その他・ツール ガジェットレビュー

『Jlink C24FP1K』レビュー | FHD解像度・HDR対応の低価格24インチモニター

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

モニターの開発を手掛けるUNIONMAN TECHNOLOGYは、同社が手掛けるブランド「‎Jlink」の最新ゲーミングモニター『Jlink C24FP1K』について、2022年8月より販売開始した。

1920×1080(FHD)解像度、HDR対応、75Hzリフレッシュレート対応の24インチモニターであり、ゲーミングや動画視聴、作業用途まで幅広く活用できる汎用性の高いモデルとなっている。

以前レビューした同ブランドの『Jlink E27QP4K』の廉価版モデルといったところだ。

今回、提携先より『Jlink C24FP1K』を提供していただいたので、実際に使用した感想を基にレビューしていきたいと思う。

FHD解像度・HDR対応の低価格24インチモニター

今回紹介する『Jlink C24FP1K』は、FHD解像度・HDR対応の低価格24インチモニターだ。

ブランド Jlink
メーカー ‎UNIONMAN TECHNOLOGY CO., LTD.
型名 C24FP1K
ディスプレイサイズ 24インチ
解像度 ‎1920×1080(FHD)HDR対応
アスペクト比 16:9
コントラスト比 3000:1
輝度 250cd/m²
視野角 178度
色域 sRGB98%
リフレッシュレート 最高75Hz
応答速度 5ms(GTG)
スピーカー 非搭載
インターフェース ・HDMI2.0 ×1
・VGA ×1
・3.5mm Audio out ×1
・電源ポート
付属品 ・取扱説明書
・HDMIケーブル
・電源アダプタ
・スタンド
・ベース
調整範囲 チルト:-5°~ 15°
本体サイズ ‎540.04×415.72×195mm
全体重量 約4.2kg
発売時期 2022年8月

本体サイズは540.04×415.72×195mm、全体重量は約4.2kgである。

VAパネルで構成された高解像度ディスプレイは、プレイヤーに臨場感あふれる映像体験を提供する。上下左右178°の広視野に対応しており、見る角度によって色やコントラストの変化は少なく、どの角度からでも鮮やかな映像を堪能することが可能。16:9の縦横比は人の目に適合し、快適な視覚体験をもたらすだろう。

HDR対応、従来のモニターに比べ3000:1高コントラストを実現しており、VAパネルによって明るい部分と暗い部分がクッキリと描画分けされるため、リアルで深みのある色合いの映像を演出することが出来る。

75Hzのリフレッシュレートに対応しており、一般的なモニターと比べて滑らかな描写が可能になるため、動きの速いシーンやゲーミング時において映像が遅れたり残像が生じるのを抑えることが出来る。

5ms(GTG)の高速応答により遅延のない映像を提供。コンマ数秒の反応が求められるシューティングゲームなどにおいても、満足度の高いゲームプレイが可能となっている。

そしてただ映像が美しいだけでなく、目の疲れを低減するための「ブルーレイカット機能」を搭載。長時間のゲーミングや作業を行った場合でも目への過負担を避けることが出来るだろう。

