ウェブカメラ ガジェットレビュー

logicool C922n ウェブカメラ レビュー!ストリーマーを自称するなら入手するべき一台 

ブロードキャスティング・ストリーマー用に設計されたというキャッチコピーの Logicool製ウェブカメラ『C922n』のレビューをおこないます。

このカメラは、テレワーク需要のビデオ通話よりも、ライブ配信などをおこなう配信者向けにチューニングされているウェブカメラであり、使用感やカメラ性能が一般的な製品とどのように差異があるのかを確認します。

Logicool C920n

C922nは、Logicoolのウェブカメララインナップの中でも上位に位置づけられるモデルですが、スペックはフルHD1080p 30fps・HD720P 60fpsの撮影性能を誇っています。

また、ステレオマイクを搭載しているため、ライブ配信などで特に画質と動きの滑らかさ、音質にこだわるユーザー向け製品です。

特 徴

まずは、C922nについて特徴をメーカーホームページなどから確認をおこないます。

ストリーマー用という事で、TwitchやYouTubeなどのライブチャンネルにおける、鮮明な画像が売りで、フル1080p(30fps)または高速HD 720p(60fps)を選択してストリーミングできるのが特徴です。

フル高解像度1080Pのストリーミング

 

鮮やかな、臨場感のあるビデオのストリーミングと録画が可能、ガラスレンズとフルHD 1080pによりディテールをキャプチャ、30fpsの滑らかな映像で明るく自然な色を表現。78度の視野角により最高2人をフレームに入れることができます。 アプリを使って、カメラのズームとパンができます。

HD 720P(60FPS)のストリーミング

 

本格的なストリーマーはスムーズなビデオを実現するため、60 fps(720p)の超高速フレームレートが必要です。 C922nではこれを実現できます。遅延や歪みなしにライブブロードキャストを行うことが可能です。

明るい画像

 

HDオートフォーカスと光補正機能を装備し、照明条件に合わせて微調整を行い、暗い環境でも非常に鮮明な高解像度の画像を生み出します。

フル・ステレオフォニックス

 

カメラの両側にマイクを搭載、あらゆる角度からリアルなサウンドをキャプチャできるため、自分の声が自然かつクリアに相手に届きます。

CAPTUREで、オールインワンのコンテンツ作成

 

Logicool Captureを使えば、ウェブカメラを接続した瞬間に、高品質のビデオコンテンツ録画を開始することができます。直感的な1つのインターフェースで、録画をカスタマイズし、カメラ設定を調節し、縦方向のビデオも作成することができます。

基本仕様

解像度 1080p/30 fps HD 720p/60 fps
フォーカス 自動
レンズ フルHDガラス
視野 78°
マイク ステレオ
寸法 7.1 x 9.5 x 4.4 cm
重量 162 g
その他 三脚付属・3ヵ月間XSPLITプレミアムライセンス同梱

パッケージと付属品

『C922n』のパッケージはLogicoolカラーの緑を基調「本格的なストリーマー用に設計」との記載があり、ただならぬ存在感を出しています。また商品写真・スペックなど、すべて日本語で印刷されているため、パッケージを見れば特徴などがわかりやすくなっています。

 

内容物は『C920n本体』『保証書』『重要なお知らせ説明』『クイックスタートガイド』ミニ三脚』『XSPRITのライセンスコードが同梱されている。

 

いわゆる取扱説明書という詳細な説明書は添付されず、クイックスタートガイドはイラストでPCとの接続方法などが記載されただけの簡素なものだけだ。

 

付属の三脚はおまけ程度ではなく、金属製のしっかりした物で、脚部はスイベルマウントにより18.5cmまで延長が可能だ。

カメラ本体をチェック

カメラ・レンズ・マイクの造形

本体ケースは『C920n・C922n』どちらも共通、小型でずっしりとした重みを感じるものだ。ケース自体はプラスティックだがレンズ部はガラス製でC922nは内部が黒くシンプルなデザインになっている。

 

レンズシャッターは非搭載だが、そのおかげで見た目は非常にスマートでクールなデザインだ。マイクはレンズ左右に配置してあり、ダミーではなく左右どちらも機能するものとなっている。

 

