その他・ツール ガジェットレビュー ゲーム関連

『MINISFORUM X35G』レビュー!手のひらサイズの小型デスクトップPC

最近では、手のひらサイズの超小型デスクトップPCが数多く出回っています。

しかし多くの超小型PCは、サイズの軽量化を図るあまり、スペックを犠牲にしている製品が多いことも事実です。

そこで今回は、ミニデスクトップPCの中でも、サイズとスペック(性能)のバランスが非常に優れているモデルの1つである、

MINISFORUM X35G』について紹介したいと思います。

Amazonで見る

ブランド MINISFORUM
モデル名 X35G
OS Windows 10 Pro
CPU Intel Core i3-1005G1
GPU インテルUHDグラフィックス(300MHz- 900MHz)
メモリ 16GB DDR SDRAM
ストレージ 256GB / 512GB HDD
通信規格 WiFi 6(802.11ax)、Bluetooth 5.1、2×2 MIMO(MU -MIMO)、RJ45*2
ビデオ出力 HDMI (4K/60Hz)Display Port(5K/60Hz) USB-C(Thunderbolt 3 5K / 60Hz)
音声出力 HDMI 2.0 , DisplayPort , 3.5mm Audio Jack
本体サイズ 13.6 x 12.1 x 3.9 cm
本体重量 50 g

『MINISFORUM X35G』は、Indiegogoにおけるクラウドファンディングによって開発が開始されたミニデスクトップPCです。

わずか約13cm角・50グラム という圧倒的なコンパクトさに対して、4K映像出力にも対応したパフォーマンスを発揮します。

▼デスクトップPCとは思えないほどのサイズ。

通信規格に関しては WiFi 6(802.11ax)、Bluetooth 5.1に対応。各機器へのワイヤレス接続が可能です。

CPUにはIntel Core i3-1005G1を搭載。グラフィックこそオンボードであるものの、16GBの十分なRAMを積んでいるため、ブラウジングはもちろんのこと、軽めのPCゲームであれば十分にプレイすることができます。

▼通常のデスクトップPCに負けず劣らずのパフォーマンスを発揮する、強力なCPUを搭載。

また Thunderbolt 3、HDMI、USB 3.0、DisplayPort , オーディオジャック といった入出力ポートが用意されており、多種多様なデバイスとの接続が可能です。

ただしスピーカー自体は内蔵されていないので、サウンドを楽しむためにはイヤホンや、外付けのステレオ機器が必要です。

▼Thunderbolt 3ポートが用意されているミニデスクトップPCは珍しい。

本体ストレージは256GB / 512GBから選ぶことが可能。もしもストレージが足りなくなった場合は、側面のTFカードスロットにマイクロSDカードを挿し込むことで増量可能です。

数あるミニデスクトップPCの中でも、実用性の面で非常に優れた製品となっています

今回はこの『MINISFORUM X35G』について、実際に使用した感想を元にレビューしていきます。

コンパクトかつシンプルな外観

▼本製品の付属品一覧

製品の付属品一覧

  • Mini PC本体
  • 取り付けブラケット
  • HDMIケーブル(60cm)
  • 電源アダプター
  • 日本語取扱説明書

製品本体を実際に手に取ってみると、あまりの小ささ・軽さに驚かされました。

▼手のひらサイズの筐体。重量はたったの50グラムしかないため、バッグに入れて持ち運んでも全く支障にならないでしょう。

▼下手な財布や名刺入れなどよりも小さいです。

手触りは金属特有のヒンヤリ感があり、鈍い光沢とも合わさって、ちょっとした高級感があります。

ちなみに、付属の取り付けブラケットを利用することで、モニター裏面などに取り付けることが出来ます。

▼ビスも付属しているため、ドライバーがあればすぐに取り付けることが可能。

▼上部はメーカーロゴが印字されただけのシンプルな見た目。

▼正面には電源ボタンのほか、USB3.0ポート、Thunderbolt 3、マイク穴(左)、リセットボタン(右)が用意。

集音のためのマイクが搭載されているため、リモートワーク時のウェブ会議などの際には重宝するでしょう。

▼左側面の様子。冷却のための吸気口が開いており、TFカードスロット、ステレオジャックが用意。

▼右側面の様子。排熱口が開いている。

▼背面の様子。USB、LAN、HDMI、DPといった充実したポートが用意されている。

ミニデスクトップPCは一般的に、筐体サイズの小ささ故、搭載ポート(特にUSBポート)の数が犠牲にされがちです。

しかし本製品では上記の通り多くのポートが詰め込まれており、可能な限り機能性を重視した設計となっています

▼ケーブル接続時の様子。

▼キーボードとマウスを有線接続すると貴重なUSBポートを2つ潰してしまうため、少しでもポート数を稼ぎたい方はBluetooth対応機器を使用することをオススメします。

