その他・ツール ガジェットレビュー

『KIMOインパクトドライバー QM-3001』レビュー!初心者でも扱いやすいシンプルさ

力を入れなくても "ネジ(ビス)"や "ナット" を簡単に締めることのできる便利な道具として、『電動ドライバー』というガジェットがある。

▼引き金を引くことで先端が自動回転し、ネジ等を一瞬で締めることのできる便利なツール。

最近では、自身で自宅の簡単な増改築を行うDIYが流行っており、このような電動ドライバーの需要は高まりつつある。

一家に一台は置いておけば、組み立て式の家具を購入した際にも役に立つ。

しかし、市場に出回っている電動ドライバーの種類は非常に多く、初めて購入を考えている方にとっては、どの製品を購入すればよいのか迷う場合が多いと思う。

そこで今回は、初めての電動ドライバーとしてはうってつけのエントリーモデルとして、

『KIMO 電動インパクトドライバー QM-3001』

について、実際に使用した感想を元に紹介していこうと思う。

KIMO 電動インパクトドライバー QM-3001

今回紹介する『KIMO 電動インパクトドライバー QM-3001』は、数ある電動ドライバーのなかでも、特にシンプルなデザインで初心者でも扱いやすく、価格もリーズナブルなエントリーモデルである。

KIMOという中国メーカーの製品であり、数々の安全認証を取得しています。

12ヶ月間の安心保証も付帯するため、使用中に不具合をきたしても連絡することで交換が可能だ。

ブランド KIMO
電源 バッテリー式
グリーン
電圧 12 V
商品の寸法(奥行き×幅×高さ) 21 x 15 x 6 cm
最大トルク 100N・m
本体重量 1.67 Kg

本製品は、ドライバーとインパクトの両方の機能を併せ持っている。

上表の通り、サイズはコンパクトで軽く、子供や女性が長時間持ち続けても疲れることはない。

電源はバッテリー充電式となっており、最長で2時間の連続稼働が可能だ。

▼コードレス使用に対応しているため、様々な場所や状況へ柔軟に対応できる。

一方で強力なトルクを実現できており、強固な素材に対しても安定して打ち込むことが出来る。

▼硬い素材に対しても素早く、キレイに打ち込むことが可能。

また、スイッチ1つを切り替えることで、ドリルの正/逆回転を簡単に切り替えることが出来る。そのため、打ち込むだけでなく、打ち込まれているビスやナットをあっという間に取り外すことも可能だ。

