その他・ツール ガジェットレビュー

『KIMO 20V レシプロソー』レビュー!コンパクトなのに切断能力が高い、プロスペックな切断工具

庭木の手入れ、粗大ごみの解体などに威力を発揮する電動工具レシプロソー、以前KIMO製『12Vシリーズ』製品をご紹介したが、今回はよりパワーの強いプロスペックと言える『20Vシリーズ』のレシプロソーをレビューする。

レシプロソーをお探しなら、12V製品のレビュー記事とあわせて確認していただいて購入時の参考にしていただければと思う。

Amazonで見る

KIMO『レシプロソー』について

『KIMO』は、Amazonで急速に存在感を増している電動工具ブランド、緑色のボディが特徴の電動工具を数多く展開しており、20Vと12Vのシリーズ製品を低価格で取り揃えています。バッテリーはシリーズが同じであれば共通で利用できるのも特徴です。

今回レビューする商品はパワフルな切断力が魅力の20Vシリーズ「KIMO レシプロソー」、本体にバッテリーを内蔵してコードレスで利用が可能な電動のこぎりです。

レシプロソーは、先端のブレード交換により、金属や木材などの切断が可能な、いわゆる電動のこぎりですが、直線や曲線などDIY用途ではジグソーを使います。レシプロソーは狭い場所、庭木の手入れ、不用品の裁断などの利用に向いた工具です。

スペック

モデル QM-9519
電圧 20V
バッテリー リチウムイオン 2000mAh
充電器 100V 60Hz
充電時間 1時間
持続時間 30分
ストローク長さ 23mm
ストローク数 0~3000rpm
切断力 金属:20mm(15cmブレード) 木材:70mm(15cmブレード) 木材:100mm(20cmブレード)
重さ 1.5kg

特 徴

まずはKIMO20Vレシプロソーの特徴を確認します。

多材料の切断に柔軟対応

木材、 塩ビパイプ、金属、様々な材料切断対応し、DIY・枝切り・粗大ゴミ解体・アルミニウム切断・薪作りなど・・・ 様々な用途やシーンで多岐に役立つ切断工具です。

無段変速&安全ロックボタンを搭載

トリガーを押す力加減で無段変速が可能、繊細な切断作業時も威力を発揮します。また、安全ロックボタンを押しながらトリガーを押す事で動作するダブルロック機構により、安全性が高く初心者にも安心です。

急速充電と大容量バッテリー付属

20V・2.0Ah バッテリーと急速充電器が付属します、このバッテリーは60分で充電が完了し30分の連続作動が可能、またKIMO製20V電動工具シリーズと互換性があります。

優れた放熱システム

7つの排気口によるベンチレーションで47°Cの内部温度を維持、いつでも新鮮な外部空気を取り入れる事で、いつでも最適な性能を発揮します。

クランプ爪

先端に取付可能なクランプ爪は、切断材料の固定や、切断時の安定性が高く、作業の正確性、安全性を約束します。

パッケージ内容

外箱はダンボールにイラスト・仕様などが記載されただけのシンプルなパッケージ、工具なのでパッケージにコストを掛ける必要はないので良いと思います。

ダンボールを開梱すると、KIMO製工具ではおなじみの黒い布製収納バッグにレシプロソー本体・付属品の全てが収納されています。

収納バッグ

収納バッグは、KIMO製ではおなじみの布製バッグですが、電動ドライバーなどに付属している物よりも少し横に長いサイズです。内部にはメッシュの小物入れが2箇所あり、ブレードや予備バッテリーなどが収納できます。

内容物

収納バッグに入っている内容物を全て取り出すと以下の写真の通りとなります、20Vのレシプローソとしてはかなりコンパクトな印象です。

内容物の詳細は以下の通り。

  • レシプロソー本体
  • バッテリー×1
  • 充電アダプター×1
  • クランプ部品
  • 金属用ブレード×2本
  • 木工用ブレード×4本
  • 収納バッグ
  • 取扱説明書(日本語)

