ゲーム関連 ニュース

7インチの超高性能小型ゲーミングPC『OneGX1 Pro』2月6日より店頭販売開始

2021年1月29日、One-Netbook社の正規代理店であるテックワンは、超小型ゲーミングPC『OneGX1 Pro』について、2021年2月6日(土)より国内の大型家電量販店において店頭販売を開始することを発表しました。

▼製品本体(コントローラは別売りです)

▼携帯できるポータブルゲーム端末でありながら、FF14などのAAA級PCゲームタイトルを快適に遊ぶことのできるスペックを誇ります。

なお、販売店舗は以下が発表されています。

販売店舗

  • コジマ
  • ソフマップ
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ

また、各モデルごとのメーカー想定販売価格は以下の通りです。

  • 512GBモデル:18万4800円(税込)
  • 512GB+512GBモデル:19万5800円(税込)
  • 専用ゲームパッド:5940円(税込)

※オンラインストアでは、これらに加えて4G・5G SIMフリーモデルの販売も行われています。

中々に価格が張りますが、それ相応のスペックを擁する高スペックデバイスとなっています。

それでは、『OneGX1 Pro』とは一体どのようなデバイスなのか?について、分かりやすく紹介していきます!

『OneGX1 Pro』とは? - 持ち運び可能なハイスペックPC

『OneGX1 Pro』とは、ニンテンドースイッチほどの大きさの筐体に、ミドルハイクラスのゲーミングPC並みの性能を詰め込んだモンスターマシンです。

製品名称 One-GX1 Pro 国内正規版
カラー メタリックブラック(マット指紋防止加工)
OS Windows 10 Home(64bit)
プロセッサ インテル Core i7-1160G7
グラフィックス Intel Iris Xe Graphics(96EU)
メインメモリ 16GB オンボード
ストレージ 512GB / 1TB SSDオンボード
ディスプレイ 7インチ, 1920×1200(10点マルチタッチ対応)
入力 QWERTY日本語キーボード配列RGBバックライト付
通信規格 Wi-Fi 6, Bluetooth 5.0対応
インターフェース ・USB 3.0 Type-A
・USB Type-C(USB 4.0)
・3.5mm コンボジャック
・Micro HDMI(D Type)出力
冷却方式 インテリジェントファン
バッテリー容量 12,000mAh 3.7V
保証 1年(日本国内サポート)
主な付属品 ACアダプタ, 説明書
本体サイズ 173mm × 136mm × 21mm
本体重量 623g(コントローラ込み:723g)

公式サイトはコチラ

▼公式の紹介動画

フルHD対応の7インチディスプレイとキーボードを搭載した、携帯型のPCとなっています。

 

第11世代インテルCorei7プロセッサー、16GBのRAM、そして最低512GBのSSDを搭載するなど、据え置き型のPCに決して劣らないスペック構成です

RGB LEDバックライトを搭載したキーボードは暗所での作業も可能にしれくれます。日本語106/109配列を採用しているため、普段から使い慣れたキーボードの感覚でタイピングを行えます。

▼映像編集やエンコードなど、外出先でクリエイティブな作業も快適に行うことが可能!

▼ゲーム・クリエイティブ用途だけでなく、仕事・ビジネス用の端末としても申し分なく機能します。

Wi-Fi6とBluetooth5.0の通信規格に対応しているため、ワイヤレスでのオンライン接続・機器接続が可能です。

▼本体サイズはわずか620グラム!どこにでも持ち運ぶことができ、サっと取り出してヘビーなゲームを楽しむことが出来ます。

また、本体にはいくつものポートが用意されており、拡張性の面でも優れています。

▼Mini HDMIポートが用意されているため、外部モニターに映像・音声を出力することも可能。

まさに、持ち運び可能なハイスペックPCとでも言うべき代物です。

コントローラを接続すればハイスペックゲーミングPCに早変わり!