▼スイッチを中間に入れることで、誤作動を防止するためのセーフティロックがかかる。

トリガーへの指の力加減を変えることで、回転数を柔軟に変速することも可能だ。そのため、打ち込む対象の素材の強度に合わせて、直感的に回転数を調節できる。

そして製品には多くの種類のビット・ソケットセットが付属する。

▼ビットセット6本・六角ソケット4本が同梱する。

そのため、様々なネジ・ビス・ナットに対して本製品を使うことが可能となっている。自分でビットセットや六角ソケットを買い求める必要は無い。

製品が届いた時点で、すぐにそのまま利用を開始できるのも嬉しい点だ。

製品および同梱物について

それでは、製品外観および同梱物について紹介していく。

製品が届いた際は、持ち運び用の専用バッグに入っている。

▼製品・付属品をすべて入れてそのまま持ち運ぶことが可能だ。

▼内容物をすべて取り出した様子。

【内容物一覧】

  • 電動ドライバー本体
  • ビット6本
  • ソケット4本
  • バッテリー
  • 充電器
  • 収納バッグ
  • 日本語取扱説明書

説明書は日本語に完全対応しているため、使い方などが分からない、不具合に遭った場合でも安心だ。

電動インパクトドライバー外観

製品の外観は非常にシンプルで、最低限のボタンとランプが搭載されているのみ。

初めて手に取った方でも、使い方に迷うことは無いだろう。

▼滑り止めが施された、握りやすいゴム製グリップ

正面にはビット・ソケットを装着するための穴が開いている。

ビット&ソケットセット

本製品には、以下の通りビット&ソケットセットが付属する。

【締付能力(mm)小ねじ】

  • M4~M8:締付能力(mm)ボルト:M5~
  • M12:締付能力(mm)コーススレッド:22~
  • 90:締付能力(mm)高力ボルト:M5~M10

本体への取り付け

ビット&ソケットを本体に取り付ける方法はとても簡単だ。

ドライバー先端をつまんで手前に引いた状態で、ビット・ソケットを挿入する。

あとは手を放すだけでビット・ソケットが固定され、使用が可能になる。

特段の力を入れなくても装着でき、固定もシッカリしているため使用中に外れることは無いだろう。

▼使用準備が開始した様子。

バッテリー&充電器

電動インパクトドライバーは、底部にバッテリーを装着することで駆動する。

▼軽くて小さいバッテリー。

▼カチッと音がするまで挿し込むことで、バッテリーを装着できる。

なお、引き金を引いた際に本体側面のランプが点灯し、バッテリー残量を視覚的に確認することが出来る。

バッテリー残量が低下した場合は、付属の充電器をバッテリーに接続し、コンセントに取り付けることで充電が開始される。

▼充電器のランプが赤⇒緑に変化すれば、満充電が完了した合図だ。

回転向きの切り替え

本体側面のボタンを押し込むことで、正/逆回転の切り替えが可能だ。

また、ボタン位置を中間に設定することで、トリガーを引いても動作しないセーフティーモードにすることが出来る。

▼実際の動作の様子。

回転向きが切り替わっていることと、トリガーの押し込み具合によって回転数が変化していることが分かると思う。

また、セーフティーモードにしておくことでトリガーをいくら引いても駆動しなくなる。

小さな子供が扱う場合や、誤作動を防止したい場合にも非常に役に立つ機能だ。

暗所の作業でも安心のLEDライト

本体正面には、作業場所を明るく照らすためのLEDライトが搭載されている。

▼トリガー引くと自動的に点灯する。

これにより、夜間の作業や、暗所への打ち込みに関しても問題なく使用することが出来る。

別途ライト等を用意する必要が無い点がGOODだ。

安定した打ち込みが可能

本製品を使用して、実際に硬い木材へいくつかビスを打ち込んでみた。

結果的に、強力なトルクのおかげで軸がブレることはなく、力を入れなくても垂直でキレイに打ち込むことが出来た。

逆に強く締められたビスに対しても、逆回転を行うことで、スムーズかつあっという間に取り外すことが出来た。

まったくの初心者の私でもこれだけ簡単に扱うことが可能であったため、老若男女だれでも扱える電動インパクトドライバーであると言える。

製品の特長まとめ

今回紹介した『KIMOインパクトドライバー QM-3001』について、特長をまとめると以下の通りである。

製品の特長

  • コンパクトで軽量な筐体
  • 誰でも扱いやすい機能
  • リーズナブルな価格
  • 多くのビット・ソケットセットが付属
  • 安定した打ち込みが可能な強力トルク
  • ドライバー・インパクトの両機能を搭載