背面の作りも良く質感はあるが残念ながらUSBケーブルは本体から直出しタイプ。設置時に外せると便利だし、短いケーブルを使いたいなどのニーズには対応しない。

スタンドと可動域

スタンド・クリップ部は約180°可動し、カメラ部は上下に約45°チルトするが左右に首振りはできない構造のため、モニター上部に設置した場合は正面の被写体を捉えるが、横方向への調整はできない。

ただし、スタンド下部に三脚穴があるので三脚を使うことが可能だ。

 

スタンド兼クリップ部の内側はゴム材が貼ってありモニター設置の際の傷防止になる、またフリップ部が可動して固定時の安定性を高める構造になっているのも大きな特徴。他メーカーのウェブカメラにはないユニークで実用的である。

 

写真でも分かりづらいが、カメラ左右の縁はカメラの動作中に白く光り動作中である事が目視で確認できる、ちなみにC920nの場合は青LEDで点灯する。

モニター設置

モニター上部への設置は、本体が小型でデザインが良いので見た目がよく可動式のクリップにより設置感もしっかりしている。

 

しかし、写真を見ていただければ分かる通り、クリップ部が前面スクリーンに干渉してしまいスクリーンの表示部に干渉してしまう。最近販売されているモニターであればノートであれ外部モニターであれ、ほぼこの問題があるだろう。具体的にはモニターに10mm以上の非表示部・縁がないと干渉する。

 

現実的には付属または持っている三脚などを利用して卓上設置する方が良い、撮影ポジションが自由で柔軟だし、カメラ自体が小型なためそれほど邪魔にならない。

クリップ部を10mmではなく、5mmにしてくれれば、ほとんどのモニターで干渉しないと思うのだが・・・

PC接続・映像・マイク性能について

PC接続

 

PC・MACなど、USBポートに差し込むだけのプラグアンドプレイ、初回接続時に「Logicool Capture」をインストールするか聞かれる。このアプリケーションは様々なカメラの設定が可能になり、デジタルズームなどの機能など、ライブ配信において便利に利用ができる、映像もより綺麗に撮影できるのでダウンロードして利用する方が良いだろう。

映像/画質

 

視野角78°は室内であれば広すぎず、狭すぎず、丁度よい画角ではないかと思う、撮影映像も自然な色合いで繊細、ノイズも出なし、歪みもなく綺麗な映像。ストリーマー用としてHD 720P(60FPS)のフレームレートの動画撮影ができるが、ゲーム配信など解像度よりも滑らかさを重視したい場合に便利だ。

特に優秀なのはオートフォーカスで、レンズに被写体を近づけるとすぐに反応して即座にフォーカスが合ってくれる。You Tubeで製品レビュー動画などを撮影する場合にはとても有効に使える性能になっている。

カメラの実売価格は8,000円ほどだが、価格から考えると高性能な映像・機能のクオリティーと言える。

マイク

 

ライブ配信などをおこなうのであれば専用のマイクを利用した方が高音質で配信が可能ではあるが、内蔵マイクでもステレオ録音、クリアーで臨場感のある音声録音が可能なため、簡易的に利用してもかなりの高音質で音声の録音・伝達ができる性能だ。

カメラ単体で綺麗な映像とステレオ録音が可能で付加価値はかなり高い。

総合評価

 

Logicool C922nについてチェックをおこなったが、映像撮影の性能は非常に綺麗に撮影ができる上に、カメラ本体でステレオ録音ができる事もあり総じて完成度が高いカメラと言える。

とくにオートフォーカスの反応が良く切替えが早いので、アクティブな映像撮影にも向いている、ライブ配信やレビュー動画制作などではかなり重宝するカメラになりそうだ。

実売価格は8,000円前後だが、カメラの基本性能・映像に妥協をしたくないと考えるのであれば、非常にコストバランスが良いので通常利用でも購入検討に値する、キャッチコピーにある通りストリーマーを自称するのであれば入手して損ないウェブカメラだ。