筐体背面には充実したポート類が用意されており、最新ゲーム機やPCなど、幅広いデバイスとの接続に対応可能。

【インターフェース構成】

  • HDMI2.0×1
  • VGA×1
  • 3.5mm Audio out×1
  • 電源ポート

以上の通り、ハード面・ソフト面ともにゲーミングに適した設計がなされた、低価格かつ高性能なモニターとなっている。

製品本体および付属品

▼外箱の様子

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧は以下の通り。

【内容物一覧】

  • モニター本体
  • スタンド
  • ベース
  • ユーザーマニュアル
  • 電源アダプタ
  • HDMIケーブル

▼マニュアルは日本語にも対応している。

▼電源アダプタはコンパクトなサイズ

▼モニターを水平面に設置するためのベース&スタンド。

続いてモニター本体について。

▼正面から見た様子。

本体部分は約4kgと軽く、片手でもラクラク持ち運べる。

▼背面の様子

▼VESA規格に対応しており、市販の壁掛けスタンドやアームとの接続が可能。

▼背面左下部には電源ボタンを兼ねた操作用アナログスティックが用意。

▼本体右下部には各ポートが集約されている。画像左側からDCポートHDMIポートVGAポート3.5mmオーディオ出力ジャック盗難防止用ロック穴が用意。

▼そして下部中央にはスタンド&ベース取り付け用のポートが用意されている。

このように、モニター自体はシンプルかつスタイリッシュなデザインとなっている。

自宅だけでなく、オシャレなオフィスなどに設置しても違和感は無いだろう。

モニターの組み立て手順

本製品を組み立てる手順はいたって簡単だ。

モニター本体背面にスタンドを装着する。

そしてスタンド下部へベースを取り付ける。

たったこれだけの手順で、モニターの組み立てが完了する。ドライバーなどの工具も必要なく、誰でも簡単に設置できるだろう。

▼実際に組み立てた様子。安定性は優れており、ちょっとやそっとの揺れで倒れることは無い。

▼モニター下部から設置面までの高さは約9.5cm。

▼全体重量は約4.2hgほどであり、片手でもラクラク持ち運べる軽さだ。

▼真上から見た様子。場所を取らないスリム設計だ。

▼背面の様子

▼真横から見た様子

▼モニターの角度は-5度~15度の角度で前傾・後傾を調節可能。

鮮明で滑らかな描画

1920×1080(FHD)解像度・HDR対応ディスプレイで映し出される映像は、綺麗で見やすい。

▼PC接続時の出力設定。

ウェブサイト閲覧時でも細かな文字まで鮮明に描画されるため、見やすくて目が疲れづらく感じた。

設定よりブルーライトカット機能を利用することもでき、目を酷使する作業などでも眼精疲労を低減できるだろう。

▼ベゼル幅は非表示部分を含めて約5mmほどと薄く、デュアルモニター化にも適している。

▼視野角の広いディスプレイのおかげで、いずれの角度からでも鮮明に見える。

YouTubeで動画を再生してみたが、高い色域カバー率とコントラスト比によって、深みのある色鮮やかな映像を楽しむことができた。

▼VAパネルの発色は良好だ。

▼HDR対応で、細部までカラフルかつ明瞭に描画される。映像視聴目的でも満足度の高い体験が可能だろう。

気になる色ムラなども見られず、ゲーミング、動画視聴などでも満足度の高い映像体験が可能となっている。

充実したオプション項目

本製背面のアナログスティックを押し込むと、オプション画面を呼び出すことができる。

オプション画面では、明るさやコントラストと言った一般的なモニター設定から、ブルーライトカット機能も用意されている。

▼HDRのオン・オフ切り替えが可能。

▼ブルーライト軽減機能も用意されている。

▼FreeSyncの項目も用意。

ハイエンドモニターと比べると、さすがに用意されている機能数は少ない。映像プリセットやPIP機能なども無く、最低限の項目のみが用意されているといった感じだ。

このあたりは価格相応と言ったところだろう。

ゲーミング時のパフォーマンス

▼PCゲームプレイ時

▼リフレッシュレートは最高75Hzまで設定可能。

一般的な60Hzモニターと比べて、より滑らかな映像でゲームを楽しむことが出来た。

激しいアクション(動き)やエフェクトなどもヌルヌル描画されるため、ゲームプレイ時の爽快感が圧倒的に増す。

▼PS5と接続してみた。

▼FHD解像度・60Hzで出力される。

▼発色が良く、色合いの濃淡にも深みがあるため、1万円台の格安モニターの中でも満足度の高い映像体験が可能だ。

このように、ウェブブラウジングや仕事、動画視聴からゲーミングまで、幅広い用途で活用できるモニターとなっている。

『Jlink C24FP1K』のまとめ

今回紹介した『Jlink C24FP1K』について、特徴をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • スタイリッシュな薄ベゼルデザイン
  • 組み立てが簡単かつシンプル
  • 移動に便利な軽量筐体
  • 発色の良いディスプレイ
  • 最高75Hzリフレッシュレート対応
  • FreeSync機能搭載

