まとめ記事

まとめ記事 ガジェットレビュー モバイルモニター

2021/1/29

2021年にオススメの『モバイルモニター』10選について価格順に紹介!

外出先でも大きな画面でメディアを楽しみたい スマホの画面を大きなディスプレイに出力したい PC用の安価なサブモニターが欲しい このような要望に応える製品として、『モバイルモニター(モバイルディスプレイ)』というガジェットが存在しています。スマートフォンやタブレットなど対応デバイスと接続することで、映像・音声を大きなディスプレイ上に出力できるという優れもの。 また多くの機種はHDMI端子に対応しているため、手軽なPC用のサブモニターとして連結することも可能です。 最近非常に人気の高まってきたガジェットですが、市場には非常に多岐に渡る種類のモバイルモニターが出回っており、どの製品を選べばよいのか迷ってしまう方も多いと思います。 そこで今回は、2021年時点における最新の『おすすめモバイルモニター10選』について、価格の安い順に、各製品の特長も交えて紹介していきます。 モニター選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。 ①:EleDuino M108B 『EleDuino M108B』は、1366x768解像度対応の、超軽量モバイルモニターです。 サイズ・重量ともに業界最軽量クラスとなっており、最も持ち運びに適したモニターの1つであると言えるでしょう。 参考価格は 税込¥12,980 です。 (参考元:Amazon) 項 目 数 値 サイズ 10.8インチ(16:9) パネルタイプ  IPS 解像度  1366x768 周波数(H/V)  60HZ 映像入力端子 mini HDMIx1、USB Type-Cx2 音声出力端子  3.5mm オーディオ端子 内蔵スピーカー  ステレオ(1w×2) 寸法  263.7×164.7×14mm 重量 400g 【付属品一覧】 1.5m HDMIケーブル(HDMI認証) 5V 3A電源 電源ケーブル(1m、PSE認証) 1m USB C-USB Cフル機能ケーブル(EMI認証) 日本語取扱説明書 mini HDMI、USB Type-Cの2種類のポートを搭載しており、対応デバイスと接続することで、給電・映像&音声出力をケーブル一本で賄うことが可能です。 ▼スマホ・PC・ゲーム機など幅広いデバイスとの接続に対応。 解像度自体はフルHD未満であるものの、ゲームや映像メディアの視聴には十分に耐えうるクオリティとなっています。 価格も約1万円と非常にリーズナブルなものになっており、出来だけ安価なモバイルモニターを求めている方にとっては非常にオススメ度の高い製品です。 特にオススメな点 特にオススメな点としては、やはり圧倒的な手軽さが挙げられると思います。 重さは約400グラムと、下手な本よりも軽いものになっており、サイズ自体もカバンに入れておいても全く支障になりません。 上述した通り価格も約1万円と非常に安価なため、とにかく安くモニターを手に入れたいというユーザーのニーズには最も適した製品であると言えます。 残念だった点 一方で、画面を保護するための本体カバーが付属しない点は残念に思います。 画面自体は保護フィルムでキレイに保つことはできますが、やはりカバン等に入れて持ち運ぶことを考えると、デフォルトで専用カバーが付属してほしかったところです。 もし本製品を購入する際は、別途収納用のケース(カバー)を一緒に購入することをオススメします。 ②:AtoLas ATM108 『AtoLas ATM108』は、1366x768解像度対応の、10.8インチ超小型モバイルモニターです。 ①で紹介した『EleDuino M108B』に並び、業界最軽量クラスの製品となっています。 参考価格は 税込¥13,960 です。 (参考元:Amazon) 項 目 数 値 サイズ 10.8インチ(16:9) パネルタイプ  IPS 解像度  1366x768 周波数(H/V)  60HZ 映像入力端子 mini HDMIx1、USB Type-Cx2 音声出力端子  3.5mm オーディオ端子 内蔵スピーカー  ステレオ(1w×2) 寸法  26.37 x 16.47 x 1.4 cm 重量 400g 【付属品一覧】 10.8.