ガジェットレビュー マイクスピーカー

最新マイクスピーカー『eMeet M2 Max』レビュー | 多人数会議に対応できるハイエンドモデル

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

  • 多人数でウェブ会議を行う際に利用できるマイクスピーカーが欲しい!
  • マイク・スピーカーの両面で性能が良いものが欲しい!

最近では新型コロナウイルスの影響で、遠方の相手とオンライン上でミーティングを行う、いわゆる『ウェブ会議』が一般的になってきている。

高品質なウェブ会議を実現するために大事なものが "マイク" と "スピーカー" である。

この2つの機器について下手な機種を選択してしまうと、聞き取りづらい・話しづらいといった問題が起き、まともな会議どころではなくなってしまう。

ウェブ会議を円滑に行うためにも、機器選びは非常に重要なのだ。

しかし市場にはいくつもの製品が出回っており、どれを選べばよいのか迷っている方も多いと思う。

そこで今回オススメするのが、最大15人までの多人数会議に対応できる高性能マイクスピーカー『eMeet M2 Max』である。

今回は本製品について、特長や機能、実際に使用した感想についてレビューしていく。

最新型マイクスピーカー『eMeet M2 Max』

今回紹介する『eMeet M2 Max』は、中国の大手電機機器メーカー "eMeet社" が開発・販売するマイクスピーカーシリーズの、現時点(記事執筆時点)における 最新モデル だ。

最大で15人が参加するウェブ会議に対応できるほか、スピーカー・マイクなど全ての面において従来モデルより 性能がグレードアップ している。

基本情報 接続方法 Bluetooth 接続
USB,接続
AUX接続(オーディオ)
Bluetoothアダプター(Dongle)
電池 バッテリー容量 2600mAh
使用時間 最大12時間まで
音声処理、機能 マイク 4つのプロ専用マイク搭載
サンプリング 48kHz / 16-bit  9(プロ仕様)
スピーカー 5W,83dB
ノイズキャンセリング
エコーキャンセリング
Duplex双方向通話
集音範囲 10-15人まで
集音方向 360°
DOA(指示ライト)
連結機能 2台で連結できる
接続 USB 1*USB Type C
Bluetooth Bluetooth 5.0
オーディオ入力 -
オーディオ出力 ヘッドセット対応
USB Power output -
互換性 対応OS Windows 10,8.1,8,7,Vista、XP; Mac OS; Linux
対応アプリ Skype for business,
Microsoft Lync, Google Hangout, Facetime, Goto meeting, Zoom, Bluejeans, webex, braodsoft, lifesize, Vidyo, Line, Skype その他
要件 アプリ -
PC Tools ①Bluetooth名を変更
②システムのアップグレード
③指示ライトと通知音の設定
④Voice IAオン、オフ
⑤リセット
筐体 カラー ブラック
ボタン ①.Voice IA オン/オフ
②.電話出る/切る
③.ボイスアップ
④.ボイスダウン
⑤.ミュート/アンミュート
⑥.Bluetoothボタン
⑦.電源オン/オフ
LEDライト √(指向性ライト)
サイズ 188*188*45mm
重さ 615g(±5g)
付属品 USB ケーブル 300cm /USB Type C
Aux ケーブル -
Bluetoothアダプター
説明書

『eMeet M2 Max』はマイク・スピーカーの両機能を備えた、ウェブ会議にはうってつけの機器だ。

多人数会議に対応できるほか、リチウムイオンバッテリーを内蔵しているため、コンセントが無い場所でも 最大12時間のスタンドアローン使用 が可能となっている。

また、USBケーブルによる有線接続に加えて、Bluetoothによるワイヤレス(無線)接続も可能。本体もコンパクトで軽量なため、どのような場所・場面にも持って行って利用することが出来る。

1台単独では最大15人まで対応でき、さらにもう1台を連結させることで、20人までの多人数ウェブ会議にも使用することが可能だ。

周囲の騒音をシャットアウトする『ノイズキャンセリング機能』や『エコーキャンセリング機能』に加えて、人の声だけを認識する『Voice AI機能』を搭載。ハイエンド機の名にふさわしいスペックとなっている。

また、従来モデルに比べてスピーカー・マイク両方の品質が格段に向上しており、よりクリアな会話音声を楽しむことが出来るようになっている。

▼旧モデルの出力(3W)を上回る5Wの出力を実現。

▼オートゲインコントロール機能を備えており、双方向通話の安定性が向上。

高品質なウェブ会議を実現するには、まさにうってつけのマイクスピーカーとなっている。

本体および付属品について

▼製品外箱。

▼箱の中身。

▼スピーカー本体の下に付属品が収まっていた。

▼内容物をすべて取り出した様子。

【内容物一覧】

  • マイクスピーカー本体
  • USB Type-Cケーブル
  • 説明書一式(日本語対応)
  • USBアダプタ(ドングル)

