ウェブカメラ ガジェットレビュー

TinzziフルHD ウェブカメラ レビュー 安価だが綺麗な撮影が可能な1台

今回のガジェットレビューは、amazonでウェブカメラランキングの9位(2020年12月現在)に入っていて、価格も4,000円台で入手ができる『Tinzziウェブカメラ』をレビューする。

Tinzziとは聞いたことがないメーカーではあるが、ネットで調査しても詳細が不明、とはいえ売れ筋の9位、カスタマーレビューも星4.7とかなり評価が高い。その実力はどうなのか実際に使用して確認してみた。

Tinzzi ウェブカメラ

 

Amazonで見る

メーカー『Tinzzi』についてだが、ネットなどで調査するとウェブカメラ以外にも数多くの製品を販売しているのを確認できた、しかしどのような会社かまでの詳細は分からなかった。

このウェブカメラの取扱説明書などには製品番号が記載されておらず、本レビュー記事では『Tinzziウェブカメラ』と表記させていただく。

特 徴

独自技術

HiSiliconチップを搭載、Huaweiのビデオ処理技術により画質がクリアで鮮明、マイクヘッドはシェル素材に密着して組み立てられ、ソフトウェアはサウンドパラメータにゲイン処理を行い通話が明瞭で干渉がない。

高画質カメラ

鮮明で滑らかな1080P高精細画質で表示、鮮やかで臨場感のある映像(1080p/30fps)のストリーミングと録画が可能、Zoom/ Skype/Teams/GogoleMeat /Facebook/LINE/Youtube などの多くのアプリケーションで利用が可能。

内蔵3Dデュアルマイク

3Dデュアルマイクを内蔵しヘッドセットなどの装着がなくても通話が可能、またノイズキャンセリング機能が搭載されており、周囲の雑音をカットして、ビデオチャット中の声も2倍に強化、明瞭な音声でのビデオ通話が楽しめる。

97°広角レンズ

97°の画角撮影ができる広角レンズを搭載、ダイナミックな映像撮影が可能

小形の三脚付属

自由な撮影ポジションを可能にする三脚が標準添付

基本仕様

以下の仕様は取扱説明書に記載されている記述から抜粋した。

画像センサー 1/2.7.2MP
最高画像範囲 1.5-5メートル
レンズ 4.0MM
ビデオ解像度 1920×1080ピクセル
ビデオフレームレート MAX30fps
フォーカス オートフォーカス
外形寸法(幅×高さ×奥行) 98.5×32.3×31mm
質量 約110g

パッケージと付属品

『Tinzziウェブカメラ』は小形パッケージで青と白を基調に全て英語で説明などが印刷されている、ちなみに裏表は全く同じデザインだ。パッケージはシンプルで悪くはないがいかにも海外製品っぽい印象だ。

パッケージを開けて内容を確認すると「ウェブカメラ本体」に「三脚」が簡易的な保護包装されて収められており、パッケージの下部には「取扱説明書」が英語版と日本語版の2種類が入っていた。

日本語の取扱説明書は小型だが大きな文字で記載されているが、設置方法、PCとの接続方法、通話について、など、非常に簡易な説明なので読まなくても問題はなさそう。

カメラ本体をチェック

カメラ・レンズ・マイクの造形

『Tinzziウェブカメラ』は比較的小型な本体でデザインも悪くない、小型モニターでも違和感なく設置できる印象だ。

レンズ部はプライバシーシャッターで覆われおり、「HD」が印刷されたプラスチックパーツを指で右にスライドする事でレンズが露出する。マイクは左右のグリルのようなデザイン箇所左右に内蔵されているようで、よく見るとマイク穴が確認できる。

高級感があるとまでは言えないが質感はまずまずと言ったところか、メーカー名や品番のシールなどが一切ないため無機質な印象を受けた。

カメラ背面側

背面側は多少ケースの厚みはあるがケースが丸みを帯びているのでデザイン的には良好のようだ、正面から見て右側からUSBケーブルが直接出てきているが取り外しはできない。ウェブカメラ製品全般的にカメラ部から直にケーブルが出ているものが多いが設置性などの点でこれが外せると有り難いのだが・・・

