その他・ツール ガジェットレビュー

『Blackview BV7200』レビュー | 背面LEDパネル搭載の実用的なタフネススマホ

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

新型コロナウイルスの影響により、最近ではグランピングやキャンプ、釣りなどのアウトドアアクティビティが人気を博している。

現代では出かける際にも漏れなくスマートフォンを持ち歩くことが当たり前となっており、それらのアウトドアな場面にもスマホを持参する方がほとんどだろう。

しかし、水辺や砂塵の巻き起こるような環境でスマホを使用すると、故障や不具合の原因にもなりかねない。

そこで今回紹介するのが、高い防水・防塵・耐衝撃性能を備えたタフネススマホBlackview BV7200である。

発売日は2022年11月1日(火)を予定されている。

過酷な環境でも使用できる実用的なタフネススマホ

今回紹介する『Blackview BV7200』は、IP68 & IP69K等級の高い防水・防塵性能と、MIL-STD-810H規格の非常に強固な耐衝撃性能を備えた、アウトドア利用にはうってつけのスマートフォンだ。

ブランド Blackview
モデル名 BV7200
カラー オレンジ/グリーン/ブラック
ディスプレイサイズ 6.1インチ
解像度 1560×720(HD+)
リフレッシュレート 非公表
OS Doke OS 3.0 (Android 12ベース)
CPU(SoC) MediaTek Helio G85 オクタコアプロセッサー
RAM 6GB LPDDR4x(最大10GBまで拡張可能)
ストレージ 128GB
防水・防塵・耐衝撃 IP68 & IP69K & MIL-STD-810H規格
マイクロSDカード 対応(最大1TBまで)
SIMカード デュアルnano SIM対応
対応通信規格 Bluetooth, Wi-Fi, GPS
NFC
Fdd: b1/b3/b7/b8/b20 tdd: b40
Wcdma: d1/b8
Gsm: 850/900/1800/1900
FeliCa(おサイフケータイ) 非対応
搭載カメラ フロント:8MPフロントカメラ
リア:50MPメインカメラ + 超広角&マクロ8MPカメラ
内蔵バッテリー容量 5,180mAh(18W高速充電対応)リバースチャージ対応
筐体サイズ 約165.3mm × 81.6mm × 16mm
筐体重量 約288g

IP68 & IP69K等級の筐体は、4m以上の水深への水没や落下、空気中を舞い散るチリなどが入り込むことによる故障を防ぐことができるため、アウトドアな場面など過酷な環境での使用に適した設計となっている。キャンプやグランピング、釣り、登山など、過酷な環境に持参するにはうってつけだ。

6.1インチのIPSディスプレイにはコーニングゴリラガラスを採用しており、キズや衝撃に強い。とことんタフネスな設計がなされている。

ただ頑丈なだけでなく、1560×720(HD+)解像度に対応しており、綺麗で滑らかな映像を楽しむことが可能。

OSはAndroid12ベースのDoke OS 3.0を搭載、CPUにはMediaTek Helio G85 オクタコアプロセッサーを採用し、RAM(メモリ)は6GBを積むなど、大抵の作業を快適にこなすことができる性能を擁している。

ストレージには128GBを用意しており、容量的には十分だと言える。もし不足に感じる場合は、マイクロSDカードを別途購入して挿入することで拡張が可能。RAMも最大10GB拡張することが出来る。

通信規格はWi-FiとBluetoothに加えて、主要なグローバルバンドを利用したLTE回線通信にも対応。デュアルnano SIMカードの挿入に対応しており、Wi-Fiのない環境でもインターネット接続を行うことが出来るため、アウトドアな場面でも安心だ。

また本体前面には8MP(メガピクセル)のフロントカメラを、背面には50MPメインカメラ + 超広角&マクロ8MPカメラを搭載しており、ウェブ会議やオンライン授業、外出時の記念撮影用ツールまで幅広い用途で活躍するだろう。

そして何より、5,180mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、充電なしで長時間の連続使用が可能となっている。18Wの高速充電にも対応しているため、わずかな時間でバッテリーを回復できる点は便利だ。

