ウェブカメラ ガジェットレビュー

最新ウェブカメラ『AI Webcam Jupiter』レビュー | AIオートフォーカス機能を備えたハイエンド機種

  • Web会議用に、解像度が高くて見やすいウェブカメラが欲しい!
  • 他人数を同時に捉えることのできる高性能なモデルが良い!

最近では新型コロナウイルスの影響により、遠隔地のオフィス同士をオンラインで繋ぎ、映像・音声のみを転送してミーティングを行う『ウェブ会議』が盛んに行われている。

リモートワークやウェブ会議を行う際に必要なガジェットとして、以下のものが挙げられる。

  • 映像を映すための『カメラ
  • 声を伝えるための『マイク
  • 相手側の声を聴くための『スピーカー

これら3つのガジェットを揃えるとなると、コストが高くなるうえに、デスク周りが乱雑になってしまう。

そこで今回は、カメラ・マイク・スピーカーの3つの機能を搭載しており、なおかつ AI機能を搭載した高度なパフォーマンス を実現する最新のウェブカメラ『AI Webcam Jupiter』について紹介していく。

AI搭載のハイエンドウェブカメラ『AI Webcam Jupiter』

今回紹介する『AI Webcam Jupiter』は、中国の大手電機機器メーカー "eMeet社" が、2021年2月に発売した最新のウェブカメラだ。

販売価格 229 USD
映像解像度 16 : 9, 1080p(フルHD), 30fps
視野角 96度
フォーカスタイプ AI Focus
搭載マイク数 4基
搭載スピーカー数 1基
付属品 ・本体
・画面保護カバー
・USB Type-Cケーブル
・取り扱い説明書&安全証&保証カード
対応OS Windows XP,Vista和7/8 /10,Mac 10.4.3 等
互換性ソフト(一例) Facetime, Zoom, Skype, Skype for business, Microsoft Lync, Google Hangout, Goto meeting, Bluejeans, webex, braodsoft, lifesize, Line,Slack

1920×1080・30fpsのフルHD解像度に対応したカメラに加えて、4基のマイクと1基のスピーカーを搭載。これ1台でウェブ会議を行うことができてしまう優れものだ。

高解像度レンズによる96度にもわたる広範な視野で会議の様子を詳細に映し出すことが出来るため、多人数が参加するウェブ会議にうってつけの製品となっている。

そして本製品の一番の目玉機能が、AIによる自動認識(オートフォーカス)である。

カメラに搭載されたAIが会議参加者の動き(ジェスチャー)を認識し、話者全員がカメラに映るように、自動でフォーカス&ズームインアウトを行うようになっている

▼話者がカメラ全体に映るよう、自動的にズームイン・アウトが行われる。

また、光量を自動で調節するなど、快適なWEB会議を実現するための機能がすべて揃っている

ウェブカメラのハイエンドモデルを探している方には、まさにうってつけのモデルであると言える。

製品本体および付属品について

▼製品外箱

▼箱を開けた様子。

▼中身をすべて取り出した様子。

【内容物一覧】

  • ウェブカメラ本体
  • USB Type-Cケーブル
  • 説明書一式(日本語対応)

