現在実施中の人気セール!

1

BTOパソコン・ゲーミングPCの販売を手掛ける大手通販ショップ『マウスコンピューター』。 同サイトにおいて、RTX4000&3000台のハイエンドグラボを搭載したゲーミングPC等について、最大50,0 ...

2

BTOパソコンやゲーミングPCの販売を手掛ける大手オンラインショップ『FRONTIER(フロンティア)』。 同サイトにおいて、ハイエンドゲーミングPCをお得な割引価格で購入できる『新生活スタートセール ...

3

BTOパソコンやゲーミングPCの販売を手掛ける大手オンラインショップ『FRONTIER(フロンティア)』。 同サイトにおいて、RTX3000台およびRTX4000台など、人気の高いグラフィックボードを ...

※ 記事内にアフィリエイト広告が含まれています

PC・モニター ガジェットレビュー

『INNOCN 24C1F』レビュー | 65W Type-Cポート搭載、柔軟な可動域を備えた高コスパモニター

レイ(管理人)

最新ガジェット大好きな中国在住WEBコンテンツクリエイター。日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

モニターの開発を手掛けるInnocnは、同社が手掛けるブランドの最新ゲーミングモニター『INNOCN 24C1F』を2023にリリースした。

1920×1080(FHD)解像度、最高75Hzリフレッシュレート対応の24インチモニターであり、柔軟な可動域と充実したインターフェースを搭載。ゲーミングや動画視聴、仕事用途まで幅広く活用できる汎用性の高いモデルとなっている。

今回、メーカーより本製品を提供していただいたので、実際に使用した感想を基にレビューしていきたいと思う。

ブランド Innocn
型名 Innocn 24C1F
ディスプレイサイズ 24インチ IPS 非光沢
解像度 1920×1080(FHD)
アスペクト比 16:9
色域 sRGBカバー率:99%
DCI-P3カバー率:90%
リフレッシュレート 最高75Hz
スピーカー 非搭載
インターフェース ・LANポート(RJ45)
・HDMI
・USB Type-C(65W)
・USB Type-A×2
・USB Type-B
・3.5mmオーディオジャック
可動域 ・高さ:120mm
・左右:45度
・前傾:5度
・後傾:20度
・垂直回転:90度
VESAマウント 対応(75mm×75mm)
本体サイズ 540×330×60mm(モニター部分のみ)
本体重量 約5.4kg

本体サイズは540×330×60mm、重量は約5.4kgである。

24インチディスプレイはノングレア(非光沢)IPSパネルを採用。1920×1080(FHD)解像度に対応しており、ユーザーに臨場感あふれる映像体験を提供する。178度の広視野に対応しており、見る角度によって色やコントラストの変化は少なく、どの角度からでも鮮やかな映像を堪能することが可能。16:9の縦横比は人の目に適合し、快適な視覚体験をもたらす。

▼sRGBカバー率:99%、DCI-P3カバー率:90% に対応。

75Hzのリフレッシュレートに対応しており、滑らかな描画の映像を楽しめる。TUV低ブルーライト認証も取得しており、有害なブルーライトを低減してユーザーの眼を保護する。仕事用モニターとしても重宝するだろう。

1msの高速応答により遅延のない映像を提供。コンマ数秒の反応が求められるシューティングゲームなどにおいても、満足度の高いゲームプレイが可能となっている。

筐体背面には充実したポート類が用意されており、最新ゲーム機やPCなど、幅広いデバイスとの接続に対応可能。

【インターフェース構成】

  • LANポート(RJ45)
  • HDMI
  • USB Type-C(65W)
  • USB Type-A
  • USB Type-B
  • 3.5mmオーディオジャック

中でもType-CポートはUSB PD 65Wに対応しているため、ケーブル一本でノートPCなど対応デバイスと接続することが可能となっている。

そして非常に柔軟な可動域を擁しており、高さ:120mm、左右:45度、前傾:5度、後傾:20度、垂直回転:90度 の範囲で調節が可能。自身が最も使いやすい位置に素早く調整できる。