▼アウトドアな場面でも、バッテリー切れを心配せず利用し続けることが可能。

▼リバースチャージにも対応しており、Blackview BV7200から他のデバイスに対して給電を行える。緊急時のモバイルバッテリーとしても重宝するだろう。

このように、抜群のタフネスさを備えたうえで、実用的な性能も兼ね備えており、アウトドアな場面に持参するにはうってつけのモデルであると言える。

製品本体および付属品

▼外箱の様子

▼内容物をすべて取り出した様子

内容物一覧は以下の通り。

【内容物一覧】

  • スマホ本体
  • USB Type-Cケーブル
  • 電源アダプタ
  • ユーザーマニュアル

本レビュー品に付属した電源アダプタはEUプラグであったが、日本向けに発送される製品には、日本対応プラグが付属するとのこと。

▼スマホの外観。6.1インチディスプレイを搭載したゴツい見た目。

▼前面上部には8MPのフロントカメラを内蔵。

▼背面の様子。かなりガッシリとした造りになっており、ケース等に入れずにこのまま持ち運んでも問題ないだろう。中央にはLEDパネルが搭載されている。

▼背面上部には50MPメインカメラ + 超広角&マクロ8MPカメラを内蔵。

▼下部には落下防止ストラップ等を装着出来るようになっている。

▼筐体サイズは約165.3mm × 81.6mm × 16mm、重量は約288gと大型であり、手荷物とズッシリ感がある。

▼持ち運びに支障をきたすレベルではない。

無骨なデザインにカッコよさを感じる方も多いだろう。

▼厚みは約16mm。ポケットに入れて持ち運ぶにはやや大きいかもしれない。

続いて、本体のインターフェースについて紹介していく。

▼右側面には電源ボタンと音量調節ボタンが用意。ちなみに、電源ボタンは指紋認証に対応している。

▼左側面にはカードスロットと、好みの機能を割り当てることの出来るサイドキーが用意されている。

カードスロットにはマイクロSDカード、もしくはデュアルnano SIMカードの挿入が可能だ。

▼本体上部には特に何もない。

▼本体下部にはType-Cポートと、1基のスピーカーが内蔵。

▼ポートはキャップでしっかりと保護されている。

このように、端子・ポート類の露出を極力最小限に抑えることで、IP68&69K等級の高い防水・防塵性能を実現している。

筐体自体はどのような過酷な環境でも耐えうる強固な設計がなされていると言えるだろう。

AnTuTuベンチマークテスト

本機について、スマホ・タブレット端末の性能を測ることのできる『AnTuTuベンチマークテスト』を実施してみた。

▼Android端末におけるAnTuTuベンチマークテストの実施方法はコチラを参照

Android端末でAnTuTuベンチマークテストを行う超簡単な方法(2021年時点)

スマートフォン・タブレットなどのモバイル端末のスペック(スコア)を計測することのできるツールとして、『AnTuTu Benchmark』(アンツツ ベンチマーク)というものがあります。 AnTuTuと ...

続きを見る

結果として、約22万点のスコアを記録することが出来た。

スコア的にはミドル級の性能と言えるだろう。ウェブサイト閲覧や動画視聴はもちろん、『原神』などのゲームアプリでもある程度快適に遊ぶことのできる性能だ。

仕事や動画視聴、ゲーミング用のスマホを探している方にもオススメできるモデルである。GPUスコアもそこそこ高いため、処理の重い3Dゲームアプリでも比較的スムーズに動作するだろう。