とはいえこの製品のケーブルは細身でしなやかなので取り扱いはしやすい。

スタンドと可動域

モニターに固定するためにスタンド部は180°開く一般的な構造で内側にはゴム材が貼ってあるので設置時の傷防止と滑り止めの効果があります。カメラ部は左右に360°回るので斜め方向の調整は十分過ぎるほどですが上下方向の調整はほぼ出来ません。

モニター部に設置した際は左右よりも上下方向に調整するニーズが高いと思うのでこの点はかなりマイナス点になりますね。

モニターに設置せずに机の上などに直に置く場合は、スタンド部で角度調整ができるのでそれほど問題は起きません、また本体のスタンド背面部には三脚穴があるので添付されている三脚を利用すればより柔軟な撮影ポジションを決める事ができます。

添付されているミニ三脚はおまけ程度と考えておくほうが良く、あまり品質が良い物とは言えません、ただ足を伸ばす事もできるので高さ調整が可能はあります。個人的にウェブカメラに高さはそれほど必要ないですし、三脚を置くスペースが必要になるのでこのタイプの三脚は微妙な気がしますが、

とは言え人により設置環境が異なりますし、頻繁に取り外さず決めた位置に常設するのであれば十分かなと思います。

モニター設置

モニター設置した際のルックスは悪くないですが、やはり上下の可動ができないので、ノートPCで液晶を寝かすと自然な撮影ポジションを決めずらいです、ただしクリップ部の角度を調整する事で強引に角度を決める事は可能です。

それとスクリーン部にスタンドクリップも1cmほど干渉するので画面上部が見えなくなるのも残念な点です。数ミリの干渉なら仕方ないですが、『Tinzziウェブカメラ』はクリップが下に長過ぎますね。

デザインも良く、質感もそれほど悪くはありませんが、カメラ部の上下可動域が少ないのが気になるポイントでした。

設定・映像・マイク性能は良い

PC接続

PC・MACなど、USBポートに差し込むだけで使えるプラグアンドプレイです、ドライバーのダウンロード設定などは不要なので接続すればカメラとマイクを認識して利用開始が可能です。また、Skype、Zoom、Facetime、Facebook、YouTube、Line、GogoleMeatなどの主要なビデオソフトウェアでも問題なく利用出来ました。

映像/画質

79°の視野角という事で広めの画角で撮影が可能、広すぎず、狭すぎず、個人的にはちょうどよい画角だと思うが、やはり魚眼レンズのように4辺が多少歪み気味になるので好き嫌いは分かれるところだろう。

オートフォーカスで、露出も自動補正するので、部屋が明るくても暗くても、適正な明るさで撮影してくれるのは良い点、4,000円台のウェブカメラと考えればカメラ性能は良いと言えるだろう。色味は暗所が暗いかな?ぐらいの印象を受けたが、全体的にビビッドで綺麗な映像になるし、映像のカクつきもない。

欠点は近接撮影時にフォーカスが合わず文字などがぼやけてしまう点、とは言え総合的には綺麗に撮れるカメラだと思う。

マイク

マイクは本体左右にデュアルで内蔵されているが、ステレオ収音しているわけではなく、効率の良いマイクを自動で切り替えているようだ、またノイズキャンセリング機能も内蔵されているので、生活音などのゲインを低下させて音声を明瞭化していると思われる。

実際に動画撮影をして録画した映像の音を確認したが、音声は明瞭でクリアーに録音されていた。ビデオ通話などのコミュニケーションという事であれ十分な性能を発揮しているので万人に不満はでないレベルではないかと思います。

総合評価

Tinzziウェブカメラに関する総合的な評価とまとめだが・・・ 映像・マイクの集音能力については、価格を考えれば非常に優秀、一般的なウェブカメラの利用、ビデオ通話・会議などでは十分な性能を発揮する。こだわる人は利用するアプリケーション側で画質補正をおこなう事でより良くなるし、マイクはこだわるので専用マイクを利用すれば良い。

欠点はカメラの上下角度調整ができない事とクリップ部のスクリーン干渉だ。この欠点がなければコストパフォマンスの点でかなり優秀なウェブカメラになっていたので残念な点だ。

