その他・ツール ガジェットレビュー

幅広い場面で活躍するお手頃モデル『XIAOMI Redmi 23.8インチ モニター』レビュー

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

  • 仕事やゲーム用に手ごろなモニターが欲しい!
  • デュアルモニター化してみたい!

最近では、自宅でリモートワークやオンライン授業に遅しむ人々が増えており、自宅用PCなどが広く普及しつつある。

それに伴い、モニター(ディスプレイ)の需要も高まっている。

デスクトップPCやゲーム機などを利用するためにはモニターが不可欠であるが、モニター類の購入に慣れていない方にとって、どのモデル(製品)を選べば良いのか迷ってしまうのではないだろうか。

そこで今回は、扱いやすくてオススメのXIAOMI Redmi 23.8インチ モニターについて紹介したいと思う。

仕事からゲームまで、幅広い場面で活躍できるお手頃モデル

今回紹介する『XIAOMI Redmi 23.8インチ モニター』は、仕事やゲーム、デバイスのサブモニター用など幅広い場面に活用できる、手ごろな23.8インチモニターだ。

[最新バージョン] XIAOMI Redmi 23.8インチオフィスゲーミングモニターFHD 1080P IPSパネル178°超視野角マルチインターフェイスディスプレイゲーミングディスプレイスクリーン | Banggood

製品モデル RMMNT238MF
出力 最大24W
ビジュアルサイズ(対角) 60.5cm
明るさ 250ニット
コントラスト 1000:1
リフレッシュレート 60Hz
カラー 16.7M
画面サイズ 23.8インチ
解像度 1920×1080
本体サイズ 539.2(L)×181.2(W)×419.5(H)mm
本体重量 約4.2kg

見た目的には非常にシンプルな造りとなっており、使いやすさを考慮してインターフェースを極力シンプル化している。

▼ごちゃごちゃしたボタンなどは搭載していない。

筐体裏面にはファンクションスティックのほか『HDMIポート』や『VGAポート』などが用意。PC端末はもちろん、PS5やXSX|Sなど最新ゲーム機との接続も可能だ。

解像度は1920×1080に対応しており、フルHD・60Hzの綺麗な映像を楽しむことが可能。

そして何より、本製品の最大の特徴として "極狭ベゼル" が挙げられる。

▼ベゼル(画面縁)の幅が狭いため、モニターを多数台連結してデュアルモニター化した場合でも、違和感なく表示域を拡張することが出来る。

この通り、”The モニター" と言うべきほどのシンプルなモニター(ディスプレイ)となっている。

価格も手ごろであり、純粋に実用性の高いモニターを探している方にはうってつけだ。

本体および付属品

▼外箱の様子。

▼中には付属品およびモニターが本体がぴったりと梱包されている。

▼内容物をすべて取り出した様子。

内容物一覧は以下の通りだ。

【内容物一覧】

  • モニター本体
  • 説明書
  • スタンド
  • スタンドアーム
  • 給電アダプター
  • ビス&ドライバー
  • HDMIケーブル

▼説明書は英語だが、扱い方はシンプルのため困ることはないだろう。

▼モニター本体は約4キログラムほどと非常に軽く、片手でも十分に持つことが可能。

▼最も薄い部分だと、厚みは1センチ以下。

▼本体裏面の様子。

▼スタンドアームを取り付けるための機構。

▼筐体左下には、設定操作用のアナログスティック、ACポート、HDMIポート、VGAポート等が用意されている。

▼右下には、盗難防止用のロック穴が用意。

続いて付属品について紹介していく。

▼スタンドとモニターを固定するためのアーム。

▼モニターを設置するためのスタンド。ハンガーのような形状で安定感がある。

▼HDMIケーブル。デスクトップPCやPS5、XSX|Sといった機器との接続が可能だ。

▼給電用のACアダプター。

▼スタンドとモニターを接続する際に使用するビス(ネジ)およびドライバー一式。

ドライバーが一緒に付属しているため、別途用意しなくても良い点は助かる。

モニターの組み立て

モニターの組み立て手順はいたって簡単だ。

▼付属のドライバーとビス(大×1, 小×2)を使用する。

▼まずはモニター裏面に、スタンドアームをビスで取り付ける。

▼続いて、スタンドアームのさらに下部へ、スタンドを同じくビスで取り付ける。

以上の手順で設置準備は完了だ。いたって簡単であるため、子供でも問題なく設置可能である。

▼実際に設置した様子。

▼モニターは前後に20度ほどの角度で調節することが出来る。

綺麗で鮮明に映えるフルHDグラフィック

今回のレビュー時には、プレイステーション5を接続して映像品質を確認した。

▼接続時の裏面の様子。

▼映像出力情報(PS5)

