97mm×291.61mm
筐体重量 約1.06kg

360度全方位対応カメラ、計8基のマイクと10Wスピーカーを搭載した、一台三役のWebカメラだ。会議参加者全員の姿と声を明瞭にキャプチャーすることが出来る。

▼360度全方位の会議参加者を映し出す。

AI自動フォーカス技術により、発言者を瞬時に自動フォーカスする。他社製品との違いとして、本製品はコラボレーションモード/スピーチモードを搭載しており、AI自動フォーカス機能の感度を3段階で調整できる。

▼5つの会議モードを搭載しており、1人からの少人数会議から、10人前後の参加する多人数会議にまで対応可能。

8基の内蔵マイクにはeMeet社の同時技術である "Voice IA" 機能を搭載しており、強力なノイズリダクション、エコーキャンセル機能、音声増幅と双方向通話などを実現する。発言者の声を360度拾うと同時に周囲の雑音、例えばマウスやキーボードノイズ・ペーパノイズ、エアコンの動作音などを抑制でき、発言者の声を明瞭に届けることが可能だ。

エコーキャンセリング機能とノイズキャンセリング機能により、快適な双方向会話もできる。そして10W高出力スピーカーは、半径5.48mの範囲内で声をはっきりと拾い上げる。

▼付属リモコンによる遠隔操作にも対応。

Windows、Mac OSをはじめ幅広いソフトとの互換性を擁しており、プラグアンドプレイ対応のため、複雑な初期設定やドライバをダンロードする必要がなく、電源とUSBケーブルを繋ぐだけで手間取らず瞬時に遠隔会議を開始できる。

さらに無料のeMeet Linkソフトウェアで、 ウェブカメラの各パラメーター調整、Bluetooth名前変更、ソフトウェア更新などが可能。利用用途に合わせて、映像品質等を自由に設定可能だ。底面には各種三脚に対応する1/4ナットが用意されており、設置方法の自由度も高い。

このように、基本性能のみならず、筐体デザイン自体も優れた高性能ウェブカメラとなっている。

製品本体および付属品

▼外箱の様子

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧は以下の通り。

【内容物一覧】

  • ウェブカメラ本体
  • リモコン
  • リモコン用電池
  • USB Type-C ⇔ USB-Aケーブル
  • 電源アダプタ
  • ユーザーマニュアル一式

▼マニュアルは日本語にも対応している。

▼電源アダプタはコンパクトなサイズであり、持ち運びにも適している。

▼電源アダプタに加えて、デバイス接続用のUSB Type-C ⇔ USB-Aケーブルが付属。

▼遠隔操作用のリモコン。電池も付属しており、購入後すぐに利用することが可能だ。

▼ウェブカメラ本体の外観。直径97mm、高さ291.61mmの円柱形デザイン。

▼本体重量は約1.06kg。それほど重くはないが、カバンなどに入れて持ち運ぶにはやや苦労するかもしれない。

▼底部には別売りスタンド等を取り付けられる穴が空いている。

▼本体上部には360度全方位対応カメラが搭載。

▼カメラ部分は0~180度の可動域を擁している。

▼1080p対応カメラ

▼筐体内部には計8基のマイクと10Wスピーカーも内蔵。これ一台でオンライン通話の準備を完了できる。

▼そして筐体側面には、上部に3つのタッチボタン(モードボタン, プライバシーボタン, ミュートボタン)が、下部にはType-Cポート、3.5mmオーディオジャック、電源ポート、盗難防止用ロック穴が用意されている。

このように、必要最低限のボタン・ポート類のみが搭載された、非常にシンプルなデザインとなっている。

この種のガジェットを初めて扱う方でも、迷うことなく利用することができるだろう。

それでは以下から、実際に使用した感想を紹介していく。

接続~利用開始まで

本製品の接続~利用開始に至るまでの手順はいたって単純だ。

まず電源ケーブルとType-Cケーブルを接続したうえで、カメラ本体の電源を入れる。

▼カメラが起動すると、正面のLEDインジケータが緑色に点灯する。

本製品はプラグアンドプレイ対応のため、USBケーブルでデバイスと接続するだけで、必要なセットアップが自動的に開始される。

繋いで電源を入れるだけなので、非常に簡単で誰にでもできる。ソフトウェアやドライバ等のインストールが不要であるため、社用PCなどでも安心して接続することが可能だ。

高性能な一方で、PC初心者にも優しいデバイスと言える。

専用の無料ソフトウェア『eMeetLink』で各種調整が可能

eMeet社は、自社製品向けのフリーソフトウェアである『eMeetLink』を提供している。

本ソフトウェアを使用することで、『EMEET Meeting Capsule』の解像度や撮影モード、視野角など、映像に関する各種パラメータを簡単に調節することができる。

