現在実施中の人気セール!

1

BTOパソコン・ゲーミングPCの販売を手掛ける大手通販ショップ『マウスコンピューター』。 同サイトにおいて、RTX4000&3000台のハイエンドグラボを搭載したゲーミングPC等について、最大75,0 ...

2

BTOパソコンやゲーミングPCの販売を手掛ける大手オンラインショップ『FRONTIER(フロンティア)』。 同サイトにおいて、ハイエンドゲーミングPCをお得な割引価格で購入できる『冬のBIGボーナスセ ...

3

BTOパソコンやゲーミングPCの販売を手掛ける大手オンラインショップ『FRONTIER(フロンティア)』。 同サイトにおいて、RTX3000台およびRTX4000台など、人気の高いグラフィックボードを ...

※ 記事内にアフィリエイト広告が含まれています

ニュース

SONY『Xperia 1 V』発表 | 自社製最新イメージセンサーを搭載するハイスペックスマホ

komi

兼業エンジニアです。 仕事の生産性が高まるPCアプリ、ビジネスツールの紹介の他、プログラミングや語学の学習情報を発信していきます。

日本を代表する電機メーカーSONYはフラグシップモデルスマートフォンXperiaシリーズの最新作として「Xperia 1 V」(エクスペリア ワン マークファイブ)を発表しました。

「Xperia 1 V」は自社製で開発した新イメージセンサーを搭載しカメラの撮影クオリティを上げていることや高いゲーミングパフォーマンスを発揮するなど多くの特長を備えています。

また、総合家電メーカーの強みを活かしており、カメラ、動画処理、サウンド、ディスプレイなどの各機能レベルは相当高いです。

本記事では「Xperia 1 V」について発表された特長を紹介していきます。

Sony Xperia 1 Vのスペック/特長

型名 Sony Xperia 1 V
OS Android13
ディスプレイ 6.5-inch,  有機EL 3840×1644
CPU Snapdragon® 8 Gen 2 Mobile Platform
RAM/ストレージ 16GB/512GB(SIMフリーモデル)
バッテリー/充電 5000mAh,Type-c,30W
認証方式 指紋認証
カメラ メイン48MP/ワイド12MP/望遠12MP/フロント12MP
サイズ 165×71×8.3
本体重量 約173g

新開発の2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサー「Exmor T for mobile」を広角レンズに搭載しています。これにより光を多く取り込むことができ、暗所や夜景のような低照度下でもノイズを低減して撮影可能となりました。

また、独自アルゴリズムによる処理技術との組み合わせにより、αシリーズで有名なデジタルカメラ並のクオリティで撮影することが可能です。

カメラにはZEISSレンズを採用。レンズは超広角16mm、広角24mm、光学ズーム対応の望遠の85-125mmの3眼構成となっています。

望遠レンズはXperia 1 IVとは変化しませんが、シームレスなズームが可能な光学ズームレンズを採用しており、望遠撮影には大きなメリットです。

オリジナル撮影アプリ「Photo Pro」「Video Pro」も進化しています。

ソニーの高いオーディオ技術を活かした内蔵のステレオスピーカーは、パワフルで低ノイズになったスピーカーアンプにより、音の広がりや奥行感、低音域の音圧を従来モデルよりも大幅に向上させています。

▼よりダイナミックでクリアなサウンド体験を実現。

ディスプレイはTVブランドブラビアにも使用している4K有機ELディスプレイを搭載しており、最大120Hzリフレッシュレートでの描画や、フレームごとに輝度や階調を解析し、色のコントラスト明暗部を最適化する「リアルタイムHDRドライブ」を採用しています。

プロセッサは最新チップSnapdragon 8 Gen 2を搭載し、圧倒的パフォーマンスを魅せます。

放熱性を大きく向上させており、長時間の性能維持やバッテリー消費のパフォーマンスを改善しています。

価格/発売日

正式な発売日は未定ですが、キャリア版は6月中旬以降、SIMフリーモデルは7月下旬と予定されており、各キャリアサイトもしくはソニーストアから予約が可能です。

また価格に関しても未定ですが、20万円弱が想定されます。

カラーは「ブラック」、「プラチナシルバー」、「カーキグリーン」の3色で展開されています。

▼こちらの記事もオススメ

『Xiaomi 13 Ultra』レビュー | 圧倒的なカメラ性能を誇る高性能スマホ

2023年4月、Xiaomi(シャオミ)は同社の最新スマートフォンである『Xiaomi 13 Ultra』を発表した。 Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 2搭載のハイエンドモデルで ...

続きを見る

『moto g13』レビュー | 90Hz対応、3眼構成カメラ搭載で2万円台前半の高コスパAndroidスマホ

2023年4月、幅広いスマートフォンのラインナップを展開するMotorola(モトローラ)より、MediaTek Helio G85搭載の高コスパな格安スマホ『moto g13』が発売された。 Med ...

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. タブレット
  3. タブレット
  4. タブレット
  5. 電子玩具・キッズ家電
  6. Xiaomi 13T ProとXiaomi Pad 6を同時に購入するとどちらも20%オフに
  7. 電子玩具・キッズ家電
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. PCソフトダウンロード
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. 家電・カメラの新着商品
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥78,799
    新品最安値 :
    ¥78,799
  1. スマートウォッチ
  2. スマートウォッチ
  3. スマートウォッチ
  4. スマートウォッチ
  5. スマートウォッチ
  6. スマートウォッチ
  7. スマートウォッチ
  8. スマートウォッチ
  9. スマートウォッチ
  10. スマートウォッチ
  11. スマートウォッチ
  12. スマートウォッチ
  13. スマートウォッチ
  14. スマートウォッチ
  15. スマートウォッチ
  16. スマートウォッチ
  17. スマートウォッチ
  18. スマートウォッチ
  19. スマートウォッチ
  20. スマートウォッチ
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. タワー
  3. ミニ
  4. ミニ
  5. タワー
  6. ミニ
  7. ミニ
  8. ミニ
  9. タワー
  10. ミニ
  11. タワー
  12. ミニ
  13. デスクトップ
  14. ミニ
  15. ミニ
  16. ミニ
  17. ミニ
  18. タワー
  19. タワー
  20. ミニ
  1. 標準型ノートパソコン
  2. 標準型ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. 標準型ノートパソコン
  5. 標準型ノートパソコン
  6. 標準型ノートパソコン
  7. 標準型ノートパソコン
  8. 標準型ノートパソコン
  9. 標準型ノートパソコン
  10. 標準型ノートパソコン
  11. 標準型ノートパソコン
  12. 標準型ノートパソコン
  13. 標準型ノートパソコン
  14. 標準型ノートパソコン
  15. 標準型ノートパソコン
  16. 標準型ノートパソコン
  17. 標準型ノートパソコン
  18. 標準型ノートパソコン
  19. 標準型ノートパソコン
  20. 標準型ノートパソコン

関連コンテンツ

ガジェットレビュー 一覧

  • この記事を書いた人

komi

兼業エンジニアです。 仕事の生産性が高まるPCアプリ、ビジネスツールの紹介の他、プログラミングや語学の学習情報を発信していきます。

-ニュース
-, , , , , , ,