セール情報 ニュース

Blackview『BV7100』『BV5200』発表、2日間限定の大幅割引セール実施

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

世界市場、特にヨーロッパ、アフリカ、アジアで多くのモバイルデバイスをリリースしてきたBlackviewは、同ブランドの新型スマートフォンとして『Blackview BV7100』『Blackview BV5200』の2機種を発表した。

▼BV7100(左)とBV5200(右)

いずれもリーズナブルな価格の一方で、タフネスな筐体と実用的な性能、そして大容量バッテリーを備えた高コスパなスマホとなっている。2022年9月14日(水)~ 15日(木)の2日間限定で、大幅割引価格で購入できるセールも開催される。

今回は同2モデルについて、特徴やセール情報を紹介していく。

BV7100の特徴

BV7100は、IP69Kの防水規格とMIL-STD-810Hの耐衝撃性能を兼ね備えたタフネススマートフォンだ。

ブランド Blackview
モデル名 BV7100
ディスプレイサイズ 6.583インチ, グローブモード対応
解像度 2,408×1080(FHD+)
リフレッシュレート 最高60Hz
OS Doke OS 3.0(Android 12ベース)
CPU(SoC) MediaTek Helio G85
RAM 6GB
ストレージ 128GB
マイクロSDカード 対応(最大1TBまで)
SIMカード デュアルnano SIM対応
対応通信規格 Wi-Fi, Bluetooth, GPS
NFC:対応
LTE
搭載カメラ フロント:8MP
リア:12MPメイン+8MP超広角+2MP深度測定
バッテリー容量 13,000mAh(リバースチャージ対応)33W急速充電対応
防水防塵規格 IP69K
耐衝撃性能 MIL-STD-810H
本体サイズ 174 x 81.4 x 18.9 mm
本体重量 460g

OSはAndroid 12ベースのDoke OS 3.0を採用。一般的なAndroidデバイスと同様の扱い方が可能で、スムーズかつ直感的な操作を実現している。

筐体はIP69Kの防水防塵規格、および軍用規格のMIL-STD-810H耐衝撃性能を擁しており、あらゆる環境で用いることの出来る頑丈なボディとなっている。その分本体重量は460gとズッシリ感があり、サイズも174 x 81.4 x 18.9 mmと大きめだ。

指紋認証機能に対応した電源ボタンを搭載しているほか、筐体側面にマルチファンクションキーも搭載。好みの機能を割り当てることができ、スマホの利便性を向上させることが可能。

6.583インチディスプレイはグローブモードに対応しており、手袋等を装着したままでも操作可能。とことんアウトドア利用に適した設計である。

解像度は2,408×1080(FHD+)、リフレッシュレートは60Hzに対応。メディア視聴用途にも適した映像の美しさを実現している。

CPU(SoC)にはMediaTek Helio G85を、RAMは6GB搭載しており、公式のAnTuTuベンチマークテストでは255,236点を記録したとのこと。大抵のスマホ作業を快適にこなせるだけの性能を擁している。

ストレージは128GBを用意。必要に応じてマイクロSDカードを挿入することで、最大1TBまで容量の拡張が可能。ちなみに最大4GBのメモリ増設にも対応している。

通信規格はBluetooth, WiFi, GPS, NFCなどに対応。デュアルnano SIMカードの挿入も可能であり、アウトドアな場面でも通信を行うことが出来る。

前面には8MPのフロントカメラを内蔵。背面には12MPメイン+8MP超広角+2MP深度測定カメラを内蔵しており、自撮りや風景撮影、記念撮影など、あらゆる高品質撮影に対応している。

▼水中撮影にも対応。

そして何より、本製品のバッテリー容量は13,000mAhと非常に大容量であり、外出先でも長時間の連続利用が可能となっている。33W急速充電にも対応しているため、スピーディにチャージを完了できる。

リバースチャージにも対応しており、大容量バッテリーを活かして、他のデバイスへワイヤレス充電を行うことも可能。

以上の通り、頑丈な筐体と実用的なスペックを兼ね備えたタフネススマートフォンとなっている。

BV5200の特徴

『Blackview BV5200』は、前述したBV7100と同様に、IP69Kの防水規格とMIL-STD-810Hの耐衝撃性能を兼ね備えたタフネススマートフォンだ。スペック的にはBV7100よりやや低めになっており、BV7100の廉価版といった位置づけと言える。

ブランド Blackview
モデル名 BV5200
ディスプレイサイズ 6.1インチ
解像度 1,560×720(HD+)
リフレッシュレート 最高60Hz
OS Doke OS 3.0(Android 12ベース)
CPU(SoC) MediaTek Helio A22
RAM 4GB
ストレージ 32GB
マイクロSDカード 対応(最大1TBまで)
SIMカード デュアルnano SIM対応
対応通信規格 Wi-Fi, Bluetooth, GPS
NFC:対応
LTE
搭載カメラ フロント:5MP
リア:13MPメイン
バッテリー容量 5,180mAh(リバースチャージ対応)
防水防塵規格 IP69K
耐衝撃性能 MIL-STD-810H
本体サイズ 高さ:161.6mm
横幅:77.86mm
厚さ:13.65mm
本体重量 268g

