ウェブカメラ ガジェットレビュー

『EMEET S600』レビュー | 4K・30fps対応・目隠しカバー内蔵の高性能ウェブカメラ

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

2023年1月、ウェブカメラやマイクスピーカーなど人気リモートワーク関連製品を数多く手掛けるeMeet社は、最新のウェブカメラである『EMEET S600』の販売を開始した。

4K・30fps対応の高性能ウェブカメラであり、美しく滑らかな映像を相手側に届けることが可能。デュアルマイクを内蔵しているため、これ1台でウェブ会議やオンライン授業の環境を整えることが出来るモデルとなっている。

今回、提携先より本製品を提供していただいたので、実際に使用した感想を基にレビューしていきたいと思う。

ブランド eMeet
型名 S600
解像度 最高4K(3840×2160)
キャプチャ速度 FHD(1920×1080):60fps
4K(3840×2160):30fps
有効画素数 800万画素
視野角 88度
接続方式 USBケーブル(有線)
内蔵マイク デュアルマイク内蔵

『EMEET S600』は、FHD(1920×1080)/60fps4K(3840×2160)/30fps の高解像度&高リフレッシュレート撮影が可能なウェブカメラだ。視野角は88度に対応。一度に多くの対象物をとらえることが出来る。

▼高精彩かつ滑らかな映像を相手側に届けることが可能。

▼ウェブ会議やオンライン授業だけでなく、YouTubeなどのライブ配信サービスにも活用できる性能を擁している。

自動光補正」および「自動(オート)フォーカス機能」を搭載しており、暗い場所や、微光環境下でも明るくシャープな画像を映し出すことが可能。また、自動フォーカス機能の性能も良く、カメラの前で顔を働かしても、自動でピントを合わせることができる。常に鮮やかで臨場感のある動画配信・録画が可能だ。

ウェブカメラ本体にはデュアルマイクが内蔵されており、360度からの集音に対応、しっかり声を拾い上げる。ノイズリダクション機能及びエコーキャンセリングテクノロジーにより、周囲の環境音を自動調整し、よりクリアな音声を相手に伝えることが出来る。

接続方式はUSB有線式を採用。プラグアンドプレイ対応で、PCに接続するだけであっという間に使用可能状態となる。ドライバやソフトウェアを別途インストールする必要がないため、社用PCで利用する場合や、PC初心者が扱う場合でも心配する必要はないだろう。

そして目隠しカバーを内蔵しており、個人のプライバシーを保護し、盗撮を防ぐことが可能。ウェブカメラの電源を切り忘れたせいで、自身のプライベートが流出するといった事態も防ぐことが出来る。

さらに無料のeMeet Linkソフトウェアで、 ウェブカメラの各パラメーター調整やファームウェアアップデートなどを行うことが可能。利用用途に合わせて、映像品質等を自由に設定可能だ。