▼説明書は一部日本語に対応しているため、機能に関して分からないことがあっても安心だ。

▼映像伝送&電源供給は、付属のType-Cケーブル1本で行うことができる。ACアダプターが不要な点は嬉しい。

ウェブカメラ外観

『AI Webcam Jupiter』本体は非常にコンパクトかつ軽量であり、持ち運びに適したサイズとなっている。

レンズ部分にはカバーが付属しており、非使用時にはレンズカバーを装着しておくことで汚れや傷の付着を防ぐことができる。

▼レンズカバーを外した状態。

本体には艶やかな光沢が見られ、手触りが良く高級感がある。

▼本体上部にはサウンド出力用のスピーカー穴が開いている。

▼本体裏面にはUSB Type-Cポートが搭載。

▼カメラ部分は首を左右90度ほどの角度で回転させることが可能。

▼アーム部分も90度の角度で稼働する。

▼アームの下部にはスタンド取付用ネジ穴が用意されている。別途カメラ用のスタンドを用意することで、好きな場所へ設置することが可能だ。

このように、コンパクトな筐体で機能が詰め込まれた、洗練されたデザインとなっている。

設置から接続まで

本製品は、本体下部のアームとツメを、モニター上部に噛ませるカタチで設置する。

▼実際に設置した様子。自重によりモニター上部へシッカリと固定されるため、簡単にズレ落ちることは無い。

▼カメラを使用する際は、レンズカバーを外すのを忘れずに。

ウェブカメラ自体の重量は軽いため、モニター以外にもノートPCのディスプレイ部に固定することも出来る。

カメラ設置後、付属のUSBケーブルをPC側の端子に接続することで、すぐに使用を開始することができる。

▼本製品はプラグアンドプレイに対応しているため、ソフトウェアやドライバをインストールする必要が無い。

このように、PC初心者でも簡単に使用を開始できるシンプルさとなっている

好き勝手にソフトウェアやドライバをインストールすることができない社用PCでも、問題なく使用することが可能だ。

専用ソフトウェアで各パラメータの調節が可能

eMeet社は、自社製品向けのフリーソフトウェアである『eMeetLink』を提供している。

本ソフトウェアを使用することで、『AI Webcam Jupiter』の視野角や映像効果など、各種パラメータを簡単に調節することができる。

解像度などの重要なパラメータが設定できるため、本製品の使用を開始する前に、ぜひソフトウェアをインストールしておくことをオススメする。

▼解像度は最大1080p(1920×1080)まで選択可能。

▼輝度やコントラストなどをイジって、映像に特別な効果を付与することも可能。

▼製品に対する最新のバージョンデータがある場合は、アップグレード(更新)することが出来る。

カメラを使用する前に、本ソフトを使って映像品質を調節しておこう。

実際に使用した感想

今回、実際に『AI Webcam Jupiter』を使用して、Skype会議通話やLINE通話を行ってみた。

その時の感想について紹介していく。

▼カメラ・スピーカー・マイクすべてを本製品1台でまかなうことができる。

高解像度で見やすいカメラ

1080p・30fpsに対応した本製品のカメラで映し出される映像は、高品質でキレイな映像を映し出すことができていた。

安価なウェブカメラにありがちな魚眼視野になることもなく、発色も良好。この映像品質はさすが値段相応といったところか。

▼明るさや色調に不満のある場合は、上述した公式ソフトウェアで簡単に調節できる。

激しく手を振ったりジェスチャーを行った場合にも、残像や遅延などが発生することもなかった。

ウェブ会議用カメラとしての品質は問題なくクリアしていると言える。YouTuberなどの映像配信を行う方々にもオススメできるだろう。

ヒトの動きをとらえるAIオートフォーカス

本製品には、人の動きを感知して 自動的にフォーカスするAI機能 が備わっている。

試しに画面外にはみ出すギリギリの位置に座ってみる。

すると、カメラが私(筆者)の位置を自動的に認識して、カメラ内に十分収まるようフォーカスが調節されるのだ。

また、複数人が同時に会議に参加した場合、口を動かすなどのジェスチャーを行っている人物がすべてカメラに映るよう、自動でズームイン・アウトが行われる。

これにより、発言する度にいちいちカメラの範囲内へ移動するといった煩雑な動作が不要になるため、ウェブ会議をより円滑に行うことが出来るようになる。

ウェブ会議にクオリティを求めたい方には非常に嬉しい機能であると言える。

大幅に向上したスピーカー性能

本製品について、個人的に従来モデルより最も大幅に向上したと思った点が "スピーカー" である。

本製品のスピーカーから発せられるサウンドの音質は 非常に良好 であり、従来モデルのウェブカメラの比ではなかった。

ヒトの話し声はより増幅されて聞き取りやすくなっており、通話相手の小さな声でも明瞭に聞き取ることが出来た。

また、PCのスピーカー代わりとして試しに音楽を流してみたところ、十分に聴ける品質でサウンドを楽しむことが可能であった。

オールインワンタイプのウェブカメラでこれだけの音質を実現できている製品は、他には無いのではないだろうか。

離れた位置の声も拾い上げる4基のマイク

そして本製品に搭載されている4基のマイクについても、品質は良好だ。

小さな声や離れた場所の声でもクリアに届けることのできる高い集音性能を実現しており、相手とのオンライン会話でストレスを感じることはなかった。

また ノイズキャンセリング機能 にも対応しており、空調音や外の環境音など、多少のノイズであれば取り除くことが可能だ。

2,3人の会議であれば、本製品だけで十分に満足度の高い会話を楽しむことが出来るだろう。

『AI Webcam Jupiter』の特徴まとめ

『AI Webcam Jupiter』について、実際に使用した感想をまとめると以下の通りだ。

ポイント

  • 1080p対応の高解像度カメラ
  • 多人数が参加するウェブ会議に便利なAI機能
  • コンパクトかる軽量なデザイン
  • USB接続ですぐに使用可能(プラグアンドプレイ対応)
  • 専用ソフトで細かな調節が行える
  • スピーカー音質が大幅に向上

