ウェブカメラ ガジェットレビュー

安価で高性能!『IVSO CM06 フルHDウェブカメラ』レビュー

今回はamazonにて売れ筋ランキング5位に入っている、安価な『IVSO フルHDウェブカメラ CM06』をレビューします。ユーザーレビューを確認すると評価が高いようです、なによりも価格が安価であり非常に興味深いガジェットです。

IVSO CM06 フルHDウェブカメラ

IVSO CM06 フルHDウェブカメラは、2020年11月時点でamazonのウェブカメラランキングの5位に入っている商品です。フルHDスペックのウェブカメラ製品としては最安価クラスではないかと思います。

スペックと仕様を確認

特 徴

IVSOのメーカー・ホームページは発見出来ませんでした、amazonの商品ページやユーザーマニュアルから特徴とスペックをチェックしました。

  1. 最大解像度:1920×1080ピクセル 1080P高精細画質とスムーズなフルHD(1080p/30fps)の映像
  2. 本体にはマイクを内蔵 ノイズキャンセリング機能付きで収音能力が高い。
  3. マニュアルフォーカス、レンズ部のリングでピント調整が可能。
  4. プラグアンドプレイ USB接続でPCに接続すればすぐに利用可能。

基本仕様

以下はマニュアルに記載された主要な製品仕様です、フルHDのウェブカメラとして標準的な性能と言えます。

映像素子 CMOSセンサー
有効画素数 200万画素
最大解像度 1920×1080ピクセル
最大フレームレート MAX30fps
フォーカス マニュアル
焦点距離 8cm~∞
外形寸法(幅×高さ×奥行) 91×70×35mm
質量 約141g

パッケージと付属品

100mm✕60mmの小型な白いパッケージは、英語と写真、レンズのアイコンで構成されたシンプルなパッケージで、いかにも海外製品といった印象。

内容物は「ウェブカメラ本体」「ユーザーマニュアル」「小型の三脚」「レンズを隠すためのフード✕2」の4点で、マニュアルは英語と日本語で記載されていて安心だが、文字が小さいので老眼の方にはキツイかもしれない。

カメラ本体の細部を確認

ウェブカメラ本体

IVSO CM06はレンズの左右にスピーカーグリルのような穴が空いており、レンズは1cmほど出っ張っているデザインだ。かなり出っ張りが大きいので若干不格好ではあるかもしれない。

質感は普通といった感想になってしまうが、高級感があるとは言い難く、例えるなら車のスマホスタンドの部品のような?そんな感じだ。

ミニ三脚

付属の三脚は100円ショップなどで見かけるタイプではあるが、後から購入するよりも付属してあると有り難いので嬉しいおまけかもしれない。

カメラの可動域

可動部はカメラが上下に約150°程度の可動域があるが左右の首振りはできない構造、スタンド部は180°超の調整幅があるので大概のモニターに設置する事は可能だろう。

ただし、モニター設置する際のクリップ部は本体のほぼ中央にあり、設置した際にはモニターより前面にかなりはみ出してしまう構造だ、この点については後述している。

当然スタンド背面には三脚穴があるので付属のミニ三脚に取り付けして利用ができる、モニターよりも三脚利用の方が自由な角度・高さ調整が可能なので、三脚利用の方が良さそうだ。

使用感を確認

PCとの接続

PCに接続するとすぐにカメラとマイクを認識して利用が可能になる、面倒なドライバーのインストールなどは不要、箱から出してUSBに接続すればすぐに準備が完了する。Macでも試してみたが同様だった。

映像

カメラアプリで自分を写して動画撮影したり、ビデオ通話などで試してみたが、映し出される映像は比較的綺麗で驚いた。

被写体の色合いが明るく、エッジもシャープな表現だ、視野角は狭すぎず、広すぎずと、使いやすい映像撮影ができそうだ。

全体的にカメラのチューニングは良好と言えるが、気になった点は映像の4辺に多少歪みが出ている事と、レンズ部を回す事でフォーカス調整ができるとの記載があったが、そもそもレンズが回らない。これ固定フォーカスレンズじゃないか???