とはいえ、4,000円で手に入るウェブカメラとしては性能が優秀なので、欠点を理解した上で購入するのであれば悪くない選択になりそうだ。

Amazonで見る

▼こちらの記事もオススメ

BSW505MBK
BUFFALO 200万画素WEBカメラ『BSW505MBK』入門機にオススメしたい1台

今回はamazon売れ筋ランキング8位(2020年12月現在)に入っている、200万画素WEBカメラ『BUFFALO BSW505MBK』をレビューします。 新生活様式で必需品となったWEBカメラですが、多くのメーカーから製品が発売されています。 比較的リーズナブルであり、日本メーカーであるBUFFALOの製品はどのような製品か?細部をチェックしてみます。 目次1 BUFFALO 200万画素WEBカメラ BSW505MBK2 スペックと仕様を確認3 特 徴4 パッケージと付属品5 細部をチェック6 実際に接続して使用してみる7 総合評価 BUFFALO 200万画素WEBカメラ BSW505MBK 『BUFFALO BSW505MBK』は、BUFFALOがラインナップするWebカメラの中で視野角120°、フルHD・200万画素、カクカクしない滑らかな動画撮影などを特徴としており、販売価格も非常にリーズナブルでamazonでは3,000円以下で購入できるのが魅力の商品です。 スペックと仕様を確認 特 徴 BUFFALOの公式ページを確認してみると、特に広視野角レンズ、プライバシーシャッター、滑らかな動画撮影などが特徴です。 約120度の広視野角レンズ搭載 盗撮を防止できるプライバシーシャッター Web会議に便利 マイク内蔵タイプ カクカクしない滑らかな動画を撮影できる! 基本仕様 取扱説明書に記載された製品仕様は以下の通りです、なお、この製品の保証期間は6ヶ月と短いのでこの点には注意が必要ですね。 映像素子 CMOSセンサー 有効画素数 200万画素 最大解像度 1920×1080ピクセル 最大フレームレート MAX30fps フォーカス 固定 焦点距離 8cm~∞ 外形寸法(幅×高さ×奥行) 180×51×50mm 質量 約110g 保証期間 6ヶ月 パッケージと付属品 『BUFFALO BSW505MBK』のパッケージは、透明で内部に収められたカメラが見えるプラスチック製のパッケージになっており、紙の印刷部は裏面も含めてビッシリと特徴やスペックなどが記載されている、いかにも日本のメーカーらしいものでした。 内容物は「ウェブカメラ本体」「取扱説明書」の2点のみで非常にシンプルで、箱のサイズを考えると内容物がこれだけであまりエコではありませんね。笑 取扱説明書は日本語のみが記載されたもので、1枚の紙を小さく折りたたんだ物で保証書も兼ねておりました。     細部をチェック ウェブカメラ正面 『BUFFALO BSW505MBK』本体は、カメラ部が窪んでいてシャッターをスライドする事でレンズを多い隠せるようになっています。また、正面からみて左側に2つの穴が空いていて、左がマイク、右がカメラの動作を知らせるためのLEDが点灯する仕組みです。   カメラ本体は丸みを帯びていて優しいデザインと言えますが、プラスチック製のケースのため高級感があるとは言えません。印象としては無難な仕上がりと言ったところでしょうか。   ウェブカメラ背面 背面側を確認すると、カメラ・レンズ部の裏側はかなり大きくせり出していてUSBケーブルは中央から直に出てきています。このケーブルが取り外せると設置性などが良いですが安価な製品なので仕方がないですね。   スタンドと可動域 モニターなどに固定するスタンド部は薄型で本体の小型化に貢献しているようですが、その代わりに三脚穴はありません。カメラ部の台座は左右160°程度の可動域がありますが、上下方向にはほとんど可動しません。   設置チェック モニターに設置してみましたが上限の可動域が少ないため、ノートPCのモニターの液晶を寝かせた場合に被写体にカメラ位置を合わせる事ができなくなるので、液晶はできるだけ垂直にする必要があります。   机の上に置く場合はスタンドで角度が付けられるので問題はありません。   デザインも良く、質感もそれほど悪くはありませんが、カメラ部の上下可動域が少ないのが気になるポイントでした。 実際に接続して使用してみる PC接続 PC・MACなど、接続すればカメラとマイクを認識して利用が可能になるので、難しいことはなにもありません。箱から出して1分で準備が完了する手軽さは良い点だと思います。   映像 カクつかない映像という事ですが、たしかに滑らかな動画撮影ができていたのでこの点は良かった点です。120°の広角レンズで部屋などが広くダイナミックな映像撮影が可能ですが、4隅が少し歪んだ映像になります。 色合いはコントラストが高めで赤や青、黄色などの原色は鮮やかですが、全体的に暗く写ります、人の顔は若干疲れているように見えてしまうかもといった印象です。   マイク マイクの収音性能は良さそうです、人の声をクリアーに録音して環境音などのノイズはあまり入っていません。ビデオ通話などのコミュニケーションが円滑にできそうです。 総合評価 『BUFFALO BSW505MBK』に関して最後に総合的な評価をおこなうと、映像・マイクなどは十分実用的なレベルでありビデオ通話などの一般的な利用であれば問題なく使用可能な製品と言えます。 広角に写るレンズや収音能力が高い事はこの製品の良い点です。 逆に、ノートPCで利用する場合は上下方向の可動域が少ないため、液晶を立てて利用しないといけないのが欠点ですが、通常の使用においては気になるほどではないでしょう。 なにより、価格は3,000円程度で入手する事が可能で、コストパフォマンスは非常に高く、ウェブカメラの入門機としておすすめできる一台です。 Amazonで見る ▼こちらの記事もオススメ! コチラの記事も読まれています! 2021年に買うべき『ベストウェブカメラ』カテゴリー毎に解説をおこないます。 logicool C922n ウェブカメラ レビュー!ストリーマーを自称するなら入手するべき一台  logicool C920n ウェブカメラ ...