▼こちらの記事もオススメ

Logicool C270n
Logicool C270n ウェブカメラ レビュー 質感は良いが性能がイマイチ

今回のガジェットレビューは、amazonでウェブカメラランキング5位(2020年12月現在)に入り、価格は3,000円台で購入できるLogicoolのエントリーモデル『C270n』をレビューします。 Logicoolと言えば、マウスやキーボード、もちろんウェブカメラも、PC周辺機器のトップブランドのひとつです。エントリーモデルとはいえ、期待値の高いウェブカメラではないかと思います。 目次1 Logicool C270n2 特 徴3 基本仕様4 パッケージと付属品5 カメラ本体をチェック6 PC接続・映像・マイク性能について7 総合評価 Logicool C270n C270nは、Logicoolのウェブカメララインナップの中で最安価なエントリーモデルであり、スペック的にはHD720p 30fpsと抑えた性能になってはいるが、デザイン性やブランドの強さもあり同社の主力商品とも言えるウェブカメラに位置づけられています。 特 徴 ワイドスクリーンのHD 720Pテレビ電話 Skype™などのお気に入りのプラットフォームで高解像度のテレビ電話を行いましょう。30フレーム/秒のスムーズな画質、および鮮明でカラフルかつ高コントラストの画面を実現します。 声がクリアに伝わる 内蔵のノイズリダクションマイクにより、騒がしい環境にいても、自分の声が相手にクリアに届きます。 高画質の表示 暗い環境でテレビ電話または録画を行っている場合でも、C270nは照明条件を調節し、より明るくコントラストの高い画像を生み出します。 しっかりと固定 ウェブカメラにはユニバーサルクリップが付属されています。これは画面または棚に取り付けることができます。 内蔵カメラを超える柔軟性 小型、機敏、かつ調節可能なC270n Webcamでは、全新角度でテレビ電話を行うことができます。 基本仕様 フォーカス 固定 レンズ 標準 画角 60° マイク モノラル 商品の寸法 6.9 x 7 x 3.2 cm 商品の重量 71 g パッケージと付属品 『C270n』はLogicoolカラーとも言える、薄い緑を基調にC270nの写真や、仕様などを日本語で印刷された清潔感を感じるパッケージになっている。 パッケージを開けてみると、「ウェブカメラ本体」と「簡易な取扱説明書・保証書」が収められていた。 取扱説明書はイラストで接続方法などが記載されているだけで、文字は一切書いていないため、人によっては不親切に感じるかもしれない。 カメラ本体をチェック カメラ・レンズ・マイクの造形 『C270n』の本体はかなり小型で丸みを帯びたケースデザインで可愛らしい印象を持つ、またフロントカメラ部は艶のあるフェースプレートで質感も上質だ。 レンズ部はむき出しで未使用時にシャッターでレンズを隠せる機構などは付いていない、本体の質感は高いがエントリーモデルのためコストダウンできる事はおこなっているようだ。 マイクはレンズ右側の本体中央付近にあり集音位置としては理想的な位置と言えるだろう。 高級感があるとまでは言えないが質感はまずまずと言ったところか、メーカー名や品番のシールなどが一切ないため無機質な印象を受けた。 スタンドと可動域 本体の背面部、正面から見て右側からUSBケーブルが直接出てきている。細身のケーブルなので取り回しはしやすい。   モニターに固定するためのスタンドクリップ部は170°程度開き、内側にはゴム材が貼ってあるのでモニター設置時の傷防止と滑り止め処理がされている。 