インチモニター 15W 5V 3aアダプター HDMIケーブル USB C-USB Cケーブル(黒) USB C電源ケーブル 日本語マニュアル 対応デバイスにUSB Type-Cケーブルを接続することで、映像&音声出力および給電をすべて賄うことが出来ます。 またHDMIポートを搭載することで、PS5やXSXなど、次世代ゲーム機の使用にも対応しています。 ▼ポータブルデバイスの映像を大画面に映すことが出来る。 サイズ・重量ともに最軽量クラスとなっており、外出先へ持ち運ぶには非常に適した製品です。 また、縦置き・横置きのいずれにも対応しているため、PCのセカンドモニター用としても重宝します。 この小さな筐体にスピーカーも内蔵されているため、別途スピーカーを購入する必要はありません。 特にオススメな点 やはり①の場合と同様に、リーズナブルな価格とコンパクトさが利点として挙げられるでしょう。 下手なタブレットよりも軽いため、バッグに入れて持ち運んでも全く支障になりません。 スペックシートにおける解像度は低めですが、実際に映像を出力してみると想像以上にキレイな映像を楽しむことが出来ます。 手軽にモバイルモニターを購入したい場合には、是非オススメしたい1品です。 残念だった点 ①の場合と同様、やはり持ち運びを念頭に置いた場合、製品自体を保護するためのカバーが付属してほしかったところですね。 この製品の場合も、購入時に収納用のケースを一緒に購入することをオススメします。 ③:AUZAI ME16 『AUZAI ME16』は、1080PフルHD&HDRに対応で液晶は高輝度・視野角が広いIPSパネルを採用した15.6インチのポータブルモニターです。開発・製造元は中国メーカーとなっています。 参考価格は 税込¥18,680 です。 (参考元:Amazon) 項 目 数 値 サイズ 15.6インチ(16:9) パネルタイプ IPS 解像度 1920*1080 周波数(H/V) 60HZ 輝度(標準値) 250cd/m² 映像入力端子 mini HDMIx1、USB Type-Cx1 音声出力端子 3.5mm オーディオ端子 内蔵スピーカー ステレオ(1w×2) 寸法 奥行き × 幅 × 高さ 35.4 x 22.9 x 0.9 cm 重量 650g 【付属品一覧】 USB-C to USB-Cケーブル USB-C to USB-Aケーブル HDMI to Mini HDMI ケーブル 液晶保護フィルム クリーニングクロス ユーザーガイド Amazonでも非常に人気が高く、汎用性に優れたモバイルモニターです。 液晶の表示品質は最高とまでは言わないが映画やゲーム利用のモニターとしては自然な発色と十分な明るさ、そして内蔵のステレオスピーカーで没入感が得られます。 もちろん文字入力中心のオフィスアプリケーション利用においても、コントラストが自然で目が疲れづらく使いやすいモニターであると言えます。 特にオススメな点 特にオススメな点としては、安価な価格に対して充実したスペックが挙げられるでしょう。 コンパクトで軽量な筐体にはステレオスピーカーが搭載されており、別途スピーカーを購入する必要はありません。 そしてType-C端子からの電源供給により、対応デバイスとコード一本のみでモニターを使用することが可能です。 残念だった点 特に短所は見当たりませんが、強いて言えば、本体にバッテリーが内蔵されていない事が挙げられると思います。 HDMI接続の場合はAUZAI ME16に給電が必要になるため、ケーブル2本とACアダプターがゴッチャになると鬱陶しく感じるかもしれません。 とはいえ、バッテリーを排除した事で超軽量を実現できている面もあるため、仕方がない面もあるでしょう。 ▼レビュー記事はコチラ ④:NORSMIC NORS-Z1-3 『NORSMIC(ノースマイク)NORS-Z1-3』は、迫力ある15.6インチ大画面(1920x1080フルHD)の仕様でゲームや動画視聴、事務作業、少人数会議などに最適。