以上の通り、幅広い場面で活躍できる、高い性能とユーザビリティを実現したウェブカメラとなっている。

製品本体および付属品

▼外箱の様子

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧は以下の通り。

【内容物一覧】

  • ウェブカメラ本体
  • ユーザーマニュアル
  • 専用ポーチ
  • USB Type-Cケーブル

▼ユーザーマニュアルは日本語にも対応している。

▼専用ポーチが付属しており、ウェブカメラ本体および付属品一式を収納して持ち運ぶことが可能。

▼ウェブカメラの外観。比較的コンパクトかつ軽量であり、手のひらに載るほどのサイズだ。

▼側面の様子。

▼背面の様子。PCと接続するためのType-Cポートが用意。

▼上から見た様子。

▼前部にはレンズカバー開閉用のダイヤルが用意されている。

▼ダイヤルを回すことでレンズを覆うカバーを開閉できる。

▼底部の様子。外付けスタンドを装着できるネジ穴が空いている。

▼スタンド部分は0~100度ほどの範囲で開閉可能。

▼軽量で外出先への持ち運びにも適している。

柔軟な角度・向き調整が可能

本製品は前後左右の向きを手動で柔軟に調節可能であり、どのような場所に設置しても望む対象物をとらえることが出来る。

このように、筐体自体はスタイリッシュかつコンパクトなデザインとなっている。

スタンド部分の折り畳みも可能であり、付属のポーチに入れて持ち運んでも支障にならないサイズだ。

設置~利用開始までの手順

本製品の設置~利用開始までの手順はいたって簡単だ。

まずカメラ下部のスタンドを開き、モニター上部へ設置する。

▼実際に設置した様子。

▼スタンド部と本体下部のツメをモニター上部に引っ掛けるカタチで設置する。

安定性は良好であり、ちょっとの揺れやケーブルを引っ張ったくらいでズレ落ちることは無い。

そしてカメラ背面のポートとPCとを、USBケーブルで接続する。

本製品はプラグアンドプレイに対応しており、ドライバやソフトウェアをインストールする必要はなく、USB接続のみでセットアップが完了する。

▼接続後、自動的にセットアップが完了。

以上の手順だけで、カメラ&マイクの利用開始準備が整う。

▼大抵の会議・通話アプリとの互換性を擁している。

設置⇒USB接続の2ステップのみで利用を開始できるため、PC初心者の方でも全く問題なく扱うことが出来るだろう。

また、ドライバやソフトウェアのインストールが必要ないため、社用PCや外出先でのパブリックPCでの利用にも最適だ。

専用の無料ソフトウェア『eMeetLink』で各種調整が可能

eMeet社は、自社製品向けのフリーソフトウェアである『eMeetLink』を提供している。

本ソフトウェアを使用することで、『EMEET S600』のフィルターやコントラスト、輝度など、映像に関する各種パラメータを簡単に調節することができる。

※ウェブカメラの利用にあたり必須のソフトではない

▼ソフトのメイン画面。

カメラの映像をリアルタイムで確認しつつ、各種パラメータの調節を行うことが出来る。

▼現在のカメラ映像も表示され、映像の変化をリアルタイムで確認することが可能

▼フィルターの適用や輝度、コントラストなど各種パラメータを詳細に調節できる。

▼カメラ本体およびソフトウェアのバージョン更新を行うことも可能。

このように、詳細な設定項目の用意された無料ソフトとなっている。

特に解像度などは重要な設定なので、本ウェブカメラを最大限に活用したい場合は、是非インストールしておくことをオススメしたい。

高解像度かつ滑らかな映像

実際に『EMEET S600』を使用して、Skype会議通話やLINE通話、Google Meets会議などを行ってみた。

「1080p・60fps」および「4K・30fps」に対応した本製品では、高画質で滑らかな映像を映し出すことができていた。

▼発色も良好であり、肉眼で見た場合に近い色合いを実現している。人物の輪郭や表情はもちろん、背景の様子にいたるまで実にクリアに映し出されている。

88度の広視野角に対して映像が変に魚眼レンズ的になることもなく、ナチュラルで見やすい映像が撮影できていた。フルHD解像度では60fpsのキャプチャ速度で描画されるおかげで、カメラ前で激しく動いても気になる残像や遅延の発生は見られなかった。

▼実際にキャプチャした映像

▼実に滑らかに描画されるため、手や体を激しく動かしても残像などは見受けられなかった。

▼オートフォーカス機能も優秀で、どの位置・距離に移動しても自動でピントを合わせてくれるため、常にクリアな映像を撮影できていた。

ただし、個人的には自動光補正がやや強すぎるように感じた

▼全体的に映像が明るすぎて、ややまぶしく感じるかもしれない。

上述した専用ソフト『eMeetLink』では輝度調節が可能であるが、自動光補正の強度を調節することが出来ない点もやや残念だ。

なにはともあれ、ウェブ会議やオンライン授業用カメラとして利用するには、十分な品質を実現できていると言える。

動画サイトにおける生配信やライブストリーミング配信用カメラとしても活躍できるだろう。

優れたデュアルマイク

本製品に搭載されているデュアルマイクについても、優れた品質となっている。

小さな声や離れた場所の声でもクリアに届けることのできる高い集音性能を実現しており、相手とのオンライン会話でストレスを感じることはなかった。

ノイズリダクション機能のおかげで、空調音や外の環境音などが入ってくる環境で通話していても、相手側との会話に支障をきたすことはなかった。

流石に多人数の声を同時に拾う用途には対応していないが、1~2人の少人数で利用するには十分な性能となっている。

個人情報を守る便利な内蔵カバー

本製品にはプレイバシーを守るためのカバーが内蔵されており、レンズに映る映像を物理的にシャットアウトすることが可能だ。

▼前面のダイヤルを回すことで、カバーを開閉できる。

レンズを物理的に覆うため、システムを遠隔で操作されるような事態に遭っても、アナログ開閉式のレンズを操作されることはないため、プライバシーを完全に守ることが出来る。