カメラ部は上下に約20°程度可動させる事ができるが、左右の首振りは構造上できないのが残念な点だ。 モニター上部に設置するのであれば、左右よりも上下方向に調整する場合が多いので実用上はそれほど問題ではないかもしれない。   机の上などで直置きする場合は、スタンド部とカメラ部の可動により十分な調整が可能だ、ただしこの商品には三脚穴がないため、ミニ三脚を使った設置はできない。 できれば三脚穴ぐらいは開けておいて欲しかったと思うが・・・ モニター設置 モニターに設置すると本体が小型なためか、最初は非常にシンプルだし目立たないので良いと思ったのだが・・・   『C270n』は写真を見ていただければ分かるが、モニターのスクリーン部にかなり干渉してしまい最近主流となっている額縁が薄いモニターの場合は間違いなく映像が干渉してしまう。 これは『C270n』の構造上の問題で、クリップ部やカメラ部の可動部を調整しても解決しない。 ちなみに、カメラ部はモニターから3cmほど手前に出っ張る形で固定される、おそらく額縁が薄いモニターが主流になる以前に企画・開発された製品なのではないかと思い調べてみたところ、『C270n』と同じデザインの前機種『C270』は8年前に発売された製品である事が判明した。 ケースデザイン・クリップスタンドの機構は設計思想が8年前という事で、薄型モニターに設置する事は考慮されていないという事だ。 PC接続・映像・マイク性能について PC接続 PC・MACなど、USBポートに差し込むだけど使えるプラグアンドプレイ、ドライバーのインストールは不要で接続すれば利用開始ができた。 映像/画質 60°の視野角なので、映し出される映像は狭い、自分の顔がアップで捉えられてしまうので、カメラの位置をできるだけ奥にしたくなる。 映像は全体的に暗めで、HD画質という事もあるのかノイジーな感じの映像になる、色合いは自然で悪くはないが・・・ ちょっと使いづらい印象だ。 マイク 録画した映像をチェックした限りは綺麗に音声が録音されていた。ノイズリダクション機能もあり、音声通話であればスムーズなコミュニケーションは可能だ。 総合評価 Logicool C270nについてチェックしてみたが、残念ながらあまり良いウェブカメラとは言えない。なぜなら、現在主流となっている額縁の薄いモニターの場合にはカメラ部の干渉が起こるため、事実上モニター上部設置が不可能であるためだ。 なぜこのような事が起きているかと言うと、『C270n』ケースの設計思想が10年近く前のものであり、カメラ性能だけがアップデートされた製品だからであろう。 画質も良いとは言えないが、机の上などに設置して利用する事を前提とし、安価なものをお探しであれば検討の余地があるという事になるが・・・ あと数千円の予算を出せば、もっと満足度の高いウェブカメラは購入できると思う。 それにしても、Logicoolさんには薄型モニター用のアタッチメントなどを付属して欲しいものだ・・・ ▼こちらの記事もオススメ コチラの記事も読まれています! 2021年に買うべき『ベストウェブカメラ』カテゴリー毎に解説をおこないます。 Withコロナ時代の必需品!オススメのPC用マイクスピーカー10選 ビジネスユースに最適なスピーカーフォン『eMeet OfficeCore M2』レビュー 『eMeet Luna』スピーカーフォンレビュー コストパフォマンスが最高! 『eMeet C960』高画質・広画角で色合い鮮やかに撮影可能なウェブカメラ・レビュー 全方位の声を集音!eMeet製ワイヤレススピーカー『OfficeCore ...