▼マウスと比べると、いかに小さいかが分かると思います。

4K出力でも安定したパフォーマンスを実現

『MINISFORUM X35G』のOSには Windows10 Pro が採用されており、通常のPCと同様に使用することが出来ます。

▼実機の仕様一覧。

本体ストレージは、初期状態で237GBが使用可能でした(256GB搭載モデルの場合)。

▼4K(3840×2160)の映像出力に対応しており、非常に美麗なグラフィックでメディアを楽しむことが出来ます。

ミニPCとは思えないほど動作は安定しており、ウェブブラウジングはもちろんのこと、動画サイトにおける4K映像の視聴も難なくこなすことが出来ていました。

▼4K映像出力時でも動作は非常に軽く、カクついたり遅延が起きたりすることはほとんどありませんでした。

エクセルやパワーポイントなど重いソフトウェアを複数起動した場合でも、作業に支障をきたすことなくスムーズに動作可能。

この『MINISFORUM X35G』自体をメインPCとして使用することも十分に可能なレベルです。

ゲーミング性能について確認

一般的な動作については問題のないことが確認できました。

続いて、PCゲームをプレイした際のパフォーマンスについて調べてみました。

テスト①:FF14 ベンチマークテストの結果

まず最初に、大人気MMORPGである『ファイナルファンタジーXVI(FF14)』のベンチマークスコアを測ってみました。

計測条件

  • 標準品質(ノートPC)
  • 1920×1080 FHD
  • ウィンドウモード

ノートPC向けの標準設定でテストした場合、"やや快適" という結果になりました。

ベンチマークスコアは3,000に満たない程度。快適とはいかないまでも、ある程度プレイすることは可能なレベルです

リムサロミンサなどプレイヤーが大量に集まる場所では激しい処理落ちが発生すると思います。

しかし、過疎サーバーなどでレベル上げ等の作業をこなすことは可能でしょう。

テスト②:PC(java)版マインクラフトの結果

続いて、PC(java)版マインクラフトをインストールして、実際にプレイしてみました。

※なお、前提として軽量化MODのOptifineを導入してあります。

計測条件

  • バージョン:1.16.5
  • 描画距離:普通
  • 描画クオリティ:最高
  • 前提MOD:Optifine

シングルワールドでフレームレートを計測してみた結果、平均60fps以上 は出すことが出来ていました。

大規模な建造物が含まれるチャンクを読み込んだ際などには多少のカクつきを感じましたが、それ以外の通常プレイに関しては、ほとんど支障をきたすことはありません。

さすがに影MODはキツいですが、オブジェクト追加系MODを複数導入した場合でも十分にプレイすることは可能だと思います

オンボードグラフィック、しかもミニデスクトップPCということを考えても、なかなか満足できる結果ではないでしょうか。

恐らく、ロー ~ ミドルロークラスのスペックを要求するPCゲーム程度であれば、ある程度快適に遊ぶことが出来ると考えられます。

平常時のファンの音は穏やかだが...

本体内部にはファンが内蔵されており、高負荷時には高速回転して熱を外部へ逃がします。

平常時においては、ファンの音は全くと言って良いほど気になりません

長時間PCを使用し続けても、本体が熱をもつことはほとんどありませんでした。かなり優秀な排熱機構であると言えます。

ただし、PCソフトのインストール時など高負荷のかかる場合においては、ファンが高速回転するため結構な音が生じます。筐体内部が狭いぶん、回転音が高音になるため、下手なデスクトップPCよりも大きな音になります。

それでも高負荷のかかった際の一時的な回転数の増大時のみなので、ブラウジングや動画視聴など、普通の使い方で楽しんでいる分にはファン音が気になることは無いでしょう。

超小型デスクトップPC『MINISFORUM X35G』のまとめ

今回紹介した超小型デスクトップPC『MINISFORUM X35G』について、特長をまとめると以下の通りです。

良かった点

  • コンパクトで軽量な本体
  • 多数のポートを搭載
  • 通常のデスクトップPCにも劣らないパワフルなスペック
  • 軽めのPCゲームであればプレイ可能
  • ほとんど気にならない排熱音(平常時)

