その他・ツール ガジェットレビュー

『VASTKING KingPad K10』レビュー | 1万円台で驚異のコスパを誇る10インチタブレット

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

  • リモートワークやオンライン授業用にタブレットが欲しい!
  • 出来るだけ安いモデルが良い
  • でも性能が低すぎても使い物にならないし...

初めてタブレットの購入を検討している方の中には、上記のように考えている方も多いのではないだろうか。

最近ではリモートワークやオンライン授業の広がりに伴い、タブレット端末の需要が高まっている。

しかし市場には多種多様な機種が出回っており、いずれのモデルを選んで良いのか、迷ってしまうだろう。

そこで今回は、数あるタブレットの中でも実にコストパフォーマンスに優れた、オススメの機種VASTKING KingPad K10について紹介したいと思う。

リーズナブルかつ実用的な性能を擁するAndroidタブレット

今回紹介する『VASTKING KingPad K10』は、リーズナブルな価格の一方で、実用的な性能を兼ね備えたAndroidタブレットだ

ブランド VASTKING
モデル型番 K10
OS Android 10
CPU オクタコア(2X1.8Ghz + 6X1.6GHz)
RAM 3 GB
ストレージ 32 GB
画面サイズ 10インチ
解像度 1920×1200(フルHD)
本体サイズ ‎0.8 x 25 x 15 cm; 550 g
カメラ リア:13メガピクセル, フロント:5メガピクセル
通信規格 Wi-Fi, Bluetooth
SIMカード 非対応
マイクロSDカード 対応(最大512 GB)

『VASTKING KingPad K10』は、10インチ型のAndroidタブレットだ。

ディスプレイ解像度は1920×1200(フルHD対応)となっており、美しい映像を楽しむことが出来る。

CPUには UNISOC T610 オクタコアプロセッサーを採用しており、RAMには3GBを用意。大抵の作業を快適にこなせるだけの性能を擁している。

本体ストレージ容量は32GBとなっていますが、マイクロSDカードを挿入することで、最大512GBの増設が可能だ。

前面・背面にはそれぞれカメラが内蔵されており、リモートワークやオンライン授業でも対応可能。

Wi-FiとBluetoothの通信規格に対応しているが、SIMカード非対応のためLTE回線の使用はできないため注意したい。

そして何より、対応する専用キーボードケースを装着することで、PCのような2-in-1での利用が可能となる。

▼専用キーボードは日本語配列のため、タイピングしやすい。

このように、1万円台のタブレットとしては、スペック・インターフェース構成のいずれについても充実したモデルとなっている

初めてAndroidタブレットの購入を検討している方には、是非オススメしたい一品だ。

本体および付属品

▼外箱の様子

▼内容物をすべて取り出した様子。

内容物一覧は以下の通り。

【内容物一覧】

  • タブレット本体
  • USB TYpe-Cケーブル
  • 充電アダプタ
  • カードスロット開閉ピン
  • 説明書
  • ユーザーマニュアル
  • 保証カード

