お役立ち情報 その他・ツール まとめ記事

【最新】Macで動画編集デビュー!初心者~プロ向け動画編集ソフト4選+おすすめ学習方法を紹介

komi

兼業エンジニアです。 仕事の生産性が高まるPCアプリ、ビジネスツールの紹介の他、プログラミングや語学の学習情報を発信していきます。

ここ数年、Youtubeを始めInstagram,TikTok等のSNSで、日常や旅先の思い出を動画編集し発信する「VLOG」が流行となっています。

また、映画のようにかっこよく編集するCinematic Movie企業のプロモーションや事業サイトで、自分達の魅力を伝える手段として動画を使用するのが重要となってきています。

このようなブームの中で動画制作を始めてみたい!と思っている方も多いのではないでしょうか。

実は動画制作はハードルが低く、誰でも簡単に覚えることができ、尚且つ奥深いため、趣味にするのもおすすめです。

動画制作のために動画編集ソフトを使用しますが、難しい操作は殆どなく演出のセンスの方が圧倒的に重要となります

動画を作るためには、カメラやスマホで撮る動画素材と動画編集ソフト、動画編集に推奨されるスペックを持つPCが必要となります。

動画編集は処理が重く高スペックなPCが必要になりますが、Macは動画編集などクリエティブな作業に最適化されているPCとなっています。

今回はMacを使用することを前提に、初心者からプロまで使っている編集動画ソフトの紹介と学習方法について解説いたします。

これから本格的に動画編集を始めたい方やMacを購入したばかりで興味のある方は是非とも参考にして素敵なオリジナル動画を作っていきましょう!

無料ソフト

Macには無料でも機能が十分豊富な編集ソフトがあります。

まずは動画編集を試して見たいという方にはピッタリです。

iMovie

Appleの純正ソフトです。iOS版もあるため知っている方も多いのではないでしょうか。

無料とはいえ、動画編集の基本的な作業は一通り可能です。

iMovieの大きな利点としては、無料で最初から入っていること、UIが洗練されており直感的操作で手軽に編集が可能なことです。

欠点としてはテロップ位置が変えられないことや重ねられるクリップ数に制限があること等、高度な編集には不向きな仕様になっている点です。

後に紹介するFinal Cut Pro(こちらもApple純正ソフト)が実質iMovieの上位互換ソフトとなっており、iMovieで制限されている点を解放している形式となっています。

DaVinci Resolve

こちらは実質無料ソフトながら動画編集に必要な機能が全て揃っているソフトとなります。

また、カラー補正に強いという特徴を持っています。

実は有償ソフト(36,000円)なのですが無料版でもなんと95%の機能が無期限で解放されています!

無料とはいえプロで愛用している方も増えている本格編集ソフトとなります。

欠点としては、機能が豊富すぎることや独特のUIがあるため、初心者には扱いづらいこと、

使用している人がまだ少ないためチュートリアル動画が他のソフトと比較して少ないことが挙げられます。

無料ですので、まずは試してみることをオススメします。

有料ソフト

ここからは映像制作のプロシーンでも使われている高品質な有料編集ソフトを紹介します。

有料ソフトなので機能制限はなく、どんな編集でも可能です。

プロ向きだから難しいというわけではなく、万人に扱いやすく設計されているので安心して使用することができます。

Final Cut Pro

Apple純正の編集ソフトとなります。

値段は買い切りで36,800円となっています。

Final Cut Proの大きな特徴としてMac専用ソフトのため、最適化されており動作がとても軽く快適なこと、

UI,操作がiMovie準拠となっておりとてもわかりやすいことが挙げられます。

Youtuberにも愛用者が多く、HIKAKINさんがメインで使っていることでも有名です。

豊富なプラグインが各所から出ており、カスタマイズ可能な点も魅力です。

今なら無料で製品版が90日体験使用可能となっていますので、まずは試してみることをおすすめします。

Premire Pro

Adobeから出ている有料編集ソフトです。

こちらはサブスク型で単体だと月額2480円,(年一括払い26,160円)、

他のadobeソフトも使用可能なプランだと月額5680円,(年一括払い68,160円)となります。

こちらはプロに使用者が多く、「シン・エヴァンゲリオン」や「君の名は。」の編集でも使われていたほどです。

機能が豊富なことはもちろん、Adobeソフトとの連携が良いことが大きな特徴となります。

Final Cut ProかPremire Proか

これは動画編集者たちの間でも永遠のテーマとなっているようです。

マイホームVS賃貸のようなもので一概には言えませんが、動画編集する上ではどちらでも構いません。

ソフトはあくまでツールであり、圧倒的に素材と編集センスの方が重要です。

また、Youtube達の動向を見ると、現在(2021/10時点)は2020以降の新型Macを使用する上でFinal Cut Proの方が動作が軽く、人気があるようです。