取り扱い説明書は全て日本語で記載されていて、クランプやブレードの取り付け方法は詳細に解説されているので初心者の方でも安心です。

付属ブレードの詳細

付属するブレードは金属用が2本に木工用が4本です。金属・木工のどちらも同じ種類が予備として付属する構成となっています。付属ブレードはKIMO製となっていますが、市販のブレードも利用できるのでより切れ味の良いブレードを使えば性能の向上が期待できます。

いずれにしても購入後にすぐに利用開始ができますし、しばらく買い足す必要はなさそうです。

レシプロソー本体・詳細チェック

KIMO製電動工具のイメージカラーであるお馴染みの緑と黒のデザイン、20V工具ですが本体はかなりコンパクトでバッテリー装着しても片手で持てる重量です。

グリップ部はラバー素材になっているので滑り止めの効果を発揮しますし、衝撃をある程度和らげる効果があるようです。上質な質感とは思いませんが工具としては一定の存在感があると感じます。

左側面のトリガー上部に安全ロックボタンがあり、作動させるためには、このロックボタンを押しながらトリガーを押し込みます。本機の操作ボタンはこの2箇所だけでシンプルな操作性となっています。

クランプの取り付け

先端には材料固定・切断時の安定性を向上させるブレードの取り付けが可能です、取り付けは本体先端のレール部にクランプを合わせて押し込みます。しっかりと奥まで押し込めば装着が完了します。

使用開始時は取り付けが少し硬いかもしれませんが使い込めば馴染んでくると思います、お手入れも兼ねて潤滑油などを塗布すればスムーズになると思います。

ブレード取り付け

ブレードを取り付けるのに工具などは不要です、先端のドライビングスリーブの金属部分を回し、ブレードを差し込みます。

ブレードを奥まで刺したらスリーブから指から離せばロックが掛かり取り付け終了です。外すときも同様にスリーブを回してブレードを引き抜くだけ、とても簡単です。

先端にクランプを取り付けると指がスリーブを回すの困難になるのが少し弱点に感じますが、工具を使うよりは圧倒的に楽ですし、クランプも簡単に取り外せるので問題とは思いません。

バッテリー・充電器

このレシプロソーには充電器とバッテリーが各一個づつ付属しています、充電器にバッテリーをスライドさせて充電が可能となっています。

充電中は赤いLEDライトが点灯し充電が完了すると緑点灯です、充電時間はおおよそ1時間で連続使用は30分程度なので一般的な使用であれば十分な性能と思います。

バッテリー本体には充電レベルを4段階で表示するLEDインジケーターが搭載されています、バッテリー単体で残量確認が可能です。残量を確認しながら、作業の調整や充電タイミングの確認が可能なのでガンガン使う方にはとても重宝します。

KIMO20Vシリーズ共通バッテリーなので、同シリーズの工具のバッテリーの共用可能ですし、予備バッテリーはamazonなどで入手できます。

総評とまとめ

12V・20VのKIMO製レシプロソーを両方テストしてみたが、今回ご紹介した20Vの方が切断能力が高いため、太い木材も短時間で切断する事ができた。

また、特に良いと思ったのは性能の割に本体サイズがコンパクトで重量が軽い事。

切断作業する際は両手でホールドする方が安全性も高いわけだが、実際には片手作業が必要な場面もある、材料を動かしたり、固定したりとかね。本機であれば片手持ちでも腕の負担が少なく快適に作業ができる。素晴らしい。

バッテリー持続時間だが、軽めのDIYや切断作業用途であればフル充電から連続で30分程度は使えるので、実用上不便には感じないし、急速充電1時間なのも良い点だ。もちろん長時間の作業をおこないたいのであれば予備バッテリーがある方が安心だろう。