悪かった点

  • 持ち運び・収納用のケースが付属していない

以上の通り、カメラ・マイク・スピーカーの各性能に優れた、ハイエンドウェブカメラとなっている。

特に新機能であるAIオートフォーカスは、多人数が同時に参加するウェブ会議において効果を発揮するだろう。

持ち運び・収納用のケースが付属していない点は残念だが、レンズケースが付属しているため、持ち運び時にレンズが傷つく恐れはない。

専用ソフトで細かな調節が簡単に行える点もGOOD。

高品質なウェブ会議を実現したい方には、ぜひオススメしたいモデルだ。

▼こちらのサイトでも分かりやすく紹介されています。

eMeet『AI Webcam Jupiter』レビュー!ヒト自動認識AI搭載ウェブカメラ

▼こちらの記事もオススメ

2021年に買うべき『ベストウェブカメラ』カテゴリー毎に解説をおこないます。

2021年にりましたがまだコロナ感染症の問題は続きそうです、コロナがきっかけで昨年は自宅でテレワークなどのビデオ通話や会議などが一般的なものになりましたね。 そんなビデオ通話の必需品となっているウェブカメラですが、ビデオ通話に適したモデル、ライブストリーミングに適したモデルなど、どのような目的に利用するかにより選択肢は変わります。 もし、これから新たにウェブカメラを入手しようと思っているならば、是非こちらの記事を参考にしていただきたいと思います。 今回の記事では、過去にレビューしたウェブカメラ10台から利用するシーンごとにベストなウェブカメラを分類してご紹介します。 目次1 ホームユースでマルチに活躍するウェブカメラ2 eMeet Nova3 ストリーミング配信に最適なウェブカメラ4 Logicool C922n5 ビデオ会議に特化・ビジネスユースなウェブカメラ6 eMeet c980PRO7 ホームユースで高い性能を発揮するウェブカメラ8 Logicool C920n9 eMeet C96010 コストパフォーマンの高いウェブカメラ11 Tinzzi12 IVSO13 安心・安全・無難なウェブカメラ14 BUFFALO BSW505MBK15 ビデオ通話さえできれば良い・・な、ウェブカメラ16 logicool C270n17 BUFFALO BSWHD06MBK18 まとめ ホームユースでマルチに活躍するウェブカメラ eMeet Nova 自宅のPCに接続して、ビデオ通話や会議、ゲームなど、マルチに活用が可能な『ホームユースでマルチに活躍するウェブカメラ』としてeMeet Novaを推したいです、総合評点は星4となります。 ★★★★ 製品名最大解像度画 質質視野角集音性能サイズその他eMeet Nova1080p/30fp◯◯◯98 × 65 × 48三脚取付可 eMeet NOVA は1080p/30fp 有効画素数200万画素のクリアかつ滑らかな撮影が可能なカメラです、また、「エコーキャンセルリング技術」を搭載したステレオマイクを内蔵しており、ビデオ通話における集音能力が高い優れたモデルです。。 eMeet製カメラの特徴となる超広角レンズにより広く美しい映像の撮影、集音能力の高さ、小型で優れたデザインと、本体の可動域の柔軟さや三脚穴もあるため設置性に優れている上に性能に比べ価格が非常に安価な事からコストパフォマンスの高いオールマイティーに活躍できるウェブカメラです。 