このように、初心者・ベテラン関係なく、誰でも簡単に扱うことが出来る電動インパクトドライバーとなっている。

価格も同類他機種と比べてリーズナブルであり、初めて電動ドライバーの購入を検討している方にとっては、まさにうってつけの製品だろう。

ただしドリル機能には対応していないため、もしも穴あけ用途で電動ドライバーを探している場合は、同社のドリル対応モデルの購入をオススメする。

▼こちらのサイトでも分かりやすく紹介されています。

『KIMO 電動インパクトドライバー』レビュー!リーズナブルで初心者にオススメのエントリーモデル

▼こちらの記事もオススメ

電動ドリルドライバーのエントリーモデル『KIMO QM-1005A』レビュー

最近では休日に自宅で気軽なものづくり、いわゆる『DIY』を楽しむ人々が増えてきた。 ▼初歩的な工具と材料で、老若男女問わずだれでも手軽に改装を行うことが出来る。 またジャンルは異なるが、各パーツを自身で買い求めて、自分だけのオリジナルPCを組み立てる『自作PC』も、市販の製品を購入するよりコストが抑えられるとして人気だ。 DIYとPC自作のいずれにも共通して必要となる工具として、"ドライバー" と "ドリル" が挙げられる。 特に電動駆動のものがあれば、作業効率が一気に上がることは間違いない。 そこで今回は、DIY初心者でも簡単に扱うことが出来る電動ドリルドライバーのエントリーモデル『KIMO QM-1005A』について、実際に使用した感想をもとにレビューしていこうと思う。 目次1 電動ドリルドライバーのエントリーモデル『KIMO QM-1005A』2 製品本体および付属品について3 各機能について4 充電残量が一目で分かる5 低速・高速モード切替6 多段階トルク調整7 実際に使用した感想8 トリガーの引き具合で無段階出力調整が可能9 順回転・逆回転への切り替えが可能10 不慮の動作を防ぐ『セーフティ』機能11 暗所でも安心の『LEDライト』12 作業の死角を減らす『ソフト軸』13 長時間使用しても疲労を感じない14 電動ドリルドライバー選びに迷っている場合はオススメ 電動ドリルドライバーのエントリーモデル『KIMO QM-1005A』 今回紹介するKIMO製『電動ドリルドライバー』(QM-1005A)は、アマゾンチョイスにも選ばれている人気製品であり、多機能かつリーズナブルな価格がウリの電動ドリルドライバーとなっている。 ブランド K I M O. 電源 1500mAhリチウムイオンバッテリー(充電式) 電圧 12 V トルク 最大21N.m 商品の重量 1.84 kg 充電時間 80分 連続稼働時間 最高1.5時間 本製品は約5,000円という他社製品に比べて購入しやすい価格となっており、なおかつドライバーとドリルの両方の機能を兼ね備えた工具だ。 バッテリー充電でコードレス使用が可能であり、トリガーを引くことで先端が自動的に回転する。 最大21N.mのトルクは多段階調整が可能であり、素材の強度に合わせて出力を変えることが出来る。 ▼柔らかい木材などの素材から、硬いコンクリートへのはつりなど、様々な場面に対応可能。 本体重量もバッテリー装着時に約1.5キログラムであり、女性や子供でも問題なく使用することが出来る。 製品本体および付属品について ▼製品本体および付属品が入った専用バッグ。 ▼中身をすべて取り出した様子。 内容物一覧は以下の通り。 本体 バッテリー 充電アダプター ビットセット(32本) ドリルビット(6本) ビット延長アダブター フレキシブルシャフト 収納バッグ 日本語取扱説明書 ▼ドリルドライバー本体。握り込むグリップ部には滑り止めラバー処理が施されており、手汗をかいても滑りづらくなっている。 ▼上から見た図。出力モードを切り替えるための様々なボタンを搭載(役割については後述) ▼背面から見た図。 ▼底部には挿入口が開いており、バッテリーを装着することで使用可能になる。 ▼付属のリチウムイオンバッテリー。80分の充電で最大1.5時間の連続使用が可能。 ▼バッテリーを装着した様子。バッテリー自体が軽いため、装着してもそこまで重量感は変化しない。 ▼バッテリーは充電アダプタにつないでコンセントに接続することで充電できる。アダプタ本体のランプが赤色の状態は充電中、緑色になると充電が完了した合図だ。 ▼本体先端部には直径0.8~10mmまでのビットを取り付けることが出来る。 本製品には計32本のビットセット、および計6種類のドリルビットが付属している。 ▼ネジ(ビス)を留めるための多種多様なビットセット。 ▼様々な大きさの穴を開けることが出来るドリルビット。 これにより、作業中のどのような場面にも対応できる、汎用性の高いツールとなっている。 ビット自体は、ドリルドライバー先端のダイヤルを左右に回転させることで開口を開閉し、ビットを取り付けることが出来る。 少しの力でも強固なビットの固定が可能であるため、そこまで力を入れて締める必要は無い。 各機能について 本製品の各機能について紹介していく。 充電残量が一目で分かる 本製品の側面には、充電残量を示すランプが点灯している。 ランプの点灯数によって、充電残量がどれほど残っているのかを一目で確認することが出来るため、非常に便利だ。 低速・高速モード切替 本製品の上部には、低速・高速モードを切り替えるためのスイッチが用意されている。 低速:0 ~ 600 RMP 高速:0 ~ 1350 RMP これにより、素材のに合わせて段階的に回転数を調整することができる。 多段階トルク調整 また、先端の数字が描かれているダイヤルを左右に回転させることで、計19段階のトルク調整が可能だ。 こちらも、素材の強度に合わせて回転強度を調節することができ、過度な負荷を与えて素材が破断する事態を防げるようになっている。 実際に使用した感想 ...