そして本デバイスの最大のポイントは、携帯ゲーム端末とは思えないほどの高いゲーミングパフォーマンスです。

『OneGX1 Pro』には最大 1080p 60FPS を可能にするインテル® Iris® Xe グラフィックスが内蔵されており、消費電力を極力抑えつつ、最大限のゲーム体験を可能にします。

▼従来のHD Graphicsの約5倍ものパフォーマンスを発揮。

外付けの専用コントローラをニンテンドースイッチのように取り付けることで、ハイスペックゲーミングPCに早変わりします。

▼アナログスティックと十字キーを備えた外付けコントローラ。

モンスターハンターワールドやFF14などといったAAA級タイトルでも、60fps以上で安定した動作が可能となっています。

現時点におけるゲーミングポータブル端末の中では、最高クラスのパフォーマンスを発揮するデバイスであると言えるでしょう。

2021年2月6日(土)より大型家電量販店にて店頭販売開始!

このように、仕事・クリエイティブ作業・ゲームのいずれの用途においても快適なパフォーマンスを発揮する、モンスターマシンとなっています。

今まではオンライン上での販売のみでしたが、2021年2月6日(土)より、ヨドバシカメラ、ビッグカメラ、ソフマップ、コジマといった国内の大型家電量販店にて店頭販売が開始されます。

もしも興味のある方は、この機会にぜひ対象店舗に足を運び、現物を確認してみてはいかがでしょうか!

※入荷状況は各店舗にお問い合わせください。

▼こちらの記事もオススメ

『AYA NEO』Ryzen 5搭載の高性能携帯型ゲーム機が登場!クラウドファンディング予告ページが出現

海外(中華)メーカーが、最新の高性能携帯型ゲーム機『AYA NEO』について、クラウドファンディングの開始を予告しています。 クラウドファンディング予告ページ:AYA NEO Indiegogo 『AYA NEO』とは、Ryzen CPUおよび16GBのメモリ(RAM)を搭載しており、携帯ゲーム機とは思えないほどの高パフォーマンス を発揮するゲーミングデバイスとして、以前から国内外で大きな注目を集めていました。 ▼見た目はニンテンドースイッチに近い。 価格は、クラウドファンディング開始時点の数量限定『Super Early Bird』プランが 699ドル(約70,000円)を予定されています。 なお中国ではすでに先行販売が開始され、初期ロット数千台がわずか数時間で売り切れたとのこと。 以下では、詳しいスペックなどについて紹介していきます。 目次1 『AYA NEO』の詳細スペック2 AAA級のゲームタイトルでもプレイ可能3 大容量バッテリーと急速充電4 Wi-Fi, Bluetoothの最新通信規格に対応5 最新情報を受け取るにはサインアップを! 『AYA NEO』の詳細スペック 『AYA NEO』について、明らかになっているスペック構成は、以下の通りです。 CPU AMD Ryzen 5 4500U GPU AMD VEGA6 OS Windows 10 RAM 16GB LPDDR4(4266MHz) ストレージ 500GB/1TB M.2 2280 SSD ディスプレイ 7インチ(1280×800)IPS(5点マルチタッチ) バッテリー容量 4,100mAh x3 通信規格 Wi-Fi6, Bluetooth 5.0 本体サイズ 255 x 106 x 20mm, 650g 上表から分かる通り、ニンテンドースイッチほどのサイズの中に、Ryzen 5 CPU、16GB RAM、および500GB ~ 1TB のSSDが詰め込まれたモンスターマシンとなっています。 OSにWindows10を搭載しているため、超ポータブルなWindows PCであるとも言えます。 AAA級のゲームタイトルでもプレイ可能 本機は世界で初めて7nm AMD Ryzen APUを搭載した携帯ゲーム機です。 グラフィック用に『AMD Radeon VEGA6』を積んでいるため、AAA級のPCゲームでも十分プレイ可能なスペックとなっています。 ▼予告サイトでは、超激重ゲームの代表格『サイバーパンク2077』ですら、30FPS以上を安定して出力できるとのこと。 大容量バッテリーと急速充電 ハイパワー出力を保つために、本機には大容量バッテリーが積まれており、短時間の急速充電にも対応しています。 これにより、バッテリー切れのストレスを可能な限り減らすことに成功しているとのこと。 Wi-Fi, Bluetoothの最新通信規格に対応 また、Wi-Fi6とBluetooth 5.0の2つの最新通信規格に対応しています。 そのため、ワイヤレスでのオンライン通信や、外部デバイスとの接続に対応でき、携帯性とユーザビリティに優れた構成となっています。 最新情報を受け取るにはサインアップを! 携帯ゲーム機としては最高クラスの性能を誇る製品であり、今後の情報が非常に待ち望まれます。 もしも本機に関心のある場合は、Indiegogoの予告ページにサインアップ(アドレス登録)することで、最新の情報を受け取ることが出来ます。 クラウドファンディング予告ページ:AYA NEO Indiegogo クラウドファンディングに関する情報を逃さないようにしましょう! ▼こちらの記事もオススメ コチラの記事も読まれています! テレワーク用PCも大幅割引!パソコン工房にて『プレミアムウィンターセール』が実施 FRONTIERにてウインターセールが実施!RTX搭載ゲーミングモデルが大幅割引対象に ...