長所 Full HD画質・オートフォーカスでワンランク上の画質性能ノイズキャンセリング機能搭載で高い集音能力とクリアーな音質小型の筐体に自由度の高い設置性の良さ 短所 プライバシーシャッターは非搭載広角画角だが多少の歪みもある レビュー記事はこちら Amazonで観る ストリーミング配信に最適なウェブカメラ Logicool C922n 『本格的なストリーマー用に設計』とキャッチコピーのある通り、ライブ配信などのプロユースに耐える性能の本格的なウェブカメラ。総合評点は星4 ★★★★ 製品名最大解像度画 質視野角集音性能サイズその他Logicool C922n1080p/30fp 740p/60fp◯◯◯71 x 95 x 44三脚付属 Logitech C922nは、ストリーマー向けにチューニングされたウェブカメラとなっており、解像度は1080p/30fpsはもちろん720p/60fpsのフレームレートにも対応しています。 自動光補正機能と作動精度の高いオートフォーカスを搭載しており、暗所でも明るく、動きのある被写体もしっかり捉えフォーカスを調整してくれます。集音能力も高くステレオ録音も可能なプロ仕様です。 長所 本体が小型で質感の高い筐体とデザイン自動光補正により暗所でも強く、鮮やかでメリハリのある映像 短所 カメラのチルト方向調整のみで、左右は動かない。プライバシーシャッターなし。価格は少し高め・・・ ただし性能は良い レビュー記事はこちら Amazonで観る ビデオ会議に特化・ビジネスユースなウェブカメラ eMeet c980PRO 高品質マイク・スピーカー・カメラが一体型となったeMeet c980PROは、とくにビジネスユースにおけるビデオ会議などで役立つオールインワンウェブカメラです。ビジネス用で総合評点は星3 ★★★ 製品名最大解像度画 質視野角集音性能サイズその他eMeet c980PRO1080p/30fp◯◯◯157×650×660三脚取付可 eMeet c980PRO、90°視野角・高解像度カメラ:1080p 200万画素のFull HDウェブカメラです、大きな特徴は4つ無指向性マイクを搭載しており360°集音が可能なこと、また2つの高性能スピーカーも搭載しており、ビデオ通話における必要な機能をすべて網羅しています。 ホームユースとしてはオーバースペックでボディーも大型ですが、ビジネスで利用するのであれば広い視野角で会議室で全体の撮影や、4つのマイクによる集音能力、スピーカーも搭載とフル機能となっています。 長所 Full HD画質と90°の視野角で広く美しい映像表現4つのAIマイクを搭載、高い集音能力とノイズキャンセリング機能スピーカーも搭載しており、これだけでビデオ通話に必要な機能を網羅 短所 ボディーが大型、左右の首振りは不可となっている。価格は高めで、ビジネスユースと考えるべき。 レビュー記事はこちら Amazonで観る ホームユースで高い性能を発揮するウェブカメラ Logicool C920n 78度の視野角・鮮やかな色、非常に明瞭でクリアなきめ細かい画像を実現した高解像度カメラ、HDオートフォーカスと光補正も搭載、デュアルマイクが自然でクリアな音声の伝達が可能です。総合評点は星4 ★★★★ ...

