Logicool C270n

ウェブカメラ ガジェットレビュー

Logicool C270n ウェブカメラ レビュー 質感は良いが性能がイマイチ

今回のガジェットレビューは、amazonでウェブカメラランキング5位(2020年12月現在)に入り、価格は3,000円台で購入できるLogicoolのエントリーモデル『C270n』をレビューします。

Logicoolと言えば、マウスやキーボード、もちろんウェブカメラも、PC周辺機器のトップブランドのひとつです。エントリーモデルとはいえ、期待値の高いウェブカメラではないかと思います。

Logicool C270n

C270nは、Logicoolのウェブカメララインナップの中で最安価なエントリーモデルであり、スペック的にはHD720p 30fpsと抑えた性能になってはいるが、デザイン性やブランドの強さもあり同社の主力商品とも言えるウェブカメラに位置づけられています。

特 徴

ワイドスクリーンのHD 720Pテレビ電話

Skype™などのお気に入りのプラットフォームで高解像度のテレビ電話を行いましょう。30フレーム/秒のスムーズな画質、および鮮明でカラフルかつ高コントラストの画面を実現します。

声がクリアに伝わる

内蔵のノイズリダクションマイクにより、騒がしい環境にいても、自分の声が相手にクリアに届きます。

高画質の表示

暗い環境でテレビ電話または録画を行っている場合でも、C270nは照明条件を調節し、より明るくコントラストの高い画像を生み出します。

しっかりと固定

ウェブカメラにはユニバーサルクリップが付属されています。これは画面または棚に取り付けることができます。

内蔵カメラを超える柔軟性

小型、機敏、かつ調節可能なC270n Webcamでは、全新角度でテレビ電話を行うことができます。

基本仕様

フォーカス 固定
レンズ 標準
画角 60°
マイク モノラル
商品の寸法 6.9 x 7 x 3.2 cm
商品の重量 71 g

パッケージと付属品

『C270n』はLogicoolカラーとも言える、薄い緑を基調にC270nの写真や、仕様などを日本語で印刷された清潔感を感じるパッケージになっている。

パッケージを開けてみると、「ウェブカメラ本体」と「簡易な取扱説明書・保証書」が収められていた。

取扱説明書はイラストで接続方法などが記載されているだけで、文字は一切書いていないため、人によっては不親切に感じるかもしれない。

カメラ本体をチェック

カメラ・レンズ・マイクの造形

『C270n』の本体はかなり小型で丸みを帯びたケースデザインで可愛らしい印象を持つ、またフロントカメラ部は艶のあるフェースプレートで質感も上質だ。

レンズ部はむき出しで未使用時にシャッターでレンズを隠せる機構などは付いていない、本体の質感は高いがエントリーモデルのためコストダウンできる事はおこなっているようだ。

マイクはレンズ右側の本体中央付近にあり集音位置としては理想的な位置と言えるだろう。

高級感があるとまでは言えないが質感はまずまずと言ったところか、メーカー名や品番のシールなどが一切ないため無機質な印象を受けた。

スタンドと可動域

本体の背面部、正面から見て右側からUSBケーブルが直接出てきている。細身のケーブルなので取り回しはしやすい。

 

モニターに固定するためのスタンドクリップ部は170°程度開き、内側にはゴム材が貼ってあるのでモニター設置時の傷防止と滑り止め処理がされている。

カメラ部は上下に約20°程度可動させる事ができるが、左右の首振りは構造上できないのが残念な点だ。

モニター上部に設置するのであれば、左右よりも上下方向に調整する場合が多いので実用上はそれほど問題ではないかもしれない。

 

机の上などで直置きする場合は、スタンド部とカメラ部の可動により十分な調整が可能だ、ただしこの商品には三脚穴がないため、ミニ三脚を使った設置はできない。

できれば三脚穴ぐらいは開けておいて欲しかったと思うが・・・

モニター設置

モニターに設置すると本体が小型なためか、最初は非常にシンプルだし目立たないので良いと思ったのだが・・・

 

『C270n』は写真を見ていただければ分かるが、モニターのスクリーン部にかなり干渉してしまい最近主流となっている額縁が薄いモニターの場合は間違いなく映像が干渉してしまう。

これは『C270n』の構造上の問題で、クリップ部やカメラ部の可動部を調整しても解決しない。

ちなみに、カメラ部はモニターから3cmほど手前に出っ張る形で固定される、おそらく額縁が薄いモニターが主流になる以前に企画・開発された製品なのではないかと思い調べてみたところ、『C270n』と同じデザインの前機種『C270』は8年前に発売された製品である事が判明した。