まとめると、KIMO 20V レシプロソーは、コンパクトな本体でパワフルな性能を持った電動切断工具だ。軽めの作業から、プロユースまで幅広く対応できる。

特にKIMO 20Vシリーズ工具をお持ちならベストバイと言える。是非お勧めしたい。

Amazonで見る

▼こちらの記事もオススメ

『KIMO レシプロソー』レビュー!安くて手軽、シッカリ切れるおすすめの電動ノコギリ

庭木の手入れ、粗大ごみの処理などなど・・・ 時間がかかるし定期的な作業するのって面倒ですよね、そんな時に電動ノコギリがあれば簡単で効率よく作業ができ、時間も圧倒的に短縮できます。 今回はKIMO 12Vシリーズから電動ノコギリのエントリーモデル「レシプロソー」を入手しましたのでレビューいたします。 ⇒ Amazonで見る 目次1 KIMO『レシプロソー』について2 特 徴3 パッケージ内容4 レシプロソー本体・詳細チェック5 ブレードの取り付け6 バッテリー・充電器7 使用した感想とまとめ KIMO『レシプロソー』について あまり馴染みがないかもしれませんが、『KIMO』というメーカーは、Amazonで急速に存在感を増している電動工具ブランドで、緑色のボディが特徴の電動工具を数多く出品しております。 低価格でありながらバッテリーを共通化した電動工具製品を展開しており、20Vシリーズと12Vシリーズで大手ブランドに引けを取らないラインナップを揃えています。 今回レビューする商品「KIMO レシプロソー」は、本体にバッテリーを内蔵してコードレスで利用が可能な電動のこぎり、コンパクトで初心者でも扱いやすい12Vシリーズとなっています。 レシプロソーは、先端のブレード交換により、金属や木材などの切断が可能な、いわゆる電動のこぎりですが、直線や曲線などDIY用途ではジグソーを使います。レシプロソーは狭い場所、庭木の手入れ、不用品の裁断などの利用に向いた工具です。 ■ スペック「KIMO レシプロソー」のスペックは以下の通りです。 バッテリー リチウムイオンバッテリー バッテリー容量 2Ah 電圧 12V ストローク長さ 13mm ストローク数 0~3000min-1(回/分) 入力周波数 50-60Hz 寸法 18cmX13cm 重さ 1.24kg 特 徴 まずはKIMOレシプロソーの特徴を確認していきます。 ● 高速&無断変速 ストローク長:13mm;入力周波数:50-60Hz。 スイッチのコントロールで最適な速度や強さ調整が可能、ストローク数0min-1(回/分)から3000min-1(回/分)の高速切断が可能です。 金属切断 金属用ブレードを使えば硬い金属も素早く切断が可能、また上向きで作業がしやすいコンパクトボディーなので、高い所や狭い所でも、楽に作業ができます。 木材切断 木材用ブレードなら、庭木などが綺麗にお手入れが可能、不要な家具等の解体にも対応できます。安全を考えたダブルロック、スイッチと安全ロックを一緒に押す機構により安全性も高いです。 低振動 圧倒的な切断スピードと低振動を実現、長い作業でも手が疲れません。木材加工、ビニール管、竹きり、園芸剪定、軟鋼材アルミなどの切断加工に適合します、手軽に持ち運びができるのが良い点です。 豪華セット レシプロソー本体に、2.0Ah バッテリー、充電器、収納バッグ、取扱説明書、さらにレシプロソーブレードは7本が付属しており、市販のブレードも使用可能です。 パッケージ内容 外箱はダンボールにイラストと仕様などが記載された工具らしい梱包、開けると黒い収納バッグが入っていてレシプロソー本体と付属品の全てが収納されていました。 収納バッグ この収納バッグは、KIMO製の電動工具で広く使われている物で、内部はメッシュの小物入れが2箇所あり、ブレードや予備バッテリーなどが収納できるようになっています。 内容物 収納バッグ内の内容物は以下の写真の通り、ブレードが7本も付属しているのが有り難いです。 以下は内容物のリストです。 