以上の通り、2万円前後のリーズナブルな価格に対して、優れたスペック構成と設計の高コスパモニターとなっている。

製品本体および付属品

▼外箱の様子

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧は以下の通り。

【内容物一覧】

  • モニター本体
  • 電源アダプタ
  • ユーザーマニュアル
  • HDMIケーブル
  • スタンド
  • ベース
  • キャリブレーションシート

▼ユーザーマニュアルは日本語にも対応。

▼モニター設置に使うスタンド&ベース

モニター本体

▼正面から見た様子。

▼ノングレア(非光沢)IPSパネルで構成された24インチディスプレイを搭載。

▼右下には電源ボタンをはじめ、各種操作ボタンが搭載。

▼背面の様子

▼背面中央にはベースを取り付けるためのポートが用意されている。

▼そして背面下部には各ポートが集約されている。

▼画面左からLANポート(RJ45)、USB Type-A×2USB Type-BUSB Type-C(65W)HDMI3.5mmオーディオジャックAC電源ポートが用意。

このように、モニター自体はスタイリッシュなデザインとなっている。

自宅だけでなく、オシャレなオフィスなどに設置しても違和感は無いだろう。

ただ、スピーカーは非搭載のため、サウンド出力のためには別途スピーカーが必要な点に注意したい。

モニターの組み立て手順

本製品を組み立てる手順はいたって簡単だ。

まず、モニター背面へスタンドを取り付ける。

そしてスタンド下部へ、ベース部分を取り付ける。

そして底面のネジを手で締めることで、スタンドとベースが固定される。

これだけの手順で、モニターの組み立てが完了する。誰でも簡単に設置できるだろう。組み立てにドライバーが不要な点は嬉しい。

▼実際に組み立てた様子。安定性は優れており、ちょっとやそっとの揺れで倒れることは無い。

本体重量は約5.4kgと比較的軽く、場所をラクラク移動させることができるだろう。

▼背面の様子

▼スタンド底部にケーブルを通すための穴が用意されている。

非常に柔軟な可動域

本製品は高さ、左右、前傾、後傾、垂直回転の柔軟な可動域を擁している。

▼モニターを一番高く上げた状態。

▼一番高く上げた状態で設置面から約20cmの高さ。

▼モニターを一番低く下げた状態。

▼一番低く下げた状態で設置面から約7.5cmの高さ。

▼真横から見た様子。

▼前傾5度、後傾20度の角度で調節が可能。

▼真上から見た様子。

▼左右45度の角度調整(回転)に対応している。

▼左右の角度は、スタンド付け根のダイヤル表示で確認できる。

そして本製品はディスプレイ部分の90度回転に対応しており、画面の縦横を変更できる。

設置場所や用途に応じて柔軟な調整が出来る点も、本製品の最も大きなメリットの1つだろう。

色合いの鮮やかなディスプレイ

▼実際にPCと接続した様子

1920×1080(FHD)解像度対応ディスプレイで映し出される映像は、綺麗で見やすい。

▼ディスプレイの表示情報。最高75Hzのリフレッシュレートに対応。

ウェブサイト閲覧時でも細かな文字まで鮮明に描画されるため、見やすくて目が疲れづらく感じた。

▼視野角の広いディスプレイのおかげで、いずれの角度からでも鮮明に見える。ノングレア加工のおかげで、環境光などの反射で目が疲れるのを防ぐ。

▼ベゼル幅も約5mmほどと薄く、デュアルモニター化にも適しているだろう。

YouTubeで動画を再生してみたが、高い色域カバー率によって、深みのある色鮮やかな映像を楽しむことができた。

▼IPSパネルの発色は良好だ。

▼細部までカラフルかつ明瞭に描画される。映像視聴目的でも満足度の高い体験が可能だろう。

気になる色ムラなども見られず、ゲーミング、動画視聴などでも満足度の高い映像体験が可能となっている。

縦表示に対応

上述した通り、本製品はディスプレイを90度回転させて画面を縦表示することができる。

▼設定より画面の向きを "縦" に変更。

▼PC画面を縦向きに表示して視聴できる。

▼縦に長く連なる情報を表示させたい場合などに、非常に役立つ形態となっている。

充実したオプション項目

画面右下のボタンを押すと、オプション画面を呼び出すことができる。

オプション画面では、明るさやコントラストと言った一般的なモニター設定が用意されている。

▼インターフェースは日本語にも完全対応しているため、問題なく扱えるだろう。

▼低ブルーライト機能も用意。仕事や作業などで長時間画面を凝視する際にはうってつけだ。

▼ゲーミング用の設定項目も充実。