それでは以下からは、実際に使用した感想について紹介していく。

大抵の作業を快適にこなすことのできる性能

本機のパフォーマンスを確認すべく、ウェブサイト閲覧時・動画視聴時の動作について検証した。

ウェブブラウジングは基本的に快適であり、画像が多めのサイトや、処理の重いサイトであっても スムーズに閲覧することが出来た。

▼ほとんどのウェブサイトが一瞬で表示される。

▼HD+解像度対応のディスプレイは明瞭であり、細かな文字まで読みやすい。

画像やスクリプトが多めのサイトでも、スクロール時に遅延やカクつきを感じることも無かった。

また、YouTubeやネットフリックスなどの動画サイトを閲覧した場合においても、スピーディかつスムーズに動画を再生することが可能であった。

▼フルHD画質以上の美しい映像を、スムーズに視聴することが出来る。

発色も良好で、映画やアニメなどを視聴しても満足度の高い体験が可能だ。

以上の通り、ウェブサイト閲覧や動画視聴においては、何の問題もなく快適に行うことが出来た。

便利なサイドキー

本製品の左側面には、ユーザーが自由な機能を割り当てることのできるサイドキーが用意されている。

▼オレンジ色のボタン。

▼設定アプリよりキーの設定が可能。

ワンクリック時・ダブルクリック時・長押し時の3種類の操作方法に対して、それぞれ好みの機能を割り当てることができる。

このボタンを上手く活用することで、スマホ自体の利便性をかなり向上させることが可能だ。

例えばスクリーンショット撮影や特定のアプリの起動を割り当てておくと、瞬時にそれらにアクセスできるため、操作性がかなり快適になる。

他のスマホ機種にも是非採用してほしい機能であると感じた。

グローブモード搭載

本製品はグローブモードを搭載しており、ONにすることで手袋やグローブを装着した状態でもディスプレイのタッチ操作を行うことが出来る。

アウトドアな場面でもスムーズにスマホを利用したい方にとって、必須とも言える機能だろう。

背面LEDパネルを搭載

本製品の背面中央にはLEDパネルが搭載されており、各種通知があった場合に点灯する。

▼点灯する条件は、設定アプリより変更可能。

着信などを受けた際、スマホディスプレイがうつ伏せの状態でも、通知を視覚的に確認できる機能だ。

しかし、それ以上でも以下でもない機能であり、どのような場合でも3つのアイコンが同時に点灯するため、アイコンに意味はない。

あくまでオマケ程度のユニークな機能と捉えた方が良いだろう。

音質はそこそこ頑張ってる

上述したように、本機には下部に1基のスピーカーが内蔵されている。

実際に音楽などを視聴してみたが、この手のタフネススマホにしては質の高いサウンドを実現出来ていると感じた。

タフネススマホは密閉性を重視している分、音がこもって聞こえがちだ。しかし本製品の場合、低音こそ潰れてしまっているが、中~高音域に関しては比較的クリアに響き渡っており、映像・音楽視聴時のいずれの場合でも満足度の高い体験が可能であった。

同社の展開するタフネススマホの中では、比較的良い音質であると感じた。

実用的な性能のカメラ

また、本機に搭載されていカメラについても確認してみた。

▼実際にフロント(前面)カメラで撮影した画像。

フロントカメラに関して、画質は概ね良好であり、ヒトの輪郭から表情までクリアに映し出すことが出来ていた。

ウェブ会議やオンライン授業など、オンライン通話用途に利用しても問題のない品質だ。

続いてリア(背面)カメラで撮影した画像を見ていく。

背面カメラについても、フロントカメラ以上に鮮明で美しい写真を撮影することが可能であった。発色も良く、肉眼で見た場合に近い色合いを実現している。

上画像を見ても分かる通り、遠景から近景、広角まで、明瞭に撮影することができた。

旅行や記念撮影用のカメラとしても十分に活用できる品質だろう。

ゲーミング性能の確認

最後に、本機を用いて各種ゲームアプリを遊んだ際のパフォーマンスについても確認していく。

『PUBG』プレイ時

まずは『PUBG』の場合について。

まずグラフィッククオリティに関しては『HD』までを選択することが出来た。

実際に試合に参加してみたが、大人数のプレイヤーが密集する場所においても、処理落ちやカクつきなどはほとんど生じず、終始快適なゲームプレイが可能であった。

▼近くのテクスチャから遠くの風景まで、美しく描画される。

▼激しく動き回っても、ラグやフレームレート低下などを感じることはほとんどなかった。

発色も良く、描画も滑らかなため、本気でスマホゲーを楽しみたいでも満足度の高い体験が可能だろう。

『統合版マインクラフト(旧PE)』プレイ時

続いて『統合版マインクラフト(旧PE)』の場合について。

ワールドを作成して実際にプレイしてみたが、スムーズで快適に操作することが出来た。

▼チャンク読み込み時にも重さを感じない。

▼処理の重くなりがちな森林バイオームでも、フレームレート低下やカクつきを感じることは無かった。

クリエイティブやサバイバル、またはマルチサーバーに参加した際などにも、パフォーマンスは非常に安定しており終始スムーズなゲーミングが可能であった。

多くのアドオンを導入したり、友人らと多人数マルチサーバーに参加した場合でも、スムーズな動作を実現することが出来るだろう。

以上の通り、『PUBG』や『マインクラフト』レベルのゲームアプリであれば、ほとんど問題なく快適に遊べることが確認できた。

『原神』プレイ時

最後に "激重" ゲームとしても有名な『原神』の場合について。

非常に重いゲームアプリとして有名な『原神』であるが、本機では比較的スムーズにプレイすることが可能であった。

▼画質設定はデフォルト状態で "最低" に設定されており、デバイス負荷は "スムーズ" の状態。

▼画質設定を "" まで上げるとデバイス負荷も高まるが、依然としてスムーズな動作が可能であった。

さすがに画質設定を中以上に上げると顕著なフレームレート低下が発生するが、低画質でも十分に綺麗な映像でゲームを楽しむことが可能だ。

▼美しく滑らかな描画で原神を楽しめる。

『原神』クラスの激重ゲームでも、設定を抑えることである程度スムーズなプレイを楽しむことが可能であった。

以上の通り、ゲーミング用途にも活用できるほどのパフォーマンスを発揮するスマホとなっている。

大容量バッテリー

本製品には5,180mAhの大容量バッテリーが内蔵されており、実際に満充電の状態から3時間以上ゲームアプリを連続して遊んでみたところ、30%ほどしかバッテリーが減っていなかった。