モバイルモニターとして大画面にも関わらず重量790g・薄さは僅か9mm、リュックや旅行箱へ簡単に収納可能なコンパクトディスプレイです。 汎用性の高いType-C・標準HDMI・miniDPの3種類接続端子を揃えており、多種多様なデバイスへの接続に対応しています。 参考価格は 税込¥19,800 です。 (参考元:Amazon) 項 目 数 値 サイズ 15.6インチ(16:9) パネルタイプ IPS 解像度 1920*1080 周波数(H/V) 60HZ 映像入力端子 mini HDMIx1、USB Type-Cx1、miniDP 音声出力端子 3.5mm オーディオ端子 内蔵スピーカー ステレオ(1w×2) 寸法 奥行き × 幅 × 高さ  36.8 x 0.9 x 22 cm 重量 790g 【付属品一覧】 スマートカバー Mini HDMIケーブル 1本 USB-C(USB3.1 Gen2)ケーブル 1本 USB-AーUSB-C(電源用)ケーブル 1本 電源アダプタ 日本語取扱説明書 液晶保護フィルム わずか9mmの薄さを実現したコンパクトディスプレイです。ほかのモバイルモニターと同様、持ち運び性能に優れており、スピーカーも搭載。 対応デバイスとType-C端子で接続することにより、スタンドアローンでの給電・使用が可能となっています。 そして何よりminiDP端子を搭載しているため、Mac PCなどのデバイスとの接続にも対応している点は大きいです。 特にオススメな点 ...

まとめ記事 ウェブカメラ ガジェットレビュー

2021/1/29

2021年に買うべき『ベストウェブカメラ』カテゴリー毎に解説をおこないます。

2021年にりましたがまだコロナ感染症の問題は続きそうです、コロナがきっかけで昨年は自宅でテレワークなどのビデオ通話や会議などが一般的なものになりましたね。 そんなビデオ通話の必需品となっているウェブカメラですが、ビデオ通話に適したモデル、ライブストリーミングに適したモデルなど、どのような目的に利用するかにより選択肢は変わります。 もし、これから新たにウェブカメラを入手しようと思っているならば、是非こちらの記事を参考にしていただきたいと思います。 今回の記事では、過去にレビューしたウェブカメラ10台から利用するシーンごとにベストなウェブカメラを分類してご紹介します。 ホームユースでマルチに活躍するウェブカメラ eMeet Nova 自宅のPCに接続して、ビデオ通話や会議、ゲームなど、マルチに活用が可能な『ホームユースでマルチに活躍するウェブカメラ』としてeMeet Novaを推したいです、総合評点は星4となります。 ★★★★ 製品名最大解像度画 質質視野角集音性能サイズその他eMeet Nova1080p/30fp◯◯◯98 × 65 × 48三脚取付可 eMeet NOVA は1080p/30fp 有効画素数200万画素のクリアかつ滑らかな撮影が可能なカメラです、また、「エコーキャンセルリング技術」を搭載したステレオマイクを内蔵しており、ビデオ通話における集音能力が高い優れたモデルです。。 eMeet製カメラの特徴となる超広角レンズにより広く美しい映像の撮影、集音能力の高さ、小型で優れたデザインと、本体の可動域の柔軟さや三脚穴もあるため設置性に優れている上に性能に比べ価格が非常に安価な事からコストパフォマンスの高いオールマイティーに活躍できるウェブカメラです。 長所 Full HD画質・オートフォーカスでワンランク上の画質性能ノイズキャンセリング機能搭載で高い集音能力とクリアーな音質小型の筐体に自由度の高い設置性の良さ 短所 プライバシーシャッターは非搭載広角画角だが多少の歪みもある レビュー記事はこちら Amazonで観る ストリーミング配信に最適なウェブカメラ Logicool C922n 『本格的なストリーマー用に設計』とキャッチコピーのある通り、ライブ配信などのプロユースに耐える性能の本格的なウェブカメラ。