ゲーミング向けの機能(クロスヘアー)も用意されており、画面中央にマークを表示させることが可能。

▼シューティングゲームなどで、中央に照準を合わせる際に便利な機能だ。

Adaptive-Sync機能も用意。

以上の通り、一般的な映像品質設定からゲーミング向けの機能まで、豊富な機能が用意されている。

65W Type-Cポート搭載

背面のType-CポートはUSB PD 65Wに対応しているため、ケーブル一本でノートPCなど対応デバイスと接続することが可能となっている。

逆高速充電に対応しており、モニターから外部デバイスへ給電を行うことも可能だ。

満足度の高いゲーミング体験が可能

本製品は最大75Hzのリフレッシュレートに対応しており、PCゲームや家庭用ゲーム機などで滑らかな描画のゲーミングを楽しむことが可能だ。

▼PCゲームプレイ時

▼ゲーム側の設定で75Hzリフレッシュレートを指定。

一般的な60Hzモニターと比べて、より滑らかな描画でゲームを楽しむことが出来た。

激しいアクション(動き)やエフェクトなどもヌルヌル描画されるため、ゲームプレイ時の爽快感が増す。

▼PS5と接続してみた。

▼PS5接続時は60Hzで描画される。

PS5のような最新世代機と接続した場合でも、美麗な映像でゲームを楽しむことが出来た。

仕事や動画視聴、ゲーミングまで幅広い用途に活用できるモニターとなっている。

競合他機種との比較

競合機種であるDellの24.1インチモニター(Dell U2421E)との比較を基に、『INNOCN 24C1F』のコストパフォーマンスの良さについて見ていきたい。

2機種の価格・スペックは以下の通りだ。

項目
INNOCN 24C1F

Dell U2421E
価格(記事執筆時点におけるAmazon販売値) 22,131円(税込) 37,048円(税込)
ディスプレイサイズ 24インチ 24.1インチ
ディスプレイ種別 IPSパネル(非光沢) IPSパネル(非光沢)
解像度 1920×1080(FHD) 1920×1200(FHD+)
アスペクト比 16:9 16:10
色域 sRGBカバー率:99%
DCI-P3カバー率:90%
sRGB 99%
Rec 709 99%
リフレッシュレート 最高75Hz 最高60Hz
スピーカー 非搭載 非搭載
インターフェース ・LANポート(RJ45)
・HDMI
・USB Type-C(65W)
・USB Type-A×2
・USB Type-B
・3.5mmオーディオジャック
・HDMI x1
・DP(in) x1
・DP(out) x1
・USB-Cアップストリーム x1
・USB-Cダウンストリーム x1
・USB 3.2ダウンストリーム x3
・RJ45 x1
・オーディオラインアウト x1
可動域 ・高さ:120mm
・左右:45度
・前傾:5度
・後傾:20度
・垂直回転:90度
・高さ:150mm
・左右:45度
・前傾:5度
・後傾:21度
・垂直回転:90度
VESAマウント 対応(75mm×75mm) 対応(100mm×100mm)
サイズ(モニター部分のみ) 540×330×60mm 364-510.7×530.8×173mm
重量 約5.4kg 約4.0g

上記の通り、いずれも24インチのIPSディスプレイを搭載。FHD解像度に対応している。

インターフェース構成は「Dell U2421E」の方が充実しているが、「INNOCN 24C1F」もUSB Type-C(65W)を搭載しているという点では頑張っている。

また、「Dell U2421E」は最大60Hzまでしかリフレッシュレートが出ないが、「INNOCN 24C1F」は最大75Hzのリフレッシュレート描画に対応しており、少しの差ではあるが、ゲーミングに関しては「INNOCN 24C1F」の方がやや向いていると言えるだろう。

可動域に関しては、いずれも左右、前傾、後傾、垂直回転の柔軟な可動域を擁している。

これらの点より、インターフェース構成の充実度を除けば、基本的な映像視聴体験や人間工学(可動域)などの点に関しては同等のクオリティで楽しめるモニター2機種となっている。しかし価格は「INNOCN 24C1F」が22,131円(税込)、「Dell U2421E」が37,048円(税込)と、約1.5万円もの差がついている。

コストパフォーマンスの点で見れば、これだけの性能・スペック構成を2万円前後で実現している「INNOCN 24C1F」に軍配が上がるだろう。

選ぶポイント

  • コストパフォーマンス重視 ⇒「INNOCN 24C1F
  • ゲーミング目的でモニターを探している ⇒「INNOCN 24C1F
  • 予算に余裕があり、接続可能端子が多いモニターが欲しい ⇒「Dell U2421E