ちなみに私はiMovieからのアップグレードでFinal Cut Proを使用しています。

おすすめ学習方法

ズバリYouTubeです。

動画編集がブームになっていることもあり、わかりやすいチュートリアル動画が大量にあります。

以下、私が勉強させていただいたチャンネルを紹介させていただきます。

これらのチャンネルはカッコ良い作品はもちろん、編集撮影テクニックが豊富に紹介されており、大変参考になります。

カッコイイ動画を見ると動画制作のモチベーションも上がるのでおすすめです。

まとめ

今回はMacで使うことが可能な動画編集ソフトと学習方法を紹介してきました。

記事内でも触れましたが、編集ソフトはあくまでもツールであり、本当に大事なことは素材とセンスとなります。

センスを磨くにはとにかくたくさん編集し作ってみることだと考えています。

私も道半ばですが、みなさんも一緒に動画編集を楽しんでいきましょう!

▼こちらの記事もオススメ

【2021最新】Mac端末を買ったらすぐに入れるべき作業効率化アプリ5選+α

先日Appleの製品発表会があり、iPhone13など続々と最新シリーズが発表されましたね。 期待されていたMac関連の発表はあまりありませんでしたが、やはりMacはカッコよくて憧れるパソコンで一度は ...

続きを見る

VSCodeのおすすめプラグイン9選を一挙紹介!プログラミングを効率的にサポート

プログラミングを始める時、ローカルのエディタとして Visual Studio Code(VSCode)が主流です。 ここでは初学者の方に向けて、コーディングに特に便利な9つのサポートプラグインを紹介 ...

続きを見る

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • リモートワーク関連機器
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. タブレット
  3. タブレット
  4. タブレット
  5. タブレット
    発売日 : 2021年05月20日
    価格 : ¥178,800
    新品最安値 :
    ¥178,800
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット
    発売日 : 2021年05月20日
    価格 : ¥261,800
    新品最安値 :
    ¥261,800
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. 知育・学習玩具
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. ウェブカメラ
  2. ウェブカメラ
  3. PC用ヘッドセット
  4. コンデンサ
  5. ウェブカメラ
  6. ウェブカメラ
  7. ウェブカメラ
  8. コンデンサ
  9. ウェブカメラ
  10. PC用ヘッドセット
  11. ゲーミングヘッドセット
  12. コンデンサ
  13. PC用マイク
  14. PC用ヘッドセット
  15. ゲーミングヘッドセット
  16. PC用マイク
  17. ウェブカメラ
  18. PC用マイク
  19. ウェブカメラ
  20. PC用マイク
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. タワー
  3. デスクトップ
  4. タワー
  5. タワー
  6. ミニ
  7. ミニ
  8. タワー
  9. 一体型
  10. 一体型
  11. タワー
  12. ミニ
  13. 一体型
  14. ミニ
  15. タワー
  16. ミニ
  17. タワー
  18. 一体型
  19. タワー
  20. 一体型
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. ノートパソコン
  6. ノートパソコン
  7. ノートパソコン
  8. ノートパソコン
  9. ノートパソコン
  10. ノートパソコン
  11. ノートパソコン
  12. ノートパソコン
  13. ノートパソコン
  14. ノートパソコン
  15. ノートパソコン
  16. ノートパソコン
  17. ノートパソコン
  18. ノートパソコン
  19. ノートパソコン
  20. ノートパソコン
ガジェットレビュー 一覧
  • この記事を書いた人

komi

兼業エンジニアです。 仕事の生産性が高まるPCアプリ、ビジネスツールの紹介の他、プログラミングや語学の学習情報を発信していきます。

-お役立ち情報, その他・ツール, まとめ記事
-, , , , , , ,