OSはAndroid 12ベースのDoke OS 3.0を採用。一般的なAndroidデバイスと同様の扱い方が可能で、スムーズかつ直感的な操作を実現している。

筐体はIP69Kの防水防塵規格、および軍用規格のMIL-STD-810H耐衝撃性能を擁しており、あらゆる環境で用いることの出来る頑丈なボディとなっている。その分本体重量は268gとズッシリ感があり、サイズも161.6 x 77.86x 13.65 mmと大きめ。ただしBV7100と比べるとやや小型だ。

筐体側面にショートカットボタンも搭載。好みの機能を割り当てることができ、スマホの利便性を向上させることが可能。

6.1インチディスプレイはグローブモードに対応しており、手袋等を装着したままでも操作可能。とことんアウトドア利用に適した設計だ。

解像度は1,560×720(HD+)、リフレッシュレートは60Hzに対応。

CPU(SoC)にはMediaTek Helio A22を、RAMは4GB搭載しており、スペック的にはエントリーモデルといったところ。ゲーミングなどは厳しいが、ウェブサイト閲覧や動画視聴程度であれば支障なくこなせるだろう。

ストレージは32GBを用意。必要に応じてマイクロSDカードを挿入することで、最大1TBまで容量の拡張が可能。32GBだけでは心もとないため、マイクロSDカードの装着はほぼ必須と言えそうだ。

通信規格はBluetooth, WiFi, GPS, NFCなどに対応。デュアルnano SIMカードの挿入も可能であり、アウトドアな場面でも通信を行うことが出来る。

前面には5MPのフロントカメラを内蔵。背面には13MPメインカメラを内蔵。

▼360度パノラマ撮影も可能。自撮りから風景撮影までこなせる。

バッテリー容量は5,180mAhであり、BV7100と比べると劣るが、それでも十分に大容量の部類だ。外出先でも長時間の連続利用が可能。リバースチャージにも対応しており、他のデバイスへワイヤレス充電を行うことが出来る。

以上の通り、BV7100と比べると全体的なスペックは劣るが、その分価格がリーズナブルになった廉価版のタフネススマートフォンとなっている

2日間限定でセール実施、大特価で購入可能

以上2機種に関して、2022年9月14日(水)~ 15日(木)の2日間限定で、大幅割引価格で購入できるセールがAliExpressにて開催される。

▼『BV7100』は179.99ドル(約2.5万円)のセール価格で購入可能。

▼『BV5200』は99.99ドル(約1.4万円)のセール価格で購入可能。

タフネススマホを探している方は、この機会にぜひ購入を検討されてはいかがだろうか。

▼こちらの記事もオススメ

『Blackview OSCAL C80』発表!AliExpressにて大幅割引価格で購入可能に

世界市場、特にヨーロッパ、アフリカ、アジアで多くのモバイルデバイスをリリースしてきたBlackviewの姉妹ブランドであるOSCALは、2022年9月に同ブランドの最新スマートフォン『Blackvie ...

続きを見る

『Blackview BV8800』レビュー | 過酷な環境でも使用できる実用的なタフネススマホ

新型コロナウイルスの影響により、最近ではグランピングやキャンプ、釣りなどのアウトドアアクティビティが人気を博している。 現代では出かける際にも漏れなくスマートフォンを持ち歩くことが当たり前となっており ...

続きを見る

『Blackview Tab 7』シリーズ発売、最大3,500円OFFになる割引クーポン配布中(9/9まで)

世界市場、特にヨーロッパ、アフリカ、アジアで多くのモバイルデバイスをリリースしてきたBlackviewは、同社の最新タブレット『Blackview Tab 7』シリーズを発売。Amazonより購入が可 ...

続きを見る

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥49,800
    新品最安値 :
    ¥49,800
  2. タブレット
  3. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥72,800
    新品最安値 :
    ¥72,800
  4. タブレット
  5. タブレット
  6. タブレット
    発売日 : 2021年05月20日
    価格 : ¥117,800
    新品最安値 :
    ¥117,800
  7. タブレット・アクセサリ
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. スマートウォッチ
  2. スマートウォッチ
  3. スマートウォッチ
  4. スマートウォッチ
  5. スマートウォッチ
  6. スマートウォッチ
  7. スマートウォッチ
  8. スマートウォッチ
  9. スマートウォッチ
  10. スマートウォッチ
  11. スマートウォッチ
  12. スマートウォッチ
  13. スマートウォッチ
  14. スマートウォッチ
  15. スマートウォッチ
  16. スマートウォッチ
  17. スマートウォッチ
  18. スマートウォッチ
  19. スマートウォッチ
  20. スマートウォッチ
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. ミニ
  3. ミニ
  4. 一体型
  5. ミニ
  6. ミニ
  7. タワー
  8. タワー
  9. タワー
  10. タワー
  11. タワー
  12. タワー
  13. ミニ
  14. タワー
  15. タワー
  16. ミニ
  17. デスクトップ
    発売日 : 2020年11月17日
    価格 : ¥92,800
    新品最安値 :
    ¥92,800
  18. ミニ
  19. ミニ
  20. タワー
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. 標準型ノートパソコン
  6. ノートパソコン
  7. ノートパソコン
  8. 2 in 1ノートパソコン
  9. ノートパソコン
  10. ノートパソコン
  11. ノートパソコン
  12. ノートパソコン
  13. ノートパソコン
  14. 標準型ノートパソコン
  15. 標準型ノートパソコン
  16. 標準型ノートパソコン
  17. ノートパソコン
  18. ノートパソコン
  19. ノートパソコン
  20. ノートパソコン
ガジェットレビュー 一覧
  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-セール情報, ニュース
-, , , , , , ,