普通にスマホを利用する分には、1~2日ほど充電ケーブルに接続しなくても問題ないだろう。

また、本製品は18W急速充電に対応しており、短時間でバッテリーを大きく回復させることが可能だ。少しの充電時間で一気にバッテリーを回復できる点も実用性の高さを向上させていると言えるだろう。

『Blackview BV7200』のまとめ

今回紹介した『Blackview BV7200』について、特徴をまとめると以下の通りだ。

良かった点

  • 無骨でカッコいいデザイン
  • IP68 & IP69K & MIL-STD-810H規格準拠の高い防水・防塵・耐衝撃性能
  • 便利なサイドキー
  • 発色の良いディスプレイ
  • 大抵の作業を快適にこなすことのできる性能
  • ゲームアプリもある程度快適にプレイ可能
  • 長持ちする大容量バッテリー搭載
  • 実用的なカメラ性能

悪かった点

  • 背面LEDパネルは中途半端

以上の通り、過酷な環境でも使用に耐えうる強固な造りと、実用的な性能を両立したタフネススマホとなっている。

ただ頑丈なだけでなく性能も充実しており、動画視聴や仕事目的、ゲーミングに至るまで大抵の作業を快適にこなすことが可能だ。

ディスプレイの発色はカラフルで美しく、ウェブブラウジングからゲームプレイ、動画視聴まで満足度の高い体験が可能であった。

前面・背面搭載のカメラによって撮影された画像(映像)も綺麗で、アウトドアな場面での撮影用端末としても重宝するだろう。

5,180mAh大容量バッテリーの持ちも良好で、いちいちバッテリー残量を気にせずに外出先でも安心して利用できる。グローブモード対応、リバースチャージ対応など、アウトドア用途に適した機能が充実している点も魅力的だ。

一方で、せっかく背面パネルを搭載しているのに、ただワンパターンに点灯させるだけの中途半端な機能しか用意されていない点は勿体なく感じた。

いずれにせよ、実用的な性能と、強固な造りを併せ持つスマホを探している方には、是非オススメしたい一品だ。

▼こちらの記事もオススメ

『Blackview BV8800』レビュー | 過酷な環境でも使用できる実用的なタフネススマホ

新型コロナウイルスの影響により、最近ではグランピングやキャンプ、釣りなどのアウトドアアクティビティが人気を博している。 現代では出かける際にも漏れなくスマートフォンを持ち歩くことが当たり前となっており ...

続きを見る

『Blackview Tab 13』レビュー | 実用的な性能の高コスパAndroidタブレット

ヨーロッパ、アフリカ、アジアで多くのモバイルデバイスをリリースしてきたBlackviewは、同社の最新タブレット『Blackview Tab 13』について、2022年8月22日(月)より販売を開始し ...

続きを見る

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • スマートウォッチ
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. タブレット
  3. タブレット
  4. タブレット
    発売日 : 2021年09月24日
    価格 : ¥78,799
    新品最安値 :
    ¥78,799
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット・アクセサリ
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. スマートウォッチ
  2. スマートウォッチ
  3. スマートウォッチ
  4. スマートウォッチ
  5. スマートウォッチ
  6. スマートウォッチ
  7. スマートウォッチ
  8. スマートウォッチ
  9. スマートウォッチ
  10. スマートウォッチ
  11. スマートウォッチ
  12. スマートウォッチ
  13. スマートウォッチ
  14. スマートウォッチ
  15. スマートウォッチ
  16. スマートウォッチ
  17. スマートウォッチ
  18. スマートウォッチ
  19. スマートウォッチ
  20. スマートウォッチ
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. ミニ
  3. ミニ
  4. ミニ
  5. タワー
  6. タワー
  7. ミニ
  8. タワー
  9. タワー
  10. ミニ
  11. タワー
  12. ミニ
  13. タワー
  14. タワー
  15. ミニ
  16. タワー
  17. 一体型
  18. ミニ
  19. ミニ
  20. ミニ
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. 標準型ノートパソコン
  6. 標準型ノートパソコン
  7. ノートパソコン
  8. 2 in 1ノートパソコン
  9. 標準型ノートパソコン
  10. ノートパソコン
  11. ノートパソコン
  12. 標準型ノートパソコン
  13. 標準型ノートパソコン
  14. ノートパソコン
  15. 標準型ノートパソコン
  16. 2 in 1ノートパソコン
  17. 2 in 1ノートパソコン
  18. ノートパソコン
  19. 標準型ノートパソコン
  20. ノートパソコン
ガジェットレビュー 一覧
  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-その他・ツール, ガジェットレビュー
-, , , , , ,