ケースデザイン・クリップスタンドの機構は設計思想が8年前という事で、薄型モニターに設置する事は考慮されていないという事だ。

PC接続・映像・マイク性能について

PC接続

PC・MACなど、USBポートに差し込むだけど使えるプラグアンドプレイ、ドライバーのインストールは不要で接続すれば利用開始ができた。

映像/画質

60°の視野角なので、映し出される映像は狭い、自分の顔がアップで捉えられてしまうので、カメラの位置をできるだけ奥にしたくなる。

映像は全体的に暗めで、HD画質という事もあるのかノイジーな感じの映像になる、色合いは自然で悪くはないが・・・ ちょっと使いづらい印象だ。

マイク

録画した映像をチェックした限りは綺麗に音声が録音されていた。ノイズリダクション機能もあり、音声通話であればスムーズなコミュニケーションは可能だ。

総合評価

Logicool C270nについてチェックしてみたが、残念ながらあまり良いウェブカメラとは言えない。なぜなら、現在主流となっている額縁の薄いモニターの場合にはカメラ部の干渉が起こるため、事実上モニター上部設置が不可能であるためだ。

なぜこのような事が起きているかと言うと、『C270n』ケースの設計思想が10年近く前のものであり、カメラ性能だけがアップデートされた製品だからであろう。

画質も良いとは言えないが、机の上などに設置して利用する事を前提とし、安価なものをお探しであれば検討の余地があるという事になるが・・・ あと数千円の予算を出せば、もっと満足度の高いウェブカメラは購入できると思う。