悪かった点

  • 高負荷時には一時的にファンの回転音がかなり大きくなる

以上のように、数あるミニデスクトップPCの中でも、サイズ感・スペックの両立をはかることができている、非常にオススメ度の高いモデルとなっています。

特に搭載ポート数がとても充実しているため、ミニPCにありがちなポート不足の悩みを解消することが出来ます。

ゲーミングに関しても、軽めのPCゲームであれば十分快適にプレイ可能です。FF14などの大規模MMOの場合でも、設定をかなり絞ればプレイできます。

ブラウジングや4K動画視聴時でもヌルヌル快適に動作するため、メインPCとしての使用にも耐えうるミニPCとなっています!

Amazonで見る

▼こちらの記事もオススメ

4K・タッチ対応!約3万円のモバイルモニター『GMK KD1』レビュー

最近では、外出先でも大型のモニターで映像メディア・ゲームなどを楽しめるデバイスとして、モバイルモニター(モバイルディスプレイ)の需要が高まりつつある。 中でも、4K画質に対応したハイエンドモデルが特に人気である。 しかしフルHDモデルに比べて4K対応型は価格が高くなりがちであり、製品によっては下手な据え置き型の4Kモニターより高価なものすらある。 そこで今回は、4K画質(HDR対応)およびタッチ操作に対応しており、なおかつ価格を約3万円にまで抑えたモバイルモニター『GMK KD1』についてオススメしたいと思う。 目次1 4K/タッチ操作対応モバイルモニター『GMK KD1』2 本体外観3 実際の使用感4 非常に美しい4K・HDR対応グラフィック5 立体感のあるサウンド6 タッチパネルで直感的な操作が可能7 画面への映り込みが激しい8 持ち運びの際は専用ケースの購入を推奨9 モバイルモニター『GMK KD1』のまとめ 4K/タッチ操作対応モバイルモニター『GMK KD1』 『GMK KD1』は、4K画質・10点タッチ操作に対応しつつ、非常にリーズナブルな価格を実現したハイエンドモバイルモニターである。 手持ちカバンにラクラク入れることが出来るほどコンパクトで軽いため、持ち運びにはうってつけのモニターとなっている。 Amazonで見る メーカー GMK 価格 32,999円 画面サイズ 14インチ 解像度 4K UHD 2160p(3840×2160) ディスプレイ 液晶 入力インターフェース 3.5mmヘッドフォンジャック 出力インターフェース Type-C×2, HDMI×1, マイクロUSB ×1 スピーカー あり(2W一体型) 本体重量 780g 上表の通り、本モニターは様々な出入力インターフェースを搭載しているため、ゲーム機からPC、モバイル端末に至るまで幅広い機器の映像を映し出すことが出来る。 また対応デバイスの場合、Type-Cケーブル一本で映像伝送と給電を行うことが出来る。 ▼外箱の様子。 製品には各種ケーブルがすべて付属するため、自身で別途購入する必要は無い。 付属品一覧 ポータブルモニター本体 USB A - マイクロUSBケーブル USB A - Type-cケーブル ミニHDMI - HDMIケーブル Type-cケーブル ACアダプタ(コンセント) ユーザーマニュアル 本体外観 本体の重量はたったの780グラムしかないため、片手で簡単に摘まむことが出来る。 カバンに入れて持ち運んでも、まったく支障にならないだろう。 ディスプレイ部は1センチにも満たない薄さ。 ▼10円玉を3枚重ねた厚みとほぼ同じ。 ▼本体右側面。電源ボタンはメニュー呼び出し機能も併用している。 ▼本体左側面。Mini HDMIに加え、映像伝送・給電が可能なType-Cポートが2つ用意されている。 ▼本体底部。サウンド出力用のスピーカー穴が4つ用意されている。 また、ゴム製の滑り止めが施されているため、傾いた場所に設置しても滑り落ちることは無いだろう。 そして背面のスタンドを開くことで、モニターを立ち上がらせることが出来る。 ▼スタンドの稼働角度は90度。 外観は非常にシンプルでスッキリとした印象だ。 タッチ操作に対応している分、ケーブル接続ポート以外には、電源ボタンが1つ備え付けられているのみとなっている。 初めてモバイルモニターを購入した方でも、迷わず簡単に扱うことが出来るだろう。 実際の使用感 それでは、実際に使用してみた感想について紹介していく。 なお、今回は最新ゲーム機である『プレイステーション5(PS5)』の映像を映してみた。 ▼PS5についてのレビュー記事はコチラ 付属のケーブルを用いて機器と接続するだけなので、非常に簡単だ。 側面の電源ボタンを長押しするとランプが点灯し、電源が入る。 ▼ゲーム機の上に乗せて使用することも出来る。スペースが無い場合には便利な、モバイルモニターならではの使用方法だ。 非常に美しい4K・HDR対応グラフィック モニターに映像を映してまず最初に感じることが、映像の美しさだ。 これほどの筐体のコンパクトさにもかかわらず、十数万円クラスのディスプレイに映した時と大差ないクオリティの映像を楽しむことが出来る。 HDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応しているため、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる。 ▼PS5のような次世代ゲーム機の映像を存分に堪能できる。 ▼実際に本モニター上で撮影したスクリーンショット。 ▼PS5につないだ際の映像出力情報。 なお、激しく(ゲーム内)カメラを動かした際も、遅延などを感じることは無かった。 持ち運び可能なモバイルモニターが欲しい人だけでなく、純粋に4Kモニターの購入を検討している方にとっても、本モニターは選択肢の1つ入れて良いかもしれない。 立体感のあるサウンド 上述した通り、本製品の底部にはスピーカーが内蔵されているため、スタンドアローンで映像+サウンドを楽しむことが出来る。 音質について確認してみたが、モバイルモニターとしては十分なクオリティであると言える。 ...