※ウェブカメラの利用にあたり、インストールが必須のソフトではない

▼ソフトを起動すると、接続中のeMeetデバイスが表示される。

▼輝度やコントラスト、彩度など映像品質に関わるパラメータの調整を行うことが可能。

▼ズーム倍率や画角調節も可能であり、ウェブカメラの用途に応じて柔軟にカスタムすることが可能となっている。

このように、詳細な設定項目の用意された無料ソフトとなっている。

本ウェブカメラを最大限に活用したい場合は、是非インストールしておくことをオススメしたい。

自然な発色の明瞭な映像

それでは、『EMEET Meeting Capsule』を実際に使用してウェブ会議を行った際の感想について述べていく。

今回はテストとして、オンライン会議用ツール『Google Meets』にて、友人との会議通話を行った際に本製品を試してみた。

▼実際に映した映像。

▼映像品質は "高解像度・720p" に設定。

▼円柱形デザインのため、デスク上に設置してもそこまで場所を取らない。

まず画質に関してだが、値段相応とも言うべきか、高精細な映像を映し出すことができていた

広視野角対応レンズにもかかわらず、映像が変に魚眼風になることもなく、発色自体も自然な色合いを実現できている。

▼肉眼で見た場合に近い、自然な色合いを実現。

そして高リフレッシュレートに対応していることもあり、体を素早く動かしても残像や遅延などが発生することはなかった。

▼実際に撮影した様子

▼滑らかな映像で、激しく動いた場合でも気になる残像などは見られなかった。

またオートフォーカス機能により、カメラからの距離にかかわらず、対象者へ自動的にピントを合わせ、常に明瞭に映し出すことが出来ていた。

ウェブカメラとの位置関係をいちいち考える必要が無いため、多人数の参加するウェブ会議にもうってつけの機能であると言える。

用途・場面に応じて使い分けられる5つの会議モード

本製品には5つの会議モードが用意されており、ウェブカメラの用途・場面に応じて切り替えることで、最適なオンライン通話環境を実現することが可能だ。

会議モードは上述したeMeet Link上で切り替えられるほか、筐体側面のモードボタン付属リモコンのモードボタンを押して切り替えることもできる。

▼eMeet Link

▼筐体側面のモードボタン(画像上部)

▼付属リモコンモードボタン

▼リモコンボタンは遠隔で切り替えられる一方で、押すたびにモードが切り替わるため、目的のモードまで何度もボタンを押す必要がある。

コラボレーションモード

コラボレーションモードでは、360度全方位の参加者を識別し、AI自動フォーカス機能によって話者を画面に映し出すことができる。

会議参加者が前後左右に分かれた位置に居る場合に適したモードであると言える。

▼コラボレーションモード時のカメラ。上部を向き、広角レンズで全方位を映し出す。

クラシックモード

クラシックモードは、多人数ウェブ会議を行う場合には最もオーソドックスなモードだ。広角カメラによりカメラ前面に位置する参加者全員を映し出す。

会議参加者がカメラ正面に集まっている場合に適したモードであると言える。

なお、eMeet Links上で視野角を調節することも可能だ。

▼120度

▼140度

▼180度

スポットライトモード

スポットライトモードは、カメラ正面に位置する1人のみをスポットして撮影するモードだ。

こちら側の参加者が一人のみの場合に適したモードであり、ウェブ会議のほか、ライブストリーミング配信などの用途にも適しているだろう。

スピーチモード

スピーチモードは、口を開いて発言している話者のみをピックアップして映し出すことの出来るモードだ。

全員を一度にカメラで捉える必要のない場合に適したモードであると言える。

プライバシーモード

プライバシーモードは、その名の通りカメラ・マイク機能をOFFにすることで、プライバシー保護を図るモードだ。

▼プライバシーモード中はカメラが真下を向く。

外部に漏らしたくない会話や情報等を確実に伏せたい場合などに、便利な機能となっている。

ちなみに、筐体やリモコンのミュートボタンを押した場合、カメラ部分を手動で下に向けた場合にも、プライバシーモードに移行する。

▼ミュートボタンを押した時の挙動。

▼プライバシーモード中は、正面のLEDインジケータが赤く点灯する。視覚的にもプライバシーモード中であることを確認できるため安心感を得られる。

プライバシー保護が重要となる昨今において、非常に便利かつ重要な機能であると言えるだろう。

距離・方向に依存しない集音マイク

そして本機に搭載された計8基のマイクが、方向・距離に関係なく、一定の音質で相手側に声を届けてくれる。

試しにウェブカメラの周囲をグルグルと回ってみたり、3~4メートルの範囲内を近づいたり、離れたりしつつ会話を続けてみたが、いずれの場合においても、私からの発音を一定の品質を保ったまま届けることができていた。