▼説明書は日本語にも対応している。

タブレット外観

タブレット外観は、一般的な10インチAndroidタブレットと同じ程度の大きさだ。

▼光沢があり、サラサラして手触りの良い筐体素材。

▼本体は約550グラムと非常に軽く、長時間持ち続けても腕が疲れづらい。

▼厚みは8ミリほど。カバンなどに入れて持ち運んでも支障にならないだろう。

搭載インターフェース

続いて、本体に搭載されているインターフェースについて紹介する。

▼本体上部。『電源ボタン』『音量調節ボタン』『リセット穴』『USB TYpe-Cポート』等が用意。

▼本体右側面。『3.5mmオーディオジャック』および『カードスロット』が用意。

付属のピンを使用することで、カードスロットを開けることが可能だ。

▼マイクロSDカードを挿入可能。ただしSIMカードには非対応。

▼本体左側面には2つのスピーカー穴が用意。

▼そして中央には、専用キーボードケースと接続するための端子が備え付けられている。

▼本体前面には5メガピクセルのフロントカメラが搭載。

▼そして背面には、13メガピクセルのリアカメラ、および発光ライトが搭載。

このように、コンパクトな筐体に必要なボタン・ポート類がすべて詰め込まれたデザインとなっている。

他製品との比較

筐体の大きさについて、私が所有している他タブレットと比較してみた。

▼11インチタブの『Chuwi Hipad Plus』および10.2インチタブの『iPad Air2』と並べた様子。

『VASTKING KingPad K10』はインチ数が小さいこともあり、この中では最もコンパクトなサイズとなっている。

▼厚みも『Chuwi Hipad Plus』より若干薄い。

携行性を重視するのであれば、『VASTKING KingPad K10』は優れたモデルであると言えるだろう。

AnTuTuベンチマークスコアについて

本製品『VASTKING KingPad K10』について、AnTuTuベンチマークテストを実施した結果は以下の通り。

スコアは15万点を超えており、1万円台のタブレットとしてはかなり高めのスコアとなっている

ウェブブラウジングや動画視聴はもちろんのこと、ゲームアプリもある程度快適にプレイできるだけのスコアだ。

快適なウェブ閲覧・動画視聴

本製品について、様々な用途でパフォーマンスをテストしてみた。

まずウェブブラウジングについて、いくつかのウェブサイトを閲覧して確認してみた。

画像多めのサイトからJavascriptを多用したサイトまで、様々なサイトを閲覧してみたが、いずれの場合においてもスムーズに表示された。

ページスクロール時にカクつきやフリーズといった現象もみられなかったため、大抵のウェブサイトはストレスなく閲覧できるだろう。

続いて、YouTubeやネットフリックスといったサイトにおいて、動画を視聴してみた。

画質を最高に設定した場合でも、スムーズに止まらず再生することが可能であった。

映像の色合いも自然で、違和感なく美しい映像を楽しむことが出来る。

▼実際に直撮りした様子。

なお、音質についても、十分にクリアで透き通ったサウンドを楽しむことが可能であった

スピーカーが2つ(デュアルスピーカー)であるため、音に立体感は無く、出力方向に若干の偏りは感じる。

それでも、普通に映画やアニメのサウンドを楽しむ分には、いたって快適な音質であると感じた。

このように、ウェブブラウジングや動画視聴など、一般的なタブレット用途には十分に活用できる性能であると確認できた。

リモートワークやオンライン授業にも対応可能なカメラ性能

続いて、リア・フロントカメラの性能も確認した。

▼近くの被写体を撮影した写真。

▼遠景を撮影した写真。

以上のように、近距離の被写体に関しては、明瞭かつクッキリとした写真を撮影できた。色合いも肉眼で見た場合に近く、自然な印象だ。

一方で、遠景に関してはなぜかピントが中々会わず、結果的にぼやけた写真となってしまった。

風景撮影などには向かないだろうが、リモートワークやオンライン授業などでは十分に活用できる性能だと言える。

ゲームアプリもある程度快適にプレイ可能

最後に、ゲームアプリをプレイした際のパフォーマンスも確認した。

PUBGの場合

PUBGをプレイした場合、最初の品質設定では『HD』クオリティまでを指定可能であった。

実際に試合に参加してみた。たまに多少のカクつきを感じることはあるものの、全体的には快適なゲームプレイが可能であった。

▼銃撃・アイテム使用・各種アクションもスムーズにこなすことが出来る。

木々などオブジェクトの輪郭に若干のジャギは見られるものの、陰影などの表現は綺麗で、個人的には十分に満足できるグラフィックであると感じた。

普通にPUBGをエンジョイしたいのであれば、十分プレイに耐えうる性能であると言える。

マインクラフト(旧マイクラPE)の場合

マイクラ(旧PE)においても、実際にワールドを作成して参加してみた。

結果として、PUBGの場合と同様に、全体的にスムーズな操作・アクションが可能であった。

重めのチャンク読み込み時や高速移動時に若干のカクつきを感じることはあるものの、それ以外の場面ではいたって快適にサバイバルやクラフティングを楽しむことが出来た。

ちなみに、グラフィックを大幅に向上させることの出来る『影MOD』を導入した場合でも、問題なく動作した。

▼未導入時と比べてフレームレートは低下するものの、普通にプレイすることは可能。

以上のように、マイクラやPUBG程度のゲームアプリであれば、十分快適に遊べることが確認できた。

ちなみに『原神』などの重いゲームアプリも試してみたが、そちらの場合はグラフィック品質を "最低" まで下げた場合でもカクつきが酷くてゲームプレイに支障をきたすレベルであった

低~中程度の要求スペックのゲームであれば快適に遊べるが、重量級ゲームをスムーズにプレイしたい場合は、より上位機種の購入を検討した方がよいだろう。

▼おすすめの上位タブレット

『ALLDOCUBE iPlay 40』レビュー | 2万円台で最もパワフルな性能を発揮するAndroidタブレット

2万円台で購入できる格安タブレットが欲しい! でも性能は妥協したくない... 新型コロナウイルスの影響により、最近では タブレット端末 でリモートワークやウェブ会議、オンライン授業などをこなす人々が増 ...

続きを見る

『VASTKING KingPad K10』のまとめ

今回紹介した『VASTKING KingPad K10』について、特長をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • 1万円台のリーズナブルな価格
  • コンパクトかつ軽量なデザイン
  • フルHD対応の美麗な10インチディスプレイ
  • 大抵の作業を快適にこなせる性能
  • ゲームアプリもある程度快適に遊べる
  • 専用キーボードケールの装着でタブレットPCとしての利用も可能

悪かった点

  • SIMカード(LTE通信)に非対応
  • 遠景撮影に対するカメラ性能はイマイチ

このように、価格・デザイン・性能のバランスが取れた、コストパフォーマンスの高いAndroidタブレットとなっている。

ウェブサイト閲覧や動画視聴はもちろん、リモートワークやオンライン授業などの場面でも対応できる性能を擁している。

また、PUBGやマインクラフトといったゲームアプリでも、快適に遊ぶことが可能だ。

そして何より、専用キーボードケースの装着で、タブレットPCとしての利用が可能になる点も、汎用性に優れている。

ただしSIMカード非対応のため、Wi-Fi環境以外でもインターネット接続を行いたい方は注意した方が良いだろう。

なるべく価格を抑えつつ性能の良いタブレットを探している方には、是非オススメしたいモデルだ。

▼こちらの記事もオススメ

1万円台の格安タブレット『Teclast P20HD』レビュー!リモートワークから自宅学習まで対応

安くて、大きな画面のタブレットが欲しい! 最近、大人から子供まで多くの人が携帯型端末を使用して、ゲームで遊んだり動画を観ることが多くなってきました。 それに伴い、大きな画面でコンテンツを楽しむことがで ...

続きを見る

1万円台の高コスパタブレット『VUCATIMES N20』レビュー!ゲーミング性能も確認

1万円台で購入できる、出来るだけ安いタブレットが欲しい! だけどスペックが低いのもイヤ... 最近では、1万円台で購入可能な格安タブレットが多く出回るようになってきた。 新型コロナウイルスの影響により ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧
  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-その他・ツール, ガジェットレビュー
-, , , , , , , , ,

© 2021 TikGadget | ティックガジェットは製品レビュー, お得なセール情報, 最新技術などを分かりやすくお届け! Powered by AFFINGER5