レシプロソー本体 バッテリー×1 充電アダプター×1 金属用ブレード×4本 木工用ブレード×3本 収納バッグ 取扱説明書(日本語) 付属ブレードの詳細 付属ブレードは、金属用が4本、木工用が3本で、金属・木工のどちらも同じブレードが予備として付属しています。このブレードはKIMO製ですが、市販のブレードも利用する事が可能です。購入後にすぐに利用開始ができるのでしばらくは買い足す必要はなさそうですね。 レシプロソー本体・詳細チェック KIMO製電動工具のイメージカラー、緑と黒の本体ですが、レシプロソーとしてはコンパクトで片手でも持てる重量です。 グリップ部はラバー素材なので握った際に滑り止め効果を発揮します、本体の質感は高いとまでは言いませんが、いかにも工具といった風合いで悪くはないです。 左側面にはバッテリーレベルを確認するためのLEDインジケーター、安全ロックとスイッチを押し込み動作させた際にバッテリーの消耗度の確認が可能です。 先端下部にはLED照明を装備しています、こちらも作動中に点灯するもので暗所作業の際にはとても便利です。 ブレードの取り付け KIMOレシプロソーのブレード取り付けは非常に簡単、先端のドライビングスリープの金属部分を回しながらブレードを奥まで刺します。 ドライビングスリープを指から離すとロックが掛かり、ブレードが抜けないか確認して終わりです。 少しスリープが硬いので多少の力は必要ですが、ロックナットを緩めて締めるのような従来の機構に比べれば圧倒的に楽に取り替えが可能ですね。 バッテリー・充電器 KIMOレシプロソーには充電器とバッテリーが各一個づつ付属しています、バッテリー容量は2Ahなので容量的にはそれほど大きな物ではありません。 充電器にバッテリーを差し込んで充電する一般的なタイプで、充電中は赤いLEDライトが点灯して、充電が完了すると緑に点灯します。充電時間はおおよそ2時間程度です。 バッテリーは本体のグリップ部に差し込んで装着します、少し力を入れて押し込まないとロックされないので、力のない女性には厳しいかもと思います、もちろん一般的な成人男性なら問題はないでしょう。 KIMO12Vシリーズ共通バッテリーなので、同シリーズの工具のバッテリー共用可能、もちろん予備バッテリーもamazonなどで入手が可能です。 使用した感想とまとめ 自宅にある廃棄する予定の家具の解体に利用してみたが、このレシプロソーはコンパクトで軽いので、取り回しが非常に良いと感じました。重量もそれほど重たくないので右手でレシプロソーを持ちながら、左手で材料を動かすなどが出来るので作業性が非常に良好です。 バッテリーの持ちについてですが、30分ほど使用してバッテリー切れが起きました、ちょっとした作業であれば十分に活用できそうですが、長時間の作業であれば予備バッテリーは必要かもしれませんね。 やはりコンパクトであるという特徴を生かして、日常生活におけるちょっとした切断作業で利用するのに向いている工具です。保管も邪魔になりませんし、キャンプなどの際に持って行けば重宝する道具になりそうですね。 手軽に使えてしっかり切れる! なによりも価格が安価であると言うことが一番良い点、おすすめのレシプロソーです。 ⇒ Amazonで見る ▼こちらの記事もオススメ コチラの記事も読まれています! 『KIMOインパクトドライバー QM-3001』レビュー!初心者でも扱いやすいシンプルさ 2021年にオススメの『モバイルモニター』10選について価格順に紹介! 庭木の手入れや粗大ごみの処理に役立つ『SnapFreshレシプロソー』レビュー  Withコロナ時代の必需品!オススメのPC用マイクスピーカー10選 電動ドリルドライバーのエントリーモデル『KIMO QM-1005A』レビュー DIY初心者でも簡単に扱える!『KIMO 電動ドリルドライバー』レビュー 安価でもパワフルで高機能!『SnapFresh コードレスインパクトドライバー』レビュー ...