マイク

IVSO CM06のマイクはノイズキャンセリング機能もあると言うことだが、この機能がどれだけ効いているのかテストしてもイマイチ分からなかった。ただ音声であれば十分収音して相手に伝えてくれるレベルにはなっている。モノラルマイクなので声を拾う事に特化しているのではないだろうか。

モニター設置に難あり

最後に最大のネガティブな点を伝えておきたい。

このウェブカメラはモニターに設置すると写真の通り、モニターより約5cmもカメラが前にせり出してしまう。さらにウェブカメラの本体がモニターのスクリーン部に干渉するためモニターの視野に影響する。

価格が安価で映像も綺麗ではあるが、モニター設置を前提にしているのであれば使い勝手が悪いと言わざる負えない。

 

総合評価

『IVSO CM06 フルHDウェブカメラ』の総合的な評価だが、映像の綺麗さや十分実用レベルの収音能力など性能の点では評価は高いが、残念ながら設置性の問題がありお薦め機種として推せるかと言われると微妙だ。

ミニ三脚が付属しているのはモニター設置における不具合をカバーするためではないのか?と疑いたくなる設置性の悪さで映像が綺麗なだけに残念だ。

逆に三脚利用を前提としているのであれば非常にコストパフォマンスの高いウェブカメラと言えるので、該当される方は検討してみても良いだろう。

▼こちらの記事もオススメ!

eMeet C960 Webcam with Microphone
『eMeet C960』高画質・広画角で色合い鮮やかに撮影可能なウェブカメラ・レビュー

コロナ禍によるテレワーク需要により、昨今はWEBカメラが家庭で必需品になってきと言えるのではないでしょうか? だけど多数のメーカーから多種多様な製品が販売されており商品選択に悩むのではないかと思います。 今回は安価で高性能、amazonレビューでも評価が高い、eMeet社の固定フォーカスタイプのWEBカメラ「eMeet C960」を入手しましたので、品質や質感・性能などをチェックしたいと思います。 目次1 eMeet社について2 eMeet C960 特徴3 基本仕様4 パッケージ内容5 eMeet C960 本体6 使用感7 PC接続8 カメラの設置9 総合評価(まとめ) eMeet社について eMeet社は聞き慣れないメーカですか?まずはeMeetについて軽くご紹介しておきます。 eMeetは、スマホメーカーのHUAWEI、スピーカーのHarman、中国電気機器メーカーのTCL、音楽関連企業のKugou等のIT業界出身の人たちによって組織された企業、高品質な音で自由にコミュニケーションが出来る様になることを目指し、人工知能技術を使ったスピーカーフォンやWEBカメラなどを開発・販売している中国のメーカーです。 音で自由にコミュニケーションが出来る、なんか楽しそうですね。 eMeet C960 特徴 eMeet C960はPCやMACなどにUSBで接続するだけで、すぐに利用ができるWEBカメラ、コロナ禍によりテレワークが当たり前になった昨今では、Skypeやzoomなどを利用したオンライン会議、ビデオ通話などに必須のガジェットになりました。 スペックから読み取れた、eMeet C960の気になる特徴を4つ挙げてみました。  固定フォーカスによる高画質映像 eMeet C960 WEBカメラは固定フォーカス・4層光学レンズを搭載。室内などの暗所に強く、画素数は200万画素、解像度は1920p×1080p CMOSセンサーを搭載しており、広角は驚きの90°です。 ステレオマイクを搭載 本体左右にVoiceIA「エコーキャンセルリング技術」「 雑音制御」「 360°集音」などを搭載! マイクは本体上部に2つあって360°どこからでも音を捉えてクリアな音声を集音できます。 