続きを見る

安価で高性能!『IVSO CM06 フルHDウェブカメラ』レビュー

今回はamazonにて売れ筋ランキング5位に入っている、安価な『IVSO フルHDウェブカメラ CM06』をレビューします。ユーザーレビューを確認すると評価が高いようです、なによりも価格が安価であり非常に興味深いガジェットです。 目次1 IVSO CM06 フルHDウェブカメラ2 スペックと仕様を確認3 パッケージと付属品4 カメラ本体の細部を確認5 使用感を確認6 総合評価 IVSO CM06 フルHDウェブカメラ IVSO CM06 フルHDウェブカメラは、2020年11月時点でamazonのウェブカメラランキングの5位に入っている商品です。フルHDスペックのウェブカメラ製品としては最安価クラスではないかと思います。 スペックと仕様を確認 特 徴 IVSOのメーカー・ホームページは発見出来ませんでした、amazonの商品ページやユーザーマニュアルから特徴とスペックをチェックしました。 最大解像度:1920×1080ピクセル 1080P高精細画質とスムーズなフルHD(1080p/30fps)の映像 本体にはマイクを内蔵 ノイズキャンセリング機能付きで収音能力が高い。 マニュアルフォーカス、レンズ部のリングでピント調整が可能。 プラグアンドプレイ USB接続でPCに接続すればすぐに利用可能。 基本仕様 以下はマニュアルに記載された主要な製品仕様です、フルHDのウェブカメラとして標準的な性能と言えます。 映像素子 CMOSセンサー 有効画素数 200万画素 最大解像度 1920×1080ピクセル 最大フレームレート MAX30fps フォーカス マニュアル 焦点距離 8cm~∞ 外形寸法(幅×高さ×奥行) 91×70×35mm 質量 約141g パッケージと付属品 100mm✕60mmの小型な白いパッケージは、英語と写真、レンズのアイコンで構成されたシンプルなパッケージで、いかにも海外製品といった印象。 内容物は「ウェブカメラ本体」「ユーザーマニュアル」「小型の三脚」「レンズを隠すためのフード✕2」の4点で、マニュアルは英語と日本語で記載されていて安心だが、文字が小さいので老眼の方にはキツイかもしれない。 カメラ本体の細部を確認 ウェブカメラ本体 IVSO CM06はレンズの左右にスピーカーグリルのような穴が空いており、レンズは1cmほど出っ張っているデザインだ。かなり出っ張りが大きいので若干不格好ではあるかもしれない。 質感は普通といった感想になってしまうが、高級感があるとは言い難く、例えるなら車のスマホスタンドの部品のような?そんな感じだ。 ミニ三脚 付属の三脚は100円ショップなどで見かけるタイプではあるが、後から購入するよりも付属してあると有り難いので嬉しいおまけかもしれない。 カメラの可動域 可動部はカメラが上下に約150°程度の可動域があるが左右の首振りはできない構造、スタンド部は180°超の調整幅があるので大概のモニターに設置する事は可能だろう。 ただし、モニター設置する際のクリップ部は本体のほぼ中央にあり、設置した際にはモニターより前面にかなりはみ出してしまう構造だ、この点については後述している。 当然スタンド背面には三脚穴があるので付属のミニ三脚に取り付けして利用ができる、モニターよりも三脚利用の方が自由な角度・高さ調整が可能なので、三脚利用の方が良さそうだ。 