続きを見る

『eMeet C980pro』音声によるコミュニケーションを円滑にするこだわりのウェブカメラ・レビュー

多様なスピーカーフォン・ウェブカメラなど、音と映像にフォーカスしたガジェットメーカーeMeetの商品から、今回はプロ仕様とされるウェブカメラ「eMeet C980pro」のレビューをおこないます。 新型コロナによりウェブカメラがより一般家庭にも浸透したと言える2020年ですが、実際にテストをおこないプロスペックの実力・性能をチェックしたいと思います。 目次 1 eMeet社について 2 C980pro プロ仕様の理由・特徴 3 基本仕様 4 パッケージ内容 5 eMeet C980pro 6 マニュアル類 7 使用感 8 PCの接続 9 総合評価(まとめ) eMeet社について eMeet社は、スマホメーカーのHUAWEI、スピーカーのHarman、中国電気機器メーカーのTCL、音楽関連企業のKugou等のIT業界出身の人たちによって組織された企業、高品質な音で自由にコミュニケーションが出来る様になることを目指し、人工知能技術を使ったスピーカーフォンやWEBカメラなどを開発・販売している中国のメーカーです。 C980pro プロ仕様の理由・特徴 ウェブカメラはカメラとマイクが内蔵されていて、PCやMACなどにUSBで接続する事で利用をおこなうコミュニケーション機器ですが、今回ご紹介するC980proは、カメラとマイクはもちろん、本体にスピーカーも内蔵された3イン1ガジェットとなっています。 Skypeやzoomなどを利用したビデオ通話で、C980proに接続するPCがあれば全ての準備が完了するシンプルさと、マイクやカメラなどがプロスペック性能である事が特徴です。 eMeet C980pro 特徴を4つ挙げると・・・ 超広角・高画質・固定フォーカスレンズ eMeet C980proは、視野角90°の超広角により広く対象物の撮影が可能。また画素数は200万画素、解像度は1920p×1080p の固定フォーカス・4層光学レンズにより室内などの暗所でもくっきり明るく撮影が可能です。 4つの無指向性マイクを搭載 本体内部にはVoiceIA「エコーキャンセルリング技術」「雑音制御」機能を搭載した 360°集音が可能なマイクを4つ搭載しており、360°どこからでもクリアな音声を集音します。 ステレオスピーカーを搭載 本体左右に高性能ステレオスピーカーを搭載しており、聞き取りやすい音声の再生も可能です。 各種OSと豊富なビデオ通話アプリに対応 Windows、Mac OS、Android、Chrome OS、など一般的に利用されているデバイスとプラグアンドプレイが可能。Skype、Googleハングアウト、Amazon Chime、Face Time for Macなど、多彩なビデオ通話アプリケーションに対応しています。 基本仕様 項 目 数 値 最大解像度 1080p/30fp CMOS 有効画素数 200万画素 内蔵マイク 360°無指向性マイクを4つ内蔵 ステレオ VoiceIA「エコーキャンセルリング」「 雑音制御」など 内蔵スピーカー ステレオスピーカーを搭載 三脚対応 ノートパソコン、LCD/モニター、三脚取り付けが可能 カメラ画角 90° レンズ 4層高性能光学 USB接続 プラグアンドプレイ対応 本体サイズ 幅157mm×高さ650mm×奥行き660mm ケーブル長 1.83m パッケージ内容 eMeet C980proは白と青のパッケージ、上部にイラスト、背面に英語でスペックなどが記載、シンプルですが色合いが美しいパッケージです。 パッケージ内C980Pro以外に収納ポーチ・マニュアル類が入っているシンプルな構成です。 eMeet C980pro 材質は樹脂製、デザインも良いですし、概ね質感は良いと感じました。 カメラ部は上下90°、スタンドは180°の調整幅があります、残念ながらカメラ部は左右に可動しません。eMeet C980proはウェブカメラとしてはかなり大きく張り出した左右のスピーカー、プライバシー用のレンズ蓋などが特徴的なデザインです。 マニュアル類 付属マニュアルは・ユーザーズマニュアル・安全の手引き・延長保証カードの3種類で、ユーザー登録により保証期間は1年間延長されるとの事、これは嬉しいですね。 取扱説明書は7カ国語版で日本語の記載もありますが、プラグアンドプレイで簡単に使えますからあまり読む必要はないかもしれません。 使用感 PCの接続 Windows10に接続するとすぐにC980proを認識して利用が可能になりました、ドライバーのインストールなど面倒な作業が不要で使いやすいです。利用する通話アプリケーションによっては設定メニューからマイクやスピーカーをC980Proに設定する作業が必要な場合がありますが、通常は自動的に選択されます。 カメラの設置 C980Pro本体のユニバーサルクリップを調整してモニター上部に設置が一般的と思いますが、このカメラはかなり大型なので、27インチ以下の小型モニターだとカメラが大きく目立ってしまうかもしれません。 モニター上部よりも机の上などにC080Proを直に机の上などに置く方が、自由に画角調整が可能になるのでお薦めです、映像は広角なので下側からのアングルの方がダイナミックな印象になる効果もあります。 また、本体下部には三脚穴がありますので、小型の三脚をお持ちならば三脚設置する方が見た目も良くなりますね 映像 C980proは固定フォーカスカメラを採用、画角は90°もあるのでダイナミックな映像撮影が可能です。 焦点距離は8cm~5mとの事ですが、画像の通り文字などは近いとボケる感じがしますが、ビデオ通話用と割り切れば気にするほどでもないと思います。それよりも広角90°で狭い部屋も広く取れるレンズという事が特徴的です。 画質は、どちらかと言うとコントラストが強く陰影がハッキリする設定のようで、良く言えば立体感のある映像表現ですが、顔のシワなどが目立って老けて見えちゃうかも? できれば日差しの入る部屋や、夜であればしっかりと照明を使うほうが綺麗に撮影ができると思います。 マイク性能 eMeet C980 ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-ウェブカメラ, ガジェットレビュー

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5