『INNOCN 24C1F』のまとめ

今回紹介した『INNOCN 24C1F』について、特長をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • スタイリッシュな薄ベゼルデザイン
  • 非常に柔軟な可動域
  • 組み立てが簡単かつシンプル
  • 充実した機能・オプションが用意
  • 色鮮やかで滑らかな描画のIPSディスプレイ
  • USB PD 65W対応のType-Cポートを搭載
  • リーズナブルな価格

悪かった点

  • スピーカー非搭載
  • 映像出力端子が少ない
  • DP(ディスプレイポート)を非搭載

以上の通り、仕事や動画視聴、ゲーミングまで幅広い用途に活用できる高コスパなモニターとなっている。

フルHD解像度のIPSパネルで描画される映像は実にクリアで、細かな文字まで鮮明に描画されるため見やすい。明暗にメリハリがあり、ゲーミングや動画視聴時に、臨場感のある映像を楽しめる。

USB PD 65W対応のType-Cポートを搭載しており、モニター経由で外部デバイスへの給電を行うことが出来る点も便利だ。

そして何より、非常に柔軟な可動域を擁しており、縦表示にも対応しているため、ユーザーごとの使い道に応じて幅広い設置方法が可能となっている。

この価格帯のモニターとしては優れたスペックであり、同価格帯で汎用性の高いモニターを探している方にはぜひオススメしたい高コスパモデルと言える。

▼こちらの記事もオススメ

『Innocn 49C1R』レビュー | 49インチ・5K解像度・最高120Hz対応の曲面スーパーウルトラワイドモニター

モニターの開発を手掛けるInnocnは、同社が手掛けるブランドの最新ゲーミングモニター『Innocn 49C1R』について、2023年10月より販売開始した。 5K デュアルQHD (5120×144 ...

続きを見る

『Innocn 39G1R』レビュー | 最高165Hz・WQHD解像度対応の38.5インチ湾曲モニター

モニターの開発を手掛けるInnocnは、同社が手掛けるブランドの最新ゲーミングモニター『Innocn 39G1R』について、2022年11月より販売開始した。 2560x1440(WQHD)解像度、最 ...

続きを見る

この記事をシェアする

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. 金利0% 6回払いが可能。買い取りも実施中
  3. タブレット
  4. タブレット
  5. タブレット
  6. シャオミのRedmi Pad SE(4GB+128GB)を購入すると純正スタイラスペンを1つ無料でプレゼント
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. 電子玩具・キッズ家電
  14. タブレット
  15. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥78,799
    新品最安値 :
    ¥78,799
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. 電子玩具・キッズ家電
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. スマートウォッチ
  2. スマートウォッチ
  3. スマートウォッチ
  4. スマートウォッチ
  5. スマートウォッチ
  6. スマートウォッチ
  7. スマートウォッチ
  8. スマートウォッチ
  9. スマートウォッチ
  10. スマートウォッチ
  11. スマートウォッチ
  12. スマートウォッチ
    発売日 : 2023年07月27日
    価格 : ¥3,990
    新品最安値 :
    ¥3,990
  13. スマートウォッチ
  14. スマートウォッチ
  15. スマートウォッチ
  16. スマートウォッチ
  17. スマートウォッチ
  18. スマートウォッチ
  19. スマートウォッチ
  20. スマートウォッチ
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. ミニ
  3. ミニ
  4. ミニ
  5. タワー
  6. ミニ
  7. ミニ
  8. タワー
  9. ミニ
  10. ミニ
  11. タワー
  12. ミニ
  13. ミニ
  14. ミニ
  15. タワー
  16. 一体型
  17. ミニ
  18. ミニ
  19. ホットカーペット
  20. ミニ
  1. 標準型ノートパソコン
  2. 標準型ノートパソコン
  3. 標準型ノートパソコン
  4. 標準型ノートパソコン
  5. 標準型ノートパソコン
  6. 標準型ノートパソコン
  7. 標準型ノートパソコン
  8. 標準型ノートパソコン
  9. 標準型ノートパソコン
  10. 標準型ノートパソコン
  11. 標準型ノートパソコン
  12. 標準型ノートパソコン
  13. 標準型ノートパソコン
  14. 標準型ノートパソコン
  15. 標準型ノートパソコン
  16. 標準型ノートパソコン
  17. 標準型ノートパソコン
  18. 標準型ノートパソコン
  19. 標準型ノートパソコン
  20. 標準型ノートパソコン

関連コンテンツ

ガジェットレビュー 一覧

  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好きな中国在住WEBコンテンツクリエイター。日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-PC・モニター, ガジェットレビュー
-, , , , ,