総合評点は星4 ★★★★ 製品名最大解像度画 質視野角集音性能サイズその他Logicool C922n1080p/30fp 740p/60fp◯◯◯71 x 95 x 44三脚付属 Logitech C922nは、ストリーマー向けにチューニングされたウェブカメラとなっており、解像度は1080p/30fpsはもちろん720p/60fpsのフレームレートにも対応しています。 自動光補正機能と作動精度の高いオートフォーカスを搭載しており、暗所でも明るく、動きのある被写体もしっかり捉えフォーカスを調整してくれます。集音能力も高くステレオ録音も可能なプロ仕様です。 長所 本体が小型で質感の高い筐体とデザイン自動光補正により暗所でも強く、鮮やかでメリハリのある映像 短所 カメラのチルト方向調整のみで、左右は動かない。プライバシーシャッターなし。価格は少し高め・・・ ただし性能は良い レビュー記事はこちら Amazonで観る ビデオ会議に特化・ビジネスユースなウェブカメラ eMeet c980PRO 高品質マイク・スピーカー・カメラが一体型となったeMeet c980PROは、とくにビジネスユースにおけるビデオ会議などで役立つオールインワンウェブカメラです。ビジネス用で総合評点は星3 ★★★ 製品名最大解像度画 質視野角集音性能サイズその他eMeet c980PRO1080p/30fp◯◯◯157×650×660三脚取付可 eMeet c980PRO、90°視野角・高解像度カメラ:1080p 200万画素のFull HDウェブカメラです、大きな特徴は4つ無指向性マイクを搭載しており360°集音が可能なこと、また2つの高性能スピーカーも搭載しており、ビデオ通話における必要な機能をすべて網羅しています。 ホームユースとしてはオーバースペックでボディーも大型ですが、ビジネスで利用するのであれば広い視野角で会議室で全体の撮影や、4つのマイクによる集音能力、スピーカーも搭載とフル機能となっています。 長所 Full HD画質と90°の視野角で広く美しい映像表現4つのAIマイクを搭載、高い集音能力とノイズキャンセリング機能スピーカーも搭載しており、これだけでビデオ通話に必要な機能を網羅 短所 ボディーが大型、左右の首振りは不可となっている。価格は高めで、ビジネスユースと考えるべき。 レビュー記事はこちら Amazonで観る ホームユースで高い性能を発揮するウェブカメラ Logicool C920n 78度の視野角・鮮やかな色、非常に明瞭でクリアなきめ細かい画像を実現した高解像度カメラ、HDオートフォーカスと光補正も搭載、デュアルマイクが自然でクリアな音声の伝達が可能です。総合評点は星4 ★★★★ 製品名最大解像度画 質視野角集音性能サイズその他Logicool C920n1080p/30fp 740p/30fp◯◯◯71 x 95 x44三脚取付可 Logicool C920nは、78°視野角をもつ1080p/30fpsによる、クリアーで滑らかな映像を表現、暗所の撮影時でもHD光補正により明るくシャープな映像を映し出します。デュアルマイクによりどの角度からでもリアルなサウンドをキャプチャして、自然でクリアな音声の集音が可能です。 オートフォーカスにより近接撮影なども可能、ホームユースのウェブカメラとしては必要な機能は全て網羅しており、限りなくプロユースに近いウェブカメラとなっています。 長所 Full HD・ガラスレンズ・78°視野角で自然でクリアー綺麗な映像表現が可能小型で質感の高い筐体デザイン 短所 カメラのチルト方向調整のみで、左右は動かない。プライバシーシャッターなし。ホームユースとしては価格が少し高めだが性能はプロスペック レビュー記事はこちら Amazonで観る eMeet C960 良質なビデオ通話・ライブ配信、録画など・・ HD光補正による明るい映像と2台のマイクによる集音能力の高さが魅力のウェブカメラです。総合評点は星3.5となります。 ★★★★ 製品名最大解像度画 質視野角集音性能サイズその他eMeet C9601080p/30fp◯◯◯124 x 67 x 52三脚取付可 90°視野角・高解像度カメラ:1080p 200万画素、HD光補正機能などにより、明るくクリアで滑らかな撮影が可能です、また、2つのマイクを内蔵しており、360°方向の集音が可能なためしっかり声を拾いコミュニケーションが円滑になります。 固定フォーカスですが、近接撮影をしなけいのであれば視野角の広いワイドで綺麗な映像により、家族との通話、会議、ゲームなど、マルチに活躍できる一台です。 長所 HD光補正と超広角レンズによりダイナミックで明るく綺麗な映像デュアルマイクによる全方位集音で円滑なコミュニケーション機能・性能を踏まえると圧倒的な低価格 短所 プライバシーシャッターは非搭載ボディーは大柄、左右の首振りができない事もあり設置性は多少悪い レビュー記事はこちら Amazonで観る コストパフォーマンの高いウェブカメラ Tinzzi 1080PフルHD、内蔵3Dデュアルマイク、オートフォーカス、 自動光補正、360度回転可能、三脚付属など・・ 必要な機能と機材がこれ一台で実現するコスパモデル。評点は星3となります。 ★★★ 製品名最大解像度画 質視野角集音性能サイズその他Tinzzi1080p/30fp△◯◯149 x 94 x 63三脚付属 鮮明で滑らかな1080P高精細画質、鮮やかで臨場感のある映像を実現、また3Dデュアルマイクを内蔵、ノイズキャンセリングも搭載されているので、周囲の雑音をカットして円滑な通話が楽しめます。 視野角は97°・オートフォーカスレンズです、ただし広角特有の歪みが出ます、オートフォーカスの精度もあまり高くない印象でした。とはいえ、価格と性能、三脚まで付属しており総じてコストパフォマンスの高いモデルと言えます。 長所 Full HD・デュアルマイク・ノイズキャンセリングなどフル機能を搭載三脚まで付属して実売は4,000円を切って超安価 短所 質感はあまり高くない。カメラ可動は360°だが、チルト方向の調整幅が少なすぎる レビュー記事はこちら Amazonで観る IVSO 鮮明で滑らかな1080P高精細画質の表示、スムーズなフルHD映像で、Skype/ Twitter などのテレビ電話をより鮮明に伝達可能です、こちらも三脚が付属します。総合評点は星3 ★★★ 製品名最大解像度画 質視野角集音性能サイズその他IVSO1080p/30fp◯◯△11 x 86 x 67三脚付属 聞き慣れないメーカーです、正確な画角は不明ですが広めに撮影できます、Full HD1080p/30fpsとスペックは他モデルと同等とはいえ、このモデルはビビッドで綺麗な映像表現で好感がもてます。マイクはノイズキャンセリング機能があるようですが若干こもった音質で録音されていました。 三脚に、取付可能なプライバシーシャッターも付属してフル機能にフルオプションですが、レンズの出っ張りとモニター設置時のスクリーン干渉が起きるので設置性はかなり悪いです・・ ただしとんでもなく安価です。 長所 映像は綺麗・シャープな撮影が可能 三脚もシャッターも付属実売は3,000円程度でとにかく安価 短所 質感はあまり高くない。モニター上部設置時に前部に出っ張る上にスクリーン干渉が起きる レビュー記事はこちら Amazonで観る 安心・安全・無難なウェブカメラ BUFFALO BSW505MBK 1080p/30fp 200万画素 視野角120°と広く写る広角レンズ、固定フォーカスです。本体も小型でプライバシーシャッター付きで欠点らしい欠点のないウェブカメラです。だけど評点は星2.5となります。 ★★★ 製品名最大解像度画 質視野角集音性能サイズその他BUFFALO BSW505MBK1080p/30fp◯◯◯50 x 80 x 51  本体は小型ですが映像はビビッドで意外と明るく写ります、固定フォーカスでも意外と寄ってピントが合います。水平視野角約120度の広角レンズ、開閉自在のシャッター、フレキシブルネックによる自由な撮影ポジションなど・・ 突出した性能もないですが欠点もありません。 映像も集音性能も、デザインも設置性もすべて無難にこなす、ウェブカメラのカローラのようです。 