本製品で映し出されるフルHD画質は綺麗であり、次世代ゲーム機でも一定の満足感を得られる品質となっていた。

▼さすがに4K画質には敵わないが、それでも十分に美しい映像を楽しむことが出来た。

フルHD解像度により、細部まで細かくクリアに描画されており、映像の臨場感は高い。

▼色合い(色温度)はやや薄めな印象。もしも気になる場合は、設定画面より色温度やコントラストの調節を行うと良いだろう(後述)。

▼激しいエフェクトやパーティクスもダイナミックかつ繊細に表現される。

2Kや4Kといった高解像度映像には敵わないものの、個人的には特に文句のない映像体験が可能であった。

画面への没入感が増す極薄ベゼル

上述した通り、本製品の画面縁(ベゼル)の幅は非常に狭いため、ディスプレイへの没入感が増している。

▼ディスプレイのフレームが気にならないため、映像に集中できる。

▼ベゼルの幅は硬貨3枚分ほど。圧倒的な薄さとなっている。

この薄さのおかげで、多数台を連結してデュアルモニター化した場合でも、連結部分が目立ちづらいため、映像に集中することが出来る。

まさにデュアルモニター化にはうってつけのモデルだ。

各種項目の設定が可能

モニター裏面のファンクションスティックを倒すと、ディスプレイにメニューが表示される。

メニュー画面では明るさやコントラスト、色温度といった映像に関する様々な値を調節することが出来る。

特にプリセットモード(Preset Mode)においては、ゲームモードや映画モードなど、モニター用途に応じて最適な設定値となるプリセットが用意されている。

▼いちいち自分で調節しなくても、モード切替で自動的に最適な設定値となる。

本モニターはデフォルトで色温度がやや薄目であるため、最初に色温度(Color Temp)を自分好みに再調整しておくと良いだろう。

モニター移動がラクラク

本モニターは約4キログラムほどの重量であるため、片手で簡単に持ち運ぶことが出来る。

▼ちょっとモニターの場所を移動させたいような場合でも、ストレスなく簡単に持ち上げることが可能だ。

また、スタンドやアームの取り外しも簡単に行えるため、収納もあっという間に完了できる。

全体的に取り回しやすいのが、本モニターの魅力の1つだ。

『XIAOMI Redmi 23.8インチ モニター』のまとめ

今回紹介した『XIAOMI Redmi 23.8インチ モニター』について、特長をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • スタイリッシュな見た目
  • 持ち運び・移動しやすいサイズ&重量
  • 極薄ベゼル
  • 十分に綺麗なフルHDディスプレイ
  • 組み立て・分解が容易

悪かった点

  • スピーカー(サウンド出力機構)を非搭載
  • 発色は若干薄め

以上の通り、リーズナブルな価格・持ち運びやすい軽量さ・極狭ベゼル の3つの特徴を併せ持った、シンプルで扱いやすいモニターとなっている。

23.8インチのディスプレイサイズも、少人数で映像を楽しむには十分な大きさだ。

1920×1080(フルHD)対応のグラフィックも、さすがに4K映像と比べると見劣りはするものの、個人的には満足度の高い映像体験が可能であるよう感じた。

そして極狭ベゼルは、デュアルモニター化を検討している方には是非オススメしたい特長である。

ただし、本モニターはスピーカーおよびオーディオポートを搭載しておらず、サウンドを楽しむには別途スピーカーを用意しなくてはならない。その点には注意が必要だ。

仕事やゲーム用にモニターを探している方は、ぜひ本製品を検討してはいかがだろうか。

[最新バージョン] XIAOMI Redmi 23.8インチオフィスゲーミングモニターFHD 1080P IPSパネル178°超視野角マルチインターフェイスディスプレイゲーミングディスプレイスクリーン | Banggood

▼こちらの記事もオススメ

4K・タッチ対応!約3万円のモバイルモニター『GMK KD1』レビュー

最近では、外出先でも大型のモニターで映像メディア・ゲームなどを楽しめるデバイスとして、モバイルモニター(モバイルディスプレイ)の需要が高まりつつある。 中でも、4K画質に対応したハイエンドモデルが特に ...

続きを見る

『MINISFORUM TL50』レビュー | 仕事・ゲームの両方で活躍する高性能ミニデスクトップPC

リモートワークやオンライン授業用にパソコンを購入したい! だけど大きすぎるのは邪魔だからイヤ! それに価格もなるべく抑えたい... 新型コロナウイルスの影響により、上記のような理由で家庭用PCの購入を ...

続きを見る

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • リモートワーク関連機器
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. タブレット
  3. タブレット
  4. タブレット
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット
    発売日 : 2019年03月28日
    価格 : ¥50,370
    新品最安値 :
    ¥50,370
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. ウェブカメラ
  2. PC用ヘッドセット
  3. ゲーミングヘッドセット
  4. ウェブカメラ
  5. ウェブカメラ
  6. コンデンサ
  7. コンデンサ
  8. ウェブカメラ
  9. ウェブカメラ
  10. PC用ヘッドセット
  11. ウェブカメラ
  12. コンデンサ
  13. PC用マイク
  14. ウェブカメラ
  15. PC用ヘッドセット
  16. ゲーミングヘッドセット
  17. ウェブカメラ
  18. PC用マイク
  19. PC用マイク
  20. ウェブカメラ
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. タワー
  3. タワー
  4. デスクトップ
    発売日 : 2020年11月17日
    価格 : ¥79,800
    新品最安値 :
    ¥79,800
  5. 一体型
  6. ミニ
  7. ミニ
  8. ミニ
  9. ミニ
  10. ミニ
  11. タワー
  12. 一体型
  13. タワー
  14. タワー
  15. 一体型
  16. タワー
  17. タワー
  18. タワー
  19. タワー
  20. ミニ
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. ノートパソコン
  6. ノートパソコン
  7. ノートパソコン
  8. ノートパソコン
  9. ノートパソコン
  10. ノートパソコン
  11. ノートパソコン
  12. ノートパソコン
  13. ノートパソコン
  14. ノートパソコン
  15. ノートパソコン
  16. ノートパソコン
  17. ノートパソコン
  18. ノートパソコン
  19. ノートパソコン
  20. ノートパソコン
ガジェットレビュー 一覧
  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-その他・ツール, ガジェットレビュー
-, , , , , , ,