▼説明書は日本語に完全対応しているため、使い方や機能などはすぐに理解できる。

本体デザイン&搭載ポート

『eMeet M2 Max』本体のデザインはコンパクトかつ軽量で、持ち運び性能に優れた大きさです

▼直径18センチ、重量はたったの620グラムほど。

▼本体上部には、タッチ操作用のボタンが備わっている。

【各ボタンの説明】

  1. ミュート切替
  2. Voice AI切替
  3. 電話ON/OFF
  4. ボリュームアップ
  5. 電源ボタン
  6. ボリュームダウン
  7. Bluetooth切替

スピーカー表面はサラサラで手触りが良く、指紋がつきにくい素材のため汚れが目立たない。

本体側面にはスピーカー穴が4つ搭載されており、全方位にサウンドを出力することが可能。

側面のゴム製カバーを開くと、各ポート一式が揃っている。

▼画像左から、『盗難防止ロック穴』『リセット穴』『3.5mmイヤホンジャック』『接続用ポート』『USB Type-Cポート』が用意。

スピーカー裏面にはゴム製の滑り止めが施されており、傾斜のある場所に設置しても滑り落ちづらい。

なお、Bluetooth接続時に使用するUSBアダプタは、本体裏面のくぼみにはめ込んで収納することが可能だ。

▼持ち運び時にも紛失する心配は無い。

このように、非常にシンプルかつ機能的なデザインとなっている。

接続後すぐに使用可能(プラグアンドプレイ)

本製品はプラグアンドプレイに対応しており、専用のソフトウェアやドライバをインストールする必要はない。

PCなどの端末側にUSBアダプタを接続し、本体電源を入れるだけであっという間にBluetooth接続が完了する。

▼本体上部の電源ボタンを長押しすることで、電源がONになる。

あとはデバイス側にUSBアダプタを接続するだけ。

これだけで自動的に端末への接続が完了する。

実に簡単に接続できるため、PC初心者でも扱いに迷うことは無いだろう。

社用PCなど、自由にソフトウェアをインストールできない端末で使用する場合にも安心だ。

専用ソフトウェアで各パラメータの調節が可能

eMeet社は、自社製品向けのフリーソフトウェアである『eMeetLink』を提供している。

本ソフトウェアを使用することで、『eMeet M2 Max』の各種パラメータを調節することが可能だ。

▼待機時間やマイクピックアップ方向を調節したり、ライトをカスタマイズすることが出来る。

▼また、公式から新たなバージョンが提供された場合は、ソフトウェアのアップデート(更新)も可能。

本製品を購入したら、ぜひ公式ソフトウェアのインストールを推奨する。

実際に使用した感想

それでは、『eMeet M2 Max』を実際に使用した感想について紹介していく。

今回は試しに、Skype通話やLINE通話での会話時に使用した。

品質の高いサウンドを実現

実際に3時間ほど連続で本製品を使用してみたが、結論としてマイク・スピーカーの両目における品質は 従来モデルより大幅に向上していた

スピーカーについて、出力がアップしたことで相手側の声が増幅され、小さな声でも明瞭に聞き取ることが可能となった

相手側に低い声から高い声まで発声を試してもらったが、いずれの場合でも一定の品質が保たれていた。

ウェブ会議において、相手側の声が聞き取りづらいといった事態は起こらないだろう。

▼ちなみに、有線接続時の方がより高品質なサウンドを体感できる。

ノイズキャンセリング機能のおかげでストレスのない会話が実現

本製品に搭載されている4基のマイクは、高性能なうえにノイズキャンセリング機能に対応している。

そのおかげで、環境音などのノイズを完全にシャットアウトして、発声者の声だけを相手側に伝えることが出来ていた。

▼発声者の方向を自動で認識して声を拾い上げる。

なお、本体上部のボタンを押して『Voice IA機能』をオンにしておこう。

『Voice IA機能』を有効化することで、人の声だけを明確に識別することが可能になる。

周囲の音も併せて相手側に伝えたい場合はオフにすべきだが、それ以外の場面では常時オンにしておくと良いだろう。

状態がライトで視覚的に確認できる

本体上部にはLEDライトが搭載されており、状態を視覚的に確認することが出来る。

例えばマイクミュートボタンが有効になっている場合は、LEDライトが赤く点灯する。

このように視覚的に状態が把握できることで、例えばミュートにしておいたつもりが解除されており、相手側に好ましくない会話内容が筒抜けになっていた、のような事態を回避することが可能だ。

また、起動中に電源ボタンを軽くタップすることで、充電残量を確認できる。

▼バッテリー残量が少ない場合。

▼バッテリー残量が多い場合。

これにより、急なバッテリー切れに陥らずに済む。

このように、使用者のことをシッカリと考えられた設計がなされている。

『eMeet M2 Max』の特徴まとめ

今回紹介した『eMeet M2 Max』について、特徴をまとめると以下の通りである。

良かった点

  • コンパクトで軽量、持ち運びに長けたサイズ
  • 内蔵バッテリーによりスタンドアロン使用が可能
  • 有線・無線のいずれの利用方法にも対応
  • 出力の強化されたスピーカー
  • 高品質なノイズキャンセリング機能
  • 発言者の声を明瞭に拾い上げる『Voice IA機能』