長所 Full HD・マイク内蔵・広い視野角と基本性能を抑えている実売価格3,000円台で安価に入手が可能 短所 スペック的に固定フォーカスが劣るポイントデザインがイマイチ、設置性も悪くはないが良くもない。無難なモデル レビュー記事はこちら Amazonで観る ビデオ通話さえできれば良い・・な、ウェブカメラ logicool C270n 最大解像度が 720p/30fp と、上述したモデルからは性能の劣るHD解像度です、自動光調整、ノイズリダクションマイクなど、必要な機能はあります。良い点はデザインが秀悦な事です。評点は星2となります。 ★★ 製品名最大解像度画 質視野角集音性能サイズその他Tinzzi720p/30fp✕△◯69 x 70 x 32  一昔前のHD画質で映し出される映像は滲んで少し暗めだ、さすがにスマホもPCモニターも高解像度な現在は、スペック的に厳しく感じる。ただしマイク性能は悪くなく集音能力は高いようだ。 ただし、デザインも質感も割と良質ではあるが、モニターに設置するとスクリーン干渉が起きてしまう。基本設計が古いタイプの製品ではないかと思われる。 長所 本体デザインは良いマイク性能は良い、それとlogicoolブランドである事か? 短所 解像度が低く、映像は暗くてぼやけてしまう。モニター設置のスクリーン干渉、三脚穴がないため卓上置きが現実的 レビュー記事はこちら Amazonで観る BUFFALO BSWHD06MBK BSWHD06MBK も 720p HD画質性能、フォーカス調整は本体のレンズ部を回して調整をおこなうマニュアル式だ。総合評点は星1 ★ 製品名最大解像度画 質視野角集音性能サイズその他BUFFALO BSWHD06MBK1080p/30fp✕△△11 x 86 x 67三脚付属 まず、このモデルはとにかく質感が悪く見た目も、触ってみても、チープだ。画質は720pなので解像感がなく全体的にもやもやした映像になるし、全体的にホワイトバランスが低いのか暗く写る。集音能力自体はそれほど悪くないようでしっかり録音出来ていたが、ノイズキャンセリングなどの機能はもちろんない。 本体が小型なのは良いが、重量が軽すぎてモニターに設置した場合ケーブルに触れるだけでズレてしまう・・・ 価格は1,000円程度で入手可能ではあるが・・・ 長所 1,000円~1,500円で購入可能 短所 機能・性能・全てにおいてランクが低く、なにも満足感を得られないだろう。 レビュー記事はこちら Amazonで観る まとめ 比較的安価に入手できるウェブカメラ10機種を利用シーンを想定したカテゴリーに分けて評価をおこなってみた。最後にまとめとしてお伝えしたいのは、2021年に購入するべきウェブカメラは、どんな用途であれ最低限Full HD画質(1080p/30fp)を選んでいただきたい。 画質については利用するアプリケーションによっては、ある程度の補正が可能なのでカメラ・レンズで記録できる解像度は一番重視したいポイントである。 マイク性能については、良いに越したことはないが、こだわれば専用マイクなどを利用しようと思うかもしれないし、各機種チェックした限りはノイズキャンセリング性能の差異などがあるものの大きな違いはない。 モニター上であれ、机の上に置くにしても、意外と目立つものなのでできるだけ小型な製品の方が邪魔にならず取り回しもしやすいのでお薦めだ。 用途を想定してカテゴリーを分けてみたが、商品選定の参考になれば幸いです。 ▼こちらの記事もオススメ

マイクスピーカーランキング

まとめ記事 ガジェットレビュー マイクスピーカー

2021/1/29

Withコロナ時代の必需品!オススメのPC用マイクスピーカー10選