マイクやカメラを切り忘れたせいでプライベートな情報が外部に漏れてしまうような事態を防止することが出来るだろう。

特に自宅でテレワークやオンライン授業、ライブストリーミング配信などを行っている場合は、途中で家族が入ってくる可能性もあるため、瞬時に対応できる同機能は実に便利であると言えるだろう。

ただし、カバーを覆った場合でもマイク機能は自動でOFFにはならないので注意したい。

『EMEET S600』のまとめ

今回紹介した『EMEET S600』について、特徴をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • コンパクトかつ軽量なデザイン
  • 「1080p・60fps」「4K・30fps」対応
  • 高画質かつ滑らかにキャプチャ可能
  • 高性能ノイズリダクションマイクを内蔵
  • プラグアンドプレイ対応
  • 公式の無料ソフトで各種パラメータの調整が可能
  • プライバシーを保護するカバー内蔵

悪かった点

  • 自動光補正がやや強すぎるように感じる(全体的に映像が明るい・白い)

以上の通り、「1080p・60fps」「4K・30fps」対応の高性能カメラ、およびノイズリダクション機能及びエコーキャンセリング対応のデュアルマイクを内蔵しつつ、比較的リーズナブルな価格に抑えられた高コストパフォーマンスなウェブカメラとなっている。

カメラ&マイクの両機能をこれ1台で利用でき、なおかつ持ち運びにも適したサイズのため、外出先で臨時のオンライン通話を行う場合には便利だろう。

映像品質が高いうえ、公式の無料ソフトを利用することで、フィルターの適用を含め各種パラメータを細かく構成することが可能だ。

そして内蔵カバーのおかげで、外部に漏らしたくないプライベート情報を、ダイヤルを回してカバーを閉じるだけで確実にシャットアウトできる点も嬉しい。

実用的な性能のウェブカメラを探している場合、是非本製品の使用を検討してみてはいかがだろうか。

▼こちらの記事もオススメ

『EMEET Meeting Capsule』レビュー | 1人から多人数会議にまで対応可能な多機能ウェブカメラ

2022年5月、ウェブカメラやマイクスピーカーなど人気リモートワーク関連製品を数多く手掛けるeMeet社は、最新のウェブカメラである『EMEET Meeting Capsule』の販売を開始した。 3 ...

続きを見る

『eMeet OfficeCore M3』レビュー | 多人数ウェブ会議に最適な高性能マイクスピーカー

新型コロナウイルスの影響により、最近ではオンライン授業やウェブ会議などに参加する機会が増えてきた。 それらオンライン通話を行うために必要なツールとして、マイクとスピーカーが挙げられる。 しかしそれぞれ ...

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. タブレット
  3. タブレット
  4. タブレット
    発売日 : 2022年03月18日
    価格 : ¥116,799
    新品最安値 :
    ¥116,799
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥78,799
    新品最安値 :
    ¥78,799
  10. タブレット
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット・アクセサリ
  15. タブレット
  16. ノートパソコン
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. スマートウォッチ
  2. スマートウォッチ
  3. スマートウォッチ
  4. スマートウォッチ
  5. スマートウォッチ
  6. スマートウォッチ
  7. スマートウォッチ
  8. スマートウォッチ
  9. スマートウォッチ
  10. スマートウォッチ
  11. スマートウォッチ
  12. スマートウォッチ
  13. スマートウォッチ
  14. スマートウォッチ
  15. スマートウォッチ
  16. スマートウォッチ
  17. スマートウォッチ
  18. スマートウォッチ
  19. スマートウォッチ
  20. スマートウォッチ
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ミニ
  2. ミニ
  3. タワー
  4. ミニ
  5. ミニ
  6. ミニ
  7. ミニ
  8. ミニ
  9. ミニ
  10. タワー
  11. ミニ
  12. ミニ
  13. 一体型
  14. ミニ
  15. タワー
  16. タワー
  17. ミニ
  18. ミニ
  19. ミニ
  20. ミニ
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. 2 in 1ノートパソコン
  6. ノートパソコン
  7. 標準型ノートパソコン
  8. ノートパソコン
  9. ノートパソコン
  10. ノートパソコン
  11. 標準型ノートパソコン
  12. 標準型ノートパソコン
  13. 標準型ノートパソコン
  14. 標準型ノートパソコン
  15. ノートパソコン
  16. 標準型ノートパソコン
  17. 標準型ノートパソコン
  18. 標準型ノートパソコン
  19. 標準型ノートパソコン
  20. 標準型ノートパソコン

関連コンテンツ

ガジェットレビュー 一覧
  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-ウェブカメラ, ガジェットレビュー
-, , , , , , , ,