また、10Wスピーカーの音圧も強く、相手側からの声も聴きやすかった。

多人数が本製品を取り囲んでウェブ会議を行う場合などでも、問題のない品質となっている。

充電式・Bluetooth対応であれば尚良かった

本製品は持ち運びに適したサイズ・重量であり、簡単に設置場所を移動することができる。

それだけに、電源入力・映像&音声入出力が有線接続のみである点はやや残念だ。

もしも本製品がバッテリーを内蔵した充電式であり、Bluetooth接続にも対応することで スタンドアローン使用が可能になれば、本製品の利便性はさらに向上するのではないだろうか。

『EMEET Meeting Capsule』のまとめ

今回紹介した『EMEET Meeting Capsule』について、特徴をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • 1台にカメラ・マイク・スピーカーのすべての機能が搭載
  • 綺麗で滑らかな映像品質
  • 変に魚眼調にならない広角レンズ
  • AIオートフォーカス機能搭載
  • プラグアンドプレイ対応で扱いやすい
  • 場面・用途に応じた5つの会議モードが用意
  • 高品質なマイク&スピーカー
  • eMeet Linkで柔軟な調整が可能

悪かった点

  • 有線接続のみ(ワイヤレス使用不可)

以上の通り、これ1台だけでウェブ会議の準備がすべて整う、オールインワンの高性能ウェブカメラとなっている。

プラグアンドプレイ対応のため、ドライバ等のインストールが不要な点も実用的だ。

高画質カメラは言うまでもなく、スピーカー・マイクに至るまで高いレベルで設計されており、円滑なウェブ会議を行うことができるだろう。何より、場面・用途に応じて5つの会議モードを切り替えることで、最適な映像配信を実現出来る点は汎用性に優れていると言える。

一方で、この価格帯のウェブカメラであれば、バッテリー内蔵&Bluetooth接続によるワイヤレス使用も可能であれば尚良かった。電源とType-Cケーブルを優先で繋ぐ必要があるため、設置場所にある程度の制約が課されるのも事実だ。

何はともあれ、ウェブ会議やオンライン授業用に実用的なウェブカメラを探している方には、是非オススメしたい一品だ。

▼こちらの記事もオススメ

『eMeet C970L』レビュー | LEDリングライトで配信者を明るく照らし出す高コスパウェブカメラ

当サイトでは以前の記事において、ノイズリダクションマイクを搭載した高性能ウェブカメラ『eMeet C970』を紹介した。 ▼eMeet C970のレビュー記事はコチラ 同機種にはもう1つ、より上位のモ ...

続きを見る

『eMeet C950』レビュー | 低価格で優れた性能を発揮する高コスパなウェブカメラ

ウェブ会議やオンライン授業用のウェブカメラが欲しい! マイク搭載型が良い! 高性能モデルがほしいが、価格はできるだけ抑えたい... 新型コロナウイルスの影響により、最近ではウェブ会議やオンライン通話、 ...

続きを見る

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥71,800
    新品最安値 :
    ¥71,800
  2. タブレット
  3. タブレット
  4. タブレット
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット・アクセサリ
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. スマートウォッチ
  2. スマートウォッチ
  3. スマートウォッチ
  4. スマートウォッチ
  5. スマートウォッチ
  6. スマートウォッチ
  7. スマートウォッチ
  8. スマートウォッチ
  9. スマートウォッチ
  10. スマートウォッチ
  11. スマートウォッチ
  12. スマートウォッチ
  13. スマートウォッチ
  14. スマートウォッチ
  15. スマートウォッチ
  16. スマートウォッチ
  17. スマートウォッチ
  18. スマートウォッチ
  19. スマートウォッチ
  20. スマートウォッチ
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. ミニ
  3. ミニ
  4. タワー
  5. ミニ
  6. タワー
  7. ミニ
  8. タワー
  9. タワー
  10. タワー
  11. ミニ
  12. タワー
  13. ミニ
  14. タワー
  15. ミニ
  16. タワー
  17. 一体型
  18. 一体型
  19. ミニ
  20. ミニ
  1. 2 in 1ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. ノートパソコン
  6. 標準型ノートパソコン
  7. 標準型ノートパソコン
  8. ノートパソコン
  9. ノートパソコン
  10. ノートパソコン
  11. 標準型ノートパソコン
  12. 2 in 1ノートパソコン
  13. 標準型ノートパソコン
  14. 2 in 1ノートパソコン
  15. 標準型ノートパソコン
  16. ノートパソコン
  17. ノートパソコン
  18. 標準型ノートパソコン
  19. 標準型ノートパソコン
  20. 標準型ノートパソコン
ガジェットレビュー 一覧
  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-ウェブカメラ, ガジェットレビュー
-, , , , , ,