続きを見る

DIY初心者でも簡単に扱える!『KIMO 電動ドリルドライバー』レビュー

最近では、家具や物置など自宅のインテリアを自分の手で作る『DIY:Do It Yourself』が盛んになってきた。 またジャンルは少し異なるが、各パーツを購入し、デスクトップPCを自作する行為(自作PC)も一部のPC通のあいだでは盛んにおこなわれている。 いずれにも共通する点として、店舗で出来あいの製品を購入するよりもコストが安く済むこと、自分好みに細かくカスタマイズできることなどが挙げられる。 ただしデメリットとして、相応の知識、そして 作業するための工具 が必要な点が挙げられる。 どちらの場合でも共通して必要なのが、ビス(ネジ)を留めたり外したりするための "ドライバー" である。 しかし世の中には、手動・電動のものを含めると数多のドライバーが存在しており、どれを選べばよいのか迷う方も多いと思う。 そこで今回は、電動かつコードレスで使用可能なオススメの製品『KIMO 電動ドリルドライバー』について、実際に使用した感想をもとにレビューしていこうと思う。 目次1 誰でも簡単にDIY!『KIMO 電動ドリルドライバー』2 同梱物一覧3 付属ビット・ドリルビット4 製品の使用方法5 誤作動防止のセーフティモードを搭載6 各モードの切り替え方法7 実際に使用した感想8 安定した動作で手が疲れづらい9 暗い場所でも安心して作業可能10 "曲げ" に対応するための『ソフト軸』が付属11 バッテリーの持ちが良い12 総評(まとめ) 誰でも簡単にDIY!『KIMO 電動ドリルドライバー』 今回紹介する『KIMO 電動ドリルドライバー』は、バッテリー駆動のコードレス式であり、かつドライバー・ドリル・ハンマーの機能を兼ね備えた、オールマイティな器具である。 amazonで見る 【特別割引クーポンコード】 Amazonでの購入時の下記のクーポンコードを利用することで、500円割引(6,380円 ⇒ 5,880円)が適用されます。 店舗:XUFENG JP 500円引コード:RJ5XL5H7 ※コードの有効日は12月31日までです ブランド KIMO 電源 バッテリー駆動(2000mAhリチウムイオン) 電圧 20V(40W) トルク 35N・m 回転速度 毎分1350(最高) 寸法 奥行き × 幅 × 高さ 19 x 6 x 20 cm 最大チャックサイズ 10 ミリメートル 商品の重量 1.45 キログラム 最大稼働時間 2時間 約5,000円~6,000円という価格帯ながら、非常に機能が充実したドリルドライバーとなっている。 通常の電動ドライバーと同じく、トリガーを引くことで動作する仕組みとなっている。 本製品ではトリガーを引く力の入れ具合によって、無段階変速で回転数を調整することが出来る。デリケートな素材を扱う場合には、非常に役に立つ機能であると言える。 20Vの強力なバッテリーによって35N・m、最高で毎分1350の回転数を実現しており、かなりの硬度がある素材に対しても問題なく使用可能だ。 ▼なお、高速・低速の2段階トルク調整も可能になっている。 なお、バッテリーは約60分の充電で最高2時間の連続使用が可能である。リチウムイオンバッテリーを採用しているため、何度充電してもバッテリー劣化が起きづらい。 重さも1.45キログラムと比較的軽く、長時間手に持って使用しても疲れづらくなっている。女性や子供でも、安心して使用可能だ。 その他にも多くの特長があるが、詳しくは以下で説明していく。 同梱物一覧 本製品の付属する同梱物は、以下のとおりである。 ▼同梱物はすべて、付属の収納バックに入れられて送られる。 ▼付属品をすべて取り出した様子。 本製品の付属品は以下の通り。 本体 電池 充電アダプター CRVビット 金属用ドリルビット 木材用ドリルビット ソフト軸 ビット延長アダプター 日本語取扱説明書 ※なお、Amazonで購入すると1年間保証権が付属する。1年以内であれば、購入番号を伝えることで故障時に交換が可能だ。 ▼製品外観。滑り止めラバー処理が施された手持ち部分は、手になじんで滑りづらくなっている。 ▼製品上部には様々な機能を擁するボタンが。詳細は後述する。 ▼底部にはバッテリー取り付け口が。 ▼バッテリーをスライドさせて取り付けることで、使用が可能になる。 ▼バッテリーを取り付けた様子。少し重量が増すが、それでもまだ軽いほう。 ▼長寿命化を実現するリチウムイオン電池を採用。 ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-その他・ツール, ガジェットレビュー

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5