続きを見る

電動ドリルドライバーのエントリーモデル『KIMO QM-1005A』レビュー

最近では休日に自宅で気軽なものづくり、いわゆる『DIY』を楽しむ人々が増えてきた。 ▼初歩的な工具と材料で、老若男女問わずだれでも手軽に改装を行うことが出来る。 またジャンルは異なるが、各パーツを自身で買い求めて、自分だけのオリジナルPCを組み立てる『自作PC』も、市販の製品を購入するよりコストが抑えられるとして人気だ。 DIYとPC自作のいずれにも共通して必要となる工具として、"ドライバー" と "ドリル" が挙げられる。 特に電動駆動のものがあれば、作業効率が一気に上がることは間違いない。 そこで今回は、DIY初心者でも簡単に扱うことが出来る電動ドリルドライバーのエントリーモデル『KIMO QM-1005A』について、実際に使用した感想をもとにレビューしていこうと思う。 目次 1 電動ドリルドライバーのエントリーモデル『KIMO QM-1005A』 2 製品本体および付属品について 3 各機能について 4 充電残量が一目で分かる 5 低速・高速モード切替 6 多段階トルク調整 7 実際に使用した感想 8 トリガーの引き具合で無段階出力調整が可能 9 順回転・逆回転への切り替えが可能 10 不慮の動作を防ぐ『セーフティ』機能 11 暗所でも安心の『LEDライト』 12 作業の死角を減らす『ソフト軸』 13 長時間使用しても疲労を感じない 14 電動ドリルドライバー選びに迷っている場合はオススメ 電動ドリルドライバーのエントリーモデル『KIMO QM-1005A』 今回紹介するKIMO製『電動ドリルドライバー』(QM-1005A)は、アマゾンチョイスにも選ばれている人気製品であり、多機能かつリーズナブルな価格がウリの電動ドリルドライバーとなっている。 ブランド K I M O. 電源 1500mAhリチウムイオンバッテリー(充電式) 電圧 12 V トルク 最大21N.m 商品の重量 1.84 kg 充電時間 80分 連続稼働時間 最高1.5時間 本製品は約5,000円という他社製品に比べて購入しやすい価格となっており、なおかつドライバーとドリルの両方の機能を兼ね備えた工具だ。 バッテリー充電でコードレス使用が可能であり、トリガーを引くことで先端が自動的に回転する。 最大21N.mのトルクは多段階調整が可能であり、素材の強度に合わせて出力を変えることが出来る。 ▼柔らかい木材などの素材から、硬いコンクリートへのはつりなど、様々な場面に対応可能。 本体重量もバッテリー装着時に約1.5キログラムであり、女性や子供でも問題なく使用することが出来る。 製品本体および付属品について ▼製品本体および付属品が入った専用バッグ。 ▼中身をすべて取り出した様子。 内容物一覧は以下の通り。 本体 バッテリー 充電アダプター ビットセット(32本) ドリルビット(6本) ビット延長アダブター フレキシブルシャフト 収納バッグ 日本語取扱説明書 ▼ドリルドライバー本体。握り込むグリップ部には滑り止めラバー処理が施されており、手汗をかいても滑りづらくなっている。 ▼上から見た図。出力モードを切り替えるための様々なボタンを搭載(役割については後述) ▼背面から見た図。 ▼底部には挿入口が開いており、バッテリーを装着することで使用可能になる。 ▼付属のリチウムイオンバッテリー。80分の充電で最大1.5時間の連続使用が可能。 ▼バッテリーを装着した様子。バッテリー自体が軽いため、装着してもそこまで重量感は変化しない。 ▼バッテリーは充電アダプタにつないでコンセントに接続することで充電できる。アダプタ本体のランプが赤色の状態は充電中、緑色になると充電が完了した合図だ。 ▼本体先端部には直径0.8~10mmまでのビットを取り付けることが出来る。 本製品には計32本のビットセット、および計6種類のドリルビットが付属している。 ▼ネジ(ビス)を留めるための多種多様なビットセット。 ▼様々な大きさの穴を開けることが出来るドリルビット。 これにより、作業中のどのような場面にも対応できる、汎用性の高いツールとなっている。 ビット自体は、ドリルドライバー先端のダイヤルを左右に回転させることで開口を開閉し、ビットを取り付けることが出来る。 少しの力でも強固なビットの固定が可能であるため、そこまで力を入れて締める必要は無い。 各機能について 本製品の各機能について紹介していく。 充電残量が一目で分かる 本製品の側面には、充電残量を示すランプが点灯している。 ランプの点灯数によって、充電残量がどれほど残っているのかを一目で確認することが出来るため、非常に便利だ。 低速・高速モード切替 ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-その他・ツール, ガジェットレビュー

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5