各種OSに対応し簡単接続 対応OSは、Windows10以降、Windows 8、Windows 7、Mac OS10.10以降、Android 5.0以降、Chrome OS、一般的に利用されているデバイスに対応しています。USBでプラグアンドプレイですぐに利用が開始できますし、PCから給電されるのでシンプルに利用が可能です。 ビデオ通話アプリケーション Skype、Googleハングアウト、Amazon Chime、Face Time for Macなど、対応かどうかなど気にする必要がないぐらい多くのアプリケーションに対応しています。 基本仕様 項 目 数 値 最大解像度 1080p/30fp 有効画素数 200万画素 内蔵マイク ステレオ VoiceIA「エコーキャンセルリング」「 雑音制御」「 360°集音」 三脚対応 ノートパソコン、LCD/モニター、三脚取り付けが可能 カメラ画角 90° レンズ 4層高性能光学 USB接続 プラグアンドプレイ 本体サイズ 12.5 x 3.1 x 5.8 cm ケーブル長 1.5m パッケージ内容 eMeet C960は白と青のパッケージ、上部にイラスト、背面に英語でスペックなどが記載、シンプルですが色合いが美しいパッケージです。 パッケージ内はカメラ本体とマニュアル類が入っているシンプルな構成となっていました。 eMeet C960 本体 eMeet C960本体は樹脂製ですが、前面カメラレンズが出っ張っており画質が良いのではないかと期待感を持たせるデザインです。カメラ部は上下に90°、スタンドは180°可動して好みの撮影ポジションが得られます。ただしカメラ部は左右に可動しないのが少し残念な点です。 マニュアル類 付属のマニュアルは・ユーザーズマニュアル・安全の手引き・延長保証カードの3種類、ユーザー登録をすれば保証期間が1年間延長(合計2年)するとの記載がありました。念の為に登録した方が良さそうですね。 なお、取扱説明書は7カ国語版で日本語の記載もあるので使い方も分かりやすく安心です。 使用感 PC接続 Windows10にeMeet C960を接続してテストをおこないました、プラグアンドプレイでドライバーのインストールなどは不要、接続すれば自動的に認識して利用が開始できるようになりました。 利用したいビデオ通話アプリケーション(SkypeやZoomなど)のカメラアプリを起動してカメラやマイクのソースがeMeet C960になっているか確認して、もし別の機器になっていたらC960選択すれば準備は完了します、とても簡単ですね。 カメラの設置 設置方法は、モニターの上部にユニバーサルクリップを調整して設置が一般的ですが、C960を机の上などに直置きしても滑り止めゴムがあるのでOK、さらに本体下部にある三脚穴に小型の三脚などを取り付けして机の上などに自由に置く方法もあります。 モニタ上部であれば、ユニバーサルクリップは180°可動するので、どんなモニターでも設置に際して問題は起きないとは思いますが、前述の通りカメラ部が左右に可動しないためモニター中央正面に置く方が良いでしょう。フロントカメラ付きノートPCの撮影ポジションになると思います。 もし、自由な画角調整をおこないたいならばスタンド下にある三脚穴を使って三脚設置がおすすめです。使いたい時に設置して自由な画角を決められますよ。 映像 C960は固定フォーカスカメラです。 写真は夜の自宅部屋でシーリングライトによる照明だけですがかなり明るく鮮明に写りました。焦点距離は5cm~5mとの事で、近くにマニュアルを置いて撮影してみましたが、近い場所は多少ボケた感じはありますね。 また90°の広角性能との事で広くダイナミックな映像撮影が可能ですが、やはり近すぎると四辺が少しハケてボケが出ます。 ...