それにしても、Logicoolさんには薄型モニター用のアタッチメントなどを付属して欲しいものだ・・・

▼こちらの記事もオススメ

eMeet C960 Webcam with Microphone
『eMeet C960』高画質・広画角で色合い鮮やかに撮影可能なウェブカメラ・レビュー

コロナ禍によるテレワーク需要により、昨今はWEBカメラが家庭で必需品になってきと言えるのではないでしょうか? だけど多数のメーカーから多種多様な製品が販売されており商品選択に悩むのではないかと思います。 今回は安価で高性能、amazonレビューでも評価が高い、eMeet社の固定フォーカスタイプのWEBカメラ「eMeet C960」を入手しましたので、品質や質感・性能などをチェックしたいと思います。 目次1 eMeet社について2 eMeet C960 特徴3 基本仕様4 パッケージ内容5 eMeet C960 本体6 使用感7 PC接続8 カメラの設置9 総合評価(まとめ) eMeet社について eMeet社は聞き慣れないメーカですか?まずはeMeetについて軽くご紹介しておきます。 eMeetは、スマホメーカーのHUAWEI、スピーカーのHarman、中国電気機器メーカーのTCL、音楽関連企業のKugou等のIT業界出身の人たちによって組織された企業、高品質な音で自由にコミュニケーションが出来る様になることを目指し、人工知能技術を使ったスピーカーフォンやWEBカメラなどを開発・販売している中国のメーカーです。 音で自由にコミュニケーションが出来る、なんか楽しそうですね。 eMeet C960 特徴 eMeet C960はPCやMACなどにUSBで接続するだけで、すぐに利用ができるWEBカメラ、コロナ禍によりテレワークが当たり前になった昨今では、Skypeやzoomなどを利用したオンライン会議、ビデオ通話などに必須のガジェットになりました。 スペックから読み取れた、eMeet C960の気になる特徴を4つ挙げてみました。  固定フォーカスによる高画質映像 eMeet C960 WEBカメラは固定フォーカス・4層光学レンズを搭載。室内などの暗所に強く、画素数は200万画素、解像度は1920p×1080p CMOSセンサーを搭載しており、広角は驚きの90°です。 ステレオマイクを搭載 本体左右にVoiceIA「エコーキャンセルリング技術」「 雑音制御」「 360°集音」などを搭載! マイクは本体上部に2つあって360°どこからでも音を捉えてクリアな音声を集音できます。 各種OSに対応し簡単接続 対応OSは、Windows10以降、Windows 8、Windows 7、Mac OS10.10以降、Android 5.0以降、Chrome OS、一般的に利用されているデバイスに対応しています。USBでプラグアンドプレイですぐに利用が開始できますし、PCから給電されるのでシンプルに利用が可能です。 ビデオ通話アプリケーション Skype、Googleハングアウト、Amazon Chime、Face Time for Macなど、対応かどうかなど気にする必要がないぐらい多くのアプリケーションに対応しています。 基本仕様 項 目 数 値 最大解像度 1080p/30fp 有効画素数 200万画素 内蔵マイク ステレオ VoiceIA「エコーキャンセルリング」「 雑音制御」「 360°集音」 三脚対応 ノートパソコン、LCD/モニター、三脚取り付けが可能 カメラ画角 90° レンズ 4層高性能光学 USB接続 プラグアンドプレイ 本体サイズ 12.5 x 3.1 x 5.8 cm ケーブル長 1.5m パッケージ内容 eMeet C960は白と青のパッケージ、上部にイラスト、背面に英語でスペックなどが記載、シンプルですが色合いが美しいパッケージです。 パッケージ内はカメラ本体とマニュアル類が入っているシンプルな構成となっていました。 eMeet C960 本体 eMeet C960本体は樹脂製ですが、前面カメラレンズが出っ張っており画質が良いのではないかと期待感を持たせるデザインです。カメラ部は上下に90°、スタンドは180°可動して好みの撮影ポジションが得られます。ただしカメラ部は左右に可動しないのが少し残念な点です。 マニュアル類 付属のマニュアルは・ユーザーズマニュアル・安全の手引き・延長保証カードの3種類、ユーザー登録をすれば保証期間が1年間延長(合計2年)するとの記載がありました。念の為に登録した方が良さそうですね。 なお、取扱説明書は7カ国語版で日本語の記載もあるので使い方も分かりやすく安心です。 使用感 PC接続 Windows10にeMeet C960を接続してテストをおこないました、プラグアンドプレイでドライバーのインストールなどは不要、接続すれば自動的に認識して利用が開始できるようになりました。 利用したいビデオ通話アプリケーション(SkypeやZoomなど)のカメラアプリを起動してカメラやマイクのソースがeMeet C960になっているか確認して、もし別の機器になっていたらC960選択すれば準備は完了します、とても簡単ですね。 カメラの設置 設置方法は、モニターの上部にユニバーサルクリップを調整して設置が一般的ですが、C960を机の上などに直置きしても滑り止めゴムがあるのでOK、さらに本体下部にある三脚穴に小型の三脚などを取り付けして机の上などに自由に置く方法もあります。 モニタ上部であれば、ユニバーサルクリップは180°可動するので、どんなモニターでも設置に際して問題は起きないとは思いますが、前述の通りカメラ部が左右に可動しないためモニター中央正面に置く方が良いでしょう。フロントカメラ付きノートPCの撮影ポジションになると思います。 もし、自由な画角調整をおこないたいならばスタンド下にある三脚穴を使って三脚設置がおすすめです。使いたい時に設置して自由な画角を決められますよ。 映像 C960は固定フォーカスカメラです。 写真は夜の自宅部屋でシーリングライトによる照明だけですがかなり明るく鮮明に写りました。焦点距離は5cm~5mとの事で、近くにマニュアルを置いて撮影してみましたが、近い場所は多少ボケた感じはありますね。 また90°の広角性能との事で広くダイナミックな映像撮影が可能ですが、やはり近すぎると四辺が少しハケてボケが出ます。 ...