2020年初頭以来、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、新たな働き方として自宅などの遠隔地から仕事を行う『リモートワーク』、または多人数が実際に合うことなく、オンライン上で会議を行う『ウェブ会議』という形態が盛んになっている。 そして今後数年間は with コロナ の時代として、ウイルスと付き合って生活していく時期が続くものとみられ、これらの新たな働き方はより一般化していくだろう。 そこで必要となるツールが『マイクスピーカー』である。 "Skype" や "ChatWork" などのビジネスチャットツールで相互の会話を行う際には、集音マイク・スピーカーの2つの機能を備えたマイクスピーカーが必需品である。 しかし市場には非常に多くの種類のマイクスピーカーが存在しており、どの製品を選べばよいのか迷っている方も多いと思う。 そこで今回は、数十種類以上のマイクスピーカーを使用した経験のある筆者が、特にオススメする『マイクスピーカー 10選』について紹介していこうと思う。 製品ごとに特長を抑えてあるので、ぜひマイクスピーカー選びに役立ててほしい。 オススメの『マイクスピーカー』10選 eMeet Luna ⇒ amazonで見る 項目 数値 定格入力 5V/1A 出力 3W Bluetooth Ver4.2 マイクの数 3 マイクの指向性 360°全指向性 バッテリー 3.6V/2600mAh(15時間通話・充電時間3~4時間) サイズ 120 x 120 x 36.5mm 本体重量 290 g 【GOODな点】 高度なノイズキャンセリング機能 多人数での使用に適している コンパクトかつ軽量な筐体サイズ 【BADな点】 Blutooth接続時にノイズが走ることがある   本製品は中国のeMeet社が販売する、ノイズキャンセリング機能とエコーキャンセリング機能を備えたマイクスピーカーだ。 同社の他スピーカーと同様、強力なノイズキャンセリング機能により、環境音や雑音でうるさい状況においても、ヒトの声のみを認識して相手に伝えることが出来る。 全方向からの集音に対応しており、特に多人数でウェブ会議を行う際には役に立つ。 サイズもコンパクトかつ軽量であり、Bluetoothによる遠隔利用が可能なため設置場所を選ばない。 多人数でのオンライン会議や、家族通話に適した製品であると言える。 ▼この製品の詳細なレビュー記事はコチラ eMeet OfficeCore M0 ⇒ amazonで見る 項目 数値 出力 3W RMS マイク周波数応答 20Hz~200Hz SN比 ≧80dB マイク感度 -26dBFS マイクの数 4個 マイクの指向性 360°全指向性 サイズ 7.8cm×7.8cm×4cm 本体重量 215.2mm 【GOODな点】 高度なノイズキャンセリング機能 リーズナブルな価格 非常にコンパクトかつ軽量なサイズ 【BADな点】 バッテリーを非搭載(USB給電が必要)   本製品は中国のeMeet社が販売する、ノイズキャンセリング機能とエコーキャンセリング機能を備えたマイクスピーカーだ。 1万円を切るリーズナブルな価格にもかかわらず、ノイズキャンセリング機能や多人数での利用にも対応した高性能マイクスピーカーである。 マイクスピーカーの中でも特に小型な製品であり、手のひらにすっぽりと収まるほど。 ただしコンパクトな分、バッテリーを内蔵していないため、使用時には常時USBからの給電が必要となる。 自宅で使うための、お買い得なマイクスピーカーを探している人にとっては、まさにうってつけのエントリーモデルだ。 ▼この製品の詳細なレビュー記事はコチラ eMeet OfficeCore M1 ⇒ amazonで見る 項目 数値 出力 3W RMS マイク周波数応答 20Hz~200Hz SN比 ≧80dB Bluetooth Ver4.1 伝送距離約10m マイク感度 -26dBFS マイクの数 6+1MEMS マイクの指向性 360°全指向性 バッテリー 3.6V/2600mAh(12時間通話・20時間音楽再生可能) サイズ 11 x 11 x 2.9 cm 本体重量 270 g 【GOODな点】 高度なノイズキャンセリング機能 全方向の集音に対応 コンパクトかつ軽量な筐体サイズ 高級感のあるデザイン 【BADな点】 バッテリーを非搭載(USB給電が必要)   本製品は中国のeMeet社が販売する、ノイズキャンセリング機能とエコーキャンセリング機能を備えたマイクスピーカーだ。 