悪かった点

  • 可動域が狭い(前傾・後傾のみ)
  • USBポートを非搭載

以上の通り、ゲーミングから仕事、動画視聴まで、幅広い用途に活用できる高コスパなモニターとなっている。

フルHD解像度のVAパネルで描画される映像は実にクリアで、細かな文字まで鮮明に描画されるため見やすい。ブルーライトカット機能も用意されており、目にも優しく作業用モニターとしても活躍するだろう。

HDR対応により、明暗にメリハリが生まれており、ゲーミングや動画視聴時に、映画館のような臨場感のある映像を楽しめる。

ただし、個人的にはUSBポートが欲しかったところだ。

何はともあれ、1万円台の格安モニターとしては優れたスペックであり、同価格帯でそこそこ質の良いモニターを探している方にはぜひオススメしたい高コスパモデルと言える。

▼こちらの記事もオススメ

『Jlink E27FP1K ゲーミングモニター』レビュー | FHD解像度・165Hz対応の高コスパモデル

モニターの開発を手掛けるUNIONMAN TECHNOLOGYは、同社が手掛けるブランド「‎Jlink」の最新ゲーミングモニター『Jlink E27FP1K』について、2022年8月より販売開始した。 ...

続きを見る

『Jlink E24FP1K』レビュー | FHD解像度・165Hz対応ゲーミングモニター

モニターの開発を手掛けるUNIONMAN TECHNOLOGYは、同社が手掛けるブランド「‎Jlink」の最新ゲーミングモニター『Jlink E24FP1K』について、2022年8月より販売開始した。 ...

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. タブレット
  3. タブレット
  4. タブレット
    発売日 : 2022年03月18日
    価格 : ¥116,799
    新品最安値 :
    ¥116,799
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥78,799
    新品最安値 :
    ¥78,799
  10. タブレット
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット・アクセサリ
  15. タブレット
  16. ノートパソコン
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. スマートウォッチ
  2. スマートウォッチ
  3. スマートウォッチ
  4. スマートウォッチ
  5. スマートウォッチ
  6. スマートウォッチ
  7. スマートウォッチ
  8. スマートウォッチ
  9. スマートウォッチ
  10. スマートウォッチ
  11. スマートウォッチ
  12. スマートウォッチ
  13. スマートウォッチ
  14. スマートウォッチ
  15. スマートウォッチ
  16. スマートウォッチ
  17. スマートウォッチ
  18. スマートウォッチ
  19. スマートウォッチ
  20. スマートウォッチ
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. ミニ
  2. ミニ
  3. タワー
  4. ミニ
  5. ミニ
  6. ミニ
  7. ミニ
  8. ミニ
  9. ミニ
  10. タワー
  11. ミニ
  12. ミニ
  13. 一体型
  14. ミニ
  15. タワー
  16. タワー
  17. ミニ
  18. ミニ
  19. ミニ
  20. ミニ
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. 2 in 1ノートパソコン
  6. ノートパソコン
  7. 標準型ノートパソコン
  8. ノートパソコン
  9. ノートパソコン
  10. ノートパソコン
  11. 標準型ノートパソコン
  12. 標準型ノートパソコン
  13. 標準型ノートパソコン
  14. 標準型ノートパソコン
  15. ノートパソコン
  16. 標準型ノートパソコン
  17. 標準型ノートパソコン
  18. 標準型ノートパソコン
  19. 標準型ノートパソコン
  20. 標準型ノートパソコン

関連コンテンツ

ガジェットレビュー 一覧
  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-その他・ツール, ガジェットレビュー
-, , , , , ,