使用感を確認 PCとの接続 PCに接続するとすぐにカメラとマイクを認識して利用が可能になる、面倒なドライバーのインストールなどは不要、箱から出してUSBに接続すればすぐに準備が完了する。Macでも試してみたが同様だった。 映像 カメラアプリで自分を写して動画撮影したり、ビデオ通話などで試してみたが、映し出される映像は比較的綺麗で驚いた。 被写体の色合いが明るく、エッジもシャープな表現だ、視野角は狭すぎず、広すぎずと、使いやすい映像撮影ができそうだ。 全体的にカメラのチューニングは良好と言えるが、気になった点は映像の4辺に多少歪みが出ている事と、レンズ部を回す事でフォーカス調整ができるとの記載があったが、そもそもレンズが回らない。これ固定フォーカスレンズじゃないか??? マイク IVSO CM06のマイクはノイズキャンセリング機能もあると言うことだが、この機能がどれだけ効いているのかテストしてもイマイチ分からなかった。ただ音声であれば十分収音して相手に伝えてくれるレベルにはなっている。モノラルマイクなので声を拾う事に特化しているのではないだろうか。 モニター設置に難あり 最後に最大のネガティブな点を伝えておきたい。 このウェブカメラはモニターに設置すると写真の通り、モニターより約5cmもカメラが前にせり出してしまう。さらにウェブカメラの本体がモニターのスクリーン部に干渉するためモニターの視野に影響する。 価格が安価で映像も綺麗ではあるが、モニター設置を前提にしているのであれば使い勝手が悪いと言わざる負えない。   総合評価 『IVSO CM06 フルHDウェブカメラ』の総合的な評価だが、映像の綺麗さや十分実用レベルの収音能力など性能の点では評価は高いが、残念ながら設置性の問題がありお薦め機種として推せるかと言われると微妙だ。 ミニ三脚が付属しているのはモニター設置における不具合をカバーするためではないのか?と疑いたくなる設置性の悪さで映像が綺麗なだけに残念だ。 逆に三脚利用を前提としているのであれば非常にコストパフォマンスの高いウェブカメラと言えるので、該当される方は検討してみても良いだろう。 ▼こちらの記事もオススメ! コチラの記事も読まれています! 2021年に買うべき『ベストウェブカメラ』カテゴリー毎に解説をおこないます。 ビジネスユースに最適なスピーカーフォン『eMeet OfficeCore M2』レビュー 『eMeet Luna』スピーカーフォンレビュー コストパフォマンスが最高! 『eMeet C960』高画質・広画角で色合い鮮やかに撮影可能なウェブカメラ・レビュー 『eMeet C980pro』音声によるコミュニケーションを円滑にするこだわりのウェブカメラ・レビュー 全方位の声を集音!eMeet製ワイヤレススピーカー『OfficeCore M1』レビュー リモートワークの必需品!eMeet OfficeCore M0 マイクスピーカー紹介 Skypeやzoom会議におすすめ!eMeet NOVA WEBカメラレビュー

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-ウェブカメラ, ガジェットレビュー

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5