続きを見る

AnTuTu20万超えの高コスパタブレット『Teclast M40』レビュー

2020年10月8月に、大手電子機器メーカーの "Teclast"(中国)が、同社のタブレット機種最新モデルとなる『Teclast M40』を発売した。 タブレット本体の性能を表すベンチマーク『AnTuTu』のスコアで約210,000超えを記録したにもかかわらず、価格がわずか2万円前後という、非常にコストパフォーマンスに優れた機種であるとして話題になったタブレットだ。 ⇒ 楽天で製品を見る(割引クーポンあり) ▼スペック表 公式製品サイト https://teclast.info/m40.html 製品名称 Teclast M40 発売時期 2020年8月 メーカー希望価格 179.99 USD(約19,000円) メーカー Teclast 画面サイズ 10.1 インチ OS Android 10.0 パネル IPS 解像度 1920 × 1200 CPU UNISOC Tiger T618 GPU Mali-G52 メモリ 6 GB ストレージ 128 GB(Micro SDカードスロット搭載) サイズ(高さ×横幅×厚さ) 243 × 163 × 9.3 mm 本体重量 約531 g 本体カラー ブラック カメラ 前面カメラ&背面カメラ(8MP) 防水・防塵 非対応 イヤホンジャック あり バッテリー容量 6000 mAh・10 W(ワイヤレス充電非対応) ポート USB Type-C Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac Bluetooth 5.0 本機はCPUに『UNISOC Tiger T618』、メモリ(RAM)に6GBを搭載したことにより、ベンチマークスコアで20万点オーバーという、この価格帯のミドルスペック機としてはかなり高い性能を実現している。 iPadのような価格の高いタブレットには手が届かない... それでも多少はスペックの高い機種が欲しい 上記のような要望をもつユーザーにとっては、まさにうってつけのタブレットであると言える。 今回はこの『Teclast M40』について、実機を使用した感想を元にレビューしていこうと思う。 目次1 価格以上の機能性を実現した "お買い得" タブレット2 本体外観および付属品について3 ソフト面での使用感・レビュー4 抵抗感なく使用できるAndroidインターフェース5 細かな文字でもクッキリと読むことが出来る高解像度6 滑らかな映像(ただし彩度は薄め)7 重いゲームアプリでも快適動作8 カメラ性能に関してはそこそこ9 現時点で最もオススメできるミドルスペックタブレット『Teclast M40』 価格以上の機能性を実現した "お買い得" タブレット 上記で紹介したスペック表を見る限り、本機は2万円の価格に対して非常に優れたスペックを擁しており、現時点(記事執筆時点)において最もオススメ度の高いミドルスペックタブレットであると言える。 ミドルハイスペック機に負けず劣らずのベンチマークスコアを誇っており、ストレージも128GBと比較的大容量。もしも空き容量が不足した場合は別途マイクロSDカードを挿入するためのスロットも用意されている。 ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-その他・ツール, ガジェットレビュー, ゲーム関連

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5