悪かった点

  • 収納・持ち運び用のポーチが付属していない
  • 無線時は有線時に比べてスピーカー音質が多少落ちる

以上の通り、従来モデルよりもマイク・スピーカーの両面でクオリティの増したマイクスピーカーとなっている。

サイズ・重量ともに持ち運び性能に長けており、最大12時間の連続使用が可能なバッテリーも内蔵されているため、使用する場所を選ばない。

ノイズキャンセリング機能とVoice IA機能のおかげで、多人数でウェブ会議を開催した場合でも、拾い漏らさず相手側に伝えることが可能だ。

ウェブ会議を成功させたい方は、ぜひ本製品のようなハイエンド型マイクスピーカーをおすすめしたい。

▼こちらの記事もオススメ

マイクスピーカーランキング
Withコロナ時代の必需品!オススメのPC用マイクスピーカー10選

2020年初頭以来、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、新たな働き方として自宅などの遠隔地から仕事を行う『リモートワーク』、または多人数が実際に合うことなく、オンライン上で会議を行う『ウェブ会 ...

続きを見る

最新ウェブカメラ『AI Webcam Jupiter』レビュー | AIオートフォーカス機能を備えたハイエンド機種

Web会議用に、解像度が高くて見やすいウェブカメラが欲しい! 他人数を同時に捉えることのできる高性能なモデルが良い! 最近では新型コロナウイルスの影響により、遠隔地のオフィス同士をオンラインで繋ぎ、映 ...

続きを見る

Amazon売上ランキング(毎時更新)
  • タブレット
  • リモートワーク関連機器
  • ディスプレイ
  • デスクトップPC
  • ノートPC
  1. タブレット
  2. タブレット
  3. タブレット
  4. タブレット
  5. タブレット
  6. タブレット
  7. タブレット
  8. タブレット
  9. タブレット
  10. タブレット
  11. タブレット
    発売日 : 2019年03月28日
    価格 : ¥50,370
    新品最安値 :
    ¥50,370
  12. タブレット
  13. タブレット
  14. タブレット
  15. タブレット
  16. タブレット
  17. タブレット
  18. タブレット
  19. タブレット
  20. タブレット
  1. ウェブカメラ
  2. PC用ヘッドセット
  3. ゲーミングヘッドセット
  4. ウェブカメラ
  5. ウェブカメラ
  6. コンデンサ
  7. コンデンサ
  8. ウェブカメラ
  9. ウェブカメラ
  10. ウェブカメラ
  11. PC用ヘッドセット
  12. コンデンサ
  13. PC用マイク
  14. ウェブカメラ
  15. PC用ヘッドセット
  16. ゲーミングヘッドセット
  17. PC用マイク
  18. ウェブカメラ
  19. PC用マイク
  20. イヤホン・ヘッドホン
  1. ディスプレイ
  2. ディスプレイ
  3. ディスプレイ
  4. ディスプレイ
  5. ディスプレイ
  6. ディスプレイ
  7. ディスプレイ
  8. ディスプレイ
  9. ディスプレイ
  10. ディスプレイ
  11. ディスプレイ
  12. ディスプレイ
  13. ディスプレイ
  14. ディスプレイ
  15. ディスプレイ
  16. ディスプレイ
  17. ディスプレイ
  18. ディスプレイ
  19. ディスプレイ
  20. ディスプレイ
  1. タワー
  2. タワー
  3. タワー
  4. デスクトップ
    発売日 : 2020年11月17日
    価格 : ¥79,800
    新品最安値 :
    ¥79,800
  5. 一体型
  6. ミニ
  7. ミニ
  8. ミニ
  9. ミニ
  10. ミニ
  11. タワー
  12. 一体型
  13. タワー
  14. タワー
  15. 一体型
  16. タワー
  17. タワー
  18. タワー
  19. タワー
  20. ミニ
  1. ノートパソコン
  2. ノートパソコン
  3. ノートパソコン
  4. ノートパソコン
  5. ノートパソコン
  6. ノートパソコン
  7. ノートパソコン
  8. ノートパソコン
  9. ノートパソコン
  10. ノートパソコン
  11. ノートパソコン
  12. ノートパソコン
  13. ノートパソコン
  14. ノートパソコン
  15. ノートパソコン
  16. ノートパソコン
  17. ノートパソコン
  18. ノートパソコン
  19. ノートパソコン
  20. ノートパソコン
ガジェットレビュー 一覧
  • この記事を書いた人

レイ(管理人)

最新ガジェット大好き!日々の暮らしを豊かで楽しいものにする電子機器や家電などを分かりやすく紹介していきます。

-ガジェットレビュー, マイクスピーカー