続きを見る

eMeet M0 Conference Speaker
リモートワークの必需品!eMeet OfficeCore M0 マイクスピーカー紹介

2020年はコロナ禍によりテレワークを導入する企業が増え、急速にWeb会議や在宅ワークが浸透、スピーカーフォンやウェブカメラなどの機器が整っていないという人も多いのではないでしょうか? 自宅や出張先などのWEB会議や連絡手段で必需品となりつつあるガジェットの「スピーカーフォン」ですが、実際に使ってみたらとても便利ですよ。 目次 1 eMeet社について 2 スピーカーフォンについて 3 抑えておきたい機能 4 接続タイプは2種類 5 eMeet OfficeCore M0 特徴 6 基本仕様 7 パッケージ 8 使用感 9 操作関連 10 マイク感度 11 音質 12 総合評価(まとめ) eMeet社について 本記事ではeMeet社のスピーカーフォン「eMeet OfficeCore M0」をご紹介します、聞き慣れないメーカーかもしれませんので少しeMeet社についてご紹介します。 eMeetは、スマホメーカーのHUAWEI、スピーカーのHarman、中国電気機器メーカーのTCL、音楽関連企業のKugou等のIT業界出身の人たちによって組織された企業で、高品質な音で自由にコミュニケーション出来る様になることを目指し、人工知能技術を使ったスピーカーフォンやWEBカメラなどを開発・販売している中国のメーカーです。 eMeetの製品は日本でも、amazonや楽天などのネットショップ、大手量販店でも数多くの製品が販売されております。 スピーカーフォンについて そもそもスピーカーフォンは何かというと・・・本体にスピーカーと集音マイクを内蔵しており、複数人で受話器などは持たずに通話ができる製品の事です。 作業をしながら通話したり、複数人が参加する会議・授業など、今年はコロナによるWeb会議や在宅ワークのニーズから企業や学校はもちろん、自宅にも必需品になりつつあるガジェットです。 抑えておきたい機能 スピーカーフォンを選ぶ際には、スピーカーの音をマイクが拾わないように防いでくれるエコーキャンセリング機能と、雑音を除去するノイズキャンセリング機能はマストと思います。なぜならば、複数人が参加するWeb会議などで利用する場合には、音声がハウリングしたり、発言が聞き取れないなどの問題が圧倒的に低減できます。 また、囲んだ参加者の声がしっかりと拾える、360°の全方位型の指向性に対応した製品がおすすめです。 接続タイプは2種類 スピーカーフォンの種類は大きく分けると「ワイヤレス接続」と「有線接続」の2種類があります。 ワイヤレス接続タイプは、パソコンやスマートフォンなどのデバイスにBluetoothで接続して利用ができるので、外出先での利用はワイヤレスタイプがおすすめです、バッテリーが内蔵されているので場所を選ばずにどこでも使うことができます。 逆に自宅や会議室に常設するのであればUSB接続する有線タイプがおすすめです、デバイスのUSBから給電されるので配線がシンプルですし充電の煩わしさもありません、また接続が途切れにく通話も快適です。 有線タイプは価格が少し抑えめになりますので、持ち歩かないのであればコストパフォマンスも高くおすすめです。 eMeet OfficeCore M0 特徴 「eMeet OfficeCore M0」は、上述したスピーカーフォンが抑えておきたい機能をしっかり搭載し、有線接続によるシンプルさと安定性、ポケットサイズでありながら高い性能と低価格を実現したモデルです。 4つの全指向性マイク 高性能マイクを本体に4つ内蔵してしており360度どこからでも収音が可能です。また話し手の方向を自動的に検知する「位置検出機能」があり、検知している方向のLEDが光って知らせます。 驚きの高音質 特許取得済みのVoiceIA技術を強化、奥深く豊かな音声の再生を実現、エコーキャンセリング機能とノイズキャンセリング機能を当然搭載しているので、快適な双方向の同時会話が可能です。 プラグアンドプレイ PCやMACに接続するだけですぐに利用可能、瞬時に遠隔会議がセットアップできます。USB接続なので充電の手間も要らず、ドライバのインストールも不要、接続すればすぐに使用できます。 様々な通話アプリに対応 Skype、Google Hangout、Microsoft Lync、Cisco、Avaya、FaceTime、LINE、Goto meeting、Zoom、Bluejeans、webex、braodsoft、lifesize、Vidyoなど、多様なオンライン音声通話サービスに対応しています。 シンプルなボタンとLEDインジケータ 本体には「マイクミュート」「スピーカーミュート」「音量調整ボタン」「電話接続/切断ボタン」のみ、LEDインジケータにより視覚的・直感的に利用可能です。 基本仕様 eMeetが公開している基本仕様は以下のとおりです。 項目 数値 出力 3W RMS マイク周波数応答 20Hz~200Hz SN比 ≧80dB マイク感度 -26dBFS マイクの数 4個 マイクの指向性 360°全指向性 サイズ 7.8cm×7.8cm×4cm 本体重量 215.2mm パッケージ OfficeCore M0 本体はマットなプラスチック製で少し高さのあるボテッとした印象ですが、7.8cm×7.8cm×4cmと手のひらに乗る大きさ、背面は四角いゴム足が貼り付けられていて中央にはeMeetのブランドロゴが印刷されいます、机の上などに設置した際の滑り止めと共振を防ぐ効果があります。 付属ケーブル USB-Cケーブル 3.5mmオーディオケーブル どちらのケーブルも長さは60cmほどです、据え置き設置する際に長さが足りないようであれば購入が必要です。 マニュアル類 ユーザーマニュアル クイックスタートガイド 安全の手引き ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-ウェブカメラ, ガジェットレビュー

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5