続きを見る

『eMeet C980pro』音声によるコミュニケーションを円滑にするこだわりのウェブカメラ・レビュー

多様なスピーカーフォン・ウェブカメラなど、音と映像にフォーカスしたガジェットメーカーeMeetの商品から、今回はプロ仕様とされるウェブカメラ「eMeet C980pro」のレビューをおこないます。 新型コロナによりウェブカメラがより一般家庭にも浸透したと言える2020年ですが、実際にテストをおこないプロスペックの実力・性能をチェックしたいと思います。 目次 1 eMeet社について 2 C980pro プロ仕様の理由・特徴 3 基本仕様 4 パッケージ内容 5 eMeet C980pro 6 マニュアル類 7 使用感 8 PCの接続 9 総合評価(まとめ) eMeet社について eMeet社は、スマホメーカーのHUAWEI、スピーカーのHarman、中国電気機器メーカーのTCL、音楽関連企業のKugou等のIT業界出身の人たちによって組織された企業、高品質な音で自由にコミュニケーションが出来る様になることを目指し、人工知能技術を使ったスピーカーフォンやWEBカメラなどを開発・販売している中国のメーカーです。 C980pro プロ仕様の理由・特徴 ウェブカメラはカメラとマイクが内蔵されていて、PCやMACなどにUSBで接続する事で利用をおこなうコミュニケーション機器ですが、今回ご紹介するC980proは、カメラとマイクはもちろん、本体にスピーカーも内蔵された3イン1ガジェットとなっています。 Skypeやzoomなどを利用したビデオ通話で、C980proに接続するPCがあれば全ての準備が完了するシンプルさと、マイクやカメラなどがプロスペック性能である事が特徴です。 eMeet C980pro 特徴を4つ挙げると・・・ 超広角・高画質・固定フォーカスレンズ eMeet C980proは、視野角90°の超広角により広く対象物の撮影が可能。また画素数は200万画素、解像度は1920p×1080p の固定フォーカス・4層光学レンズにより室内などの暗所でもくっきり明るく撮影が可能です。 4つの無指向性マイクを搭載 本体内部にはVoiceIA「エコーキャンセルリング技術」「雑音制御」機能を搭載した 360°集音が可能なマイクを4つ搭載しており、360°どこからでもクリアな音声を集音します。 ステレオスピーカーを搭載 本体左右に高性能ステレオスピーカーを搭載しており、聞き取りやすい音声の再生も可能です。 各種OSと豊富なビデオ通話アプリに対応 Windows、Mac OS、Android、Chrome OS、など一般的に利用されているデバイスとプラグアンドプレイが可能。Skype、Googleハングアウト、Amazon Chime、Face Time for Macなど、多彩なビデオ通話アプリケーションに対応しています。 基本仕様 項 目 数 値 最大解像度 1080p/30fp CMOS 有効画素数 200万画素 内蔵マイク 360°無指向性マイクを4つ内蔵 ステレオ VoiceIA「エコーキャンセルリング」「 雑音制御」など 内蔵スピーカー ステレオスピーカーを搭載 三脚対応 ノートパソコン、LCD/モニター、三脚取り付けが可能 カメラ画角 90° レンズ 4層高性能光学 USB接続 プラグアンドプレイ対応 本体サイズ 幅157mm×高さ650mm×奥行き660mm ケーブル長 1.83m パッケージ内容 eMeet C980proは白と青のパッケージ、上部にイラスト、背面に英語でスペックなどが記載、シンプルですが色合いが美しいパッケージです。 パッケージ内C980Pro以外に収納ポーチ・マニュアル類が入っているシンプルな構成です。 eMeet C980pro 材質は樹脂製、デザインも良いですし、概ね質感は良いと感じました。 カメラ部は上下90°、スタンドは180°の調整幅があります、残念ながらカメラ部は左右に可動しません。eMeet C980proはウェブカメラとしてはかなり大きく張り出した左右のスピーカー、プライバシー用のレンズ蓋などが特徴的なデザインです。 マニュアル類 付属マニュアルは・ユーザーズマニュアル・安全の手引き・延長保証カードの3種類で、ユーザー登録により保証期間は1年間延長されるとの事、これは嬉しいですね。 取扱説明書は7カ国語版で日本語の記載もありますが、プラグアンドプレイで簡単に使えますからあまり読む必要はないかもしれません。 使用感 PCの接続 Windows10に接続するとすぐにC980proを認識して利用が可能になりました、ドライバーのインストールなど面倒な作業が不要で使いやすいです。利用する通話アプリケーションによっては設定メニューからマイクやスピーカーをC980Proに設定する作業が必要な場合がありますが、通常は自動的に選択されます。 カメラの設置 C980Pro本体のユニバーサルクリップを調整してモニター上部に設置が一般的と思いますが、このカメラはかなり大型なので、27インチ以下の小型モニターだとカメラが大きく目立ってしまうかもしれません。 モニター上部よりも机の上などにC080Proを直に机の上などに置く方が、自由に画角調整が可能になるのでお薦めです、映像は広角なので下側からのアングルの方がダイナミックな印象になる効果もあります。 また、本体下部には三脚穴がありますので、小型の三脚をお持ちならば三脚設置する方が見た目も良くなりますね 映像 C980proは固定フォーカスカメラを採用、画角は90°もあるのでダイナミックな映像撮影が可能です。 焦点距離は8cm~5mとの事ですが、画像の通り文字などは近いとボケる感じがしますが、ビデオ通話用と割り切れば気にするほどでもないと思います。それよりも広角90°で狭い部屋も広く取れるレンズという事が特徴的です。 画質は、どちらかと言うとコントラストが強く陰影がハッキリする設定のようで、良く言えば立体感のある映像表現ですが、顔のシワなどが目立って老けて見えちゃうかも? できれば日差しの入る部屋や、夜であればしっかりと照明を使うほうが綺麗に撮影ができると思います。 マイク性能 eMeet C980 ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-ウェブカメラ, ガジェットレビュー

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5