同社の他スピーカーと同様、強力なノイズキャンセリング機能により、環境音や雑音でうるさい状況においても、ヒトの声のみを認識して相手に伝えることが出来る。 全方向への集音に対応しており、推奨人数は最大5人までとなっているため、小~中規模でのオンラインミーティングに向いている製品である。 本製品はBluetoothによる遠隔使用には対応しておらず、USB給電が必要となるため、どちらかというと自宅のデスク周りに設置するのが望ましい製品であると言える。 外見の光沢は高級感があり、見た目的身も性能的にも人気の高いマイクスピーカーだ。 ▼この製品の詳細なレビュー記事はコチラ eMeet OfficeCore M2 ⇒ amazonで見る 項目 数値 スピーカー出力 3W RMS 周波数応答 20Hz~20kHz(±1db) 信号対雑音比 >80db マイク感度 26db マイク周波数応答 100Hz~8kHz マイク指向性 360°全指向性 Bluetooth Ver4.2 伝送距離約20m マイクの指向性 360°全指向性 バッテリー 3.63V/2600mAh(12時間通話・20時間音楽再生可能) 充電仕様 5V/1A (充電時間3~4時間) サイズ 125mm x 125mm x 35mm 本体重量 300 g 【GOODな点】 高度なノイズキャンセリング機能 高度なエコーキャンセリング機能 全方向の集音に対応 多人数の集音が可能 【BADな点】 価格が少し高め   本製品は中国のeMeet社が販売する、ノイズキャンセリング機能とエコーキャンセリング機能を備えたマイクスピーカーだ。 強力なノイズキャンセリング機能により、環境音や雑音でうるさい状況においても、ヒトの声のみを認識して相手に伝えることが出来る。 USB給電による使用に加えて、内蔵バッテリーによるスタンドアローン使用も可能なため、外出先や周囲に給電方法のない場所での使用に適している。 接続方式はUSB・Bluetoothのいずれも可能。PCのみならずスマホやタブレットに接続して使用することもできる。 サイズもカバンにすっぽりと入るコンパクトな重さ・大きさとなっており、設置場所を選ばない。 まさに持ち運びにはうってつけのマイクスピーカーとなっている。 ▼この製品の詳細なレビュー記事はコチラ Anker PowerConf ⇒ Amazonで見る 製品名 PowerConf メーカーブランド Anker 接続方式 Bluetooth, USB バッテリー 6700mAh(最大24時間連続使用可能) コネクタータイプ USB端子 カラーバリエーション グレー, メタリック サイズ 12.4 x 12.3 x 2.99 cm 重量 340 g 【GOODな点】 長時間の連続使用が可能なバッテリー 音量の最適化機能 ワイヤレス通信によるスタンドアロン使用が可能 ノイズキャンセリング機能 【BADな点】 サイズが大きめ そこそこズッシリ感がある   本製品はAnker社が製造する、ウェブ会議用マイクスピーカーだ。 360度全方位の集音に対応しており、8人までの会議に適した製品となっている。 音量を調整するオートゲインコントロール機能を備えており、マイクからの距離に応じて音量を自動で最適化してくれる。 そして特筆すべきはバッテリー容量だ。 満充電で最大24時間の連続使用が可能であり、外出先や周囲に充電環境のない場所における使用にはうってつけの製品となっている。 しかしその分、eMeet社のものに選べて筐体サイズが大きめとなっている。 持ち運び性能を選ぶのであればeMeet M2あたりを、持続時間を重視するのであれば本製品をオススメしたい。 Anker PowerConf S3 ⇒ Amazonで見る 製品名 PowerConf S3 メーカーブランド Anker 接続方式 Bluetooth, USB バッテリー 6700mAh(最大24時間連続使用可能) コネクタータイプ USB端子 カラーバリエーション ...

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5