続きを見る

logicool C920n ウェブカメラ レビュー!デザインと性能が融合したおすすめ機種 

今回は Logicool ウェブカメラの中間グレードの位置づけられる、『C920n』のレビューをおこないます。2020年12月29日現在ではAmazonのウェブカメラランキングでは第4位の人気商品です。 ランキングの上位は3,000円台の安価なウェブカメラが上位を占めていますが、『C920n』は倍以上の価格となる7,000円台と比較的高価になっていますが、さすがはLogicoolブランドと言ったところでしょうか。 目次1 Logicool C920n2 特 徴3 基本仕様4 パッケージと付属品5 カメラ本体をチェック6 PC接続・映像・マイク性能について7 総合評価 Logicool C920n C920nは、Logicoolのウェブカメララインナップの中で中間グレードモデルですが、スペックはフルHD1080p 30fpsの動画性能に、ステレオマイクなどを搭載し、性能には妥協をしていないモデルとなっています。 PC周辺機器の絶大な信頼を誇るLogicoolのウェブカメラの中において、プロユースに位置づけられたモデルです。 特 徴 C920nの特徴をメーカーホームページや、スペックなどから確認してみると、鮮やかな色、非常に明瞭でクリアなきめ細かい画像、HDオートフォーカスと光補正、カメラ機能・レンズ性能を特徴にしています、とくにビデオ通話ユースに対する利用を意識しているようです。 フルHD 1080Pのテレビ電話と録画   コロナ禍によるテレワーク需要により、ウェブカメラは必需品になりつつありますが、C920nはフルHD 1030p 30フレーム/秒の滑らかな映像な画質により、ビデオ通話や会議などの大事な場面で強い印象を与えることが可能です。 フルHDガラスレンズ   フルHDガラスレンズ・プレミアムオートフォーカスを搭載しており、明瞭度の高い映像とディテールを表現します。 より明るい映像   自動HD光補正機能搭載し、薄暗い環境下でも鮮やかではっきりとした画像を映し出します。 フル・ステレオフォニックス   カメラ両サイドにステレオマイクを搭載、どの角度からでも音声をキャプチャーし、より自然でクリアな音声を伝えます。 内蔵カメラよりも更に使いやすい   小型で機敏、自由なポジションによるビデオ通話、美しい映像を映しだします。 基本仕様 解像度 1080p/30 fps HD 720p/60 fps フォーカス 自動 レンズ フルHDガラス 視野 78° マイク ステレオ 寸法 7.1 x 9.4 x 4.3 cm 重量 162 g パッケージと付属品 『C920n』のパッケージはLogicoolカラーの緑を基調に、プロユース製品としての重厚感を感じるものです。商品写真・スペックなどはすべて日本語で印刷されパッケージを見れば特徴などが判断できるようになっています。   パッケージを開けると、「ウェブカメラ本体」「重要事項説明」「クイックスタートガイド」「保証書」が収められていた。 クイックスタートガイドはイラストでPCとの接続方法などが記載されており、文字は一切書かれていないユニバーサルデザイン。より詳しい使い方が知りたければウェブなどで検索するしかない。   とはいえ、PCにつなげるだけなので悩むことはないだろう カメラ本体をチェック カメラ・レンズ・マイクの造形 本体はフルHDカメラとしてはかなり小型、その割にずっしりとした重みを感じ質感はかなり良い。ケースはプラスティック製だがカメラ・レンズ部はガラス製で内部がグレーでとてもデザインが良い。   レンズを覆うシャッターは搭載されていない、気になる人は居るかも知れないがそのおかげでスマートなデザインだ。マイクはレンズ左右に配置、グリルデザインはダミーではなく、しっかりと機能するものとなっている。   本体の裏側も作りが良く雑な印象は持たないが、USBケーブルは本体から直に出ているので設置や、ショートケーブルを使いたいなどの柔軟性はない。 パッケージから取り出した際も各部に保護シールがしっかり貼られていたり、手に持った際の質量感、デザインなど、全体的に質感が非常に高いウェブカメラだ。 スタンドと可動域 スタンド・クリップ部は約180°可動し、カメラ部は上下に約45°チルトするが左右に首振りはできない構造のため、モニター上部に設置した場合は正面の被写体を捉えるが、横方向への調整はできない。 ただし、スタンド下部に三脚穴があるので三脚を使うことが可能だ。   スタンドクリップ部の内側にはゴム材が貼ってあり、モニター背面に設置するフリップ部自体も可動して固定時の安定性を高める構造になっている。この構造は他メーカーのウェブカメラにはなくユニークで実用的な仕組みだ。   机の上などに直置きであっても安定感は高い、上下の調整にも柔軟性があり、小型である事から卓上でも邪魔にならないのは良い点だ。 なお、撮影時には写真の通り、カメラ左右の縁が青くLEDが点灯し動作中である事が分かる。 モニター設置 モニターに設置をしてみると、本体が小型な事やデザインが秀悦である事あるのか、洗練された感じだ。スクリーンから出っ張る事もなく可動式のクリップにより設置感も良い。   ただし、気になるのはクリップの前面スクリーンの干渉で、10mm程度スクリーンに被ってしまうのでどうしても映像と干渉してしまう。一昔前のモニターであれば問題ないのだが、最近の製品ではほぼ間違いなく干渉するだろう。 スクリーンとの干渉はあるが、モニター設置時の見た目は非常に良くて気に入っている。ノートPCであっても本体が小型なので違和感がなく、内蔵カメラよりは綺麗に撮影ができる点は良い。   実用上は三脚を使う方が自由な撮影ポジションが得られるので、別途三脚を用意した方が良いかもしれない。 PC接続・映像・マイク性能について PC接続   PC・MACなど、USBポートに差し込むだけのプラグアンドプレイだが、初回の接続に「Logicool Capture」をインストールするか聞かれる。専用のキャプチャーアプリケーションだが、このアプリケーションを利用すると様々な設定が可能になり、映像もより綺麗に撮影が可能になるのでダウンロードして利用した方が良いだろう。 映像/画質   ...

続きを見る

現在実施中のセールをすべて見る

ガジェットレビュー 一覧

-ウェブカメラ, ガジェットレビュー

© 2021 TikGadget - ガジェットレビュー, お得な情報, 最新技術についてお届け Powered by AFFINGER5