続きを見る

『MINISFORUM X35G』レビュー!手のひらサイズの小型デスクトップPC

最近では、手のひらサイズの超小型デスクトップPCが数多く出回っています。 しかし多くの超小型PCは、サイズの軽量化を図るあまり、スペックを犠牲にしている製品が多いことも事実です。 そこで今回は、ミニデスクトップPCの中でも、サイズとスペック(性能)のバランスが非常に優れているモデルの1つである、 『MINISFORUM X35G』について紹介したいと思います。 ⇒ Amazonで見る ブランド MINISFORUM モデル名 X35G OS Windows 10 Pro CPU Intel Core i3-1005G1 GPU インテルUHDグラフィックス(300MHz- 900MHz) メモリ 16GB DDR SDRAM ストレージ 256GB / 512GB HDD 通信規格 WiFi 6(802.11ax)、Bluetooth 5.1、2×2 MIMO(MU -MIMO)、RJ45*2 ビデオ出力 HDMI (4K/60Hz)Display Port(5K/60Hz) USB-C(Thunderbolt 3 5K / 60Hz) 音声出力 HDMI 2.0 , DisplayPort , 3.5mm Audio Jack 本体サイズ 13.6 x 12.1 x 3.9 cm 本体重量 50 g 『MINISFORUM X35G』は、Indiegogoにおけるクラウドファンディングによって開発が開始されたミニデスクトップPCです。 わずか約13cm角・50グラム という圧倒的なコンパクトさに対して、4K映像出力にも対応したパフォーマンスを発揮します。 ▼デスクトップPCとは思えないほどのサイズ。 通信規格に関しては WiFi 6(802.11ax)、Bluetooth 5.1に対応。各機器へのワイヤレス接続が可能です。 CPUにはIntel Core i3-1005G1を搭載。グラフィックこそオンボードであるものの、16GBの十分なRAMを積んでいるため、ブラウジングはもちろんのこと、軽めのPCゲームであれば十分にプレイすることができます。 ▼通常のデスクトップPCに負けず劣らずのパフォーマンスを発揮する、強力なCPUを搭載。 また Thunderbolt 3、HDMI、USB 3.0、DisplayPort , オーディオジャック といった入出力ポートが用意されており、多種多様なデバイスとの接続が可能です。 ただしスピーカー自体は内蔵されていないので、サウンドを楽しむためにはイヤホンや、外付けのステレオ機器が必要です。 ▼Thunderbolt 3ポートが用意されているミニデスクトップPCは珍しい。 本体ストレージは256GB / 512GBから選ぶことが可能。もしもストレージが足りなくなった場合は、側面のTFカードスロットにマイクロSDカードを挿し込むことで増量可能です。 数あるミニデスクトップPCの中でも、実用性の面で非常に優れた製品となっています。 今回はこの『MINISFORUM X35G』について、実際に使用した感想を元にレビューしていきます。 目次1 コンパクトかつシンプルな外観2 4K出力でも安定したパフォーマンスを実現3 ゲーミング性能について確認4 テスト①:FF14 ベンチマークテストの結果5 ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-ゲーム関連, ニュース

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5